シマノホイールを激安価格で購入する!どこで?注意点は?

ロードバイクのホイールは交換した効果が分かりやすいこともあり、カスタムの優先順位が高いパーツです。

しかし、品質と価格が比例しますので、グレードアップにそれなりの出費が伴います。

そのため、激安価格などで購入できればありがたいですし、他のパーツのカスタムに回せる余裕もできます。

そこで今回はシマノを例に挙げ、定価よりも安い価格で購入できる方法や場所を検証していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スペシャライズドのアレーは「DSW」の技術でアルミを高みへ

「アレー」は、スペシャライズドのロードバイクの歴史そのものと言えるモデルです。現在はアルミフ...

アルミロードの概念を覆す!アンカー RL6 EQUIPEの面白さとは

アンカーのロードバイクはこだわりが強く、モデルごとに明確なコンセプトに基づいてもの作りが行われて...

メリダ・スクルトゥーラのフレームセットから完成車を描く

ロードバイクに慣れ、自分でメンテナンスを行うようになると、その延長線上としてバイクを一から組んで...

ロードバイクのタイヤでヒルクライム向きなのはどういうもの?

ロードバイク愛好家に人気の「ヒルクライム」というレースがあります。文字通り、山や丘の上り斜面...

ロードバイクのホイールカバーには機能面での効果ってある?

後輪にホイールカバーをつけて走っているロードバイクを、街中でもみかけることがあります。中には...

アンカーのロードバイクが割引販売されにくいのはなぜ?

ロードバイクに限ったことではないですが、何か大きな買い物をする際はいくらかでも割引があると嬉しい...

自転車でギアチェンジした際にした異音の原因と対処法

自転車に乗っていて、ギアチェンジしたときに異音がしたという経験を持っている人はたくさんいることでしょ...

ビアンキのロードバイクの重量が分からない!知る方法は?

ビアンキのロードバイクですが、2018年モデルはホームページでの車体重量の公表がありません。...

チネリのドロップハンドル「ネオモルフェ」の特徴や重量は?

「ネオモルフェ」はイタリアの老舗「チネリ」が販売している、ロードバイク用のドロップハンドルです。...

買い貯めはオススメしない!ロードバイクタイヤの保管方法!

ロードバイクはとても繊細な自転車です。タイヤの状態一つで、全く乗り味が変わってしまうこともあ...

ピナレロのロードバイクでインプレ情報が多い機種はどれだ?

ロードバイクを購入する際は、メーカー(ブランド)からの情報と共に、販売店や既に購入しているユーザ...

ピストバイクのクランクを今日から自分で取り付けてみよう!

近年、自転車は様々な種類が販売され、それぞれのニーズに合った乗り方がされています。その中...

ボントレガーのホイールはtlrタイヤ対応~tlrとは?

ボントレガーはトレック傘下のパーツブランドで、トレックの完成車は、ボントレガーブランドのパーツを...

アンカーのロードバイクRS8に最適な用途とは何かを考える

ロードバイクを扱うメーカーは欧米が中心ですが、日本にもオリンピックにまで駒を進めたことのある実績...

自転車のブレーキがプロマックス製だったら即交換なのか?

プロマックス (PROMAX)というパーツメーカーがありますが、スポーツ自転車の完成車にもブレー...

スポンサーリンク

ロードバイクのホイールはなぜカスタムが推奨されるのか?

今回はシマノのホイールを激安価格で購入するお話ですが、まずはホイールのカスタムがなぜ優先順位が高いとされているのかをご説明します。

突然ですが。

「今乗っているロードバイクのスピードに満足をしていますか?」

「漕ぎ出しや坂の上りで、ペダルを踏むのが重いと感じることはありませんか?」

「バイクに乗るとポヨンポヨンとたわみ、漕いでも前に進んでいかない感覚はありませんか?」

もしこれらに当てはまることがあれば、それはホイールに原因があるかもしれません。

自転車はクランクを回すことで動力を車輪に伝え、車輪が回転して前に進むものです。

そのため、スピードを上げるということは車輪の回転数を上げるということなので、ホイールはスピードと非常に密接な関係にあります。

また、自転車の動力は人力ですから、重いものを回せばそれだけ脚に負担が掛かりますので、特に上り坂や漕ぎ出しなどではホイールが重いとペダルにも重さを感じます。

そして、ホイールは車体を支えており、そこに乗り手の加重がありますので、全ての重圧を受け止めているようなものです。

そのため、もしホイールが柔らかいと加重により変形をしてしまい、ペダルからの力が分散されたり、吸収されてしまいますので、漕いでも漕いでも進みが悪くなります。

このように、ホイールには体感しやすい要素が多いので、交換した場合の効果も分かりやすく、飛躍的な性能アップも望めるのでカスタムが推奨されるのです。

シマノホイールを激安で購入するために全体像を把握しておく

今回は、シマノのロードバイク用ホイールを激安で購入することを考えていきますが、まずはシマノホイールの価格の全体像からお話しします。

シマノのホイールはいくつかのグレードに分けられており、価格帯もグレードによっておおまかに分類できます。

下位グレードは「ロードツーリング」モデルで、価格は約1万円台前半~3万円前後になります。

購入したロードバイクが10万円台であれば、この価格帯のホイールと同じくらいのレベルのものが付属していると考えられます。

リムの素材はアルミで、重量は前後計1800~2000g程度になります。

ミドルグレードは「ロードスポーツ」モデルで、コスパが高いので最初のホイール交換によく推奨されるグレードです。

上位グレード譲りのカーボンラミネートのリムが採用されている機種もあり、価格は約5万円~9万円で、重量は約1540~1650gとなります。

そして、上位グレードは「ロードコンペティション」モデルで、製品名にコンポでも最上級の「デュラエース」が使用されています。

コンポ同様に他とは一線を画すグレードで、フルカーボンリムや60mmのディープリム、チューブラータイヤ対応など、このグレードにしかないホイールが目白押しです。

価格は15万円~30万円台前半、重量は1400g台となります。

シマノホイールの激安価格なら通販!しかし超えるべきハードルがある

それではここから、シマノホイールを激安価格で購入することを考えていきます。

激安価格と聞きますと、ホイールに限らず日常生活を考えた場合に、「通販」を思い起こされる方が少なくないでしょう。

のちほど詳しくお伝えしますが、海外の自転車専門の通販サイトを筆頭に、ロードバイクのホイールは需要が多いので、一般的な総合通販サイトでも品揃えが充実しています。

ただし、通販で購入する場合は、ホイールの脱着を自力で行う必要があります。

通販で物だけ購入して、持ち込みで交換を行ってくれる店舗もありますが、もちろん工賃が掛かりますし、その店舗でもホイールを販売しているはずなので、気が引けてしまうこともあろうかと思います。

そのため、専用工具などを揃えて自力で交換するのが現実的です。

また、それに伴い自力で調整が必要な場合もあります。

「ハブにグリスが充填されていない」、「スポークテンションが緩んで振れが出ている」などということも考えられますし、ブレーキやディレイラーとのクリアランス調整も必要です。

したがって、こういった自転車いじりの類に入ることを自力で行う必要が出てきますので、通販で購入する場合は、その覚悟がいることになります。

Amazon(アマゾン)におけるシマノホイールの激安価格情報

それでは通販サイトごとに、シマノホイールの販売状況をお伝えしていきます。

まずは総合通販サイト大手のAmazon(アマゾン)から、下記にいくつかの例をご紹介します。

なお、価格は2018年12月時点での情報であり、現在もこの価格とは限りませんのでご了承ください(価格は税込)。

【WH-R9100-C60-TU(チューブラー)】

定価:¥341,620→¥262,787(送料無料)

【WH-R9100-C24-CL】

定価:¥164,502→¥89,999(送料630円)

【WH-RS500】

定価:¥55,473→¥36,600(送料無料)

上記はシマノを代表するホイールばかりで、どれも最新カタログに掲載しているバリバリの現役モデルです。

特に50%オフに近い「WH-R9100-C24-CL」は、シマノのアルミリム(カーボンラミネート)では最高峰モデルであり、正に激安と言って差し支えないでしょう。

海外通販サイトでのシマノホイールの激安製品

続いてご紹介するのは、海外の自転車専門の通販サイトになります。

為替の関係もあり定価がカタログ掲載価格と違っていますが、それでも値引き率が高いので気にする必要はないかと思います。

今回は購入手続きまで日本語で記載されている「wiggle(ウイグル)」と「Chain Reaction Cycles(チェーンリアクションサイクルズ)」の、シマノホイールの激安価格と判断できる製品をご紹介します。

《wiggle》

【WH-R9100-C60-CL(クリンチャー)】

定価:¥235,640→¥163,899(送料無料)

【WH-RX830(ディスクブレーキモデル)】

定価:¥139,185→¥84,222(送料無料)

《Chain Reaction Cycles》

【WH-R9170(ディスクブレーキ)-C40-TU(チューブラー)】

(フロント)定価:¥161,187→¥84,709 (リア)定価:¥188,900→¥135,019

【WH-RS700 C30 TL】

定価:¥94,675→¥62,791

ロードバイクと長く付き合うためにホイールの自力交換に挑戦してみる

ここまではシマノホイールについて、通販サイトの中でが激安価格と判断できるものをご紹介してきました。

30%以上の値引き率が目立ち、送料もほぼ無料であることから価格だけの判断では、やはり実売店舗よりも有利に感じます。

実売店舗ではチェーン店になると値引き率が大きくなる傾向にあり、一概には言えませんが、交換費用はホイール代プラス2000円~3000円というところです。

点検や調整なども行ってくれますので、任せるのも一つの手かとは思います。

しかし、これからロードバイクと付き合っていく中で、メンテナンスや消耗品の交換に度々直面するはずです。

その中でもホイールの交換は決して難しいことではありませんし、使用する工具も後輪に取り付けられているカセットスプロケットの脱着用くらいです。

そのため、自転車いじりの入門編と考え自力で交換を行うことになれば、大きな値引き率の通販サイトで購入する意味もより大きくなります。

通販サイトにはホイールの市場が確立されている

今回は、シマノホイールを激安価格で購入する方法を考えてみました。

値引き率が大きいのは通販ということになり、市場が確立しており、配送のトラブルなどもあまり聞きません。

そのため、自力で交換するのであれば、おすすめの選択になります。