ピナレロの2019モデルが発表された!気になるトピックスは?

2018年9月時点の情報で、各スポーツバイクメーカーの2019年モデルが明らかとなり、ホームページの製品紹介も2019モデルに切り替わってきています。

ピナレロも既に2019モデルが出揃ったようですが、お伝えすべき大きな変更点がいくつかあります。

そこで今回は、前年度からの変更点を中心に、ピナレロの2019年モデルを確認していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダの「シクロクロス400」はレースの他にも使用できる!

「シクロクロス」という自転車競技は日本での知名度が高いとは言えませんが、ヨーロッパでは100年以...

ロードバイクのタイヤ交換の方法とタイヤの向きの決め方!

ロードバイクに乗っていると、消耗品として、タイヤを交換する必要があります。では一体、パンクな...

アルテグラのホイールをグリスアップして性能を維持!

アルテグラと言えば、シマノを代表するロードバイク用のコンポーネントです。2017年に、R...

シマノ・アルテグラの変速機の評価!機械式と電動式の違い

一部を除き、ロードバイクは複数のギアを持ちますので、変速という作業がとても重要になります。シ...

様々な角度から書かれたアンカー・RS6のブログを読む!

ロードバイクなどの嗜好品を購入すると、誰かに見せたい、紹介したい、言葉は悪いかもしれませんが自慢...

スペシャライズドのアルミフレーム車を支えるシマノ・105

ロードバイク用のコンポ製造メーカーで、圧倒的に世界一のシェアを誇るのが日本の「シマノ」です。...

トレックのクロスバイクでタイヤの適正空気圧を守る意味とは

ママチャリからクロスバイクに乗り換えると、最初にタイヤの細さにギャップを感じるものです。...

プジョーの自転車の修理事情は?現行からビンテージまで解説

プジョーといえば、ライオンのエンブレムでも有名なフランスの自動車メーカーで、日本でも非常に人気があり...

これで迷わない!シマノロードバイク用クランクの規格を確認

シマノのカタログをご覧になると分かるかと思いますが、クランクには非常に多くの規格があり、その分で...

メリダのロードバイクが型落ちに!購入してもよいのか?

「型落ち」という言葉に馴染みの無い方も多いかと思いますが、2018年を最新モデルとした場合の20...

【ロードバイクホイール交換】最初のカスタムにおすすめ8選

ロードバイクを最初に購入する際はすぐに走り出せる完成車の状態が多いのですが、一般的には付属パーツを交...

ピナレロのGANはモデルが減った!セールになる可能性が高い

皆さんはロードバイクの販売において、「セール」や「特価」などという言葉を目にすることはあるでしょ...

流れは来ている!シマノホイールのディスクブレーキモデル

ロードバイク界にも、近年ついにディスクブレーキ化の波が押し寄せてきています。プロロードレース...

ロードバイクのブレーキ操作のコツ!ハンドル振動防ぐには?

ロードバイクで、坂道を走行するときはよりスピードが出ることが考えられます。そこで、ブレーキ操...

bianchiのクロスバイクは女性や小柄な人には向かないのか?

イタリアの老舗ブランド「bianchi(ビアンキ)」は、プロチームに機材を提供し続けるレーシング...

スポンサーリンク

ピナレロ2019モデルのトピックス

今回はピナレロの2019年モデルをご紹介していきますが、まずざっと2018年からの変更点を一覧で記します。

★フラッグシップモデル「DOGMA(ドグマ)」が「F10」に一本化

圧倒的な性能を持って2018モデルでセンセーショナルなデビューをしたF10を、名実ともにトップに据えました。

★「PRINCE(プリンス)」が5度目のモデルチェンジ!

2019モデルの最大のトピックスで、一部のマスコミではプリンスの「復活」という表現を使って歓迎しています。

★カーボンバック消滅?

ピナレロが初めて世に送り出したと言われる、シートステイのみカーボンチューブを使用するアルミフレーム車「カーボンバック」が、2019モデルには見られません。

★シマノ・新105搭載

2018年にR7000系へのモデルチェンジを行った、シマノのコンポ「105」のニューモデルが採用されています。

今回はこれらを中心にお話ししていきます。

ピナレロの2019モデルでドグマは「F10」に一本化

それでは前項で挙げたトピックスに沿って、ピナレロの2019モデルをご紹介していきます。

まずドグマですが、2018年にはデビューした「F10」と前作「F8」が共存していましたが、2019はF10に一本化します。

ラインナップは前年から引き続き、ノーマルの「F10」、軽量フレームの「Xlight」、ディスクブレーキモデルの「DISK」となります。

2018年からの大きな変更点はありません。

そして、F10をベースにグランツールの一つである、「ジロ・デ・イタリア」の第101回大会を表す「F101」のロゴと、特別なカラーリングを施した「DOGMA F101 Giro d’Italia Edition」が加わります。

さらに、2018年のクリス・フルーム(ピナレロが機材を提供するチーム・スカイ所属)のジロ・デ・イタリア個人総合優勝(マリア・ローザ)を記念した、「DOGMA F10 Giro d’Italia Maglia Rosa Edition」も加わるとされています。

こちらはベースを、F10かXlightから選べます。

ピナレロ「プリンス」の歴史

今回は、ピナレロの2019年モデルのロードバイクを、冒頭でお伝えしたトピックスに沿ってご紹介しています。

続いては、「プリンス」のモデルチェンジについてお話しします。

プリンスはここ20年ほどのピナレロの歴史では、間違いなく中心的存在のバイクです。

デビューは1997年、ピナレロが世界で初めて開発したと言われている、シートステイのみにカーボンチューブを使用する「カーボンバック」のアルミフレーム車でした。

2代目は、今もほとんどの機種に採用されている波打つフロントフォーク「ONDA(オンダ)」を、ピナレロ史上初めて採用したモデルでした。

そして、3代目は2008年にフルカーボンとしてモデルチェンジ、2年連続でバイシクルマガジン誌の「レースバイクオブザイヤー」に輝きます。

ここまでは、順風満帆に常に主役として君臨してきたわけですが、現在のフラッグシップである「ドグマ」の登場で、ラインナップから数年外れる冬の時代もありました。

2015年にようやく4代目として復活したものの、ツール・ド・フランスを制した「ドグマ65.1」と同じ金型を使用しながら、素材の質を変えるというコストダウンモデルでした。

以前のプリンスを知るファンの方からは落胆の声も多く、厳しい評価もあったと記憶しています。

そのプリンスが、完全復活とも言える5度目のモデルチェンジを2019年モデルで果たします。

ピナレロ新プリンスは完全独立モデル

2019年にフルモデルチェンジとなるピナレロのプリンスは、上位グレードの「プリンスFX」と、セカンドグレードの「プリンス」で、セカンドグレードにはディスクブレーキモデルも用意されています。

ハイエンドモデル「ドグマF10」の技術を受け継ぎながら、プリンスにしかない技術も導入されており、4代目に見られたコピーモデルではなく、独立したニューモデルになります。

ダウンチューブのボトル取り付け部分を凹ませた「Concaveダウンチューブ」や、フロントフォーク先端に整流効果のあるフィンが取りつけられた「フォークフラップ」などは、ドグマからの技術です。

一方、ダウンチューブの前側を前輪に沿わせ、気流の乱れを制御する形状や、リムブレーキを風から隠すデザインはプリンスならではになります。

また、ドグマF10使用のカーボンとの性質の違いに考慮して、ダウンチューブをワイド化し、剛性や強度を高めています。

プリンスFXは、コンポにシマノ・デュラエースの電動式変速「R9150」、ホイールにフルクラムの「QUATTRO CARBON」がセットされたプロ仕様モデルです。

そして、アルテグラの機械式で価格が抑えられたモデルの2種の完成車に、フレームセットの3パッケージが用意されています。

セカンドグレードのプリンスは、フレームセットの他に、コンポごとにシマノ・アルテグラ、105、そしてカンパニョーロのPOTENZAの3タイプの完成車が用意され、価格も40万円前後に抑えられています。

ディスクブレーキモデルは、アルテグラの電動変速「R8050」に、油圧式ディスクブレーキの完成車とフレームセットの2パッケージになります。

2019年ついにピナレロから「カーボンバック」が消える!

続いてのピナレロ2019モデルのご紹介は、アルミフレームになります。

初代プリンスがカーボンバックであったことは先述通りですが、それ以来長きに渡りラインナップされてきたカーボンバッグがどうやら無くなってしまうようです。

フルカーボンフレームにも手のどきやすい価格の物が増え、アルミ車もカーボン製のフロントフォークが当たり前の時代になったので、意義が薄れてしまったのは致し方ありません。

また、フロントフォークがカーボン製になって以来、正直カーボンバックはコスト面で厳しかったことも事実で、高額すぎるという評価もありました。

そして、近年はアルミの成形技術も向上し、シートステイをカーボンにしなくても、衝撃吸収性を高めることができています。

このような要素が重なり、伝統のカーボンバックが役目を終えたのかもしれません。

なお、ノーマルなアルミフレーム車「PRIMA(プリマ)」は、2019年も継続されます。

2019モデルはシマノ・105搭載車にも注目

シマノのロードバイク用コンポ「105」ですが、2018年にモデルチェンジをされ「R7000」に生まれ変わりました。

市販は2018年の6月末に始まっており、完成車においては2019モデルへの搭載が続々と発表されています。

ピナレロでは前出したプリンスを始め、「GAN(ガン)」、「RAZHA(ラザ)」、「ANGLIRU(アングリル)」に搭載されます。(ラザ、アングリルはクランクのみ別グレード品になります)

昨今の空力性能に特化したロードバイクの性格にも合わせ、全体的にスリムなデザインになりましたので、レースモデルが多いピナレロとの相性は抜群でしょう。

また、STIレバーは操作性が良くなり、クランクはアームが太くなったことでパワーロスを改善、フロントディレイラーにはワイヤーテンションを調整するアジャスターが内蔵されました。

このように機能面でもアップグレードした新105が搭載された完成車は、2019年ピナレロのみならず全世界で注目されることになるでしょう。

ピナレロは2019年も話題に事欠かない!

今回は、ピナレロの2019年モデルをご紹介しました。

ドグマF10への一本化、プリンスの復活、カーボンバックの終わり、新105搭載車、という4つの観点からお伝えしてきました。

2019年も変わらず話題を提供してくれることになりそうですので、ぜひ動向に注目していてください。