ロードバイクのホイールに”赤”をまとうのはどうか?

ホイールは、面積の大きさから「ロードバイクの顔」とも言われます。

車輪ですから、駆動の要として機能的な役割も当然大きいのですが、今回はあえて見た目にこだわってお話をしてみます。

数年前スポークだけが赤いホイールを見た記憶がありますし、ロゴが派手な色のホイールもあります。

他にどんなものがあるのか確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

VELOの主力サドルはGELパッド入り!GELとは?乗り心地は?

VELO(ベロ)はサドルを中心に扱うパーツブランドで、リーズナブルな価格と豊富な種類が売りです。...

自転車の疑問。ロードバイクに体重制限があるって本当なの?

自転車運動はダイエットに有効な有酸素運動なので、近年ダイエットの目的でロードバイクなどに乗り始め...

シマノwh-rs30はどんな人に向いているホイールなの?

ロードバイクにおいて、ホイールは性能やビジュアルを大きく左右するパーツと言えます。シマノのw...

ロードバイクのタイヤサイズは700cだけ?太さは?

ママチャリなどの一般的な自転車は、タイヤの大きさが自転車そのもののサイズとして扱われていますので、大...

どの機種がおすすめか?メリダ「リアクト」をブログから考察

台湾に籍を置く自転車メーカーの「メリダ」ですが、近年ロードバイクが凄い勢いで成長を遂げています。...

斬新的なスタイル!タイオガのサドル「スパイダー」を検証!

タイオガという自転車ブランドのサドル「スパイダー」シリーズは、革新的なスタイルと圧倒的な軽量で人...

ロードバイクのギアを使いこなそう!アウタートップで異音?

ロードバイクのギアを、正しく使えていますか?フロント変速も上手く使いこなしたいものですよね。...

自転車タイヤの空気が抜けてしまう原因!虫ゴム・バルブ交換

自転車の空気がすぐ抜けてしまうことがありませんか?タイヤがパンクしたと思う方も多いのですが、...

少しややこしいカンチブレーキ、その構造と調整方法!

カンチブレーキは他のブレーキに比べ調整方法がやや複雑であると同時に、制動力があまり強くないなど、他の...

子供用自転車選びのポイント!ブレーキの重要さを教えよう

子供の自転車を選ぶ一番大切なことは、サイズが合っているかです。また、自転車を始めたばかりの子...

ピナレロにも手頃なモデルはあるのか?RAZHAの価格に迫る

ロードバイクはメーカー、ブランドによって価格がまちまちで、同じような装備でも結構差があるものです...

ラレーのcrnに25cのタイヤが装備されているその理由は?

ラレーのロードバイクcrnはカールトンシリーズの人気モデルです。カールトンシリーズは伝統...

bianchiのロードバイクで価格が安いものはどうなのか?

ロードバイクは、自転車の中で最も価格の高いものです。有名なメーカーであれば最低でも10万円前...

シマノのディスクブレーキ!エア抜きは必要?その方法は?

最近のスポーツサイクルに増えてきた、ブレーキシステムの一つに、シマノのディスクブレーキがあります。...

実は重要!?ロードバイク、ハンドル幅の決め方のポイント

ロードバイクのハンドルは、主にドロップハンドルが装備されています。このハンドルは、最も効率よ...

スポンサーリンク

ロードバイクのホイールは一種のキャンバス

ロードバイクは、レース機材である側面と同じくらい嗜好品=趣味の乗りものという趣が強いです。

スポーツ自転車の中でも一線を画す価格ですし、生活の足的に使う機能は(カゴ、泥除けなど)ほとんど付いていません。

また、メーカーにもよりますが、あれだけ大きいロゴや派手な色は、正に嗜好品としてのたたずまいです。

そんな中で、一見すると地味なのがホイールです。

黒いタイヤとの組み合わせで余計にそう見えるのですが、特にアルミリムは金属の無機質感があり、デザインとしては平凡なものが多いです。

ホイールはレースでは勝負を左右する、走りの質に大きく関わるものですから、デザインよりも性能面重視なのは当然です。

ホイールはピンきりですが、ロードバイクのパーツの中では最も高価なものです。

さらに、ホイールは面積が大きくキャンバスにも成り得ますので、見た目の印象をガラッと変えます。

そのため、嗜好品という要素を考えれば、少し派手に着飾っても良いのではないでしょうか?

今回は特に「赤」にこだわって、派手めのホイールを紹介していきます。

赤いロードバイクホイールの代表格は?

ロードバイクのホイールで「赤」というと、イタリアの親子メーカー「カンパニョーロ」と「フルクラム」が思い起こされます。

イタリアといえば「フェラーリ」、フェラーリといえば「赤」ですが、それを意識しているという噂もあります。

カンパニョーロは、カーボンリムホイールの代表格【BORA ONE(ボーラワン)】【BORA ULTRA(ボーラウルトラ)】にロゴの一部を赤くしています。

ONEとULTRAの部分を赤くしており、見た目にもインパクトがあります。

プロも使用する決戦ホイールなので、価格もインパクト抜群ですが…

しかし、カンパニョーロの抜かりのないところは、「ダークラベル」という、赤を一切使っていないモデルもラインナップさせています。

また、アルミリムのセミディープホイールである【SCIROCCO(シロッコ)】には、数ヶ所に挿し色としてさりげなく赤が使われています。

アルミのセミディープは珍しいので、差別化を図る意味もあるでしょう。

フルクラム伝説の赤スポークホイール

カンパニョーロに続いては、子会社である「フルクラム」です。

一部では親を超えたと評する人もいるくらい、世界的な人気メーカーのひとつです。

フルクラムのロードバイク用ホイールで赤と言えば、伝説の「レッドスポーク」モデルです。

2013年と2016年シーズンに限定で発売されたのが、アルミクリンチャー最高峰の【RACING ZERO(レーシングゼロ)】の赤スポークモデルです。

全てのスポークが赤く塗られたホイールで、機能的にはノーマルモデルと同じです。

2013年モデルが好評だったことで、2016年の再登場となっており、3年周期なら2019年に再々登場もあり得ると期待されています。

2013年モデルは、リムのロゴ部分が白く塗られており、少しガチャガチャした印象の仕上がりでした。

それに比べると、2016年は白には塗らずロゴもすっきりとしたので、赤が映える落ち着いた仕上がりになりました。

特に黒を基調としたボディカラーとの相性の良さが伝えられ、人気を博しました。

レーシングゼロは、アルミリム最強と言われることも多い超人気ホイールですが、さらに人気に拍車をかけたのがこの赤スポークモデルです。

ロードバイクにさりげなく赤を挿すならこのホイール

フルクラムでは2018年モデルにも、「赤」が代名詞になるロードバイクホイールがラインナップされています。

【RACING ZERO COMPETIZIONE(レーシングゼロ コンペティツィオーネ)】

コンペティツィオーネはイタリア語で「競技」という意味ですから、レースに使ってくださいという意思表示ですね。

それで何が赤かと言いますと、このホイールは前後共に1本だけ、赤いスポークがあしらわれています。

しかも、「アノダイズド加工」という特殊な表面処理で、普通の塗装に比べて色が落ちにくくなっています。

さらに、ハブも赤なので挿し色ながら、アクセントの効いたオシャレなホイールになっています。

コンペティツィオーネは、グリス不要の「CULT」ベアリングであったり、チューブレスタイヤも使用できる特別感のあるものです。

当然ながら、レーシングゼロの進化バージョンですから、戦闘力も高く異次元の加速力が売りになっています。

その分価格も「カーボン?」と疑いたくなるような、スペシャルプライスとなっております。

「THE・赤」ならこのホイールメーカー

ロードバイクのホイールで赤と言えば、オランダの「Fast Forward(ファストフォワード)」も忘れてはいけません。

ファストフォワードの最大の特徴は、「手組み」ホイールのメーカーということです。

リムやハブ、スポークは他社の既存品を利用して、「組み上げる」のが専門のメーカーです。

多くのホイールメーカーの製品は「完組みホイール」といって、パーツがそのホイールの専用設計になっています。

いわゆる、トータルコーディネートされているので、性能が高いとされています。

しかし、ファストフォワードは、手組みでもレース機材に採用されるほどの技術を持っています。

カーボンリムが専門で、特にリムハイトの高いモデルはロゴの半分以上が赤なので、インパクトが強いです。

ここまで紹介したイタリアの2メーカーに比べても、ダントツに赤いです。

イメージカラ―を持つブランド

今回はロードバイク用のホイールに「赤」を使っているものを確認しましたが、正直なところ少ないのが現状です。

機能的には何の効果もなく、見た目だけの問題なので当然ですし、レース機材ということで遊び心がないのでしょう。

他でイメージカラー化しているメーカーと言えば、フランスの「マビック」です。

メーカーのアイコンにも使用されているイエローがイメージカラーです。

アルミクリンチャーの最高峰【キシリウムプロ】には黄色の1本スポークが見られますし、ハブの色を任意で選べるホイールもあります。

また、ホイールではありませんがロードバイクで色と言えば、イタリアのスポーツ自転車ブランド【ビアンキ】の「チェレステ」ですね。

チェレステは緑がかった水色のような、青空をイメージしていると言われる色で、イタリアではひとつの色の種類に認定されているそうです。

ほぼ全てのバイクのボディーカラーに採用されており、挿し色としてもどこかに必ず入っています。

前項で紹介したファストフォワードも、かつてビアンキを使用するプロチームに、限定のチェレステカラー入りのホイールを提供したことがあります。

ホイール+赤はインパクト抜群

今回はホイールの色に関して、赤を中心に確認しました。

全面的に主張してくるものから、さりげなく挿し色として存在感を示すものなど、種類は多くないですが、アクセント付けになり、インパクトもあります。

あくまでも見た目だけの話ですが、決して悪い選択ではないと思いますよ。