ホイールやクランクのスプロケット、ギア比や歯数の違いは?

自転車のリアホイールやクランクに付いている、スプロケットをご存知でしょうか?

スプロケットの歯数、ギア比はよく耳にすることがありますが、理解していない方も多いのではないでしょうか?

スプロケットの歯数や、ギア比についてご紹介していきます。

これを読めば、スプロケットを選ぶ時、参考になるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイク乗り必見!タイヤ探しに超おすすめTOP10!

ロードバイクを構成するパーツのうち、地面と接する唯一のパーツがタイヤです。路面のインフォーメ...

自転車ブレーキのワイヤー切れに注意!ブレーキの点検方法

自転車に乗る上で、最も重要といっても過言ではないものが「ブレーキ」です。自転車のブレーキ...

実は街乗り最強?mtbをロード化した自転車を見直してみた!

かつては人気だったmtbをロード化した自転車は、最近のロードバイク人気や、クロスバイクの一般化...

どうしたら自転車で坂道を楽に上ることができるの?

平地ではスイスイ漕ぐことができるけれど、坂道を自転車で上るのは一苦労・・・そう思う方は多いのではない...

eliteのvolanoとmisuroセットで室内トレーニングしよう!

elite(エリート)のvolano(ヴォラーノ)は音がとても静かなローラー台で、騒音に注意しな...

レベルの自転車は評判が良いってホント?その秘密を大公開!

みなさん、レベルという自転車ブランドを聞いたことはありますか?レベルは、自転車に乗るどの...

ロードバイクのハンドル幅は基本肩幅!?狭いとどうなるの?

ロードバイクのドロップハンドルは、初心者にとっては新鮮で、頼もしく感じるものですよね。ハ...

bianchiの2018カタログを予測してみる~2018年モデル紹介

自転車メーカーでは、早いところで例年10月頃には、次年度のカタログが出来上がってきます。...

メリダ・リアクトでディスクブレーキモデルを選択する意味

世界のプロレースでディスクブレーキ搭載車が走行可能となって以来、レースでの好結果もあり、ロードバ...

エネループを自転車用ライトに使用!充電池と充電器の種類

最近は100均でも充電池・充電器が売られるようになり、電池を充電して使う方も増えましたね。...

【ママチャリ】ハンドル交換の手順!交換するとどうなる?

街中でよく見かける自転車と言えば、ママチャリです。買い物や、通勤通学にも利用しやすく、多...

スポーツ自転車はポジションが重要!ハンドルの高さ調整方法

ロードバイクなどのスポーツ自転車では、そのポジション調整が重要です。中でも、ハンドルは、高さ...

ロードバイクのブレーキシューは消耗品!交換・微調整方法

ロードバイクを点検する際、ブレーキシューの点検を行うことは非常に大事なことです。スピードが出...

シマノのハブを交換する方法や費用は?メンテナンスもご紹介

ハブは車輪中央にあるスポークの受けで、特に後輪には、自転車が動く上で、極めて重要な機能が備わって...

自転車の右ブレーキレバーは前後どちら用?ブレーキの掛け方

自転車のブレーキは前輪用と後輪用があり、それぞれが独立してブレーキレバーに接続されています。...

スポンサーリンク

自転車のリアホイールとクランクに付いている、スプロケットとは

自転車のリアホイールとクランクには、それぞれひとつずつ「スプロケット」と呼ばれるパーツが取り付けられています。

クランクに付属するものは別名を「チェーンリング」とも言い、こちらの方がサイズは大きく作られています。

変速機が外側に設置されている場合は、違うサイズのスプロケットを組み合わせることで、チェーンの位置を変更することが出来ます。

後輪のスプロケットのうち、段数が5段を超えるタイプはその状態のままハブへと取り付けや取り外しが行えるため、「カセットスプロケット」という呼び名を持っています。

基本的に変速機の段数と同じ数のスプロケットが組み込まれております。

また、ギアが固定されている自転車や、シングルスピードのスポーツサイクルでは前側と後ろ側のスプロケットを取り替えて、ギア比をコントロールことがあります。

歯車の形は歯数の違いもあって形が異なっているものもあり、この歯数の単位には「T」や「丁」を用います。

一般的には円盤となっていますが、軽さを重視するなどで穴が空いているためと輪のように見えるものもあります。

素材は、スチールやアルミ、ステンレスが使用されますが、稀にチタン合金を使用したスプロケットもあります。

スプロケットの歯数、ギア比って?

リアホイールやフロントに設置されているスプロケットは、ギア比を調整する役割があります。
ですが、そもそも「ギア比」とは何なのでしょうか。

ギア比は、歯車やローラーチェーンで繋がっているスプロケットの歯の数か、操作用のベルトで組み合わされた滑車の周りの長さの比率を表しています。

先ほどもお伝えしたとおり、歯数には「丁」や「T」などの単位を用いており、リアは歯数が少ないほど重くなるため、ケイデンスを低めで大きく動かすことができます。

フロントはその反対です。

重さに関しては、変速機が付いていればどんな自転車でも似たような感覚が伝わってきます。

例えば、ママチャリならシフターにはっきりと表記されていますし、自転車だけではなくオートマチックの自動車なども同様です。

どちらかと言えば軽いギアを使用することの方が多いかと思われます。
また、ギアは状況に応じて切り替えなければスムーズに自転車を走らせることが出来ません。

しっくり来ない時は、リアに取り付けられているカセットスプロケットか、フロントのチェーンリングを取り替えてみてください。

リアホイールのスプロケット、最大数値から見る選び方

自転車のリアホイールのスプロケットには、一般的に11Tか12Tが使われています。

他にジュニアスプロケットと呼ばれる、歯数が14Tのものも存在します。
これは子供や脚力の弱い人に適しています。

このスプロケットの数値は、ギアをどれくらいまで踏み込めるのかという点と、スピードはどこまで上げるのかという点によって決定されます。

下り坂を走り抜けた時の状況や、フロントの歯数とも組み合わせた上で考えてください。

例を挙げると、フロントに50/34Tのコンパクトクランクを取り付けたとしましょう。

この場合はリアが11T、フロントが50Tのギアを組み込めば最も速いスピードを出すことが出来ます。

ケイデンスが90ならおよそ51km/h、加速すると更に回転数も上がるので63km/hほどになり、限界域で走行するとケイデンスが120を超えるということが考えられるため、スピードも70km/h近くが出せるようになるのです。

乗り手の脚力も関係しますが、スプロケットの歯数も重要視するべきポイントなので、いつも走っている路面の状態や出している速度、距離などを思い返しながら、最適なスプロケットを選び、使ってください。

リアホイールの最小スプロケットについて

リアホイールのスプロケットのうち、最も小さいギアは坂道を上る時に活用します。

傾斜がきついのなら歯数が多い大きいスプロケットのギアを使えば、軽くスムーズに上りきることが出来ます。

これは、歯数が多い場合は良いですが、歯数が少ない場合は歯数の差が大きくなり、別のギアへと切り替える際に回転数が激減してしまいます。

同時にスピードも一気に落ちるため、安定感がなくなり、バランスを崩しやすくなります。

走りながら加速していって、勢いが付いてきたタイミングで変速を行った瞬間、突然重さが増してペダルが漕ぎにくくなるのは困りものです。

この状態は、日常生活で馴染み深いママチャリにも起きやすく、買い物などで上り坂を通る時はくれぐれも気を付けて下さい。

上手くコントロールが出来ず、転んでしまうかもしれません。

しかし、選択肢が多いのでどれが最適なのか判断が付かないと感じる人もいるかと思われます。

そんな時はフロントのサイズが比較的小さめに作られている、コンパクトクランクと呼ばれるタイプのフロントクランクを取り付けると良いでしょう。

スプロケットの歯数でクランクの種類が変わる!おすすめは?

ホイールのスプロケットの歯数によってクランクの種類は変わります。

今回は各種クランクを見ていきたいと思います。

まず、数値の小さいギアのフロントスプロケットは「コンパクトクランク」と呼ばれます。
使い勝手が良いので、どれにするのか迷ったらこれを使いましょう。

また、フロントのチェーンリングが「53-39T」のものは「ノーマルクランク」に分類されます。
この設定は、アウターが53、インナーが39で、熟練者やプロのほとんどはこれを使用しています。

上り坂には不向きですが、エネルギーを多く消耗する分スピードが出しやすくなっている上に、速度の切り替えも滑らかです。

この二つの他にコンパクトクランクとノーマルクランクの中間が「セミコンパクトクランク」です。
アウターはノーマルクランクに、インナーはコンパクトクランクに寄っています。

フロントの歯数を減らすと軽くなるため、ヒルクライムなどに挑戦する際にはぴったりでしょう。
ですが、スピードはそこまで出ないので、下り坂や平地になった途端、一定速度から上がらなくなることもあります。

スプロケットの歯数が違うと、速度に違いはある?

ホイールのスプロケットの歯数が異なると、速度にはどれくらいの影響を及ぼすのでしょうか。

基本的にクランクの種類が違っていても、ギア比が同じであれば、スピードの限界やギアに掛かる負荷も同じになります。

ケイデンスとタイヤの大きさが揃っている場合は、比率が大きいほどスピードも出しやすくなりますが、相応の脚力がなければ進まなくなるので無理はしないようにしましょう。

フロントが50-34T、リアが12-25Tのコンパクトクランクを使い、ケイデンスを100に設定した場合は、およそ52~57km/hほどのスピードが出せます。

これをノーマルクランクに取り替えるとギア比も高くなるので、最高速度も上がります。
逆に最も重い比率のノーマルクランクを取り付けた場合、限界は大体63km/hほどにまで跳ね上がります。

ただし、上述したように、比率が高くなればその分のエネルギーをつぎ込まなければならないので、脚力が重要になってきます。

速さにこだわらないのなら、乗り慣れていない人でも使いやすいコンパクトクランクの使用をおすすめします。

自転車のスプロケットの歯数、ギア比について

自転車には、後輪とクランクにスプロケットが付いています。

歯数の数でギア比が変わってきますので、目的や脚力に合ったギア比を選択することが重要です。

これから、スプロケットを交換しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。