スペシャライズドのクロスバイク「シラス」2018モデルを紹介

スペシャライズドのクロスバイクは、2018年より「Sirrus(シラス)」シリーズのみの展開になりました。

スペシャライズドの本拠地アメリカでは、近年フィットネスやダイエットの手段として、スポーツバイクに注目が集まっています。

そのような事情がある中で、ラインナップを狭めてきたのは少々意外ではありますので、そこも含めて今回はシラスを検証してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アンカー・RS8のフレームには優しい味付けがされている!

ロードバイクは、基本的にレースの機材として開発されるものです。レースに供給されるような物...

軽いスポーツにいいmtbやクロスバイクはどっちがおすすめ?

軽く運動をしたいな、なんてときに始めやすいのが、自転車です。どうせ自転車を始めるなら、スポーツバ...

シマノのスプロケット取り付けときに必要なスペーサーまとめ

シマノのデュラエースが11速化されて、2017年で5年が経過しようとしています。シマノで...

トレックのクロスバイクはハンドル幅が広い!対処法は?

クロスバイクのハンドルの幅が広いままで乗っている方をよく見かけます。これは好ましくはあり...

デローザの原点。鉄フレームのネオプリマートを徹底インプレ

イタリアの名門「デローザ」伝統のクロモリフレームバイク、それが「ネオプリマート」です。美しい...

giantのロードバイクはなぜ激安?世界最大自転車会社を解説

giantは、1972年に創業された台湾の自転車メーカーです。その規模は世界最大の自転車メー...

trekのロードバイク・ドマーネの評価をブログなどから検証

trekはアメリカに本拠を置く、世界最大規模の自転車メーカーのひとつです。日本でもユーザーが...

フラットバーのハンドル幅が最初からそのままになってない?

mtbやクロスバイクは、ハンドルの操作性に優れるフラットバーハンドルが採用されています。...

kuotaのロードバイクをご紹介!ブログでの評判を知りたい

【kuota(クオータ)】は、イタリアの自転車メーカーです。老舗が並ぶイタリアにしては、歴史の浅...

揺るぎないフラッグシップ!シマノ・デュラエースの価格検証

シマノのロードバイク用コンポ「デュラエース」は多くのプロ選手も愛用する、メーカーの「顔」とも言え...

フラットバーロードとクロスバイクのメリットデメリットとは

フラットバーロードとクロスバイクの違いは、スポーツ自転車初心者の方からすれば分かりにくいものです。...

トレックのロードバイクはいつから型落ちになる?注意点は?

ロードバイクは高額な上に定価販売が基本なので、価格が気になる方も多くいらっしゃると思います。...

どの機種がおすすめか?メリダ「リアクト」をブログから考察

台湾に籍を置く自転車メーカーの「メリダ」ですが、近年ロードバイクが凄い勢いで成長を遂げています。...

コルナゴのロードバイクをサイズ表から読み解く

コルナゴは、イタリアの老舗スポーツ自転車メーカーです。ラグ製法を用いたロードバイクが多く、サ...

スペシャライズドのルーベ!新技術搭載で評価はどうなった?

スペシャライズドの「ルーベ」は、その名の由来でもある石畳レース「パリ~ルーベ」を複数回制覇するなど輝...

スポンサーリンク

スペシャライズドのシラスはスポーツ性の強いクロスバイク

スペシャライズドのクロスバイク「シラス」は2002年が新登場ですので、かなり歴史のあるモデルです。

クロスバイクは、ロードバイクとMTBの中間的な存在と言われていますが、シラスは多少の変遷はあったにせよ、基本的にはロードバイク寄りの資質を持っています。

詳しい特徴は後述しますが、2018年モデルも徐々にオフロードに傾いてきた姿勢は見られるものの、他メーカーに比べれば舗装路のスピードで勝負したいという思惑が見えます。

これは、同じアメリカメーカーの「トレック」にも言えることですが、今のアメリカの社会事情と無関係ではないでしょう。

近年アメリカは「肥満」が社会問題になっており、ダイエットが積年の課題になっています。

そこで注目されているのがスポーツバイク、中でも価格的に割と手ごろなクロスバイクがターゲットになっています。

そのため、運動性を重視するタイプが増えてきており、必然的にロードバイクに寄る、ということです。

スペシャライズドのクロスバイク2018モデル!スポーティタイプに集約

スペシャライズドの2017年モデルには、「アリバイ」というクロスバイクがありました。

ノーパンクタイヤにリアキャリアと泥除けが標準装備されており、機能性重視の機種でした。

このアリバイが2018年にはラインナップされておらず、わずか1シーズンのみの展開に終わりました。

最初から2017年限定と考えられていた可能性もありますが、もし需要がなかった(販売が不調)のだとしたら、世界的にもスポーツ性の高いクロスバイクに傾いている、ということが言えますね。

シラスは前項でもお伝えしたように、割と当初からスポーティなタイプではありましたから、そこに集約させたのが、今のスペシャライズドの考え方なのかもしれません。

また、スペシャライズドには、街乗りとしてクロスバイク的な乗り方に対応できそうなMTBがあります。

詳細は別記事を参照して頂きたいですが、細身のフレームに大口径(29インチ)のホイール、可動域がそれほど大きくないサスペンション。

まるで、街乗りを意識しているかのような仕様のMTBが数種類ありますので、MTB寄りのクロスバイクは必要なしと判断されたのかもしれません。

スペシャライズドのシラス2018モデルの特徴

それではここからは、スペシャライズドのクロスバイクに対する考え方を知る上でも、2018年モデルの「シラス」シリーズを確認していきましょう。

2018年のシラスは全7種類、その内、最廉価モデルの2つを除く5つがディスクブレーキ仕様になっています。

ディスクブレーキはMTBでは以前から主流になっていますが、2017年のツール・ド・フランスで、史上初めてディスクブレーキ搭載のロードバイクがステージ優勝を果たしました。

この勢いも手伝って、ロードバイクにもディスクブレーキ車が増えてきているところですから、クロスバイクでもこの流れは当然かと思います。

シラスには制動力が強い上に、ブレーキケーブルがない分、ハンドルの取り回しが軽くなる「油圧式」を採用しています。

これが10万円以下のクロスバイクに導入されてきているのが驚きで、今後ますますディスクブレーキに舵が切られそうな予感がします。

また、タイヤが30~32cとなり、おおむねワンサイズずつ太くなりました。

ここは、スポーツ性能に向かい始めている中では、クロスバイクらしさを残す部分かと思われます。

しかし、ロードバイクでも近年は25cが一般的になり、従来よりも太くなったわけですから、そんなに違和感はありません。

シラス2018モデルの中で別格の一台!

前項ではスペシャライズドの「シラス」について、2018年モデルの全体的な傾向をお話しました。

ここからは、個別の機種について確認していきます。

近年スペシャライズドでは、シラスの上位モデルにカーボンフレームを投入していますが、2018年も2種類がラインナップされています。

最上位モデルの「Men’s Sirrus Pro Carbon」は、クロスバイクとしては破格の29.7万円となります。

これはミドルグレードのロードバイク並みの価格であり、明らかに従来のクロスバイクの域は超えています。

何と言ってもその特徴が出ているのが、エンデュランスロードバイクのルーベに採用されている「Future Shock(フューチャーショック)」を搭載している点です。

これは、2017年にルーベがモデルチェンジした際の目玉の一つの機能であり、全く新しいタイプのサスペンションシステムです。

20㎜のトラベル量(沈み量)を持つスプリングが、フロントフォークのコラムに入っており、振動を減衰し衝撃を吸収してくれます。

また、シートポストも特殊な技術で振動をいなす仕様になっていますし、フレーム素材もルーベのミドルグレードと同じものが採用されています。

いわゆる、これはフラットハンドル版「ルーベ」であり、かなり本格的な「フラットバーロード」と考えてよいでしょう。

シラスのアルミフレーム+ディスクブレーキ車

前項でご紹介した機種は、クロスバイクとしてはかなり異色のモデルであり、ある意味マニアックです。

これは筆者個人の見解ですが、クロスバイクにはスポーツバイクにある垣根のようなものを、取り払う役目もあるはずです。

その意味では一つ下のグレードである「Men’s Sirrus Elite Carbon」も、マニアックとまで言えるほどではありませんが、かなり贅沢な仕様でハードルは高いと言えます。

そうなってくると、現実的な選択肢としては、アルミフレーム車ということになります。

「Men’s Sirrus Sport」はシラスの中でのミドルグレードであり、この下のグレードは2018年モデルではディスクブレーキ仕様ではありませんので、ここが分岐点となります。

フロントが2速のロードバイク仕様で、かなり重いギア比まで用意されており、機能性よりもスポーティさが優先されているモデルです。

また、8万円台前半という価格ながらフロントフォークがカーボン製であり、クロスバイクに必要な衝撃吸収性は十分です。

スペシャライズドの軽量アルミフレームの代表格とも言える「A1 SL」のアルミ合金製フレームであり、アルミロードバイクに負けないくらいの、シャキッとした反応のよさもあります。

さらに、自分が普段走る道中に砂利道などの悪路が多い場合や、天候に関わらず乗らなくてはならない通勤・通学などには、ディスクブレーキが強い味方になります。

ただし、コスパは納得なのですが、価格が少し高いのは事実ですので、他メーカーの機種も合わせて、検討する必要はあるでしょう。

Vブレーキ仕様でもれっきとしたシラスの一員

スペシャライズド・シラスの2018年モデルには、従来通りのVブレーキ仕様も残っています。(Sirrus Alloy – V-Brake)

ディスクブレーキとの比較で、制動面では少しだけ劣りますが、路面が乾いているコンディションであれば、それほど大差ではありません。

しかも、メンテナンスもディスクブレーキほど面倒ではありませんので、特にスポーツバイク初心者の方には、ありがたいことです。

フロントフォークがカーボン製ではなくなりますが、フレームの素材は上位グレードと変わりませんので、スポーツバイクの軽快感は十分に味わえます。

リア7速を不足、とする声もありますが、フロントが3速ですので街乗りのギア数としては十分ですし、高ギア比から低ギア比までバランスが取れています。

言葉は悪いかもしれませんが、クロスバイクとしての最低線はクリアしており、このレベルで6万円を切っていますので、コスパは高いと思います。

他メーカーとの比較も重要!

今回はスペシャライズドのクロスバイク「シラス」を確認しました。

2018年よりクロスバイクはシラスシリーズのみとなり、ますますスポーティ路線に向かっていく感じです。

決定打はディスクブレーキか否かということになりそうですが、自分が乗る用途をよく考えて、選択して頂きたいと思います。

また、どれを選ぶかは別として、今のクロスバイクのトレンドをより深く知る意味でも、他メーカーのものと比較することも大切でしょう。