ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

feltのf75はアルミの逸品!しかしホイール交換はしたい

2017.11.19

「felt(フェルト)」のアルミロード【f】シリーズは、創始者のジム・フェルトが長年かけて、理想を追求してきたフレームです。

しかし、エントリーグレードであるため、パーツにコストカットの跡が見られます。
ハイエンドモデルのf75でも、ホイールは自社製です。

そこで今回は、f75のホイール交換について、色々と可能性を探っていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車にホイールカバーを付ける効果と取り付け方をご紹介!

テレビでロードレースなどを観ていると、車輪にカバーの付いた自転車で走っている選手がいます。 ...

フラッグシップの実力は?ピナレロ・ドグマのインプレ評価

ピナレロの「DOGMA(ドグマ)」は押しも押されぬフラッグシップモデルであり、今世界で一番レースに勝...

スギノのクランクのスーパーマキシーは入手しやすく格好良い

スギノは日本の自転車パーツメーカーです。 主にクランクが有名で、競輪選手の多くはスギノのクラン...

自転車で移動距離を延ばしたい!有効なトレーニング方法は?

スポーツ自転車に乗り始めたばかりだと、長距離を走ろうと思っても途中で疲れて断念してしまうことがありま...

イーストンのロード用ホイールに以前ea50グレードがあった!

イーストンは簡単に言うと「パイプ屋さん」ですので、ハンドルやシートポストでは、かなり有名なブランドで...

ロードバイク乗り必見!タイヤ探しに超おすすめTOP10!

ロードバイクを構成するパーツのうち、地面と接する唯一のパーツがタイヤです。 路面のインフォーメ...

シマノ・デュラエース WH-R9100 C24の変更点は剛性力!

シマノがロードバイクのコンポにおいては世界のトップシェアであることは有名かと思いますが、ホイール...

ピナレロは山でも勝つが本当にヒルクライム向きと言えるか?

皆さんは「ヒルクライム」という自転車競技をご存知でしょうか? ロードバイクを使用し、山地な...

ロードバイクのタイヤとチューブ交換を自力で行おう

ロードバイクで採用されているタイヤは、中にチューブが入っている「クリンチャータイヤ」が圧倒的多数です...

スギノのクランクとは!?スギノ社製クランクや他製品の評判

皆さんは、ロードバイクやピストバイクに付いているクランクの国産ブランドといえばどのブランドを思い...

自転車のディスクブレーキからの音鳴りがする!解決方法は?

ディスクブレーキはカンチブレーキ、Vブレーキに続き、不整地向けに開発されたブレーキで、制動力の高...

履歴書の趣味欄でロードバイクをアピールして就活に活かそう

履歴書の趣味欄に、どんなことを書いてアピールすればいいのか悩まれる方も多いはずです。 もし、ロ...

ピストバイクのチェーンとギアの特徴!ギアの交換について

ピストバイクの見た目は、ロードバイクに似ていますが、まったく別の自転車です。 ピストバイクに使...

【ロードバイクホイール交換】最初のカスタムにおすすめ8選

ロードバイクを最初に購入する際はすぐに走り出せる完成車の状態が多いのですが、一般的には付属パーツを交...

ロードバイクのホイール交換をする【初心者からの脱却】

ロードバイク初心者の方が、最初にいじるべき箇所はホイールだと、よく言われます。 これはホイール...

スポンサーリンク

feltの創始者ジム・フェルトのここが凄い!

ドイツの新進気鋭メーカー「felt(フェルト)」は、「フレームの魔術師」と言われる創始者のジム・フェルトなしには語れません。

最初はオートバイの設計に携わっていたジムは、自分用のトライアスロンバイクで、自転車のデザインを始めます。

このデザインの素晴らしさに驚いたプロライダー達が、ジムに設計を依頼し始めます。

やがて、ジムの名前はアメリカのチューブメーカー「イーストン」の目に留まり、自転車部門立ち上げの立役者になります。

ジムの設計したチューブはトレック・スペシャライズド・GTなど、名だたるアメリカメーカーに採用されます。

その後、別会社での設計に携わり、満を持して2001年自社ブランド「felt」を創設します。

2007年にワールドツアーに参戦するチームに機材を提供し始め、2013年にはツール・ド・フランスのステージで4勝を上げるなど、着実に名声を高めています。

今回取り上げる「f75」は、ジムがずっとこだわってきたアルミフレームです。

それだけに、ホイール交換などをしてグレードアップさせなければ、もったいない逸品です。

felt・f75はコスパが高い

feltのロードバイクは、シリーズ名の横に付いている数字で、フレームの素材が分かるようになっています。

数字が一桁ならカーボン、二桁ならアルミです。

「f」シリーズは、アルミフレームなので二桁です。

日本では、リア9速のf95、10速のf85、11速のf75の3種類が販売されています。

言い遅れましたが、日本でのfeltの販売は「ライトウェイプロダクツ」が代理店になっています。

余談ですが、本国ではfシリーズはカーボンフレームのみの扱いなので、アルミフレームはありません。

日本でのfシリーズは、ジオメトリから見るとレース仕様です。
そのため、レース初心者が参戦を目指す上で使用するバイクと言えるでしょう。

エントリーグレードになりますので、価格を抑える必要があり、企業努力ではあるのですが、残念なスペックも見受けられます。

しかしf75は、後ほど詳しく確認しますが、ホイール交換の必要だけで、あとはしっかりとしたパーツが並んでいます。

それでいて15万円を切っていますので、非常にコスパの高い1台です。

felt・f75のスペック~ホイール交換を行えば文句なし

では、feltのf75のスペックを確認しましょう。

コンポはシマノ・105のフルコンポです。

コンパクトクランクの50-34Tに、スプロケは11-28Tなので、標準的なギア比の構成です。
カーボンブレードのフォークに、シートポストもカーボン製です。

ヘッドセットに評価の高いfsa製、タイヤにVittoriaの中位グレードなど、コスパの高さをうかがわせます。

唯一、自社製なので精度が分からないので、ホイール交換が必要かもしれません。

fシリーズのフレームの凄いところは、サイズごとにパイプの厚みや、どこにバテッドを施すかを変えている点です。

理由は「サイズごとに乗る人の身長体重が違うから」という、当たり前すぎることです。

しかし、エントリーモデルから、そこにこだわるのが、feltの凄さと言って良いと思います。
さすが、フレームの魔術師と言われるだけのことはありますね。

また、fシリーズはレーシーな仕様でありながら、ただ単に、剛性が強くて硬いフレームではありません。

そこに、快適性をプラスするための衝撃吸収性も、求めて作られています。

それが、サイズによってバテッドの位置を変える、「カスタムバテッドチューブ」です。

これによって、ペダルを踏み込む力を受け止める剛性と、路面からの振動を和らげる快適性が両立できています。

f75のホイールは鉄下駄だった!ホイール交換を視野に…

f75のスペックを確認しましたが、やはりコスパの高さは疑いようがありません。

重量8.8kgも、このクラスとしては軽量で、ヒルクライムを目指しても良いくらいです。

となると、やはり気になるのはホイールです。

felt純正ですが、インプレを見ていると、どうやら2kg以上のいわゆる「鉄下駄」のようです。

f75は、レースを目指している人におすすめの1台ですから、これはホイール交換を視野に入れたいですね。

軽量なホイールが良いことに越したことはないので、そうなるとカーボンリムが優位です。
もちろん否定はしませんし、高級なカーボンホイールとの釣り合いが取れないなどと言うつもりもありません。

それくらいの価値が、f75のフレームにはあります。
しかし、カーボンリムのホイールは、下位グレードでも、f75の完成車1台分の価格です。

これはさすがに、度が過ぎている感じなので、やはりここは、ホイールもコスパ重視で選ぶのが、賢明だと思います。

f75のホイール交換のおすすめは?①

では、feltのf75のホイール交換を考えていきましょう。

まず定番中の定番ですが、鉄下駄からの履き替えには、カンパニョーロの「ゾンダ」です。
クラス最軽量級ではありませんが、レースを目指す上では、最適なホイールです。

最初は、ちょっと硬さが気になるかもしれません。

しかし慣れてくれば、その硬さがちょうど良い心地になってくると言いますし、カンパのハブの性能で、良く回ってくれるホイールです。

実売価格は前後セットで約6万円といったところですが、これ以上の価値を見いだせるホイールです。

そして、ゾンダの話になると、必ずと言って良いほど比較対象に上がるのが、フルクラムの「レーシング3」です。

フルクラムはカンパの子会社ですので、基本的には同じようなスペックなのですが、2017年モデルで、両者に大きな違いが表れました。

ゾンダが太いタイヤに対応するために、リムの幅を広げるワイドリム化を図りました。

これにより、ゾンダはレーシング3に比べて、46g重くなりました。
この46gという数字は、決して小さいものではなく、特に坂の上りなどでは、はっきりと分かる差です。

また、スポークの組み方によって、レーシング3はねじれを抑えて、さらに剛性を高めています。

これにより、力の伝達効率が良くなり、一瞬での加速力はゾンダを上回ります。

そのため、リムの軽さも加味して、同じレースでもヒルクライムには「レーシング3」。

高速巡航性が大切なロードレースなら、オールラウンダー寄りの「ゾンダ」をおすすめしたいと思います。

f75のホイール交換のおすすめは?②

feltのf75のホイール交換を考えていますが、レース仕様はどうしても硬いので、乗り心地が両立しません。

レースには興味がないので、もう少し乗り心地を良くしたいという人もいると思います。

そういった要望な、らシマノですね。

スポーク本数が少ないのと、少し剛性を抑えた作りになっているので、柔らかめの乗り心地になります。

中でも、ゾンダやレーシング3と同グレードと言えるのが、「WH-RS81」です。
公表重量が1502gなので、一見、ヒルクライムにも良さそうです。

しかも、カーボンラミネートリムなので、走りの軽さも大きく違ってきます。

しかし、激坂などでダンシング(立ち漕ぎ)になってくると、剛性不足でたわみが気になりますし、パワーのロスが大きくなります。

そのため、レース向きとは言えないので、やはりツーリングなどの、趣味向きのホイールだと思います。

f75のポテンシャルを引き出すホイールを選ぶ

今回、確認して強く感じたことは、f75の持つ潜在能力を引き出すパーツの組み方をしたいということです。

その手始めがホイール交換であり、おすすめしたホイールは、それに十分応えられるものです。

ホイールは性能の違いが如実に出る部分なので、ぜひ自分に合ったものを選択してもらいたいところです。

 - ホイール, ロードバイク, 自転車のパーツ