kuotaのロードバイクをご紹介!ブログでの評判を知りたい

【kuota(クオータ)】は、イタリアの自転車メーカーです。
老舗が並ぶイタリアにしては、歴史の浅い新興メーカーと言えます。

しかし、早くからロードバイクのフレーム素材としてカーボンに注目するなど、実績では引けを取りません。

日本でも人気の高いメーカーなので、ブログなどの紹介記事も多数見られます。

そこで今回は、kuotaのロードバイクをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダのライド80は2018メリダ最廉価ロードバイク!買いか?

今回ご紹介するメリダの「ライド80」は、2018年モデルの中で最も価格が安いロードバイクになりま...

ロードバイクメーカーの特徴の違い!地域別・価格帯別・特徴

ロードバイクを選ぶ際にまず最初に考えるのは、価格とメーカーではないかと思います。予算を決めて...

ビアンキのクロスバイクに女性用はあるのか?

イタリアの老舗「ビアンキ」は、「チェレステカラー」に代表されるオシャレなイメージが定着しており、...

ロードバイクのバーテープ巻き方に一工夫!おしゃれに楽しむ

あなたは、今の自分のロードバイクの見た目を気に入っていますか?買ったばかりの時は気に入ってい...

SHIMANO・ULTEGRAの価格を上位グレードとの比較から評価

ロードバイクのコンポはセットでの導入を考えますので、価格は大いに関心があるところです。今回は...

トレックのロードバイクライフにamazonを活かす手はあるか?

「amazon」に代表される通販サイトは今や扱っていないものが無いのではと思うほど、品ぞろえの充実が...

ロードバイクのシートポストをグリスアップ!固着を防ごう

ロードバイクのシートポストをメンテナンスした事はありますか?シートのポジションが決まってしま...

クロモリフレームの特徴やフレーム塗装の方法について

自転車には、アルミやカーボンだけでなく、クロモリのフレームがあることをご存じでしょうか。また...

ジオスのミグノンを改造し快適な自転車にカスタマイズする!

イタリアの自転車メーカーであるジオスのミグノンは、今話題の小径車ミニベロと呼ばれる自転車です。小...

アンカーのロードバイクが割引販売されにくいのはなぜ?

ロードバイクに限ったことではないですが、何か大きな買い物をする際はいくらかでも割引があると嬉しい...

ロードバイクの日本メーカーを一覧でご紹介!海外メーカーも

日本のロードバイクメーカーは多数ありますが、その全てを把握することは難しいと思います。そこで...

ビアンキのクロスバイクのサドルについて知りたい!

クロスバイクはスポーツ自転車の入門編的存在で、ママチャリなどから乗り替える方が多くなります。...

自転車素材のアルミやカーボン、その特徴!錆に強いのは?

自転車のフレーム素材の中では、アルミやカーボン、クロモリなどがあります。珍しいフレームでいっ...

ビアンキのロードにサイズ43はあるの?小柄だと無理なのか?

イタリアメーカーのビアンキで、サイズが「43」というとロードバイクにはありませんので、MTBとク...

ロードバイクのハンドルのサイズと幅の選び方とは

ロードバイクは、様々なパーツで出来ています。そのパーツの中でも、ハンドルの形状はいくつか種類...

スポンサーリンク

kuotaのロードバイクはカーボンフレームと共に進化してきた

kuotaは1992年に、フロントフォークを製造するために創業した会社(シンテマ社)が前身です。

1990年台半ばに軽量のカーボンフォークの製造を開始し、イタリアを問わず、多くのメーカーからのOEM生産を請け負ってきました。

その技術の積み重ねと、ロードバイクにカーボンが採用される将来を予測した先見の明もあり、2001年にカーボンフレーム車を発表するまでに至ります。

これまでに、爆発的な人気を博したわけではありません。

しかし、プロチームへのレース機材の提供により得られた情報を元に、コツコツと実績を積み上げてきている印象です。

特に、kuotaの存在意義とも言える、カーボン素材へのこだわりは見事です。

カーボン特有の造形美を活かしたシルエットは、好きな人なら、ひと目でkuotaと分かるような特徴的なものです。

ブログなどを読んでいても、この造形美に着目している人が多いですね。

kuotaの日本での販売は「株式会社インターマックス」が代理店を務めています。

インターマックスは高級ホイールの【zipp】、クランクやヘッドセットで有名な【FSA】の代理店も務めています。

kuotaのロードバイクでブログに頻繁に登場する機種

現在のkuotaのラインナップは、ロードバイク・トライアスロンバイクが、メインとなっています。

特に、ロードバイクは全機種カーボンフレームで、さすがのこだわりようです。

機種はそれほど多くありませんが、価格の幅が小さく20~35万円の間に収まっています。
他のイタリアメーカーに敷居の高さを感じている人は、一度ラインナップを確認する価値ありだと思います。

また、ヨーロッパメーカーとしては、小さいサイズの展開がある部類です。

シートチューブ長で400mmを切っているサイズもありますので、女性にも選んでもらえるメーカーと言えます。

ユーザーさんのブログによく登場するのが、ハイエンドモデルの【KHAN(カーン)】。

エアロ形状が目を引く【KRYON(クレヨン)】。
エントリーモデルながら、パーツにコストダウンの見られない【KOBALT(コバルト)】。

この辺りが、注目度が高いですね。

KHANはフレームセットのみ、その他の機種はシマノのコンポをメインにしています。

【KHAN(カーン)】のインプレブログ

では、kuotaのロードバイクをご紹介していきましょう。

まずは、ハイエンドモデルの【KHAN(カーン)】です。

さすがに、メーカーのフラッグシップモデルだけあり、フレームセットのみで35万円します。

「超」が付くほどの軽量ではありませんが、約1.1kgなら、重さを気にするレベルではないでしょう。

ブログでのインプレをまとめてみました。

ファーストインプレッションとしては、「硬くて軽い」しかし硬くて踏み抜けないということもなく、剛性が高いという表現があります。

坂の上りに対する評価も上々で、漕ぎだしの軽さと、ハンドリングの良さが絶賛されています。

これは私の意見ですが、KHANに限らずkuotaのロードバイクはヘッドアングルが寝気味なので、扱いやすさが強調されていると思われます。

また、ブログでの指摘もありましたが、チェーンステーがかなりレーシーですので、レース後半のスプリントにも対応してくれます。

初心者からレースライダークラスまで、幅広い層に受け入れられる1台ですね。

【KRYON(クレヨン)】はkuotaを代表するエアロロード

kuotaのロードバイクで、続いてご紹介するのは【KRYON(クレヨン)】です。

2015年より、前身であるエアロフレームの「KHARMA(カルマ)」のコンセプトを次いで、ラインナップされています。

サイズがXXSから用意されており、シートチューブ398mm、ホリゾンタルトップチューブ485mm、ヘッドアングルは驚きの68.6度です。

小柄な方や女性にも、十分対応できるサイズでしょう。

見た目は完全に今の流行でもある、エアロロードそのものです。

剛性の強さが多くのブログで指摘されており、重いギアを踏むのを好む人向けとまで、評している人もいます。

そのためか、衝撃吸収性の面で少し辛い評価が目立ちますので、長距離向きとはいかないようです。

しかし、高速巡航では上々の評価で35km~40km/hくらいからは、ペダルからの反発感が消え、気持ちよく進んでくれる感覚と言います。

将来のレース参戦を見据えた人の、最初の1台に最適かと思います。

ホイールのレベルなどを考えると、コスパでは他メーカーの同価格帯機種には、一歩譲る感じです。

kuotaのロードバイクのエントリーモデルは【KOBALT(コバルト)】

kuotaのロードバイク3台目は【KOBALT(コバルト)】です。

メーカーも謳っていますが、見た目は非常にオーソドックスな、現代のスローピングスタイルのロードバイクと感じます。

KOBALTのインプレは、ショップのブログなどでも書かれています。

KOBALTは、価格は少し高いですが、エントリーモデルの位置付けなので、どちらかというと乗り心地重視の設計になっています。

kuotaのロードバイクは、エアロ設計のチューブを用いている機種が多いです。

しかし、KOBALTはエッジが利いて洗練されてはいますが、素直な感じのフレーム形状になっています。

その分、kuotaらしさに欠けるという意見もありますが…

また、シマノ・105搭載で上記のKRYONとほぼ同じくらいの価格ですので、どちらを選ぶかは、用途によってですね。

レースを目指すならKRYONですし、長距離を想定するならKOBALTというところです。

KRYONもKOBALTも、ドライブトレインとホイールがシマノ製で統一されているのが嬉しいところです。

しかも、後のカスタムまで視野に入れると、Di2に対応しているのもポイント高いですね。

ブログは参考にするもの

kuotaのロードバイクのインプレを探して、色々なブログを読まさせていただきました。

今回参考にしたのは、ネガティブな意見もしっかりと書いてあるインプレにしました。

それは、ただの美辞麗句だけを並べただけの記事は、その商品を売り込むためだけの目的で書かれた「ちょうちん記事」の可能性があるからです。

逆に批判ばかりが目立つのも、ライバル会社の「ネガティブキャンペーン」の可能性もあるので、信頼性は落ちます。

その線引きは難しいですが、できるだけ賛否両論を戦わせているようなブログを、参考にしていただきたいと思います。

その中で、自分が購入を考えているロードバイクに対して、どんな評価がされているのか?
また、どんな人向けのバイクなのかという、用途に関して書いてくれているものも、大いに参考になるでしょう。

kuotaは比較的歴史の浅いメーカーですので、まだ評価が固まっていない印象です。

だからこそ、内容を鵜呑みにするのではなく、自分で信じた道を行くことが一番大切だと思いますね。

kuotaの物作りはストレート

今回はkuotaのロードバイクについて、インプレされているブログを参考にご紹介しました。

個人的な印象では、造形と性能で直球勝負しているメーカーと感じました。

機種が少ない分、誰にでも適合するわけではないかもしれませんが、ヘビーユーザーが生まれるメーカーと言えそうです。