ミニベロでポタリングを楽しむ方法!ブログが参考になる!

ミニベロとは、20インチ以下のホイールサイズを採用している、大人用自転車のことを指します。

ミニベロは、ストップ&ゴーを得意とする自転車なので、街乗りやポタリングにピッタリな自転車なのです。

ミニベロでポタリングをしている方たちは、どのように楽しんでいるのでしょうか?

ブログを参考に、見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

東京のデートは自転車で!レンタサイクルショップはある?

「最近デートで行くところがない…」という方はいませんか?そんな方におすすめなのが、東京で自転...

自転車の移動速度や所要時間~ロードバイクにするメリット~

自転車の種類には、よく乗られているママチャリや、スポーツ自転車であるロードバイクなどがあります。...

カーボンステム・カーボンハンドルへの交換!実感できる効果

ロードバイクにはまっていくと、様々なカスタマイズを試してみたくなりますよね。中でも、カー...

フィアットの自転車(ミニベロ)の口コミとは!?

フィアットといえば、自動車を思い浮かべる方も多いかと思いますが、自転車(ミニベロ)でも非常に高い評価...

自転車のブレーキ「キャリパー」はこのまま終わっていくの?

自転車のブレーキは、時代ごとに使用されるものが変化してきています。顕著な例はMTBで、カ...

ダホンの人気折り畳み自転車、ルートのbbの評判が悪い?

折り畳み自転車では、世界一のメーカーと言っても過言ではないのが、アメリカの「ダホン」です。今...

シマノ105クランクの各年代で外し方が違う

シマノ105は、ロードバイクの入門モデルに装着されている、最も需要の多いコンポーネントです。...

ハンドルからの振動対策!これでロードバイクの悩みを解決!

ロードバイクで走行中、ハンドルからの振動が気になる方も多いはずです。路面から伝わる、ハンドル...

bmxでおすすめのハンドルは?幅を狭くする際のカット方法!

bmxをカスタムしませんか!?トリックをしやすくするために、ハンドルをいじってみるのはどうで...

アルテグラのクランクと他メーカーのクランクの重量差は?

シマノでは、セカンドグレードとして扱われているアルテグラ。コンポの顔として扱われるのはクラン...

ボントレガーのサドル、モントローズのメリット・インプレ!

ロードバイクなど、スポーツ自転車はサドルが合わないとお尻が痛くなってしまい、せっかくの楽しいライ...

タイヤサイズが前後で違う?ブリヂストンのビッケグリに注目

タイヤのサイズが前後で違う自転車があるってご存知ですか?その名も「bikke GRI(ビッケ...

自転車を購入後にトラブルなしでキャンセルするには?

最近は、通販サイトが増えたことで、自転車の購入もずいぶんと手軽になりました。しかし、購...

ストライダーのグリップをカラーで彩りたい!外し方を教えて

ストライダーは車体のカラーはバリエーションが豊富ですが、パーツの色は標準装備では全部黒色です。...

自転車で20分の距離なら、サイクルライフを楽しもう!

何の交通手段を利用するにしても、20分の距離がある目的地に行くとしたら、何の交通手段を利用しますか?...

スポンサーリンク

ポタリングってどんなこと?

そもそも、ポタリングがどのような意味であるかご存知でしょうか。

ポタリングとは、あちこちを気楽にのんびりと走ることを表しています。
簡単にいうなら、自転車を用いた散歩的なサイクリングのことです。

自転車を漕ぐことに専念するわけでもなく、長い距離を走行するわけでもないポタリングは、ゆるい気持ちで自分のペースで自転車を漕ぐことができます。

つまり、街乗りに最適とされる、ミニベロはポタリングにもピッタリな自転車なのです。

いつも車で通る馴染みのある道路でも、ミニベロで走ると、今まで目に留まらなかったような、小さなことにも気づくことができ、新たな発見をすることができます。

ポタリングは、心も身体もリフレッシュするにはもってこいなのです。

では、実際ポタリングを楽しむには、どのような場所を走るのがおすすめなのでしょう。
そういった際、参考になるのが「ブログ」です。

ブログというものには、風景などの写真と共に実体験を交えた内容が多く紹介されているので、非常に参考になります。

これから、「ポリングを楽しみたい!」といった方は、まずブログでポタリングについての記事を探してみましょう。

ミニベロのポタリングの楽しみ方をブログで知ろう!①

では、ポタリングをしている方たちは、どのような場所を走り楽しんでいるのでしょうか。

○グルメを堪能する

やはり、ポタリングの楽しみといったら、グルメやスイーツ巡りは外せません。

ブログを見てみると、ポタリングの途中立ち寄ったお店の、美味しそうなグルメの数々の写真を見ることができます。

近所のグルメスポットに足の伸ばしてみたり、今までなかなか行く機会が無かった場所や、駐車場の問題で遠のいてしまっていたお店も行ってみるいいチャンスです。

狭い裏路地の場合でも、ミニベロなら小回りが利きますから、なんなく走ることができます。

朝少し早起きして、パン屋さんまでパンを食べに行ったり、街中のおしゃれなカフェでのんびりランチしたり、食べ歩きをしてみたり、ポタリングの楽しみ方は無限大です。

軽い運動のあとのグルメはより一層、美味しいと感じることができるでしょう。

美味しいグルメを写真として残しておけば、記念にもなりますし、写真を見て「また行いきたい」と思うかもしれません。

ミニベロのポタリングの楽しみ方をブログで知ろう!②

続いて、ポタリングの楽しみ方を見ていきましょう。

○季節の花々を見る、お花見ポタリング

春の時期でしたら「桜や菜の花」、夏でしたら「ひまわり」、秋でしたら「コスモス」といったように、花々には見頃となる季節があります。

近くに、川沿いのサイクリングコースがあるなら、ぜひミニベロでポタリングをしてみましょう。
川沿いには、多くの花々が咲き誇っています。

今まで気づかなかったけれど、ポタリングをすることで自分だけの名所が見つかる可能性もあります。

特に、春の短い間に咲く桜並木の下をゆっくりとポタリングすれば、それだけで感動の瞬間を味わうことができます。

ポタリングを楽しむ方のブログを見ても、季節を感じさせる花々や、風景を写真に撮られている方も多いです。
普段なかなか味わえない季節の変わり目を、身近に感じることができるのは、素晴らしい経験ですよね。

ミニベロでナイトポタリングを楽しむ

夜にミニベロを走らせるには、昼間とはまた違った楽しみがあります。
億劫になってしまいがちな夜でも、手軽にポタリングできるのは、ミニベロだからこそです。

日中交通量が多い大通りでも、ナイトポタリングなら、快適に走ることができます。
また、太陽が出ていない夜ですから、紫外線を気にする心配もありません。

ナイトポタリングで特におすすめは、夜景やイルミネーションです。

クリスマスシーズンともなれば、各地でたくさんのイルミネーションが輝きを放ちます。
このような素晴らしい景色が、間近で見ることができます。

綺麗に輝く、夜景やイルミネーションをブログにアップされているのを見ると、自分も走ってみたくなりませんか?

ただ夜の走行は、視界が悪く自分を示すためにも明るいライトは必需です。
また、他者からも自分が見えるようにすることも重要です。

ナイトポタリングを楽しむ際は、ライトはなるべく明るいものを取り付け、服装も白いものや反射性のある目立つものを着用しましょう。

ブログを参考に!ポタリングをより楽しむ方法

ポタリングは、なにも近所を走るだけがポタリングとはいいません。

ブログに記事を書かれている上級者の皆さんは、ミニベロを輪行し遠出をしている方もいます。
ブログなどで、気になる場所があったら、電車を使って行ってみるというのも1つの楽しみ方です。

輪行を簡単にご説明すると、公共交通機関(電車)などを利用して自転車を運ぶことです。

その際、きちんと企画に沿った専用の輪行袋に入れないとルール違反となりますので、しっかりと守りましょう。

もう1つ、車にミニベロを積んで、移動するという方法があります。
一般的な自転車よりも、小型なミニベロは、車への乗せ下ろしも楽に行うことができます。

目的の街に着いたら、そこからミニベロでポタリングを楽しみましょう。
見知らぬ土地を走るとなれば、今までと違った発見や楽しさをより味わうことができます。

近所のポタリングに飽きてきた方、新鮮な楽しみを味わいたい方はぜひ、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ポタリングとはいえ安全な走行を心がけよう

ここまで、ミニベロでポタリングの楽しみ方をご紹介してきました。

ブログでも見ると分かように、ポタリングの楽しみ方は無限大です。
輪行や車移動をすれば、更にポタリングの楽しみを広げられるでしょう。

最後に、ポタリングの注意点についてご紹介していきます。

ゆるく、自分のペースで楽しむことを前提としているポタリングですが、あくまで自転車ですので一般道を走ることになります。

一般道には、車やバイクなども走るわけですから、ヘルメットの着用は忘れず行いましょう。

ヘルメットの着用は義務ではないものの、着用しているとしていないでは、事故の際に大きな差があります。
ヘルメットを着用していたことで、救われた命はたくさんあるのです。

もしもの時に怪我や、死亡、障害のリスクを減らしたいのであれば、ヘルメットの着用は忘れないようにしましょう。

また、近年ではスポーツ自転車の盗難が非常に増えています。
ミニベロとはいっても、決して盗難されないという保障はありません。

自転車を停めてお店に立ち寄る際は、丈夫な鍵での施錠を忘れないでおきましょう。

ミニベロでポタリングを楽しもう

ポタリングといってもその楽しみ方は無限大です。

グルメ巡りや、買い物、花見など様々な楽しみ方があります。

更に、楽しみを広げるなら、車や電車などで移動し、新たな土地でのポタリングをするというのもおすすめです。

ゆったりと走るポタリングですが、安全のためにヘルメットの着用は忘れないでくださいね。