イーストンのホイールはマイナー?評価はどうだろうか?

アメリカの金属加工会社「イーストン」は、自転車のパーツも製造・販売しています。

ハンドル・ステム・サドルなどは、日本でも大きなシェアを持っていますが、ホイールとなるとマイナーなイメージです。

今回は、そんなイーストンのホイールについて、レビューやインプレの評価も参考にしながら確認してみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

注目されない自転車パーツ?「ブレーキレバー」選択は超重要

自転車パーツのなかで、あまり注目されないパーツが、ブレーキレバーではないでしょうか。しかし、...

新シマノ・105搭載のロードバイク!アンカー 「RS8 EQUIPE」

2018年シマノのロードバイク用コンポ「105」が、R7000にモデルチェンジされました。...

カンパニョーロホイールは分解してからグリスアップしよう!

カンパニョーロのホイールは良いホイールを生産しています。中でもコストパフォーマンスが良い...

日本を代表するクロモリ!アンカー・RNC3をブログから検証

ロードバイクはレースのものであるという認識をされている方も多いと思いますが、今回ご紹介するアンカ...

スギノのクランクとは!?スギノ社製クランクや他製品の評判

皆さんは、ロードバイクやピストバイクに付いているクランクの国産ブランドといえばどのブランドを思い...

他社クランクも取り付けられる!bb30用のアダプターのおすすめ

bb30というのはボトムブラケットの種類の1つで、数年前には多くのフレームに採用されていました。...

ロードバイクのトレンドを知る!ピナレロのカタログを読もう

ロードバイクを扱うメーカー、ブランドは毎年のように次年度のカタログを発行します。カタログ...

自転車のブレーキが車輪に擦れることがある?その対処法は?

自転車の「リムブレーキ」は車輪の回転を直接止める構造なので、よく見ると分かりますがアームの部分が...

ロードバイクのホイールをリム研磨してピカピカにする

このタイトルを見てまず思うことは、ロードバイクのホイールのリムを「研磨」するとはどういうこと?ですか...

自転車のブレーキはリム形状の「wo」や「HE」で何が変わる?

多くの自転車には、「リムブレーキ」が採用されています。ホイールの外周部分のリムで制動が行...

クロモリ、アルミ、カーボンそれぞれのフレームの特徴とは

自転車を買うと決めた時にまず悩むのが、フレームの素材ですよね。フレームの素材は、代表的なもの...

自転車のタイヤとホイールをインチアップ!選び方とは!?

自転車パーツの中で最大の消耗品であるタイヤ。そして、唯一路面に接しているのがタイヤです。...

自転車のブレーキがきかない!そんなときどうする?

自転車に乗っていて、ブレーキがききづらかったり、ブレーキをするときに音がしたりする経験はありませんか...

タイヤサイズで26インチや700cってどのくらいの大きさ?

自転車のタイヤサイズは、様々な表記が入り混じっています。単位はインチやmm、小数点表記だ...

コルナゴの2017年モデルのカタログで、おすすめのバイクは?

「コルナゴ」は、数ある自転車メーカーの中でもイタリアを代表とする、トップメーカーの一つです。...

スポンサーリンク

イーストンはフレーム用のチューブで高評価を受けてきた

イーストン・ジャパンのホームページを見てみると、自転車関係の記載は一切ありません。

イーストンのフラッグシップ商品は、野球の金属バットですので、イーストン・ジャパンは野球用具の扱いのみのようです。

自転車部門は「東商会」が日本の代理店を務めていますが、東商会は完成車ではカナダの「サーヴェロ」、パーツではイーストンの他に、台湾の「トーケン」なども扱っています。

イーストンは、根っこが金属のチューブ屋さんですので、他メーカーにフレームのチューブを供給しています。

イーストンの自転車部門の立ち上げには、フレームの魔術師とまで言われている「フェルト」の創始者ジム・フェルトが大きく関わっています。

彼の開発した高性能チューブが、世界中の名だたるブランドから高い評価を受けたことで、イーストンの名声も、より高まっていきました。

今回取り上げるホイールに関しては、日本では正直マイナーですが、悪い評価はあまりないようです。

イーストンのハイエンドモデルホイールの評価は?

では、イーストンのホイールを見ていきましょう。

イーストンは製品名に冠が付きますが、ECはカーボン素材、EAはアルミ素材を表します。
そして、その次にくる数字が、製品のグレードを表しています。

グレードは確認できた限りでは、50・70・90・100とあり、数字が大きいほど高グレードになります。

【EC90 AERO 55 チューブレスクリンチャー】
参考価格:フロント¥165,000 リア¥185,000

イーストホイールのハイエンドモデルです。
リムハイト55mmのエアロディープリムで、チューブラータイプもあります。

徹底した風洞実験を行ったという28mmのワイドリムが、優れたエアロダイナミクスを実現しているそうです。

40キロのタイムトライアルを想定した実験では、過去最高のタイムを出したホイールと比べ、14秒勝ったとも言われています。

自称なので、少し割り引いて考えても、価格相応の評価で良いと思います。

これが欠点だらけでは、フラッグシップモデルの名折れです。

剛性が強いというインプレが多いですが、エアロホイールですから硬いでしょうし、乗り心地だって両立しないのは当然です。

ソフトな乗り心地を求める人が、ディープリムを選ぶわけがないですからね。

イーストンの【EC90 AERO 55】ホイールにはライバルが多い

インプレでは、同じタイヤではないので一概には言えませんが、ホイールの転がりの良さを感じています。
そのため、イーストンのハブの性能の高さは間違いないところです。

「【EC90 AERO 55】はディープリムなので、漕ぎ出しの重さと加速までに時間が掛かるのは致し方なし。」

「ひとたび高速域に入ればスピードが維持できる、しかもハブの性能が良いので、余計に巡航時間が長くなる。」

「ワイドリムなので、横からの風には当然厳しいが、正面からはエアロ形状のため、風を切り裂けるので巡航性が高い。」

レビューの評価をまとめると、こんな感じです。

ただ、コスパを考えてしまうと、同じリムハイト50mm前後では、カンパの「BORA ONE」がかなり優位です。
重量が約300g軽いですね。

ディープリムの場合、「軽さが正義」というわけではないですが、ヒルクライムやスプリントには優位です。

ハブの性能も同等か、それ以上は確実なので、「君はマジョリティだね」と言われても、「BORA ONE」を選んでしまいそうです。

また、エアロ形状なら、トレックのパーツブランド「ボンドレガー」のディープりムもあります。

「Aeolus 5 TLR D3」は、ほぼEC90 AERO 55と同じ条件で、価格も大差ありません。

他のメーカーのロードに乗って、トレックの正規販売店で購入するかは別として、比較対象にはなります。

イーストンのアルミホイールの評価は?

さて、ディープリムは最初から選択肢にないという人も多いですよね。

イーストンのホイールは種類が少ないのですが、カーボンリムにはもうひとつ、リムハイト38mmの【EC90SL】があります。

技術も価格もほとんど変わらないので、特筆することはないですが、ライバルが増えることだけは間違いないです。

イーストンが金属チューブの加工をしているメーカーと考えると、アルミリムのホイールに期待が掛かるところです。

アルミリムは90と70の2グレードで、【EA90 SLX チューブレスクリンチャーホイール】がハイエンドモデルです。

リムハイト25mmで前後計1400gは、重量だけで判断するならば、かなり上位レベルです。

スポークの本数が少なめなので、メジャーどころでは、シマノと同じような構成と考えられます。

イースト自身がスプリント能力をアピールし、反対に高速巡航性に厳しい評価を下しています。

重量も考えると、ヒルクライムなどに向くホイールですが、イーストンのハブなら巡航性も自身の評価よりは高いと判断できます。

ただ、定価は前後計15万円で、ここはライバルだらけのゾーンです。

カンパの「シャマルウルトラ」、フルクラムの「レーシングゼロ」、シマノの「デュラエース」、枚挙にいとまがないです。

アルミならイーストンと言えるのか?

アルミリムのEA70グレードも見てみましょう。

ミドルグレードの位置付けなので、他メーカーではカンパの「ゾンダ」、フルクラム「レーシング3」、マビック「キシリウムエリート」です。

名前を見ただけでも、震え上がるくらいの強豪ぞろいです。

それだけに、イーストン独自の何かが欲しいところですが、ホームページ上の自身の評価も低いんですよね。

売る気がないのか、謙虚なのか分かりませんが、中位グレードのノーマルリムなので、オールマイティなのは当然です。

そのため、大体において平均点になっているのは理解できるのですが、それでは決め手に欠けます。
インプレの評価では、やや重量を感じるが、高速域での負荷が掛かるので、トレーニング向きとされています。

また、ホイールでは、重要な振れの少なさを褒める声もあります。

こういったところを、もっとイーストン自身がアピールしていけば良いのにと感じ、少し残念です。

しかし、個人的にはこのグレードでは、十分に満足できるホイールだと思います。

そのため、今回あまりポジティブな意見は出せなかったですが、このEA70グレードは、ライバルと戦えるホイールと判断させていただきます。

マイナーゆえの苦しさ

イーストンのホイールを確認してきましたが、価格相応のしっかりした物作りをしている印象でした。

ユーザーも大方その通りのインプレで、抜群の喜びを感じているわけではないが、大きな不満もないという評価です。

ですから、今回取り上げたホイールにカンパやシマノの名前が付いていれば、ヒットしているレベルなんだと思います。

アルミリムには、他メーカーには見られないリムのみの製品があります。

ユーザーが一から手組みしていくわけですが、リムに自信がなければ、単体で売り出すはずがないですよね。

ただ、スポークとハブの販売がないんです。
この辺りの詰めの甘さが、マイナーゆえの苦しさを感じます。

また、ホイールを自己採点しているのですが評価が低いです。

過大評価するよりはましですが、これでは購買意欲が出ないという採点もあります。

性能とは関係なく、そういった面でも損をしていると考えられます。

イーストンのホイールには見るべきものがある!

イーストンのホイールは奇をてらったようなことはせず、至ってシンプルに性能を表現していると感じました。

一概には言えませんが、自分の用途に合っていれば、使用して後悔するものではないでしょう。
コスパの高さは望めませんが、自転車の性能を落とすようなことはないと言っておきます。