ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ロードバイクのホイールに”赤”をまとうのはどうか?

2018.7.12

ホイールは、面積の大きさから「ロードバイクの顔」とも言われます。

車輪ですから、駆動の要として機能的な役割も当然大きいのですが、今回はあえて見た目にこだわってお話をしてみます。

数年前スポークだけが赤いホイールを見た記憶がありますし、ロゴが派手な色のホイールもあります。

他にどんなものがあるのか確認してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビアンキのロードバイクのシンボルは色~チェレステとは?

ビアンキのロードバイクで「色」といえば?という質問があったら、大半の人が「チェレステ」と答えるでしょ...

シマノ・SORAはリア9速!多段化グレードアップの効果は?

シマノのロードバイク用コンポのエントリーグレード「SORA(ソラ)」は、リア9速を守り続けるコン...

ロードバイクのメーカーロゴから見る!メーカーの歴史と信念

ロードバイクを選ぶ際に、メーカーのロゴのデザインも気になることと思います。 メーカーロゴは...

自転車の2台持ちは贅沢?いろいろと言い訳を考えてみた

自転車の2台持ちで迷う...。 あなたはまだ、引き返せるかもしれません! 私にも、そんな...

トレックのエアロロードバイク「マドン」を検証する

現在ロードバイク界では「エアロロード」がトレンドとなり、1つのジャンルとして完全に確立されています。...

自転車のフレーム塗装に傷があったら要注意!そのリスクとは

長く自転車に乗っていれば、フレーム塗装が剥がれたり傷が生じてしまうこともありますよね。 このよ...

ロードバイクが欲しい!しかも10万以下で速いのがッ!

ロードバイクというと、自転車の中でも「高級品」というイメージがあるかもしれません。 それもその...

ホイールのハブを交換したい!自力でできる?費用は?

自転車のホイールは、タイヤをはめる部分であるリム、骨組みに当たるスポーク。 スポークをリムに支...

BROOKSの代名詞「革サドル」の乗り心地をよくするためには?

BROOKS(ブルックス)は創業140年以上にもなる、イギリスの老舗サドルメーカーです。 ...

シマノのノングレードクランクRS500(RS510)とは?

シマノはロードバイクのコンポの型番に、ロードバイクを意味する「R」のイニシャルをつけるようになり...

シマノのロード用コンポの互換性を知って確実なカスタムを

今回は、シマノのロードバイク用コンポの互換性についてのお話になります。 ひと言で互換性と言って...

ロードバイクメーカーの中で初心者にオススメ5選!

初心者の方が、ロードバイクの購入を考えている時に、どのメーカーの物が良いのか困ってしまう時もあると思...

スギノのクランクとは!?スギノ社製クランクや他製品の評判

皆さんは、ロードバイクやピストバイクに付いているクランクの国産ブランドといえばどのブランドを思い...

メリダの売れ筋はこれ!スクルトゥーラ4000のインプレ評価は

メリダのロードバイクは流通量が多く、近年はロードレースにも力を入れていることから、ラインナップ数...

シマノのホイールrs11は評価が高い!その理由を知りたい

シマノは、世界一の自転車パーツメーカーですが、コンポ同様にホイールの評価も高いです。 今回は、...

スポンサーリンク

ロードバイクのホイールは一種のキャンバス

ロードバイクは、レース機材である側面と同じくらい嗜好品=趣味の乗りものという趣が強いです。

スポーツ自転車の中でも一線を画す価格ですし、生活の足的に使う機能は(カゴ、泥除けなど)ほとんど付いていません。

また、メーカーにもよりますが、あれだけ大きいロゴや派手な色は、正に嗜好品としてのたたずまいです。

そんな中で、一見すると地味なのがホイールです。

黒いタイヤとの組み合わせで余計にそう見えるのですが、特にアルミリムは金属の無機質感があり、デザインとしては平凡なものが多いです。

ホイールはレースでは勝負を左右する、走りの質に大きく関わるものですから、デザインよりも性能面重視なのは当然です。

ホイールはピンきりですが、ロードバイクのパーツの中では最も高価なものです。

さらに、ホイールは面積が大きくキャンバスにも成り得ますので、見た目の印象をガラッと変えます。

そのため、嗜好品という要素を考えれば、少し派手に着飾っても良いのではないでしょうか?

今回は特に「赤」にこだわって、派手めのホイールを紹介していきます。

赤いロードバイクホイールの代表格は?

ロードバイクのホイールで「赤」というと、イタリアの親子メーカー「カンパニョーロ」と「フルクラム」が思い起こされます。

イタリアといえば「フェラーリ」、フェラーリといえば「赤」ですが、それを意識しているという噂もあります。

カンパニョーロは、カーボンリムホイールの代表格【BORA ONE(ボーラワン)】【BORA ULTRA(ボーラウルトラ)】にロゴの一部を赤くしています。

ONEとULTRAの部分を赤くしており、見た目にもインパクトがあります。

プロも使用する決戦ホイールなので、価格もインパクト抜群ですが…

しかし、カンパニョーロの抜かりのないところは、「ダークラベル」という、赤を一切使っていないモデルもラインナップさせています。

また、アルミリムのセミディープホイールである【SCIROCCO(シロッコ)】には、数ヶ所に挿し色としてさりげなく赤が使われています。

アルミのセミディープは珍しいので、差別化を図る意味もあるでしょう。

フルクラム伝説の赤スポークホイール

カンパニョーロに続いては、子会社である「フルクラム」です。

一部では親を超えたと評する人もいるくらい、世界的な人気メーカーのひとつです。

フルクラムのロードバイク用ホイールで赤と言えば、伝説の「レッドスポーク」モデルです。

2013年と2016年シーズンに限定で発売されたのが、アルミクリンチャー最高峰の【RACING ZERO(レーシングゼロ)】の赤スポークモデルです。

全てのスポークが赤く塗られたホイールで、機能的にはノーマルモデルと同じです。

2013年モデルが好評だったことで、2016年の再登場となっており、3年周期なら2019年に再々登場もあり得ると期待されています。

2013年モデルは、リムのロゴ部分が白く塗られており、少しガチャガチャした印象の仕上がりでした。

それに比べると、2016年は白には塗らずロゴもすっきりとしたので、赤が映える落ち着いた仕上がりになりました。

特に黒を基調としたボディカラーとの相性の良さが伝えられ、人気を博しました。

レーシングゼロは、アルミリム最強と言われることも多い超人気ホイールですが、さらに人気に拍車をかけたのがこの赤スポークモデルです。

ロードバイクにさりげなく赤を挿すならこのホイール

フルクラムでは2018年モデルにも、「赤」が代名詞になるロードバイクホイールがラインナップされています。

【RACING ZERO COMPETIZIONE(レーシングゼロ コンペティツィオーネ)】

コンペティツィオーネはイタリア語で「競技」という意味ですから、レースに使ってくださいという意思表示ですね。

それで何が赤かと言いますと、このホイールは前後共に1本だけ、赤いスポークがあしらわれています。

しかも、「アノダイズド加工」という特殊な表面処理で、普通の塗装に比べて色が落ちにくくなっています。

さらに、ハブも赤なので挿し色ながら、アクセントの効いたオシャレなホイールになっています。

コンペティツィオーネは、グリス不要の「CULT」ベアリングであったり、チューブレスタイヤも使用できる特別感のあるものです。

当然ながら、レーシングゼロの進化バージョンですから、戦闘力も高く異次元の加速力が売りになっています。

その分価格も「カーボン?」と疑いたくなるような、スペシャルプライスとなっております。

「THE・赤」ならこのホイールメーカー

ロードバイクのホイールで赤と言えば、オランダの「Fast Forward(ファストフォワード)」も忘れてはいけません。

ファストフォワードの最大の特徴は、「手組み」ホイールのメーカーということです。

リムやハブ、スポークは他社の既存品を利用して、「組み上げる」のが専門のメーカーです。

多くのホイールメーカーの製品は「完組みホイール」といって、パーツがそのホイールの専用設計になっています。

いわゆる、トータルコーディネートされているので、性能が高いとされています。

しかし、ファストフォワードは、手組みでもレース機材に採用されるほどの技術を持っています。

カーボンリムが専門で、特にリムハイトの高いモデルはロゴの半分以上が赤なので、インパクトが強いです。

ここまで紹介したイタリアの2メーカーに比べても、ダントツに赤いです。

イメージカラ―を持つブランド

今回はロードバイク用のホイールに「赤」を使っているものを確認しましたが、正直なところ少ないのが現状です。

機能的には何の効果もなく、見た目だけの問題なので当然ですし、レース機材ということで遊び心がないのでしょう。

他でイメージカラー化しているメーカーと言えば、フランスの「マビック」です。

メーカーのアイコンにも使用されているイエローがイメージカラーです。

アルミクリンチャーの最高峰【キシリウムプロ】には黄色の1本スポークが見られますし、ハブの色を任意で選べるホイールもあります。

また、ホイールではありませんがロードバイクで色と言えば、イタリアのスポーツ自転車ブランド【ビアンキ】の「チェレステ」ですね。

チェレステは緑がかった水色のような、青空をイメージしていると言われる色で、イタリアではひとつの色の種類に認定されているそうです。

ほぼ全てのバイクのボディーカラーに採用されており、挿し色としてもどこかに必ず入っています。

前項で紹介したファストフォワードも、かつてビアンキを使用するプロチームに、限定のチェレステカラー入りのホイールを提供したことがあります。

ホイール+赤はインパクト抜群

今回はホイールの色に関して、赤を中心に確認しました。

全面的に主張してくるものから、さりげなく挿し色として存在感を示すものなど、種類は多くないですが、アクセント付けになり、インパクトもあります。

あくまでも見た目だけの話ですが、決して悪い選択ではないと思いますよ。

 - ホイール, ロードバイク, 自転車のパーツ