giantのロードバイクの評判は良いものだけではない?

「giant」は世界一の販売台数を誇るスポーツ自転車メーカーです。

安い価格のバイクを数多く取り扱っていることもあり、評判は良いものばかりとは限りません。

特にロードバイクに関しては、大衆化してしまってつまらないなどという声もあります。
本当にそうなのでしょうか?

今回はそんなgiantのロードバイクを確認していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シマノのコンポーネントで9速のロードを11速化する

初めて買ったロードバイクがリア9速(8速)だったけど、慣れてきたから10速・11速にしたい。...

ピナレロのプリンスでヒルクライムに出て上位を狙う方法!

皆さんは、ピナレロというメーカーのプリンスという自転車をご存知ですか?「自転車レースに出るの...

シマノ・ロードバイク用コンポのブレーキのレベルを考える

ロードバイクなどを始めとする自転車を制御、制動する唯一の手段は「ブレーキ」です。「コンポ」と...

メリダのクロスバイククロスウェイの実力を知ろう!

メリダのクロスバイクにはフラットバーロードと言っても差し支えのない「GRAN SPEED(グラン...

ロードバイクのホイールでよく聞くアルミクリンチャーとは?

ロードバイクのホイールは、リムの素材によって重量や価格が大きく変わってきます。また、対となっ...

ジオスのカンターレをドロップハンドル化する効果?費用は?

自転車、特にスポーツ自転車は改造話が本当に多いです。中でも、フラットハンドルをドロップハ...

ロードバイクで日本一周の旅!ブログにはどんな内容を書く?

ロードバイクで日本一周に挑戦している方って、意外にもたくさんいます。日本一周の記録をブログに...

ロードバイクのタイヤの太さはなぜ太めにシフトした?

ロードバイクは、タイヤの太さを繊細なまでに、試行錯誤してきている歴史があります。現在は、少し...

ビアンキのクロスバイク「アドバンテージ」を振り返る

イタリアのビアンキはツール・ド・フランスを制したこともある、老舗のレーシングブランドです。...

ピカールの使い方は簡単!ロードバイクの錆取りにも効果的

ピカールは金属磨きをするときに便利で、たくさんのご家庭に常備されていると思います。ロードバイ...

ロードバイクのホイールにフルクラムレーシングゼロはどうか

ロードバイク用のホイールは、各メーカーがしのぎを削り合う、群雄割拠の世界です。世界4大メーカ...

ロードバイクのホイールって何?カーボンってどんな素材?

ロードバイクのホイールはとても重要な役割を担っており、最も走行に影響しています。ホイールは数...

自転車メーカーのロゴマークに注目!目的や特徴をご紹介!

突然ですが、皆さんは、自転車メーカーのロゴマークを気にしたことはあるでしょうか。自転車を...

ビアンキのロードバイクでクロモリフレームはどうなのか?

イタリアのスポーツバイクメーカーは、伝統的にクロモリなどのスチールフレームに強いところがあります。...

ロードバイクを扱うメーカーのバイクに対する評価を知る!

ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあり、しかも大半のメーカーのものが日本でも手に入りますので、「迷...

スポンサーリンク

giantは数多くのメーカーのロードバイク生産に携わっている

「giantは台湾の自転車メーカーです」

なぜこの一言をわざわざ「」でくくったかというと、giantが台湾のメーカーだから見下されて悪い評判が立っている、という意見があるからです。

欧米のブランドは過剰に珍重され、アジアやその他の地域のものは若干軽んじられる傾向にあるのは、どの分野においても否めないところでしょう。

ロードバイクを始めとするスポーツ自転車の世界でも、ブランドの数で言えば圧倒的に欧米諸国が多くなっています。

私の知る限りアジアでスポーツ自転車を扱う世界的メーカーは、台湾の「giant」と「メリダ」くらいです。

しかし、この2社が多くの欧米諸国のメーカーの自転車を製造しているのをご存知でしょうか?

自社製品を他のメーカーに依頼して生産してもらうことを「OEM」といいますが、台湾の自転車メーカーは長きに渡りこのOEMに携わっています。

人件費を含めたコストの問題もありますが、それだけの確かな技術があるからこそできることです。

また、OEMではないとしても、台湾に生産拠点を持つメーカーが多いのも事実です。

ですから、極端に言えば世界のスポーツ自転車の大半は、メイド・イン・台湾なのです。

そのため、少なくとも台湾だからどうのこうのと言われるのは、今の時代では筋が違う話です。

giantはロードバイクの性能以外の所で評判になるメーカー

ロードバイクはロードレースの機材ですから、レースに機材を提供していないメーカーの評判が落ちる傾向にあります。

また、レースで好成績を残すと市場の評価が上がり、世間の評判が向上するという流れです。

giantは世界最高峰の年間シリーズ戦を戦う「UCIワールドツアー」に参戦しており、2017年のツール・ド・フランスではステージ優勝も果たしています。

そのため、ロードバイクにおいては、しっかりと実績を残している「フレームビルダー」ということです。

それでも評価が分かれるのは、余りにもユーザーが多く大衆化しているから、という意見があります。

プロが使う機材は、1台100万円くらいする高級車ですが、そういった機種に乗っている一般ユーザーもいます。

その人たちから見れば、10万円に届かないようなエントリーモデルも、同じgiantと見られることに納得がいかないわけです。

そして、大衆化しているということは、周りとかぶるのを嫌がる人はgiantに対して良い評価をしない傾向があります。

確かにgiantのバイクはフレームに「GIANT」とドでかいロゴが入ってますから、一目でそれと分かります。

このように、giantは台湾ブランドであるということも含め、バイクの性能よりもイメージやブランド力で評判が立つメーカーであると感じます。

giantのロードバイクの特徴

ここからは、giantのロードバイクの特徴についてお話していきます。

giantのロードバイク2018年のラインナップは、エアロロードの【PROPEL】、レーシー仕様の【TCR】。

エンデュランスモデルの【DEFY】、エントリーモデルの【CONTEND】となります。

カテゴリーに関しては、どのメーカーも大方このような感じになります。

私の個人的見解ですが、giantのロードバイクは一言でいうと「オーソドックス」です。

フレーム形状やデザイン、色使いなど、どれを取っても奇をてらったところがなく、基本に忠実な「THE・ロードバイク」といった趣です。

大衆化しているからオーソドックスになっていくと考えれば、評判が悪くなるのもこの辺に原因があるのでしょう。

しかし、これが「コスパのgiant」と呼ばれる現実主義路線のgiant最大の特徴とも言えるので、決して欠点ではありません。

giantのロードバイクは安いから評判が悪いのか?

giantは価格が安い製品を多く扱っていることでも有名で、これが良くない評判に繋がっているという見方もあります。

先述したように、ロードバイクはロードレースの機材=高価とイメージを持っている方には、プレミア感を大切にする傾向があります。

いわゆる、安いロードバイクを認めないということです。

それもひとつの意見としては分かる気がしますが、用途が多様化してしている現代では少し時代遅れに感じます。

これも個人的な意見ですが、私がgiantのロードバイクの中でそのコスパに感心した機種があります。

【TCR ADVANCED 1 KOM】参考価格:¥245,000

総重量7.7kg(Sサイズ)という超軽量のカーボンフレームで、シマノのセカンドグレード「アルテグラ」のフルコンポになります。

このスペックでこの価格は、他メーカーでは中々見られません。

ホイールがgiant独自のものなので、どの程度コストダウンをしているのかを図りかねますが、ユーザーのインプレを見る限り酷いものではありません。

こういった機種を多く扱っているから「コスパのgiant」と呼ばれるのであり、安かろう悪かろうのイメージはないと考えて良いでしょう。

giantはロードバイク最初の1台におすすめ

先述した通り、giantのロードバイクはオーソドックスでお手本のようなものですから、ロードバイク最初の1台におすすめです。

となると、エントリーモデルの【CONTEND】ということになります。

2018年は全5種類の展開ですが、下は8万円からハイエンドでも16万円で購入できます。

10万円を切っている【CONTEND 1】【CONTEND 2】は、さすがに随所にコストダウンの跡は見られます。

しかし、走行性能や走りの質という点では十分に基本が押さえらており、最初の1台としては申し分ないものです。

また、giantは2018年モデルの大半に「チューブレスレディ」タイヤを装備させています。

余り大きな評判になっていませんし、メーカーからは「パンクが少ない」くらいの説明しかないので、急に舵を切った真意は測りかねます。

しかし、少なくとも上記2機種については汎用性の高いクリンチャータイヤなので、初心者の方にも安心です。

さらに、将来的にはロードバイクでレースに参戦したいという方には、細かいスピードコントロールが可能なリア11速のモデルがおすすめです。

【CONTEND SL 1】は、シマノのリア11速のミドルグレード「105」のコンポで固められています。(ブレーキ以外)

それでいて14万5千円は、さすがコスパのgiantの名に恥じない価格設定ですので、かなりおすすめの1台です。

評判を気にしすぎない

ここまでの話でお分かりかもしれませんが、giantのロードバイクに悪い評判があるのは人気メーカーであるが故の宿命なんですね。

giantに関心があるからこそ、悪い評判が立つこともあります。

悪い評判だったとしても興味を持って書いていると考えれば、内容を吟味してみる価値はあります。

また、giantに限ったことでもなく、ロードバイクに限定される問題でもないですが、メーカーや販売店に頼まれて褒めちぎるような記事を書く人もいます。

もちろん正当に客観性を持って評価している人もいますが、公平性を欠いているような記事があるのも事実です。

評価や評判はその人の主観であり、万人に当てはまるとは限りません。

ですから、良い評判も悪い評判も冷静に受け止めて、参考程度に考えるのが上手い付き合い方ではないでしょうか。

giantの評判は多岐に渡っている!

今回はgiantのロードバイクの評判について、私なりに考えてみました。

大衆化していてオーソドックスという評判は、私も同意見です。

しかし、それがgiantの戦略の1つであり、機能面で勝負をしている姿なのであれば、それを評価しなければいけないでしょう。

ロードバイクに何を求めるかでも変わってきますので、まずは自分がどう乗りたいかを考えることが先決ですね。