ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

【就活応援】趣味がロードバイクの場合の履歴書への書き方!

2017.10.17

就職活動で必須となるのが、履歴書ですね。

送った履歴書によって企業先にいい印象を持たれたり、反対に、よくない印象を与えてしまうこともあります。
今回は、履歴書の趣味の欄に「ロードバイク」と書く場合の書き方についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車のハンドル交換をしたら変速機やブレーキはどうなる?

皆さんは、自転車のハンドル交換をしたいと思ったことはありますか? フラットな一直線のものか...

自転車通学にオススメの自転車!ランキングでご紹介します!

小学校や中学校は徒歩で行ける距離でも、高校や大学は自転車で通う距離に・・・そんな方は多いのではないで...

自転車のホイールバランスは自分で取ることが出来るのか!?

簡単にご説明しますとホイールバランスとは、均等にバランスを取れる状態にするためのタイヤとホイールの重...

シマノのホイールrs11は評価が高い!その理由を知りたい

シマノは、世界一の自転車パーツメーカーですが、コンポ同様にホイールの評価も高いです。 今回は、...

自転車の「700c」や「27インチ」って何?違いは?

自転車屋さんのサイズ表示でよく見かけるのは、27インチというような「インチ」表示です。 で...

ストライダーにはヘルメットが必須!失敗しないサイズ選び方

ストライダーは、2歳~5歳の子供を対象にした乗り物です。 公道を走ることはできませんが、敷地内...

フルクラムのレーシング7はどんな評価をされているの?

フルクラムは、カンパニョーロの子会社で、ホイール専業メーカーです。 最近は、カンパにとらわれず...

ストライダーをピンクなどのカラーパーツでカスタムする

ストライダーはお子さんが乗るものですから、できるだけカッコよく、またはかわいくカスタムしてあげた...

自転車タイヤ交換、時間はかかるけど自分でやれば安く済む!

自転車に乗っていても、乗っていなくても、タイヤには寿命があり、定期的に交換する必要があります。 ...

フルクラムのレーシングゼロの重量~軽さが全てなのか?

フルクラムは世界的な自転車パーツメーカー「カンパニョーロ」の子会社で、ホイール専業メーカーです。...

シマノのブレーキレバーの調整方法!交換のメリットって?

皆さんはブレーキレバーを交換したいと思ったことはありますか? ブレーキレバーにも様々な種類...

ストライダーを自転車のかごに入れて運ぶ際のポイント

ストライダーは公道では乗れませんので、親御さんが目的地まで持ち運ぶことになります。 お子さ...

自転車購入後に行う、防犯登録をすることの大きな意味は?

自転車を店頭で購入後、必ずといっていいほど、防犯登録の加入を勧められるでしょう。 この防犯登録...

mtbのダウンヒル初心者必見!上手になるテクニックのコツ

mtbで行う競技の1つに、ダウンヒルがあります。 ダウンヒルは、山道に作られた急な斜面を高速で...

自転車の後輪ブレーキシューの交換する手順とは?

自転車の消耗品で一番に思い出すのはタイヤですよね。 その次の消耗品っていえばブレーキシューです...

スポンサーリンク

就職活動でとくに大切なのが履歴書

社会人として働いているほとんどの人は、履歴書を書いたことがあるはずです。

また、学生でアルバイトをしているという人も、正社員の就職用のしっかりとした履歴書とまではいかなくとも、志望のアルバイト先へと履歴書を書いたことでしょう。

履歴書には、名前や住所、生年月日、学歴や資格などの自分の情報をいろいろと書きます。

なかでも、自分らしさや、性格の雰囲気が伝わりやすいのが「趣味」という項目です。
趣味でなくても、好きな事、得意な事と書かれている履歴書もあります。

その、趣味という欄ですが、自分が本当に好きなものを書くことで面接がしやすくなると言えます。
なぜなら、面接官の予想もしていなかった質問にも、受け答えがしやすいからです。

ロードバイクが趣味という人の中には、履歴書に書いた方がいい趣味なのか、書かない方がいい趣味なのかと悩んでしまう人も少なくないようです。

もちろん、ロードバイクという趣味は履歴書に書いても悪い印象をもたれることはありません。
しかし、書き方によっては、いい印象を与えない場合もあるため、その書き方について知っておきましょう。

趣味「ロードバイク」を履歴書に書く方法

趣味にロードバイクと書くと、いい印象を与えないと言う人も中にはいます。
しかし、それはロードバイクについて正しい知識がないからかもしれません。

履歴書の趣味という欄にロードバイクのことを書くなら、ただ単に「ロードバイク」と書くのはやめましょう。

ただ、ロードバイクと書いてしまうと、ロードバイクにまったり乗ることが好きなのか、ロードバイクでレースに出るほど好きなのかなど、ロードバイクで何をすることが趣味なのかが面接官には伝わりません。

面接の際に、ロードバイクについて質問された場合に答えればいいと思わず、ロードバイクについて分かるように詳細に書いておくと、マメな人や丁寧な人という印象も与えることができます。

そして、本題に戻りますが、以下に趣味の欄にロードバイクと書くときの書き方をまとめています。

●趣味はロードバイクです。自然がある場所へと一人で出かけることが好きです。

●趣味はロードバイクです。よくロードバイク仲間とツーリングに出かけて、リフレッシュしています。

このようにロードバイクが趣味だということを書くと、面接官にはしっかりと伝わります。

趣味「ロードバイク」を履歴書に書くとき好印象にする

ロードバイクが趣味だと、いい印象を与えない原因としては、履歴書への書き方がよくないことが大きいでしょう。

そのため、先ほどお話しした書き方で、趣味のロードバイクで何をすることが好きなのかをしっかりと伝えることが大切です。

●ロードバイクを相棒に、自然がある場所へと出かけることが好きです。

このように書いてあれば、「一人の時間を大切にする人」「自然が好きな人」という落ち着いたようなイメージがもたれるため、いい印象を与えます。

●休日はロードバイク仲間とツーリングに出かけて、息抜きしています。

このように書いてあれば、「友達と一緒に時間を楽しむ協調性のある人」「ストレス解消がきちんとできている人」という印象が持たれるため、悪い印象は与えません。

書き方次第では、さらにいい印象を与えることもできるのです。

しかし、あまり趣味について長く書いてしまうと、周りを忘れて一つのことに走ってしまうような印象を与えてしまうので、適度な長さでロードバイクについて書くようにしましょう。

趣味にロードバイクと書くなら職種で書き方を変える

ロードバイクは車道を走りますから、一部のマナーのよくない人が原因で、ドライバーから悪い印象を持たれてしまうこともあると思います。

そのため、履歴書にロードバイクと書くのをためらう人もいるかもしれません。

しかし、アウトドア系の趣味であるロードバイクは、活発なイメージを持たれ、アピールのチャンスでもあるのです。

さらに、ロードバイクを履歴書の趣味の欄に書くなら、職種によって書き方を変えると、もっといい印象を与えやすくなります。

例えば、自動車の整備士などの仕事の場合であれば、自分でロードバイクのメンテナンスをすることが好きということを書きます。

そうすることで、この仕事にこの人は向いているという印象を持たれます。

他にも、チームワークが必要な仕事であれば、ロードバイク仲間と一緒にツーリングするのが好きだということを書きましょう。

そうすることで、仕事仲間と一緒に協調性を持って仕事することができるといった印象が持たれるでしょう。

このように、職種によって趣味のロードバイクの書き方を変えることで、いい印象を与えることができるのです。

他の趣味でもいいイメージを与える

ロードバイクが趣味ということを履歴書に書く際には、職種によって書き方を変えることで、いいイメージを与えることができるとお話ししました。

しかし、それはロードバイクだけではなく他の趣味もそうです。
例えば、趣味が車だとします。

車関係の企業に応募したのであれば、趣味が「ドライブ」というと非常に好印象です。
もちろん、ドライブだけを書くのではなく、ご紹介したロードバイクの書き方と同じです。

●計画を立てて、知らない場所をドライブすることが好きです。

このようにドライブすることが趣味だと書くと、新しいことに挑戦することが好き、仕事の段取りなどをしっかりと決めて仕事をできる人という印象が持たれます。

さらに、車で運転をすることが好きということでも、面接官にはいいイメージを与えます。

なぜなら、ドライブは広く認知されている趣味であり、さらに運転に慣れていて安全運転ができるといったイメージを持たれるからのようです。

このように、書き方一つで印象は変わるのです。

趣味のロードバイクを履歴書に書くメリット

趣味のロードバイクを履歴書に上手に書くことで、面接先にはいい印象を与えることができます。

また、自分の趣味を正直に書くことで、そのことに関しての予期せぬ質問にしっかりと答えることができるでしょう。

面接などの際に、面接官も趣味がロードバイクで、いい雰囲気で面接ができたという人も中にはいるようです。
見栄を張って、自分の趣味ではない趣味を履歴書に書いてしまい、そのことについて聞かれてしまったとき、焦ってしまい、変な受け答えをしてしまう人も少なくありません。

面接中にそんなことが起こってしまうと、それがきっかけとなりその面接はうまくいかないかもしれません。
せっかく受かりたくて受けた企業なのですから、しっかりとシュミレーション、準備してのぞみましょう。

ロードバイクならロードバイクと、正直に自分の趣味を記入し、いい印象を与えられるような文章で分かりやすく詳細を書くことが大切ですね。

履歴書にはロードバイクが趣味と書くときは書き方に注意

就職活動に必要な履歴書の趣味の欄へ、ロードバイクと書くときの書き方について、具体的にご紹介しました。
参考になりましたか?

ロードバイクと書いたら悪いイメージを持たれそうと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

しっかりとその詳細を書いて、いいイメージを与えられるといいですね。

 - 自転車全般