ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

bmwのブランドイメージカラーって?bmwの自転車も存在する!

2017.7.17

bmwというと車を思い浮かべる方も多いですが、自転車も出していることをご存知ですか?

愛好家なら、思わず欲しくなってしまう自転車ですが、どうせ買うならbmwのイメージカラーと合わせたいですね。

bmwのイメージカラーや、他のメーカーのイメージカラーについて書いていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

メリダのアルミロード!リアクト400の価格では測れない実力

エアロロードは、今やロードレースには欠かせない存在であり、どのメーカーもこぞって空力性能を高める...

ロードバイクのクランクメーカーならシマノ!交換には?

ロードバイクにおいてクランクは動力の要になる部分であり、その先に付属しているチェーンリングはフロント...

ロードバイクホイールをヤフオクで入手!の前に伝えたいこと

ロードバイクホイールをヤフオクで、安く手に入れたいと思う方は、大勢いることでしょう。 ヤフオク...

ロードバイクのクラックは珍しいものではない!?

ロードバイクともなると、最低でも10万円から、高いものでは100万円を越えるものもあります。 この...

ロードバイクのホイール選びの参考に!おすすめメーカー一覧

ロードバイクのホイールは走りに直接影響を与える部分であり、カスタムでも最優先とされるパーツです。 ...

知らなくてはもったいない。イーストンのホイール「ea90」!

イーストンは、創業は1922年のアメリカで、スポーツ用品を幅広く扱うメーカーです。 つまり自転...

アンカーのロードバイク「RL6」はロングライドにぴったり

日本の自転車メーカーであるブリヂストンサイクルのスポーツサイクルブランドが、「ブリヂストンアンカ...

ピナレロ・プリマは2018シーズン後唯一のアルミフレーム車に

ピナレロの「PRIMA(プリマ)」はアルミフレーム車ですが、2018モデルを最後に「NEOR(ネ...

シマノ105のハブHB-5800をメンテナンス!玉押し調整のやり方

2014年にシマノ105は5800系となり、11速化されましたね。 ここでは、11速の105の...

高いのか?ピナレロのロードバイクを価格面から検証する

ロードバイクはどんなに安価なものでも一般的な自転車、いわゆるママチャリよりも高価です。 も...

メリダ・スクルトゥーラ100の2018は上位にも引けを取らない

メリダのエースロードバイクの「スクルトゥーラ」ですが、アルミフレーム車のフレームに関しては、どの...

ビアンキのロードバイクをカスタムしてさらにオシャレに!

チェレステカラーが印象的なビアンキのロードバイク。 愛用している芸能人がいたり、数多くの漫画に...

シマノのクランクはアルテグラ以上でレベルが各段に上がる!

クランクはロードバイクのコンポの中でも、機能、見た目どちらの面からも、「顔」とも言える中心的な存...

ピナレロのミドルグレードを支えるGANのインプレ評価を知る

ピナレロは、ここ最近でレーシングモデルの大半がエアロロード化をしました。 その様相は一つの...

ロードバイクに乗ると身長が伸びる?噂の自転車都市伝説!

ロードバイクに乗っていると色んな噂に出会います。 「足が太くなる」「ロードバイクなら100キロ...

スポンサーリンク

bmwのイメージカラーって!?

bmwは根強いファンを持つ名車でおなじみのメーカーです。

その歴史は古く、1916年にドイツで航空機エンジンメーカーとして誕生し、その後オートバイや車の製造を始めました。

bmwというのはバイエリッシュ・モートレン・ヴェルケ「バイエルンの発動機工場」という意味なんです。

戦後、bmwのもととなった小型乗用車「1500(ノイエクラッセ)」を発売すると成功を収め、これを機にコンパクトセダンに方向性をしぼって開発をすすめていきます。

日本では1981年に販売を開始し、その絹のようななめらかな乗り心地で人気を集め、バブルの追い風を受けてファンを増やしていきました。

そんなbmwですが、特徴といえばやはり、フロントでしょう。

形がキドニービーンズ(インゲン豆)のよう、という理由でキドニーグリルという愛称で親しまれているフロントのデザインは、車に詳しくない人でも見分けがつくbmwのトレードマークです。

では、そんなbmwのイメージカラーは何色なのでしょうか。

これは、ファンの間でも意見が分かれるようですが、広く知られているのはアルピンホワイトです。

アルピンホワイトのアルピンにはアルプスの山々のような気高さ、もしくは降り積もった輝く雪の色のイメージが込められているようです。

bmwのイメージカラーはエンブレムの色?自転車も販売

bmwのイメージカラーはアルピンホワイトだけではありません。

ルマンブルーという深い青を思い浮かべる方も多いようです。
また、ブラックカラーも迫力があり人気の色です。

こうしてみると、bmwのエンブレムの青、白、黒がイメージカラーということになりますね。
このシンプルな丸い形のエンブレムも人気があり、パッと目を引きます。

さて、イメージカラーが分かったところでご紹介したいのが、bmwの自転車です。

車のブランド名が付いている自転車の中にはただブランド名を貸しているだけの自転車もあり、そうした自転車の中には粗悪品もあるようですが、bmwは自社で作っているため、品質はある程度保障されています。

やはり高級車を作っているだけあって、デザインがかっこよく、bmwというステイタスに魅力を感じて購入される方は多いようです。

また、折りたたみ自転車やキッズバイクも人気があります。

折りたたみ自転車は軽量のアルミフレームで組み立ても簡単で、気軽なサイクリングや街乗りにぴったりです。置いておくだけでも様になりますね。

また、キッズバイクはbmwらしさを残しつつとても可愛らしく、安全性も問題ありません。
青、赤、オレンジなどがありますが、イメージカラーの青がおすすめです。

参考価格は45,360円と、やはりお高めです。

bmwの自転車「クルーズM」!bmw愛好家の方に

bmwの車の新型M2は770万円と高額ですが、加速性能に優れ、車を手掛けて100周年というアニバーサリーイヤーにふさわしい車として人気を集めています。

ですがその値段の高さに、なかなか手が出ない方も多いかもしれません。

そんな中話題になったのがM2をモチーフにした自転車「クルーズM」でした。

M2を彷彿とさせるデザイン、世界で限定1500台のみの販売という希少性もあって注目されましたが、実際にbmwの自転車の性能は他のスポーツバイクと比較してどうなのでしょうか。

まず、念頭においておいていただきたいのが、bmwの製品として扱っていても、製造自体は自転車専門メーカーに委託している場合があります。

ですので、スポーツ自転車のメーカーと比べて性能が優れているとは言い難いのが現状です。

クルーズMはフレームにカーボンファイバーとアルミニウムを使用し、軽量化にこだわり開発されていますが、ブランド抜きにして、値段だけで考えると、他にもっと走れる自転車はたくさんあります。

やはり、bmw愛好家の方向けの自転車であって、本格的に乗っていく方にはおすすめできません。
どうしても一台欲しいという方は、ネットなどで安く売られているものを探してみるのもいいでしょう。

購入の際は是非、イメージカラーの白を選んでみてください。

bmw以外にも!自動車のブランドが作っている自転車

自動車のブランドが作っている自転車は他にもあります。

ポルシェやメルセデスベンツ、フェラーリ、ドゥカティなどです。

フェラーリはコルナゴと共同で開発しており、フレームはフェラーリの技術を活かしたカーボンモノコック。
ロード仕様の自転車は駆動系に、カンパ・レコードという最高級品が付いています。

加えてホイールも高級ですから、値段も高く、乗るのが怖くなってしまうかもしれません。

ですが、性能はbmwの自転車とは比べ物になりません。

その他に自転車メーカーと共同開発している車のメーカーは、ドゥカティがあります。

イメージカラーのチェレステカラーが人気の高いビアンキとタッグを組んでいますね。
こうした自転車は、贅沢にお金をかけて、本格的に乗る方にはおすすめできる商品です。

また、日本のマツダからも自転車が販売されています。

マツダ独自のデザインの自転車「バイク・バイ・コドー・コンセプト」は、ドイツの自動車デザイン賞「オートモティブ・ブランド・コンテスト」でデザイン賞をとりました。

マツダ車の硬派でスタイリッシュなイメージをそのまま活かした高級感ある自転車です。

イメージカラーは赤!マツダ「バイクバイコドーコンセプト」

マツダの自転車、「バイク・バイ・コドー・コンセプト」についてくわしく迫っていきたいと思います。

デザイン賞を取っただけあって見た目にインパクトがあります。

1枚の鉄板から成型したフレームに、「マツダ ロードスター」でもおなじみの赤いステッチを施した手縫いの黒革サドル。

シンプルなトラックレーサーをベースに余分なパーツをそぎ落とした美しいデザインに、イメージカラーの赤が映え、存在感ある一台です。

「バイク・バイ・コドー・コンセプト」のコドーというのは漢字では魂動と書きます。

魂動デザインは、ドライバーと車の魂が通いあうエモーショナルな走りを追求するための造形、という意味を込められ、マツダのポリシーの一つとして掲げられてきました。

マツダのイメージカラーの赤はソウルレッドと呼ばれ、色もデザインの一部と考え、躍動感を引き立てるために強烈な鮮やかさと深みをもつ赤が選ばれました。

この赤には情熱的でアクティブなイメージがありますね。
存在感を表現する「赤」の開発には、マツダが誇る技術が存分に活かされています。

こうしたブランドのこだわりが、一つの軸になってものづくりに活かされているのです。

bmwのイメージカラーとは対照的ですが、別格の存在感を目指しているという点は同じです。

イメージカラーがブランドのシンボル!ビアンキ

車のイメージカラーは、bmwなら白や青、フェラーリやマツダは赤です。
イメージカラーにはそれぞれのメーカーのこだわりがこめられています。

自転車のイメージカラーも気になりませんか。

さきほど少し触れましたが、色にこだわる自転車として有名なのはイタリアの名門、ビアンキです。

チェレステカラーという愛称で呼ばれているのは、実際にはミントグリーンで、ビアンキといえばこれ、というほどのシンボルカラーになっています。

「チェレステ」というのはイタリア語で「青空」を意味し、ビアンキの長い自転車の歴史と共に多くの人に愛されています。

そのシャープなデザインはスタイリッシュで、カラーとの相乗効果でとても爽やかなイメージの自転車です。

もちろんビアンキの魅力は色だけではありません。

世界最大規模の自転車レース・ツールドフランスで活躍する多くの選手が愛用していることからも、その性能の高さは折り紙つきです。

また、初心者向けのモデルも幅広く扱っており、価格も手ごろではじめの一台としてもおすすめです。

本格的に乗ることを目指す方にも、自信をもっておすすめできる自転車ブランドです。

イメージカラーにはブランドのこだわりがあらわれている

bmwのイメージカラーはアルピンホワイト、ルマンブルーを思い浮かべる方が多いです。

bmwの自転車を選ぶ時にも、イメージカラーのものを選ぶと、よりbmwらしいかもしれません。

また、bmwのほかにも、自転車を開発している車のメーカーはあります。

フェラーリやポルシェ、国産ならマツダからも自転車は販売されています。

ちなみにマツダのイメージカラーは情熱的な魂をイメージした赤です。

イメージカラーにこめられた意味を知るのも楽しいですね。

 - ロードバイク