コスパ最強!meridaのride800は、初心者向けロードバイク!

merida(メリダ)という自転車メーカーをご存知でしょうか?

meridaは、giant(ジャイアント)と同じ台湾の自転車メーカーです。

giantと比べると、meridaは乗っている方も少ないですが、meridaのロードバイクは、コスパも良く、性能もできと評判もなかなかのものです。

今回は、meridaの中でも、ride800、ride80について詳しくご紹介してきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダが放った新作シクロクロスバイクの評判を知る

みなさんは、シクロクロス車(シクロクロスバイク)をご存知でしょうか。パッと見た印象はロー...

箱根駅伝コースを自転車で走ろう!自然を望めるルート紹介!

お正月に開催される箱根駅伝は、とても人気が高く、テレビでご覧になる方も多いのではないでしょうか。...

身長の10分の1?シマノのクランクの適正サイズを探ろう!

ロードバイクに乗り慣れて来ると、「自分に合ったポジション」探しが始まります。その際に、決...

ピナレロのロードバイクはどのような人・シーンにおすすめ?

ロードレースの本場ヨーロッパにはロードバイクを扱うメーカー(ブランド)が数多く存在しますが、中で...

2歳からペダルなし自転車「ストライダー」で慣れさせよう!

2歳という年齢は自分で歩けるようになって行動範囲が広がってくる頃で、そろそろベビーカーの卒業を考える...

スポーツ自転車のブレーキは油圧式ディスクが主流になる?

現在スポーツタイプの自転車では、ディスクブレーキが主流になりつつあります。最後の砦であっ...

ビアンキのロードバイクで10万円台のおすすめを紹介

イタリアの老舗自転車ブランド「ビアンキ」は、グランツールにおいて数々の勝利を収めてきたロードバイクの...

デュラエース9000のハブで手組みホイールが組めるのか?

シマノのロードバイク用コンポの最高峰であるデュラエースは、現在R9100番まで進化を遂げています。...

プロ仕様~街乗りまで!メリダのマウンテンバイク2018モデル

メリダは販売台数で世界第2位のマンモスメーカーであり、長らくその中心的な存在だったのがマウンテン...

自転車を坂道でも楽に登りたい!!速度を上げるには?

自転車の速度が、どのくらい出るのかご存知ですか?時に自転車は、自動車と同じ位のスピードを出す...

fsaのクランクをシマノ製に交換する必要はあるのか

「fsa」は、台湾の自転車パーツメーカーです。ヘッドパーツやハンドル、ステムなどの評価が...

トレックのクロスバイクにバーエンドバーを装着して快適に

クロスバイクに長時間乗っていると、手のひらに伝わる衝撃によって疲労がたまってきます。トレック...

品格あるブランド!ラレーのrfcをドロップハンドル化したい

クロスバイクのドロップハンドル化は、さらに楽しみを広げてくれるカスタムの一つとして、話題になるこ...

ルイガノのtr1をカスタムする~どんな方法があるのか紹介

ルイガノのクロスバイク「tr1」は、流行りのスピード系ではなく、クロスの元祖と言われるトレッキン...

スペシャライズドのロードバイク、アレーの評価とは!?

スペシャライズドは、トップチームにフレーム提供を行い、多くのライダーの勝利に貢献している知る人ぞ...

スポンサーリンク

自転車メーカーmeridaについて

○そもそもmerida(メリダ)って?

まず、meridaという自転車メーカーについて、少しお話していきましょう。

meridaは台湾の自転車メーカーで1972年に創業されました。

meridaのロードバイクは安いもので、10万円を切るものも存在します。
コストパフォーマンスという面でも評価が高いのが、meridaです。

そのコストパフォーマンスの高さは、製造工程を本社のある台湾やアジアで行い、製造コストを出来るだけ抑えることで、実現されています。

コストを抑えてはいるものの、meridaはハイクオリティなバイクを創り出しています。
meridaのロードバイクは、長距離を難なく走ることを実現するため、軽量であり、快適性を持ちます。

また、meridaのロードバイクは、それぞれシリーズで目的があり、種類が分けられています。

・scultura(スクルトゥーラ):レーシングバイク
・reacto(リアクト):エアロ
・ride(ライド):ロングライド

今回ご紹介する、ride800とride80を含む、「rideシリーズ」が目指しているものは、ロングライドでの快適性です。

rideシリーズのバイクの特長としては、深すぎない前傾姿勢、長めのホイールベースで振動吸収性を向上させています。

そのため、長距離を走るなら、rideシリーズがおすすめです。

meridaのride800ってどんな自転車?

では、最初にmeridaのride800についてご紹介していきます。

meridaのride800は、ロードバイクの入門車としても人気があり、評価の高いロードバイクです。

ride800は、エントリーアルミロードバイクとして発売されました。

ロングライドの為の基本性能を徹底追求したモデルであり、ロングライドに最適なジオメトリーを持っています。

アルミロードバイクとしての基本性能を追求したフレームに、フルカーボンのフロントフォークを採用していることで、より快適な走行感を実現しています。

コンポは、shimano製のclarisを採用し、ママチャリなどの自転車と比べ、16変速というワイドなギア比になっているので、長時間走行にも問題ありません。

また、ロングライドの途中での、登り坂にも対応出来るロードバイクといえるでしょう。

入門車というだけあって、価格も6万円~7万円程度で購入出来るため、コストパフォーマンスに優れています。

meridaのride800は入門車として、おすすめ!

先ほどご紹介したように、meridaのride800は、ロードバイクの入門車として、初めてロードバイクを購入するという方におすすめのロードバイクです。
 
やはり、おすすめする理由は、コストパフォーマンスの高さにあります。

アルミフレーム、カーボンフォーク、エントリー系ロードバイクは他にも存在しますが、その中でも、このride800の価格帯は非常に安いです。

コンポもshimano製のclarisとはいえ、価格帯から見ても十分なものでしょう。

ロードバイクといえば、安くても10万円程度はするものが多いですから、ride800はこのコストパフォーマンスがウケ、入門車として評価が高いといえるでしょう。

そして、ride800と同じクラスにあたる、ride80が2015年に販売されました。

ride800と同様、こちらのモデルもロングライドを追求したモデルになっています。

では、次にride80について、ご説明していきましょう。

meridaのride800と同クラスとして、発売されたride80について!

meridaのride800と同クラスとして発売されたride80は、ride800と同様、ロングライドを目的として作られた自転車ですが、rideシリーズの中でも、最も低価格のエントリーアルミロードバイクです。

ride800と同クラスだけあって、このride80のバイクも入門車として人気があり、高評価を得ています。

コンポもride800と同じ、shimano製のclarisを採用しており、気になる価格は7万~8万円前後です。

通勤・通学に使用する目的であったり、楽しくツーリングが出来れば問題ないという方にとっては、性能も問題ないでしょう。

ride800もride80も、とりあえずロードバイクを始めてみたいといった初心者には、非常におすすめ出来るロードバイクになります。

しかし、このride80の重量は10キロ程度あり、ロードバイクの中では重いバイクになります。

スピード性能や、変速の精度を求める人にとっては、正直物足りないと感じるかもしれません。

そこで、おすすめするのがmeridaのscultura(スクルトューラ)シリーズです。

meridaのsculturaシリーズの中で初心者におすすめのロードバイクは?

まず、ride800やride80に続き、初心者の入門車としてもおすすめ出来る、scultura100からご紹介していきます。

最初でもお話したとおり、meridaのラインアップの中では、rideシリーズがロングライド向きとされ、sculturaシリーズがレース向きとされています。

しかし、sculturaはレースのみならず、ロングライドも十分走れる、オールラウンドバイクです。

scultura100は、本格的なロードバイクに乗りたい初心者の方にとっても、おすすめのロードバイクです。

コンポは、shimano製のclarisで、リアディレーラーにsoraを採用、カーボンフォーク装備など、走行性能も申し分なく、エントリーモデルでも走りにこだわったモデルとなっています。

重量はride80と比べ、1キロ弱軽量となる9キロ前半にまとまっています。

価格も、9万円~10万円程度と、初心者にとってもお求め易い価格帯です。

低価格で、本格的ロードバイクを楽しみたいなら、scultura100もおすすめです。

meridaのscultura400なら、レースにも出場も安心!

ride800やride80、scultura100でも、普通に走るには何の不便もありませんが、やはりshimano製といっても、低グレードのclarisでは、走行性能に物足りないという部分を感じてしまうかもしれません。

ロードバイクでいずれレースに出場したいと考えている方にとって、コンポは非常に重要な部分であります。

レースに出場するには、最低でもコンポ105以上は欲しいものですよね。

そこで、ご紹介するのが、meridaのscultura400です。

scultura400は、コンポにshimano製105を搭載しています。

scultura400は、初心者にもおすすめのロードバイクとされながら、レース出場にも対応出来るロードバイクとなっています。

価格は、13万前後と、今までご紹介したロードバイクよりも多少高額になります。

それでも、ブレーキもshimano、コンポもsimano105と、shimanoで固められていると考えれば、非常にコスパに優れているロードバイクです。

実際、普段使いにロードバイクを使用するのであれば、ride800やscultura100でも申し分ないですが、いずれレース出場を考えている方であれば、scultura400以上のロードバイクがおすすめといえるでしょう。

meridaはコスパに優れた自転車メーカー

台湾の自転車メーカーの中では、giantに次ぐ人気なメーカーが、meridaです。

meridaのrideシリーズは、長距離走行に優れたロードバイクです。

今回ご紹介したように、性能も申し分ないながら、コストパフォーマンスに優れています。

ロードバイクにmeridaを選択してみてはいかがでしょうか。