フィアットの自転車(ミニベロ)の口コミとは!?

フィアットといえば、自動車を思い浮かべる方も多いかと思いますが、自転車(ミニベロ)でも非常に高い評価を得ています。

そんなフィアットの自転車(ミニベロ)の気になる口コミは、どうなのでしょうか?

今回は、フィアットの自転車についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

道路交通法、自転車にも速度制限が定められているの?

皆様は、普段どれくらいの速度で自転車を走行していますか?速度は自転車の種類によっても変わって...

mtbを軽量化の改造をするならシングルスピードがおすすめ?

mtbの重量を軽くするのであれば、普通に考えられるのはパーツの交換です。軽量なパーツに交換し...

自転車のハンドルの上げ方を説明~適正なポジションとは?

自転車のハンドルの上げ方と聞かれると、意外と分からなかったりするものです。そもそも、ハン...

自転車にキズ?!外装塗装をセルフメンテナンスしてみよう!

自転車に乗っていると、ちょっとしたことでフレームの外装塗装にキズを作ってしまいます。自分...

自分や我が子の自転車接触事故に備え、保険に加入しましょう

自転車を利用する上で、接触事故をはじめとする自転車事故について考えておかなければなりません。...

レベルの自転車は評判が良いってホント?その秘密を大公開!

みなさん、レベルという自転車ブランドを聞いたことはありますか?レベルは、自転車に乗るどの...

フロントフォークのオーバーホールの手順をご紹介します

ロードバイクは繊細な部分があるので、メンテナンスありきの乗り物とされています。中でも、自...

ストライダーのカスタムで「ホイール」を交換する意味とは?

ストライダーにはレースイベントが多数ありますので、ホイールのカスタムをされている方も多いかと思い...

自転車のサスペンション!点検のポイントはオイル!?

自転車、特にマウンテンバイクには欠かせないサスペンションですが、細かい性能の違いを意識したことはあり...

自転車のハンドル調整に欠かせない六角レンチを使いこなそう

自転車ハンドルの形や調整はフィッティングに重要部分であり、調整するのに六角レンチはもっておくといいで...

自転車購入後に行う、防犯登録をすることの大きな意味は?

自転車を店頭で購入後、必ずといっていいほど、防犯登録の加入を勧められるでしょう。この防犯登録...

ロードバイクのチェーンテンションを気にした事ありますか?

ロードバイクなどのスポーツバイクは多段化されている物が多く、変速機構が備わっています。前...

カンパニョーロのコンポ「ヴェローチェ」の魅力に迫る

イタリアのコンポーネントメーカー「カンパニョーロ」が送り出す製品は、日本のシマノと比較すると、美し...

アメリカの米式バルブって?自転車空気入れは3種類ある!?

自転車には、3種類のバルブがあるのご存知ですか?空気を入れる際に空気が入らない!と悩んでいる...

意外と盲点?自転車乗りも知っておくべき人間の徒歩スピード

普段から充実した自転車ライフを楽しんでおられる方も多いと思いますが、みなさんは「人間の徒歩とスピード...

スポンサーリンク

フィアットの自転車はちょい乗りにぴったり

イタリアの自動車メーカーフィアット社ブランドは、折りたたみ式自転車(ミニベロ)も取り扱ってます。

この折りたたみ自転車は、フレームが折りたたみ式自転車メーカーの老舗ダホンがoemが生産しています。
そのため、フィアット社とダホンの夢のコラボが実現した自転車と言えるのです。

販売されているサイズは14インチ/16インチ/20インチの3モデルです。

また、折りたたみ式自転車を購入する際に重要になるのが、自転車の重量です。
14インチは、重量が8kg台となっていますので、折りたたんでの収納や車の積み下ろしも簡単です。

次に重要なパーツであるチェーンに防錆加工されているのも特徴の一つと言えるでしょう。
また、タイヤは溝が浅めのスリックタイヤを使用しています。
舗装路で快適に走行できると口コミでも評判になってます。

もし、14インチが小さすぎる場合は、16インチという選択肢もあります。
こちらの重量は、約12kgですから、折りたたんでの車への積み下ろしはできますが、持っての移動はキツイです。

使用目的が普段使いで、保管は折りたたんで室内でという人向けと言えるでしょう。
普段使いの自転車として使用するなら、パッと開いて乗れる折りたたみ式自転車の手軽さが魅力的です。

サイズのおすすめは、14か16インチです。
その理由は、持ち運びが可能だからです。

折りたたみやすさは、価格が比例するケースが多いので、慣れれば30秒程度で折りたたむことが可能なものを選ぶのをおすすめします。

また、重量は12kg程度までとし、できれば10kg以下が便利なので、購入する際の参考にして下さい。

フィアットの自転車は口コミ評価が高い!人気モデルはどれ!?

フィアット社をもう少し詳しくご説明します。

フィアット社は、イタリアのトリノにあるイタリア最大の自動車メーカーです。
自動車製造のみならず多種な分野に進取している巨大企業です。

自転車製造においては、日本のジックが企画設計を請け負っていて、 折りたたみ式自転車メーカーとしても世界中からの多くの支持を受けています。

フィアット社の自転車は、コンパクトに折りたためる取り扱い易さ、時代にマッチしたポップで斬新なデザインが人気の秘密です。

また、小型軽量なのに、丈夫で高いクォリティーを維持し続けているのも衰えない人気の理由と納得できるところでしょう。

そのフィアットの3大人気のモデルは、「AL-FDB140 アシスト」「AL-FDB207TN」「AL-FDB140」です。

AL-FDB140 アシストは、13.2kgという超軽量なアシストバイク(電動自転車)です。
フィアットのアシストユニットは、サンスター製で、コンパクトながらもパワフルなアシストを実感できます。

AL-FDB207TNは、スッキリしたデザインの折りたたみ式自転車です。
201ホイールと7速のドライブトレインを実現できたことにより、小刻みな対応可能になり、爽快感のある走り心地です。

AL-FDB140は、電動アシストモデルと共通のフレームを使用したコンパクトな折りたたみ式自転車です。
やや太めのタイヤの設置により、141ホイールながら安定感のある走行が可能になりました。

世界のフィアット社の折りたたみ式自転車は、その性能の高さが口コミで評判です。

フィアットの自転車AL-FDB140の口コミは?

3大人気モデルのフィアットの自転車AL-FDB140についてご説明しましょう。

AL-FDB140のスペックは、フレームにアルミを採用しています。

サイズは、620×550×400mmで、重量は、8.5kgです。
重量は、本体重量であり、ペダルやスタンドを除いたものです。

タイヤサイズは、14×1.75となっています。

その他に防錆チェーンとなっており、ステンレススポークを使用し、スリックタイヤが採用されています。

それでは、このAL-FDB140の口コミもご紹介していきましょう。

まず、ギア比を38-11Tにすると走行しやすいです。
さらに性能を発揮するために、回転部分のグリスを良いものに替えて、クランクを165mmくらいにし、さらに軸長の短いBBにしてチェーンラインを出すと、乗り味が変わることでしょう。

重量が軽いことから加速もしやすいです。
しかし、Vブレーキの効きがいいので、ミニベロに乗り慣れてない場合は、前転する可能性があるので注意しましょう。

ハンドリングは、反応が早いので素早い対応が必要ですが、ハンドル幅を目一杯使うとクイックになりすぎないです。

一番大事な乗り心地は、タイヤ幅が1.75と太めな設計なので乗り心地は良いです。

折りたたみ時の扱い方に関しては、フィアットの自転車は伸縮部や折りたたみ部の設計が優れているので、慣れてくると素早くできます。

フレームは、ダホンのoem製だけのことはあり、しっかりしています。
ハンドル周りの剛性もあるので立ち漕ぎも可能です。

電動アシスト自転車AL-FDB140 ASSISTの口コミは?

ここでは、フィアットの折りたたみ自転車AL-FDB140 ASSISTの口コミについて書いていきます。

AL-FDB140 ASSISTは電動自転車であるため、何と言ってもそのアシスト力に惹かれます。このアシスト機能をONにすると、想像していたよりもスタートが早くてビックリすることでしょう。

タイヤは、14インチなので、スピードが速くなるとハンドリングが取られて、ドキッとすることもあります。

実際に折りたたんでみたり、展開したりの作業も簡単だとの評判の通りなので、初心者でも扱いやすいです。

また、バッテリーも小型で取り扱いしやすく、1回の充電での走行距離もカタログの記載通りでしょう。

往復7キロくらいの舗装された道路を走るだけなら十分です。
満タン充電をしたら、少しアップダウンのある10km程の走行で70~80%程度です。

フィアット社のこの自転車で、一番気に入った点は、軽量なところと言えるでしょう。

普段はステーションワゴン車内に収納し、必要な時に出し入れできます。
自転車でも通れない渋滞に引っかかったときは、折りたたんで頭上に担いで渋滞個所は通過できます。

使い勝手もよく、サイズに対して値段相応と納得できる1台です。

難点を言えば、組み立てや収納のたびに、ペダルをスパナで脱着させなければならないことです。

折りたたみ自転車のメリット・デメリット

折りたたみ式自転車のメリットとデメリットについてご説明していきましょう。

まずはメリットについてお話していきましょう。

折りたたみ式自転車の利点と言えば、走行以外の移動が持ち運びでできることです。
自動車や電車に積み込んで、行き先が遠くても移動が楽で目的地でのサイクリングが楽しめます。

また、駐車スペースが確保できない場所でも、折りたたみ式自転車ならコンパクトに収納可能でしょう。

さらに、折りたたみ式自転車本体は、小さいので小回りが効くから乗っても便利です。

折りたたみ式自転車のスピードってどのくらい出るのか疑問を持っている人はいると思います。
その中でも小さいことから走行性能が良くないというイメージを持つ方もいます。

しかし、折りたたみ式自転車の走行性能は思いのほか高いです。
タイヤが小さい分、ギアを重くすることでスピードを出すことができます。

さらに折りたたみ式自転車は見た目がオシャレなものが多く、乗っているだけで注目されて気分爽快です。

特にフィアット社の自転車はデザイン性にもこだわりがあると口コミで広がっています。
逆にデメリットのご説明です。

デメリットは、何と言っても価格です。
折りたたみ式自転車で、特にフィアット社のものは、普通の自転車に比べて価格が高いです。

なぜ価格が高くなるのかと言いますと、普通式自転車に比べて圧倒的に普及率が悪いため、ひとつひとつのパーツの値段が高くなってしまうのが現状なのです。

そのため、本体価格が高くなってしまうのです。

折りたたみ自転車を選ぶ時のポイント

フィアット社の自転車を購入する際の重要ポイントをご紹介します。

① サイズ

自転車は自分の身長、体重に合ったサイズを選ばないと怪我や事故の元になります。
特にコンパクトにできている、折りたたみ式自転車は身体に合ったサイズが重要です。

自転車屋さんに自分にあった自転車のサイズと乗る目的を相談して決めましょう。

② 折りたたみやすさ

折りたたみ式自転車を買う目的は、折りたたむことを想定しているのに、扱いにくいのは問題外と言えるでしょう。
簡単に折りたたみができるモデルを選びましょう。

③ 重量

例えば、マンションで自分の部屋に自転車を持ち帰るときに重かったら不便に感じることでしょう。
5分くらいなら持てるという基準を自分で決めてから自転車を選びをしましょう。

④ 走行性能

自転車を買って早速ライド、でも実際に走行して見たら、全然スピードが出ない、なんてこともあるかもしれません。

このようなことも考え、逆にスピードは出すぎないかなどの安全性の面でも十分に納得してから購入することをおすすめします。

口コミ情報でも言われていますが、16インチ以上のホイール径なら小さいことが気にならないと言われています

⑤ 価格

最も重要なのが価格ではないでしょうか。
せっかく自分の希望通りのモデルが見つかったけれど、予算より2万円オーバーなんてことよくあります。

そんなときは即断で購入しないで、他のモデルと検討しながら、納得できるものを購入することをおすすめします。

フィアットの自転車はちょい乗りにぴったり

フィアットの自転車は重量も軽く、ちょっとした街乗りにぴったりな自転車です。

サイズも14インチからあるので、自分にあった自転車が見つかりそうですね。

小型軽量でありながら、丈夫で高い品質という点が、人気の理由だと言えるでしょう。