ジャイアントのクロスバイク、人気の理由をブログで探ろう

ジャイアントといったら、世界的にも有名な自転車メーカーです。

クロスバイクを選ぶ時においても、ジャイアントのメーカーは外すことが出来ないブランドといえます。

なぜ、そこまで、ジャイアントのクロスバイクが人気なのか、人気の理由をブログで探ってみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高級ロードバイク「コルナゴclx3」について語ろう!

「コルナゴ」はイタリア生まれのロードバイクトップブランドです。このブランドには、いくつもの代...

アルテグラのホイールはチューブレス!リムテープは必要なし

履き替えの定番ホイールとしても人気が高いのが、シマノの「アルテグラ」ですね。価格も5万円前後で購...

シマノコンポのアップグレードは何のために行うのか?

ロードバイクの完成車のグレードはピンきりであり、特に付属パーツのレベル差は車体よりも激しいと言え...

ビアンキのエンデュランスロードバイクインフィニートを探る

ロードバイクには時代によって流行がありますが、今の市場人気は長距離走行に向くとされる「エンデュランス...

メリダのスクルトゥーラ400は入門用のロードとして高評価

台湾の大手自転車メーカー「メリダ」が送り出す、オールラウンドな性格が特徴のロードバイクが、「スク...

ピナレロのカーボンバック「fp1」2010モデルを振り返る

ピナレロはツール・ド・フランスで総合優勝を何度も果たした経験のある、イタリアを代表するスポーツバイク...

シマノのロード用コンポの型番を知ってカスタムを正確に

シマノのロードバイク用コンポには「デュラエース」や「アルテグラ」などのグレード名がありますが、こ...

軽量&エアロ!メリダの「スクルトゥーラ8000-E」紹介

メリダの「スクルトゥーラ8000-E」は、空力性能と軽量性を両立させたオールラウンドロードバイク...

ANCHORはクロモリにこだわる!ハイエンド「RNC7」の評価は?

クロモリはロードバイクのフレーム素材として、現存する中で最も歴史のある素材の一つです。今...

低価格&高性能!2種類のSHIMANOのULTEGRAホイールの用途

SHIMANOのULTEGRAホイール「WH-6800」および「WH-RS500」は、低価格なが...

アルミロードの概念を覆す!アンカー RL6 EQUIPEの面白さとは

アンカーのロードバイクはこだわりが強く、モデルごとに明確なコンセプトに基づいてもの作りが行われて...

ジオスのミニベロ・ミグノンをカスタムして速く快適に走る!

イタリアのジオスは老舗のレーシングブランドですので、ミニベロなど街乗り向きのカジュアルなイメ...

メリダのロードバイクはコスパ良し?真相を価格から追究する

メリダのロードバイクは、完成車状態でのコストパフォーマンスが高いことで知られています。しかし...

trekはロードバイクのボディカラーに赤を多く使用している!

trekのロードバイクには赤のボディーカラーが多く見られます。黒やグレー基調が多いtrekで...

シマノのスプロケットには12-30tは存在しない?

最近の自転車ブームでロードバイク人口も増え、いろいろな場所で乗っている人を見かけます。そして...

スポンサーリンク

ジャイアントのメーカーが世界的企業になったわけ

クロスバイクでも人気があるジャイアント。

ブログでも、ジャイアントを愛用しているをよく見かけます。
まずは、ジャイアントというメーカーが誕生し、大手企業に成長した歴史をお話していきましょう。

○ジャイアント誕生秘話

ジャイアントというブランドが誕生したのは、1972年、台湾で誕生しました。
元々ジャイアントは自転車の会社ではなく、うなぎの養殖場を営まれていたのです。

しかし、1971年に起こった自然災害で壊滅的被害に遭ってしまったことがきっかけとなり、自転車メーカーに転身しました。

設立当初からジャイアントは有名だったわけではありません。
最初は、とても厳しい経営状況だったようです。

ここまでジャイアントというメーカーが大きくなったきっかけとなったのが、アメリカの大手メーカー、シュインバイシクルカンパニーの下請けに入ったことです。

こうしたことから、自転車製造業者として技術の進歩を遂げ、大手企業に成長していきました。

1980年に台湾自転車製造メーカーとして首位となり、欧米にも進出しています。
ジャイアントは自転車の出荷量、世界一を誇る有名な自転車製造メーカーです。

ジャイアントのクロスバイクは、初心者に人気がある

初心者におすすめの、クロスバイクとしても、よくブログ等で紹介されているのがジャイアントです。
なぜここまで、ジャイアントのクロスバイクが初心者に人気があるのでしょうか。

初心者がスポーツバイクを始めるとき、気になるのが、見た目、それと価格帯ですよね。
ジャイアントのクロスバイクの価格帯は、高価なものから、5万円以下のモデルも存在します。

大手企業である、ジャイアントですから、もちろんクロスバイクの性能は問題ないでしょう。

そのため、大手メーカーの中で、比較的コストが安く、こだわりが無い方にとって、ジャイアントのクロスバイクは挑戦しやすいという点が挙げられます。

また、ジャイアントのクロスバイクは、比較的どこでも手に入れやすいです。

スポーツ用品店や、ホームセンターでも取り扱っていることがあるため、購入のしやすさ、また購入後のメンテナンスを考えると、初心者にとっては、始めやすい自転車であるといえます。

ブログでもよく目にするジャイアントのクロスバイクといったらこれ!

ジャイアントのクロスバイクの中でも、初心者に最も人気の車種と言ったら、エスケープ(ESCAPE)シリーズです。

エスケープシリーズの中でも、特に人気のあるエスケープ3についてブログに書かれていることを参考に評価についてご説明していきましょう。

やはりブログを見ていると、エスケープ3の購入の決め手となっているのが、価格と見た目です。
コスパが言いといわれている、エスケープ3ですが、スペックについても見ていきましょう。

走る上で重要なパーツである、 フロントとリアのディレイラー、シフターなどが安心のSIMANO製になっています。

なんと重量も 10.7 kg と、軽量になっています。
ママチャリだと、大体14キロから15キロ程度なので、それに比べるとだいぶ軽いですね。

しかし、いくらコスパや性能が良くても、見た目が気に入らなかったら購入する気にはなりません。

2017年のエスケープ3はカラーバリエーションも豊富で、ラインナップも5色揃っています。
気になるカラーはブラック・ホワイト・ブルー・オレンジ・グリーンです。

エスケープ3の人気の理由は、デザイン性も申し分なく、カラーも豊富な上、価格も税抜き50000円とお手ごろ価格なことから、人気車種になっているようです。

ジャイアントエスケープ3の気になる乗り心地、ブログでの評価は?①

ジャイアントのエスケープ3は、初心者にも人気が高く、多くの方が乗っているクロスバイクです。

ブログ等でも多く紹介されていますので、その中でも乗り心地などインプレを紹介している内容のブログは、購入を悩まれている方にも、とても参考になりますね。

早速、ブログで紹介されている、エスケープ3の評価を見て行きましょう。

○エスケープ3は走り出しがスムーズ

エスケープ3に実際乗られている方のブログを見ていると、皆さん乗り出しの軽さに驚いているようです。

そもそも、エスケープ3のホイールタイヤの規格は、ホイールがロードバイクと同じ径でタイヤの太さが28㎜となっています。

この28㎜というタイヤ幅は、一般的なクロスバイクが32mm〜35mmなのに対し、幅が細くなっています。

ちなみにロードバイクの一般的なタイヤ幅は23mm〜25mmですので、丁度中間幅ということになります。

エスケープ3は、車体も軽量なので、一時停止後の漕ぎ出しのペダルもスムーズに動いてくれるのです。
他のクロスバイクに比べて、漕ぎ出しの軽さはタイヤの幅や重量に関係しているのでしょう。

ジャイアントエスケープ3の気になる乗り心地、ブログでの評価は?②

エスケープ3のクロスバイクは、初心者にも乗りやすいとブログなどでも評価の高い自転車です。

エスケープ3の乗り心地について、見たところ、サドルは厚みがあり、クッション性にも優れています。
その分長距離を走るときでも、お尻が痛くなりづらいようです。

また、エスケープ3は前傾姿勢がゆるいため、、非常に楽な乗車姿勢で無理なく走る事が出来ます。

ステムを1番高い位置に逆付けすれば、ハンドルとサドルの落差を感じない、フラットなポジションにも調整が出来ます。

○総合的に見て、ジャイアントエスケープ3のクロスバイクは乗りやすい

エスケープ3に、実際乗られている方のブログを見ても、エスケープ3は総合的に乗りやすいバイクだといえます。

比較的安い価格であり、安定姿勢がとりやすく、パーツの性能、サドルのクッション性、そのようなことから初心者にも、おすすめ出来るクロスバイクであるといえるでしょう。

人気があるジャイアントクロスバイク、つまりブログなどで情報を得やすい

クロスバイクに乗る上で、メンテナンスは必ず必要になってくるでしょう。

クロスバイク初心者であれば、自転車のメンテナンスは分からないことが多いものです。

しかし、ジャイアントのエスケープ3なら、乗っている方も多いです。
つまりは、それだけ情報源が得られやすいということになります。

そして、クロスバイクに乗っているうち、だんだんと芽生えてくる願望が、カスタマイズ・改造です。

何度もお話していますが、エスケープ3のクロスバイクは、多くの方が乗っている自転車です。
街乗りしていると、同じエスケープ3とすれ違うなんてよくある話です。

そこで、クロスバイクのオリジナル感を出すために、カスタマイズしたい、と思う方も出てくるでしょう。
しかし、カスタマイズってなんだか難しそうな気がしていませんか。

しかし、人気車種であるエスケープ3なら、カスタマイズ・改造の情報も購入者のブログなどで沢山見ることが出来ます。

自転車を始めてから、はまってしまう方って意外に多いです。

こういったことから、クロスバイクで特に購入したい車種がないなら、エスケープ3を購入しておけば、間違いないというほど、おすすめな自転車です。

クロスバイクに悩んだら、ジャイアントエスケープ3がおすすめ

クロスバイクを購入したい、初心者におすすめな車種がジャイアントのエスケープ3です。

価格や性能を見ても、初心者には申し分ないでしょう。

クロスバイク選びに悩まれていたら、ぜひエスケープ3も視野に入れてみてはいかがでしょうか。