ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

エスケープR3でサドル交換をするならどんなサドルが向く?

2018.8.5

ジャイアントの「ESCAPE R3(エスケープR3)」は、クロスバイクでは毎年のように販売上位に顔を出す超売れ筋モデルです。

「コスパのジャイアント」を象徴するような自転車であり、5万円前後の価格ながらスポーツバイクとしての資質は高いです。

しかし、乗っていますとカスタムをしたくなるもので、特に「沼」とも表現されるサドルに関してはその傾向が顕著です。

そこで今回は、エスケープR3のサドル交換について考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

すこぶる快適!メリダ・スクルトゥーラ400のインプレ評価

メリダのロードバイク「スクルトゥーラ」は、近年連続してツール・ド・フランスを走っている機体です。...

メリダのクロスバイク「グランスピード」を徹底分析

メリダは近年ロードレースの世界で急成長をしているメーカーですが、MTBでは長年に渡りトップのチー...

105はSHIMANOコンポの中核を担う!2019モデルをご紹介

近年SHIMANOのロードバイク用コンポは、モデルチェンジが一定の周期になっています。 201...

ツールで躍動するメリダスクルトゥーラ!アルミの400は?

メリダの主力ロードバイクの一つである「スクルトゥーラ(SCULTURA)」は、現在ワールドツアーに参...

trekのロードバイク・ドマーネの評価をブログなどから検証

trekはアメリカに本拠を置く、世界最大規模の自転車メーカーのひとつです。 日本でもユーザーが...

ビアンキのロードバイクで10万円台のおすすめを紹介

イタリアの老舗自転車ブランド「ビアンキ」は、グランツールにおいて数々の勝利を収めてきたロードバイクの...

スペシャライズドのmtb、おすすめ商品をご紹介します!

スペシャライズドといえばスポーツサイクルを扱う有名なブランドです。 もちろん、mtb商品のバリ...

ピナレロは山にも強い!ではGANもヒルクライム向きなのか?

山の上り坂に設けられたコースを走る自転車競技である「ヒルクライム」は、競技初心者の方にも人気のあ...

生産国別!自転車のメーカーでおすすめなところをご紹介!

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクやミニベロなど、様々な自転車を目にする機会が増えました。...

自転車でよく目にする700cとは!?クロスバイクの場合

自転車のタイヤを選ぶ際、悩まれる方もいるかと思います。 自転車タイヤでよく目にする700cの表...

アルテグラのホイールはチューブレス!リムテープは必要なし

履き替えの定番ホイールとしても人気が高いのが、シマノの「アルテグラ」ですね。 価格も5万円前後で購...

アンカーを代表するレースモデルRS9はブログでどう評価?

ブリヂストン・アンカーのフラッグシップモデルと言えば、レースモデルのハイエンドグレード「RS9」...

ルックの自転車は高級!ブログではどう評価されている?

LOOK(ルック)は、フランスに本拠を置く自転車メーカーです。 スキー用品の製造会社として...

ラレーのロードバイク、買うならどれ!?クロモリの特徴とは

ラレーのロードバイクといえばクロモリ特徴の細いフレームで美しく、手ごろな価格で手に入れられるため、初...

クロスバイクを輪行するとき邪魔にならないスタンドはある?

クロスバイクなどのスポーツ自転車は、最初はスタンドが付いていません。 しかし、通勤・通学や...

スポンサーリンク

ジャイアントのエスケープR3に付属しているサドルは?

エスケープR3は人気モデルなので、毎年のようにニューモデルとして販売されます。

こういった売れ筋モデルはニューモデルとは言っても色やパーツの一部変更で、仕様自体が変わるフルモデルチェンジは数年に一回あるかないかです。

エスケープR3は既に2019年モデルが発表されていますが、2018年モデルとの違いはほぼありません。

色は若干変わっていますが、発表されているスペックに変化はなく、ほぼ同じものと見て差し支えないでしょう。

今回はサドル交換がテーマなのでサドルに注目しますと、「GIANT COMFORT LITE」というサドルが付属しています。

このサドルは単体で市販もされており、ジャイアントのサドルの中では最も安価なものになります。

そのため、あまり詳しい製品説明もされておらず詳細は不明ですが、名前や厚めの見た目からして、乗り心地を重視した柔らかめのサドルと推測します。

ジャイアントでは「短距離のライドが主のクロスバイクユーザー向け」としているので、エスケープR3のコンセプトに合致したサドルと言えます。

エスケープR3のサドル交換は切羽詰まったものではないかもしれない

クロスバイクのサドルはエスケープR3に限らず、厚めのパッドが入っている柔らかめのものが多くなります。

クロスバイクはスポーツバイクの中では上体が起き気味のポジションになるので、サドルにドカッと腰を下ろすような乗り方になります。

そうなるとお尻に体重が乗って出っ張っている「坐骨」に負担が掛かるので、尾てい骨の付近に痛みが出ます。

また、クロスバイクはママチャリなどに比べると長い距離を走るようになるので、余計にお尻の痛みは気になってきます。

そのため、クッション性があって、地面からの突き上げを吸収してくれるようなサドルが必要になります。

エスケープR3のサドルはそういったことが考慮されているサドルですので、サドル交換をしている人もお尻の痛みに耐えかねてのことは少ないようです。

エスケープR3でもスポーツライクに走りたいならサドル交換を考える

エスケープR3付属のサドルは、乗り心地重視で座面が柔らかめのものですから、街乗りが中心で、距離も短いような乗り方であればサドル交換の必要はあまり感じられません。

しかし、もう少しスポーツライクに走りを楽しみたいということであれば、話は変わってきます。

クロスバイクは先述通り上体が起き気味になり、後ろ重心になりますので、ペダルには体重が乗せづらくなります。

一方、ロードバイクは前傾姿勢になる仕様ですので、前重心となりペダルに体重が乗るようになります。

そうなるとしっかりパワーが伝わりますので、スピードが上がり、足先だけでクルクル回さなくて済み疲労の蓄積も軽減できるので、距離を伸ばせるようにもなります。

これが冒頭でお話ししたスポーツライクということであり、この走りをするとなるとエスケープR3でもサドル交換は考えたくなります。

そのポイントは、座面の柔らかさと、形状にありますので、次項で詳しくお話しします。

エスケープR3をスポーツ化するためのサドル交換

それではここから、エスケープR3をスポーツライクに乗る上でのサドル交換を考えていきましょう。

クロスバイクをロードバイクのような仕様にするには、まず前傾姿勢をとれるポジションにする必要があります。

そのためには、サドルを上げるかハンドルを下げるかになりますが、サドルは足が地面に着くか着かないかの問題も出てくるので、理想はハンドルを下げることです。

ハンドルには高さを調整できる「スペーサー」が付属しているので、1、2枚抜いて前傾姿勢の深さを調節します。

そして、前傾姿勢に慣れてくるとペダルに体重が乗せられるようになりますが、この際に座面が柔らかいと体が沈んでしまうので、ペダルに込める力が逃げてロスします。

それを防ぐということになると、エスケープR3のサドルは少し柔らか過ぎますので、もう少し弾力のあるものに交換したいところです。

ただし、ロードバイク用の軽量なレースモデルですと、パッドも薄いですし、座面もカチカチなので、お尻に突き刺さってくるような感覚があります。

そのため、交換には適度な弾力がある上で、座面が柔らか過ぎないものがおすすめになります。

目安としては、指で座面を押した際に、沈み込まずに押し返してくる程度の弾力は欲しいところです。

前傾姿勢が深くなるとサドルが股間を圧迫する

サドルのお尻の痛みは、尾てい骨付近だけとは限りません。

特に前傾姿勢になるスポーツバイクでは、尿道や会陰部など股間の圧迫が避けられません。

これに対応するために今のサドルは座面に穴が開いていたり、溝が切ってあったりします。

エスケープR3に最初から付属するサドルにも溝が切ってありますが、あまり深い前傾姿勢を想定されていないので、溝は中央から後ろ寄りに切ってあります。

これですと、深い前傾姿勢になった際は股間が圧迫されてしまうので、血流が悪くなりしびれや痛みが出てしまいます。

そのため、前傾姿勢でしっかりとペダルに体重を乗せて走るには、股間の圧迫対策をしてあるものにサドル交換をする必要があります。

ただし、穴あきサドルは強度を出すために座面を硬くしていることがあるので、クロスバイクには硬すぎる可能性があります。

そういった意味でもおすすめなのは溝が切ってあるサドルで、座面全体に溝があるものが良いでしょう。

エスケープR3のサドル交換におすすめのサドル

それでは最後にここまでお伝えしてきた要素を考えた上で、筆者がおすすめするエスケープR3のサドル交換に適したサドルをご紹介します。

【VERO(ベロ):Plush VL3147 サドル】

ベロはジャイアントの完成車のサドルを作っていたこともある、ジャイアントと同じ台湾のパ―ツメーカーです。

中でもPlushシリーズはクロスバイク向きとされるサドルで、座面後部の肉厚なパッドと、適度な弾力が特徴的です。

また、こちらは座面中央に穴が開いていますので、深い前傾姿勢でも股間が圧迫されにくい仕様になっています。

こちらは男性用ですが、同じコンセプトで穴の開いている部分や座面幅が広くなっている女性用もあります。

品番「VL4126」が女性用になります。

【Bontrager(ボントレガー):Commuter Gel Saddle】

ジャイアントと販売台数を競う世界的自転車メーカー、「トレック」の傘下でパーツブランドであるボントレガーのサドルです。

「ジャイアントのクロスバイクにトレックのサドル?」と思われるかもしれませんが、もちろん適合しますし、良いものは良いということでおすすめさせて頂きます。

こちらも非常に肉厚な座面でクッション性が高いですが、弾力性に富むゲルパッドなので、スポーツライクな乗り方にマッチします。

エスケープR3のサドル交換は座面が柔らか過ぎない意識を持つ

今回はジャイアントのクロスバイク、エスケープR3のサドル交換について考えてきました。

付属しているサドルが適さないということはないですが、スピードを出して長い距離を乗るとなると交換も考えたいところです。

その際は座面が柔らかすぎないサドルが適しており、適度な弾力があるとなお良しです。

サドルは自分に合ったものに巡り合うのが難しいので、試行錯誤しながら決めていきましょう。

 - GIANT, GIANT ロードバイク, クロスバイク, メーカー