bontragerのホイールはtlr対応が多い!どこで販売されてる?

まず、「bontrager(ボントレガー)」と聞いて、ピンとくる人は相当なロードバイク好きですね。

世界規模のメーカー「トレック」のパーツブランドですが、トレックに興味がなければ、全く知らなくても不思議ではありません。

また、ホイールはトレックの完成車以外に、他のメーカーの自転車で、使用して良いか迷う人も多いと聞きます。

多くのホイールがtlr(チューブレスレディ)対応という稀有な特徴もあるので、みてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シクロクロスはタイヤで変わる!タイヤ交換するならどれ?

スポーツ自転車「シクロクロスバイク」ってご存知でしょうか。ロードバイクとmtbのいいとこどり...

スペシャライズドはエアロのパイオニア!ハンドルにも注目

スペシャライズドはMTBでその名を世界に広めたメーカーですが、近年はロードバイクが主流になっています...

ピストバイクのクランクを今日から自分で取り付けてみよう!

近年、自転車は様々な種類が販売され、それぞれのニーズに合った乗り方がされています。その中...

シマノのロード用コンポの互換性を知って確実なカスタムを

今回は、シマノのロードバイク用コンポの互換性についてのお話になります。ひと言で互換性と言って...

最初のホイール交換に最適!シマノ・WH-RS500のインプレ評価

シマノのロードバイク用ホイールに、かつて「WH-6800」という人気のアルミリムホイールがありま...

ロードバイクのタイヤ交換の方法とタイヤの向きの決め方!

ロードバイクに乗っていると、消耗品として、タイヤを交換する必要があります。では一体、パンクな...

シマノのブレーキレバーの調整方法!交換のメリットって?

皆さんはブレーキレバーを交換したいと思ったことはありますか?ブレーキレバーにも様々な種類...

ボントレガーのホイールを装着!分解やメンテナンスをしよう

ボントレガーは、トレックのパーツブランドとして有名で、サドルやホイールなど様々なパーツを手がけていま...

シマノ・デュラエース WH-R9100 C24の変更点は剛性力!

シマノがロードバイクのコンポにおいては世界のトップシェアであることは有名かと思いますが、ホイール...

スペシャライズドのクロスバイクに女性専用アリ!何が違う?

クロスバイクは、服装や靴に気を使う必要はないですし、前傾姿勢が深くないので気軽に乗れるスポーツバイク...

イーストンのロード用ホイールに以前ea50グレードがあった!

イーストンは簡単に言うと「パイプ屋さん」ですので、ハンドルやシートポストでは、かなり有名なブランドで...

ピストのハンドルは短いのがカッコいい?流行りや交換の方法

ファッション性の高いピストバイクは、そのフレームやタイヤ、パーツのカラーなどでおしゃれにカスタムする...

ハンドルをブルホーンにした場合stiレバーを使用できる?

ブルホーンは、先端が「牛の角」のように、前方に突き出ているハンドルのことです。トライアス...

メリダのフレームセット販売は完成車を買うよりもお得なの?

メリダのロードバイクは完成車のほか、フレームセットの状態でも販売しています。そこで気になるの...

マビックのホイールはメンテナンスが簡単!?特徴とは?

マビックのホイールと言えば、新しくホイールを買い換える中で、選択肢に入れる人も多い人気のホイールです...

スポンサーリンク

bontragerのホイールは市場にに出回ってこない

bontragerは、過去には自転車のフレームも製造・販売していましたが、現在はトレックの傘下となり、純正品を中心にパーツの製造を行っています。

ホイールの他にも、ハンドル・サドル・サイコンに至るまで、ドライブトレイン以外、ほぼ全般で製造しています。

トレックの完成車はフレームとドライブトレイン以外は、bontrager製のパーツを採用しています。

また、トレック以外で、完成車にbontragerのパーツを採用しているメーカーがあるのかは不明です。

ただ、bontragerの世間のイメージは、トレック専用のパーツブランドという感じです。

今回取り上げるホイールは、単品販売も行っていますが、各種通販サイトには出回っていません。

そうなると、取り扱いはトレックの正規販売店のみなので、どうしてもトレックユーザーにしか広まらない環境と言えます。

しかし、種類が豊富ですしtlr対応が多いですから、将来的な需要も含めて、流通させないのはもったいない気がします。

bontragerが推すtlr(チューブレスレディ)はタイヤの種類

さて、ここではbontragerが積極的に採用しているtlr(チューブレスレディ)について説明していきます。

チューブレスレディは、タイヤの種類のひとつです。

自転車のタイヤには、タイヤの中にチューブが入っているタイプと、入っていないタイプがあります。

チューブを必要とするタイプには、チューブをタイヤに縫い付けて固定する「チューブラー」。
タイヤの中に挿入するだけの「クリンチャー」があります。

レースの世界は別として、市場規模が大きく、一般ユーザーに広く普及しているのは「クリンチャー」です。

チューブラーの場合、パンクなどのトラブル時は、一度縫い目をほどく必要があるので、実質使い捨てです。

一方、クリンチャーはメンテナンスが容易ですので、エンドユーザー向きと言えます。

そして、チューブレスタイプは文字通り、チューブがないタイヤです。

チューブがないぶん、低い空気圧でもパンクの心配が少ないので、空気圧を低くしなければならないMTBに、多く採用されています。

そして、問題のチューブレスレディですが、チューブがないタイヤに変わりはありません。

シーラント剤という、空気漏れを防ぐ液体を入れることで気密性を高めるのが、チューブレスレディとなります。

普通のチューブレスタイヤよりもシーラント剤に頼れるぶん、気密性にそこまで気を使わなくて済みます。

そのため、ホイールのリムやタイヤが簡素化できるので、軽量化に繋がります。

tlrと対応ホイールのメリット

bontragerは、自社ブランドのシーラント剤まで販売しているので、tlrの普及に本腰を入れようとしているのは明白です。

チューブレスタイヤのメリットは先述したように、低い空気圧でも、パンクのリスクが少ないことにあります。

地面とのグリップ力を高めるために、空気圧を下げる必要があるMTBにとって、メリットが大きいタイヤです。

また、チューブがないので、そのぶん、多くの空気を充填できることになります。

空気量が多いということは、クッション性が向上するので、乗り心地が良くなります。

また、最近の研究では、チューブタイヤに比べてチューブレスの方が、転がり抵抗が少ないことが分かっています。

転がり抵抗は、タイヤの変形によって生まれますので、空気圧が高ければ変形の可能性は低くなります。

ですから、空気圧を上げていくと転がり抵抗の差も小さくなりますが、それでもチューブレスが優位ということです。

転がり抵抗は簡単に言えば地面との摩擦なので、低減すればタイヤやホイールが転がりやすくなり、スピードが上がるわけです。

ここまで考えればbontragerが、いやトレックがチューブレスレディに、こだわりを見せているのも分かる気がします。

チューブレスタイヤよりもチューブレスレディは軽量ですから、ロードバイクにも使えるという判断をしても納得です。

bontragerのtlr対応ホイール

tlr(チューブレスレディ)の話が長くなりましたが、ちなみにクリンチャータイヤ+チューブと比較して、重量で優位ということはありません。

あくまでも、チューブレスとレディの比較では、レディの方が軽めということで、クリンチャーとは同等くらいです。

では、bontragerのホイールを見ていきましょう。

ちなみに、トレックのフレームにしか取り付けられないなんてことは、決してありません。

種類が多すぎて、どれを取り上げて良いか迷いますが、基本的にはリムがカーボンかアルミか?
チューブラータイヤ専用か、クリンチャー、チューブレス(レディ)兼用か?という選択になります。

ハイエンドモデルは、カーボンリムの【Aeolus 7 tlr D3 Clincher】です。
リムハイト70mmのディープリムで、独自のD3エアロ形状が空気抵抗を軽減します。

各メーカーがこぞって採用する、DT Swissのハブを使用しているので、やはり力の伝達の良さと、転がりを絶賛する声が多いです。

このAeolus(アイオロス)はシリーズ化されていて、製品名のAeolusの右の数字がリムハイトを表しています。

ちなみに、30mmの【Aeolus 3】の公表重量は前後計1,348gで、カーボンリムとしては重めです。
この辺りで、敬遠する人が多いという指摘もあるようです。

一方、ロード用のアルミリムに関しては、重量やハブの性能に、正直見るべきものはありません。
個人的には、他メーカーのライバルになり得ないものだと思います。

bontragerの【Aeolus(アイオロス) Pro 3】はライバルと良い勝負

bontragerの姿勢からも、カーボンリム重視が伝わってきたので、アルミリムには辛い評価をしました。

カーボンリムの【Aeolus(アイオロス)D3】シリーズは、当然ながらトレックの完成車、中でも最上位モデルに装備されています。

ただ、このシリーズは完成車でも、100万円を超えるようなレース機材にしか採用されていません。

インプレなども少ないので何とも言えない所ですが、価格も含めて、ホビーライダーには扱いが難しいホイールかもしれません。

そういった意味も含めると、2017年に誕生したAeolus(アイオロス)のミドルグレードがおすすめになってきます。

中でも【Aeolus(アイオロス) Pro 3 tlr クリンチャー】は、上位モデルと同じD3形状を継承しています。

35mmのセミディープなリムハイトも高速巡航をしたい人には、適度な高さではないでしょうか。

Aeolusの半額くらいなので、DT製のハブではありませんが、それでもbontrager製のハブも回転の評価は高いです。

カーボンリムで約18万円なら、他メーカーと何とか勝負できるレベルですね。

bontragerが広まる可能性

トレックが販売店で定価販売をするというのが原因なのか、bontragerのホイールはやはり全く流通していません。

そのため、トレックユーザーからしかbontragerのホイールの話が聞こえてこないので、客観的な評価ができません。

賛否は別として、自転車のパーツも通販で買うのが主流になってきましたので、bontragerもトレックも承知の上での、ブランド戦略なのでしょう。

ですが、トッププロチームに機材を供給しているのですから、技術力は証明されているのも同然です。

また、tlrという未来を感じさせる対応をしているのも魅力的に映るので、もっと市場に出せばと思ってしまいます。

まして、今回はご紹介できませんでしたが、数々のパーツを取り扱っているのですから、チャンスはたくさん転がっていますけどね。

bontragerはやはりトレック専用

まとめのタイトルとしては、こうなってしまいます。

ホイールは他のメーカーの自転車にはめられますが、市場に出てこない分には仕方ありません。

性能を客観的に評価する環境にないですし、何とも扱いが難しかったです。

トレックを極めれば、bontragerがもう少し分かると思いましたので、機会があれば検証してみたいと思います。