メリダのロードバイクはコスパ抜群!スクルトゥーラに注目!

数ある自転車メーカーの中でも、台湾メーカーのメリダには勢いを感じます。

メリダでは特に、ロードバイクのスクルトゥーラシリーズに人気があります。

今回は、シリーズの中でも人気のある5つのモデルをご紹介します。

この記事を読んでいただければ、メリダのスクルトゥーラに詳しくなれますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本人のためのメーカー「アンカー」2018年のロードバイク

日本が世界に誇るタイヤメーカーと言えば「ブリヂストン」ですが、そのブリヂストンが展開するスポーツ...

メリダのクロスバイクの基礎!グランスピード100MDの評価

メリダのクロスバイク「GRAN SPEED(グランスピード)」は現モデルで5シーズン目ですが、そ...

アンカーの「RL8 EQUIPE」!ヒルクライムの実力はいかに?

アンカーのロングライド向きのロードバイク「RL8 EQUIPE」は、手ごろな価格でありながら優秀な...

大きく変わる!ピナレロの2018モデルと2019モデルを比較する

秋の時期ともなると、各メーカー、ブランドの2019モデルが出揃い、そろそろ店頭にも並び始めていま...

メリダのエースロードバイク!スクルトゥーラ4000は買いか?

台湾のメリダはMTBでは長年に渡り、世界でもトップクラスの実績を持つチームに機材を提供し続けています...

トレックのクロスバイクにはブレーキ交換が必要?

トレックのクロスバイクを購入するとき、外観を見ると商品によって何か違いを感じる場所があるのではないで...

ピナレロの名車「プリンス」が2019年モデルで復活

イタリアのロードバイクメーカー「ピナレロ」は、ツール・ド・フランスをはじめとする世界のレースシー...

スペシャライズドのターマックの評価をブログで確認

スペシャライズドのロードバイクと言えば、カーボンフレームの「ターマック」「ヴェンジ」「ルーベ」。...

ルノーの自転車の評判はいかに!おすすめの自転車はある?

ルノーと聞くと、自動車メーカーとして思い浮かべる方が多いかもしれませんね。実は、自転車も...

トレックのクロスバイクはハンドル幅が広い!対処法は?

クロスバイクのハンドルの幅が広いままで乗っている方をよく見かけます。これは好ましくはあり...

ロードバイクを扱うメーカーのバイクに対する評価を知る!

ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあり、しかも大半のメーカーのものが日本でも手に入りますので、「迷...

bianchiのクロスバイクを紹介!価格相応のモデルはどれ?

スポーツ自転車の購入を考える際に、まず皆さんが気になるのは価格でしょうか?例えば入門編的...

bianchiのクロスバイクは女性や小柄な人には向かないのか?

イタリアの老舗ブランド「bianchi(ビアンキ)」は、プロチームに機材を提供し続けるレーシング...

サドルバッグのおすすめ!ロードバイクに付けるならこれ!

ロードバイクにはシティサイクルのようなカゴは付いていません。しかし、ロードバイクで出かけると...

ロードバイクはハブ調整でホイールの回転力がよみがえる!

ロードバイクはレース機材のため、メンテナンスありきの自転車です。その中でもホイールは走りの質...

スポンサーリンク

コスパに優れたロードバイクを生み出すメーカー!メリダとは?

メリダは台湾の自転車メーカーであり、台湾と言えばGIANTが有名ですが、GIANTに負けず劣らず魅力的な自転車メーカーがメリダです。

ここ数年でメリダは、自転車のコストパフォーマンスに優れていることから、今、ぐんぐん知名度が上がっている自転車メーカーです。

なぜ、コストパフォーマンスに優れているのかというと、メリダでは当初、OEM生産のみを行っていました。

OEM生産とは何かと言うと、 「製造メーカーが他社ブランドの製品を受託して製造すること」を言います。

そのため、製造メーカー側が生産を行うことによって得られた技術力のノウハウは、製造メーカーに蓄積されます。

メリダは、このOEM生産を行うことにより、依頼元である他社ブランドのノウハウを蓄積し、自社製品の開発やブランドの立ち上げに繋げていきました。

意欲的に技術力を吸収し、人件費などの製造コストを下げることにより、メリダは「低価格でありながら高品質の自転車を製造出来るメーカー」へと変わっていきました。

メリダの得意先には、キャノンデール、アンカー、スペシャライズドなどの有名なメーカーも、ずらりと並んでいます。

メリダの中でも特に、コストパフォーマンスに優れており有名な「スクルトゥーラシリーズ」は、OEM生産の技術力により、生み出されたロードバイクなのです。

メリダのエントリーモデル「スクルトゥーラ400」

スクルトゥーラ400は、主要パーツにshimano105のパーツを採用した、信頼性と耐久性を両立させたアルミロードバイクです。

shimano105シリーズのパーツは、エントリーモデルでありながらもレースで活躍することの出来るモデルでもあります。

フレームはアルミで作られていますが、カーボンフレームに近い振動吸収性能が実現されているのです。

定価は149,900円で、メリダ以外のメーカーで、同じグレードのロードバイクを購入しようとすると、20万前後になるため、ロードバイクを初めて購入する方には、とてもおすすめです。

ハイドロフォーミング製法によってフレームのトップチューブが弓なりの形状になっているのも特徴的で、カッコよく仕上がっています。

また、ブレーキワイヤーをフレーム内に通す形状になっているため、見た目もシンプルできれいです。

ただ欠点が1つだけあり、50cmサイズの完成重量が8.9kgあるため、平均的なロードバイクより重量が重くなっています。

他のアルミフレームであれば、8kg前後が平均的な重量のため、少し重く感じる場合もあるでしょう。

スクルトゥーラ400とは何が違う?「スクルトゥーラ700」

スペックを見ると、スクルトゥーラ400とほぼ一緒のように見えますが、スクルトゥーラ700はブレーキもShimano105を使用しています。

そのため、スクルトゥーラ700は、「Shimano105組みのロードバイク」と言っても過言ではありません。

また、重量は50cmサイズで8.5kgまで抑えられているため、全体的にスクルトゥーラ400よりも勝っています。

価格も179,900円で20万円を切っているので、メリダならではの生産コストを抑えた製造ラインの力が、存分に発揮されています。

ただし、価格を抑えるためにホイールのレベルは最下層のホイールを使用しているため、ホイールは変更することをおすすめします。

そして、スクルトゥーラ700は、ホイールを変更することによりロードバイクレースで十分に結果を出せるスペックにすることが可能です。

フレームはアルミフレームであるため、アルミ特有の剛性感がありながら、振動吸収性も重視しているフレームです。

重量が8.5kgとまだ若干重たい車体ですが、重さを感じさせない走りをしてくれるロードバイクだと感じます。

コストパフォーマンスに優れたロードバイク「スクルトゥーラ4000」

スクルトゥーラ4000のカラーリングは、メリダのロードバイクチームである、バーレーン・メリダのチームカラーを採用しています

バーレーン・メリダは2017年に設立され、日本人選手も1名加入しているチームです。

チームカラーが採用されたスクルトゥーラ4000ですが、メインパーツにShimano105が使用されており、フレームがフルカーボンで作られています。

フレームの材質に関して、どれが一番良いのか決めることは難しいですが、性能が一番良いフレームは、間違いなくフルカーボンフレームです。

カーボンフレームは軽く、走行中の振動も逃がしやすい特徴があります。

ただし、カーボンフレームは一点の衝撃に弱いため、車体を転倒させてしまうと、簡単に割れてしまうこともあります。

そして、このスクルトゥーラの参考価格は¥199,000です。

カーボンフレームはとても高価で、基本的に20万を超えることが多いです。

フルカーボンフレームを使用していてこの価格なので、とてもコストパフォーマンスに優れた車体だと言えるでしょう。

スクルトゥーラシリーズの中堅モデル「スクルトゥーラ5000」

中堅クラスのロードバイクになると、コンポにShimano Ultegraが使用されます。

ロードバイクに使用するシマノのコンポーネントは105、Ultegra、Dura aceの順でグレードアップしていきます。

スクルトゥーラ5000は、変速機周辺にShimano Ultegraを使用しています。

ロードバイクは基本的にフレームとホイールとコンポで出来ているため、コンポのランクにより、走りに違いが出てきます。

また、レース向けで製作されるフレームは、走行性能を良くするため剛性を強くしているので、乗り味が固くなり、ロングライドには向いていません。

スクルトゥーラ5000のフレームは、オールラウンドな用途で設計されているため、その乗り心地を考えたときに、スポーツ走行にもロングライドにも対応出来るフレームに仕上がっています。

メリダはフレーム以外のパーツも製作していますが、スクルトゥーラ5000のサドルはメリダで製作された、オリジナルのサドルです。

メリダのレーシングロードバイク「スクルトゥーラ8000-E」

スクルトゥーラ8000-Eは、バーレーン・メリダのチームで使用しているロードバイクと同じ、軽量なSculturaCF4フレームを使用しています。

SculturaCF4フレームは重量が800gしかなく、片手で簡単に持ててしまうぐらい軽量化されたフレームなのです。

車体重量が軽いので、ヒルクライムの走行時に実力を発揮します。

また、フレームの構造がエアロ構造になっているため、路面抵抗と空気抵抗を極限まで軽くした設計となっています

コンポはshimanoの最上位グレードであるDura aceが使用されています。

コンポのグレードが上がると、パーツ一つ一つの重量が軽くなりますので、パーツの動作性能が上がります。

たとえば、変速機であれば、変速時のチェーンの移動が非常にスムーズに切り替わります。

スクルトゥーラ8000-Eは、ロードバイクレースで使用するためのロードバイク仕様になっています。

メリダのロードバイクは品質が良くて安い!

メリダのロードバイクは品質が良く、それでいて価格がとても安く抑えられています。

そこにはメリダの企業努力を感じますから、ファンが増えるのも頷けます。

ご紹介したスクルトゥーラシリーズは、ロングライドからレースの使用まで、さまざまなシーンに対応しているロードバイクです。

ロードバイクの購入や買い替えをお考えの方は、メリダのロードバイクを購入することも検討してみてはいかがでしょうか?