クロスバイクに乗る人のブログから、trekの評判を検証する!

クロスバイクは、自転車通勤から週末サイクリングまで、幅広い目的をかなえてくれる自転車です。

そのため、多くの愛用者がいて、ブログで情報配信をする人もたくさんいます。

そこで今回は、trekのクロスバイクに乗る人のブログから、trekに実際に乗ってみての感想やその乗り心地を調べました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダ・スクルトゥーラ9000はなぜチームに採用されなかった

メリダにはかつて「SCULTURA(スクルトゥーラ)9000」というフラッグシップモデルがありま...

ピナレロは高額!型落ちを狙ってお得にゲットするコツ

ロードバイク市場では毎年のように「○○モデル」と称し、リニューアルをアピールして販売が行われます...

クロスバイクで坂道を上るとき、ギアのシフトチェンジ方法

クロスバイクに限らず、自転車に乗っていれば、必ず坂道を上る機会はあるでしょう。ギアのシフトチ...

どこを見て判断する?メリダ・スクルトゥーラ4000の評価

ロードバイクを購入する際は、その機種の評価が気になると思います。良い評価があれば購入への...

SHIMANO・CLARISはロードバイクのコンポとして必要十分か?

SHIMANOのロードバイク用コンポにはグレードがあり、CLARIS(クラリス)は正規グレードで...

お手軽改造!クロスバイクのシートポスト交換で軽量化!

クロスバイクを購入して、そろそろどこかいじってみたいな、と考えている方におすすめなのがシートポストの...

trekのクロスバイクはどんな評価を受けているのか?

trekは、世界最大級の規模を誇るスポーツバイクメーカーで、実に90か国以上でバイクが販売されて...

ついに完全復活!ピナレロ・新プリンスのインプレ評価は?

ピナレロの「PRINCE(プリンス)」は現役のモデルでは最も歴史が古く、2019年のラインナップ...

trekのロードバイクを初心者の方はどう選ぶのがいい?

trekを始めとするスポーツバイクメーカーには、初めてロードバイクに乗る初心者の方に向けた、「エント...

アルミロードの概念を覆す!アンカー RL6 EQUIPEの面白さとは

アンカーのロードバイクはこだわりが強く、モデルごとに明確なコンセプトに基づいてもの作りが行われて...

アンカー・RS8のフレームには優しい味付けがされている!

ロードバイクは、基本的にレースの機材として開発されるものです。レースに供給されるような物...

クロスバイクには泥除けが付いていない!必要か?付け方は?

クロスバイクやロードバイクは、ママチャリには当たり前のように標準装備されている物が付いていなかったり...

メリダのグランスピードはミドルグレードの「200-D」に注目

「グランスピード(GRAN SPEED)」はメリダのクロスバイクのシリーズで、ロードバイク寄りの...

ビアンキのロードバイクでクロモリフレームはどうなのか?

イタリアのスポーツバイクメーカーは、伝統的にクロモリなどのスチールフレームに強いところがあります。...

trekのロードバイクはなぜ人気なのか!?ブログから検証!

trekは世界有数の自転車メーカーで、日本でも大変人気の高いブランドです。ロードレースに...

スポンサーリンク

trekのクロスバイクはラインアップが明快で評価が高い

ロードバイクで高い評価を得ているtrekですが、クロスバイクでも定評があります。

trekの高い技術力と最先端の開発力は、クロスバイクの製造に対しても発揮されています。

trekには、同じ価格帯の製品の中で最高のものを提供するという理念があり、そのことがクロスバイクへの高い評価にも反映されています。

trekのクロスバイクのシリーズには、FX、DS、ZEKTORと3つの柱があります。
それぞれ乗る人の用途に合わせた明確なコンセプトで開発されています。

ブログでも、trekのクロスバイクは初心者にとって選びやすいという傾向が見えてきます。

そして、使用目的がはっきりしていれば、自分にピッタリ合った後悔のない1台を選べて、購入後の満足度も高くなっています。

FX、DS、ZEKTORの3つのシリーズには、それぞれグレードに応じたモデルが用意されています。
そのため、初心者だけでなく、自転車に乗り慣れた人も最適な1台を見つけることができます。

trekのクロスバイクFXシリーズのブログでの評判

trekはクロスバイクのFXシリーズを、通勤・通学から週末サイクリングまで幅広く活躍できる「フィットネスバイク」と位置づけています。

よりロードバイクに近いクロスバイクとして、FXシリーズはtrekのクロスバイクのラインアップの中でも定番として長年愛され続けていて、ロングセラーシリーズとなっています。

FXシリーズには、エントリーモデルのFX1から、ハイエンドのFX S6まで、数字でグレードが表されています。

気軽にスポーツバイクを始めたいという初心者でも、自分に合ったクロスバイクを見つけられるような分類になっています。

ブログでも、速い自転車が欲しい人とか、将来的にロードバイクに乗りたいという人に人気があります。

trekのFXシリーズは、フレームデザインに特長があります。

上位モデルのFX3とFX S4では、シフトケーブルとブレーキケーブルをフレームに内蔵していて、よりすっきりしたデザインになっています。

これは見た目が良いだけでなく、ケーブルの経年劣化を遅らせるというメリットがあります。

また、空力が優れているという点も、楽に速く走るための条件に合っています。

trekのクロスバイクDSシリーズのブログでの評判

trekのクロスバイクのDSシリーズのDSは、デュアルスポーツの略です。

舗装された道路では軽快な走りを、砂利道のような悪路でも安心して走れる操作性を実現する目的で開発されています。

そのコンセプトは、マウンテンバイクに近い万能型のクロスバイクです。

ブログでも、アクティブに街乗りをする人に支持されていて、快適に走れると評価しています。

フロントフォークにはサスペンションが付いているので、街中の段差もショックを吸収でき、心地良く走ることができます。

また、タイヤのサイズが太いため、オフロードでも安定して力強い走りが可能です。

まさに走る道を選ばない、万能型のクロスバイクといえます。

DSシリーズは、すべてのモデルでシフトケーブルとブレーキケーブルがフレームに内臓されているので、悪路を走った後のクリーニングも簡単に行えます。

自転車を長く大切に乗り続けたい人にとって、メンテナンスが容易に行えることも重要なポイントです。

trekのクロスバイクZEKTORシリーズのブログでの評判

trekのクロスバイクのZEKTORシリーズは、2017年に登場した新しいモデルです。

昨今の自転車通勤ブームに伴い、街乗りで速さを実現するというコンセプトで開発されました。

まさに、毎日の通勤で快適に走るのに最適なクロスバイクといえます。

ブログでも、ZEKTORシリーズはハンドル位置が低いので、ロードバイクに近いポジションをとることができるという記述がみられます。

低いポジションがとれれば、それだけ風の抵抗が少なくなるので、体力の消耗が少なく走れます。
毎日の自転車通勤で、余分な力がかからないので仕事にも影響しません。

また、ブレーキには、雨の日でも安定して効く油圧式ディスクブレーキを採用しています。

そのため、あらゆる天候下でもしっかりとグリップしてくれるので安心で、天気を気にしながらの走行は必要ありません。

さらに長い下り坂でもブレーキングが安定しているので、過度な緊張を強いられることもありません。

通勤の帰りは夜間になる人でも、ZEKTORシリーズのタイヤサイドにはリフレクターテープが貼ってあるので、視認性がアップして安全な走行ができます。

また、太めのタイヤなので、クッション性にも優れていて仕事帰りの疲労を軽減してくれます。

trekのクロスバイクに取り付けると便利なアクセサリー

ブログでは、trekのクロスバイクを購入後にアクセサリーを取り付けて、快適性を向上させている人も多くいます。

trekでは各種のアクセサリーを用意していますので、ご紹介します。

まずは、一般的に泥除けと呼ばれているバイクフェンダーです。

通常のクロスバイクは、タイヤが露出しているので、雨の日や雨が降った後などに走ると、砂利や泥がはねて、服が汚れます。

そこで、前後のタイヤにバイクフェンダーを取り付ければ、多少の雨や路面状況に関係なく走れると好評です。

次に、付いていると便利だと評判なのは、リアキャリアです。

通勤などで、荷物をすべてバックパックに入れて背負うと、走行時の安定性に欠けます。

そこでシートの後ろに取り付ける荷台があれば、通勤だけでなく日常の買い物や長距離ツーリングまで、クロスバイクの活躍範囲が広がります。

どちらのアクセサリーも、取り付けてデザイン性を損ねることがないのもうれしいポイントです。

女性向けのクロスバイクも定評のあるtrek

trekは、どのメーカーよりも長く女性用クロスバイクを開発してきました。

FXシリーズのWoman’sモデルは基本スペックはそのままに、女性の身体的特徴に合わせて細かく造り込んでいます。

その結果、すべての女性に対して乗りやすさと扱いやすさを重視した設計が採用されており、快適なクロスバイクを提供しています。

ブログでも、身長148cmくらいの女性がクロスバイクのサイズ選びに困らなかったとの書き込みがあります。

trekでは豊富なサイズ展開をしているので、小柄なためサイズ選びに困っている女性にはおすすめです。

Woman’sモデルは、ハンドルまでの距離やホイールベースを細かく設計されています。

そのため、乗車姿勢で上半身が少し起き上がるようになり、初心者や、筋力の弱い女性でも楽に走れるように配慮されています。

trekには、すべてのサイクリストへ快適な走りを届けるバイクを作りたいという情熱があります。

その結果が、ブログで多くの女性がtrekのクロスバイクを購入したという報告を生んでいます。

お気に入りの1台が必ず見つかるtrekのクロスバイク

クロスバイクを購入する目的は様々です。
通勤や街乗りから、週末のサイクリング旅行など、様々な楽しみ方かあります。

そして、非常に多く、選ぶのに迷うくらいの種類のクロスバイクが発売されています。

trekなら、明快なコンセプトで開発されたシリーズと、乗る人の経験に応じたレベルが用意されています。

是非クロスバイクを選ぶ際に参考にしてみてください。