ロードバイクのフロントディレイラーがチェーンを擦る原因

ロードバイクのフロントディレイラーの調整は難しく、特に精通していない内は途方に暮れてしまう事もあります。

終始ディレラーがチェーンを擦る様な音がしていたり、ひどくなると、まともに変速できなくなったり、チェーンが外れてしまう事もあります。

そこで今回は、ロードバイクのフロントディレイラーの調整についてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シマノ・クラリスの性能!インプレ情報からどう判断するか?

シマノ・Claris(クラリス)は正規グレードでは最も下のランクで、エントリーグレードの完成車に...

あったら便利!?ロードバイクに補助ブレーキは必要なのか

ロードバイクといったら、ハンドルの先端が下に大きく曲がったドロップハンドルが特徴的なスポーツ自転車で...

SHIMANO・ULTEGRAのブレーキを検証!キャリパーorディスク?

ロードバイクは「人力最速」などと呼ばれることもあり、スピードに特化した自転車です。それだけに...

自転車のブレーキ「キャリパー」はこのまま終わっていくの?

自転車のブレーキは、時代ごとに使用されるものが変化してきています。顕著な例はMTBで、カ...

シマノ・デュラエース WH-R9100 C24の変更点は剛性力!

シマノがロードバイクのコンポにおいては世界のトップシェアであることは有名かと思いますが、ホイール...

メリダ・スクルトゥーラ4000にバーレーン・メリダの勇姿あり

2018年のツール・ド・フランスにおいて、メリダがスポンサーを務めるワールドチーム「バーレーン・...

シマノのロード用ホイールの重量差!重量だけが全てでない

ロードバイクにとってホイールというのはスピードや乗り心地と深い関わりがあり、グレードの差を強く感...

自転車のチェーン清掃にブレーキクリーナーを使っていいの?

当たり前ですが、自転車は屋外で使用しますからよく汚れます。特に地面に近い足回りは汚れが避...

ロードバイクのハンドルからくる振動を抑える対策法をご紹介

ロングライドなどで、長距離を走っているロードバイク乗りは、ハンドルからの振動が身体の負担になるのをご...

高校で自転車競技部に入部したい!費用が高いから諦める?

高校で自転車競技部に入りたいけれど、費用のことを考えてやめてしまう、という学生の方は多いでしょう。...

ブルックスなどの革サドル!痛いのに人気がある理由とは!?

イングランドの自転車サドルメーカー「ブルックス」。品質第一の理念を変わることなく守りつづけ、...

ロングセラーへ!ピナレロ・ラザをインプレ評価から検証

ピナレロのロードバイクを時系列で見て頂くと分かると思いますが、ある時期を境に形状がガラリと一変し...

新シマノ・105搭載のロードバイク!アンカー 「RS8 EQUIPE」

2018年シマノのロードバイク用コンポ「105」が、R7000にモデルチェンジされました。...

自転車カバーの選び方やサドルカバーの作り方をご紹介!

自転車をお持ちでも屋根付きの車庫に置いている方だけではないと思います。また、自転車で買い物や...

ロードバイクのタイヤは簡単にパンク修理できる

ロードバイクに乗っていて、タイヤがパンクしてしまった経験のある人は多いと思います。その際に近...

スポンサーリンク

ロードバイクのフロントディレイラーとは

まず、フロントディレイラーにどの様な役割があるのかを説明します。

ロードバイクなどの自転車には、クランクの先に「チェーンリング」、後輪のハブに「スプロケット」という歯車が装着されています。

この歯車同士にチェーンを掛け合う事で、クランクを回すとチェーンが後輪を回転させ、前に進むという仕組みです。

また、多くの自転車は歯車が前後共に何枚か付いており、ギアが「多段化」されていますので、スピードに変化を付けられます。

スピードに変化を付ける事を「変速」といい、変速する行為をギアチェンジ(シフトチェンジ)と呼びます。

ギアチェンジは、複数ある歯車にチェーンが掛け替えられる行為ですが、これを行うのが「ディレイラー」です。

ハンドルのシフターからギアチェンジの指令がかかると、ワイヤーがディレイラーを動かします。

ディレイラーがチェーンを保持しながら歯車の間を行き来して、チェーンを掛け替えていくのが変速の仕組みです。

この様にディレイラーとチェーンは非常に密接な関係にあるので、擦るなどのトラブルは避けられない事でもあります。

ちなみに、チェーンリングを操作するディレイラーが「フロントディレイラー」、スプロケットを操作するのが「リアディレイラー」です。

ロードバイクでフロントディレイラーがチェーンを擦る原因は?

フロントディレイラーの外側のチェーンガイドがチェーンを擦るのは、ある意味仕方のない部分もあります。

例えば、ロードバイクなどで前後のギア共に多段化している自転車では、たすき掛け(クロス)する様なギアの組み合わせを選んではならないとされています。

フロントがアウターの時にリアを最軽のローに入れたり(一番内側)、フロントがインナーの時にリアを大外のトップに入れてしまう組み合わせです。

この場合はチェーンやディレイラーに大きな負荷が掛かるのでNGとされるわけですが、同時にチェーンガイドとチェーンが擦れるので干渉音がします。

「ガリガリ」と削る様な音がしたらまずいですが、小さく「シャリシャリ」と聞こえる程度であれば、ギアの選択の問題かもしれません。

ただ、アウター×ローというのはそこそこ使う組み合わせなので、メーカー側もただ手をこまねいているだけではありません。

フロントディレイラーがチェーンを擦るのを避けられないギアもある

前項では、ロードバイクのフロントディレイラーがチェーンが擦る原因は、ギアの組み合わせの問題という話をしました。

しかし、アウター×ローは走行条件によっては避けられない組み合わせです。

一般的なロードバイクは、フロント変速が重い方のアウターと、軽い方のインナーの2速しかありません。

2つしかない分ギアチェンジをすると、一気にペダルを漕ぐ感覚が変わるので、通常はどちらかに固定する場合が多くなります。

ではどちらに固定するかというと、重い方のアウターになる事が一般的とされています。

例えば、インナーに固定すると、たすき掛けを避ける為には、リアを真ん中から軽めの方にシフトする事になります。

すると、まるでママチャリの様なギアの軽さになってしまうので、ロードバイクの意味が薄れてしまいます。

その為、インナーは坂の上りなどで使う事が多く、通常はアウターは固定して、リアだけを操作してスピードの変化を付けていきます。

このことから、アウター×ローは、フロントをインナーに落とすほどでは無いけれども、ペダルを軽くしたい時に使いたい組み合わせとなるのです。

トリム機能があるロードバイクなら擦るのを解消できる

今回は、ロードバイクのフロントディレイラーが、チェーンを擦る問題を考えています。

擦ることが避けられない組み合わせの中でも、フロントが重い「アウター」、リアが軽い「ロー」というのは前項で説明した通り、割と使う人が多いところです。

そこで考えられているのが、「トリム機能」です。

シマノのSTIレバーに付いている機能で、完全に変速される前段階として、少しだけフロントディレイラーを内側に寄せるという機能です。

シマノのSTIはハンドル左側がフロントを操作するレバーですが、大レバーを動かせばアウターに、小レバーを動かせばインナーにギアが入ります。

その為、フロントがアウターに入っている場合は小レバーを動かしてインナーに入れるわけですが、この時に微妙なさじ加減で弱めに動かすとトリム機能が働きます。

私もそうでしたが、慣れないうちは何度やってもインナーに落ちてしまいますが、使える様になると便利に感じる機能です。

使わないギアを捨てる決断が必要な時もある

最近のロードバイクのフロントディレーラーは性能が上がり、トリム機能も相まってチェーンを擦るという事例は少なくなっている様です。

しかもチェーンガイドに樹脂製のプレートが付いている物が多いので、音を小さくしてくれるので、僅かな擦れは気付いていない可能性もあります。

しかし、フレームの形状によってはたすき掛けが強くなってしまう事もあるので、調整が必要な場合もあります。

アウター×ローに比重を置きチェーンを擦るのを避けたいなら、使う頻度が少ないギアを捨てる様な調整をします。

例えば、インナー×トップという組み合わせは、フロントをアウターにしてリアをミドル(真ん中のギア)にすれば理屈は同じですから、あまり使われません。

その為、そこは干渉して擦れが起こっても良しとして、アウター×ローの組み合わせで擦れない様にします。

ただし、フロントディレイラーの調整は、それこそミリ単位の世界です。

プレートを動かす調整ボルトがありますが、半回転や1/4回転の微妙なタッチになりますので、精度が悪いディレイラーだと上手くいかないと思います。

こう考えると乱暴な結論ですが、極端な組み合わせは極力避けるのが賢明となりますね。

フロントディレイラーは取り付け位置に注意

ここまでは、ロードバイクのフロントディレイラーがチェーンを擦る問題について、ギアの組み合わせを中心に考えてきました。

大きな原因である事は間違いなく、ここまでの対処法で概ね対処できるはずですが、根本的に取り付け位置がおかしい場合もあります。

リアディレイラーは構造上位置がズレてしまう事が多いのですが、フロントは少ないです。

その為、チェーンとの擦れが発生しているのは、最初からズレていた可能性があります。

まず確認して頂きたいのは、アウターの歯車の先とディレイラーの間隔です。

ここは1~3㎜くらいの間隔を目安に取り付けて下さい。

次に、上から見た時にアウターギアとフロントディレイラーのガイドプレートが、平行になっているかどうかを確認します。

平行になっていないと干渉する可能性が高くなるので、必ず確認します。

その際はアウターにチェーンが掛かっていると見にくいので、インナーに落としておきましょう。

フロントディレイラーとチェーンの「擦れ」は直せる!

以前はフロントディレイラーの事を「トラブルメーカー」などと揶揄する事もあったくらい、繊細で調整が難しい部分でした。

その為、チェーンと擦れる程度であれば、諦めていた人も多かったと聞きます。

しかし、今は性能が上がりしっかりとした調整マニュアルもありますので、大幅に扱いやすくなっています。

もうあきらめる必要はありませんので、根気はいると思いますが調整を行って下さい。