ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

マウンテンバイクのクランクの外し方をご紹介します!

2018.1.24

マウンテンバイクなどのスポーツ自転車は、動力を車輪に伝えるクランクが、非常に重要な役割を持ちます。

そのため、交換やメンテナンスで外すことも多くなりますが、外し方が難しいという印象を持たれている人が多いようです。

そこで今回は、マウンテンバイクのクランクの外し方を説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクのタイヤ等を処分したい!!処分方法は??

ロードバイクや自転車のタイヤあらゆるパーツは消耗品ですから、いつか処分しなければならないときが来ます...

高速道路へ侵入する自転車と道路を逆走してしまう理由とは?

道路法第48条、高速自動車国道法第17条では、「歩行者はもちろん自転車などの軽車両や原動機付き自転車...

ブルックスの革サドルは調整をしっかりすれば長期間使用可能

ブルックスと言えば「革サドル」ですが、皆さんのイメージの中に革サドルはメンテナンスや調整が難しい...

自転車屋さんで空気を入れたい!その金額や使い方

自転車に乗っている人にとって、自転車のタイヤの空気入れは、とても重要ですよね。 空気がなくなっ...

シマノのホイールrs11は評価が高い!その理由を知りたい

シマノは、世界一の自転車パーツメーカーですが、コンポ同様にホイールの評価も高いです。 今回は、...

注目されない自転車パーツ?「ブレーキレバー」選択は超重要

自転車パーツのなかで、あまり注目されないパーツが、ブレーキレバーではないでしょうか。 しかし、...

ロードバイクのタイヤに傷が付いた!修復か?それとも交換?

タイヤはロードバイクの中で唯一地面と接触している部分なので、摩耗は当然ですが、傷付いたり、亀裂が走っ...

トピークのサドルバッグはLサイズがおすすめ!その理由とは

ロードバイクなどのスポーツバイクで荷物を持ち運ぶ場合は、自分の体に身に付けるか、自転車にバッグを...

ヒルクライムの適正ケイデンス数の目安は、90RPM前後?

ケイデンスってご存知でしょうか? ケイデンスとは、1分間あたりのペダル回転数になります。 ...

メリダ・スクルトゥーラに見る!ディスクブレーキは優位か?

近年のスポーツバイクのブレーキは、ディスクブレーキがトレンドになっています。 MTBはもう...

ルックの自転車は高級!ブログではどう評価されている?

LOOK(ルック)は、フランスに本拠を置く自転車メーカーです。 スキー用品の製造会社として...

あったら便利!?ロードバイクに補助ブレーキは必要なのか

ロードバイクといったら、ハンドルの先端が下に大きく曲がったドロップハンドルが特徴的なスポーツ自転車で...

輪行にはタイオガのコクーンがおすすめ!輪行袋は旅の友!

みなさんは、輪行をしたことがありますか? 自転車と一緒に旅をし、旅先でライドをするのはとて...

11速用ホイールのスペーサーは正しい知識で使わないと危険!

自転車のカセットスプロケットは段数によって厚みが違います。 11速がもっとも厚く、中くらいが8速や...

スペシャライズドのmtb、おすすめ商品をご紹介します!

スペシャライズドといえばスポーツサイクルを扱う有名なブランドです。 もちろん、mtb商品のバリ...

スポンサーリンク

マウンテンバイクのクランクの構造

マウンテンバイクのクランクの外し方や、メンテナンスの方法をお話していきますが、まずはクランクの構造から確認しておきます。

クランクは、ペダルが先についている偏平形のパーツで、回転して車輪に動力を伝える役目をします。

右側のクランクには、チェーンリングというギアの歯車が装着されており、マウンテンバイクは一般的に3枚付いています。

このチェーンリングと、リアギアであるスプロケット間にチェーンが掛けられており、クランクからの動力が後輪に伝わる仕組みになっています。

スポーツ自転車には欠かせないギアチェンジも、この前後の歯車で行います。

クランクはbb(ボトムブラケット)というパーツに取り付けられており、bbが自転車のフレームに装着されています。

そのため、クランクとbbは切り離して考えるわけにいかないので、今回はbbの話も同時にしていきます。

マウンテンバイクのクランクの外し方は種類によって異なる

マウンテンバイクのクランクの外し方をご紹介する前に、どういった場合に、クランクを外すのかを考えてみましょう。

まずは、クランクから異音がする場合や、回転に違和感を感じるときになります。

これは、クランク本体の可能性もありますが、大方の場合は、BBに原因があります。

BBにはベアリングという軸受けが内蔵されており、その部分の劣化やグリス抜けが異音を発生させたり、回転を鈍くさせたりします。

メンテナンスで改善できる場合もありますが、BBの種類によっては、交換する必要があります。

BBはクランクを外さなければ、お目見えしない部分ですから、BBのメンテや交換時には、クランクを外すことになります。

クランク自体を交換する場合も、当然外しますが、クランクは大まかに分けて2種類あります。

今のスポーツ自転車の主流は、クランクと回転軸が一体型になっている通称「ツーピースクランク」です。

右側のクランクに軸が付属しており、それを左のクランクで支持するので、剛性が高くなります。

一方、旧来のスポーツ自転車やママチャリは、BBのほうに回転軸が付いており、軸の両側にクランクを嵌合(かんごう)させる仕組みです。

このクランクの種類によっても、外し方が違いますので、両方とも説明していきます。

マウンテンバイクのクランクの外し方①コッタレスクランク編

それでは、マウンテンバイクのクランクの外し方をご紹介します。
まずは、軸が付属していない、旧来のタイプのクランクの外し方からです。

このクランクは「コッタレスクランク」と呼ばれ、外すには「コッタレス抜き」という専用工具が必要です。

BBの回転軸がクランクにがっちりと嵌っているため、コッタレス抜きを押し込んで、軸とクランクを切り離さなければいけません。

専用なので用途が限られますが、これがないと外せないので、用意してください。(1,000円前後)

コッタレス抜きは二重構造になっており、片側はクランク表面のナットを外すレンチになっています。

手順ですが、まず、チェーンリングが付いてない左側のクランクから外します。

先端のナットをコッタレス抜きの片側で外したら、ネジが切ってある側を、クランクに時計回りでねじ込みます。

手で回せるところまでねじ込んだら、その後はモンキースパナで締め込んでいくと、少しずつクランクが抜けていきます。

このときに、あまりきつく締めこんでしまうと、工具が噛みこみ過ぎて外れなくなってしまうので、加減しながらゆっくりと外していきます。

右側も、同じ手順で外せば完了です。

マウンテンバイクのクランクの外し方②ツーピースクランク編

次に、マウンテンバイクの軸一体型のクランクの外し方をご紹介します。

主に、シマノ製のクランクですが、こちらも脱着には専用工具が必要です。

「シマノ クランク外す 工具」で、検索するとヒットします。(300円程度)

このとき、シマノ製のBBの脱着工具も一緒にヒットするので、BBも交換するようなら、同時に購入してください。

では、手順をご紹介します。

軸一体型のクランクは、右のクランクに付属している回転軸をBBに通し、左のクランクで支持している形になります。

そのため、左のクランクを外せば、右のクランクも同時に外れます。

左側クランクの小さい2本のボルトを、六角レンチで片方ずつ、均等に緩めます。

次に、専用工具をクランク全面のボルトに取り付けて外します。

クランク上部に、脱落防止の爪が付いているものがありますので、外す場合は、爪を上げておきます。

左のクランクを抜いて、右のクランクを外せば完了です。

fsa製クランクの外し方

マウンテンバイクのクランクの外し方をお話していますが、ここまでご紹介した方法で、大方のクランクは外すことができます。

しかし、台湾の有名パーツメーカー「fsa」のクランクの外し方が、特殊なのでご説明します。

fsa製のクランクは、完成車に付属していることが多く、交換の要望も多いので、確認しておきましょう。

シマノ製と同じ、軸一体型のクランクですので、左側のクランクだけ外せば大丈夫です。

クランク前面に、いかにも外さなければならないようなリング状のボルトが、センターボルトの外側に付いています。

しかし、これを外してしまうと、クランクは一生外れません。

このリング状のボルトは、クランクとセンターボルトを一体化させるためのものです。

そのため、外してしまうとセンターボルトとクランクが分離してしまうので、ボルトを回してもクランクはびくともしません。

したがって、fsa製のクランクを外す際は、このリングには手を付けず、センターボルトだけを緩めていけば外れます。

分かってみれば、実に簡単なんですが、意外と苦労している人が多いので、参考にしてください。

マウンテンバイクのBBの外し方

ここまで、マウンテンバイクのクランクの外し方をご紹介しました。
ここでは、切っても切り離せない存在のBBについても、外し方をご紹介します。

マウンテンバイクに採用されているBBで考えられるのは、「カップ&コーン」「カードリッジ式」「シマノ・ホロ―テック」の3種類ですね。

カップ&コーンは、かなり古いタイプの自転車に付属しているBBで、軸・ベアリング・カップが、それぞれ別になっているものです。

ロックリングという留め具が付いているので、これを外すために「フックレンチ」があると便利です。

また、カップを外すには専用工具もありますが、幅が薄めのスパナなら代用できます。

ロックリングもカップも左側は「正ネジ」なので、左に回して外し、右側は「逆ネジ」なので、右に回して外します。

次に、カードリッジ式ですが、ケースにベアリングと軸が内蔵しているような形状です。

カードリッジ式BBの専用工具がありますので、「カードリッジ式BB・ツール」で検索してください。

外し方は、専用工具を装着して、モンキーレンチで緩めるだけです。
カードリッジ式も左側は正ネジ、右側は逆ネジです。

最後に、シマノのツーピースクランク用の、ホロ―テックBBの外し方です。

これも専用工具が必要なので、「シマノ・ホロ―テックⅡ・工具」で検索してください。

ホロ―テックはシマノ製なので、シマノ純正工具がおすすめです。

こちらも正ネジ、逆ネジに気を付ければ外し方は同じです。

クランクは自力で外せます!

今回は、マウンテンバイクのクランクの外し方を紹介しました。

難しいというイメージがあったかもしれませんが、割と簡単に行えると思っていただけたのではないでしょうか。

お店に頼むと、そこそこの工賃を取られるので、なるべく自力でできるようにしておきたいものです。

 - クランク, 自転車のパーツ, 自転車全般