スペシャライズドのエアロロードヴェンジエリート2018の実力

スペシャライズドの「VENGE (ヴェンジ)」と言えば、エアロロードの先駆者的存在であり、数々の大レースを制してきたロードバイクです。

2018年モデルには、2017年のツール・ド・フランスで複数のステージ優勝を果たした「S-Works」を筆頭に、3つのグレードが用意されています。

今回はその中でも、最もホビーライダー向きとされる「ヴェンジエリート」を重点的にお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シマノのstiを修理・交換するための分解方法と注意点は?

ロードバイクに乗っていると、性能をもっとアップグレードさせたくなったり、メンテナンスを自分で行いたく...

トレックのロードバイクは値段が高いのか?判断材料は?

ロードバイクは高価というイメージが定着してますので、購入の際には値段が大いに気になるところです。...

トップシェアのシマノコンポでクロスバイクの快適性を高める

クロスバイクに乗っていると、ブレーキの効きが悪いと感じたり、坂の上りで重苦しさを感じたりすること...

ロードバイクはハブ調整でホイールの回転力がよみがえる!

ロードバイクはレース機材のため、メンテナンスありきの自転車です。その中でもホイールは走りの質...

ユニクロに自転車ライフに最適なウェアはあるのか?

「ちょっとコンビニまで」くらいの感覚であれば、自転車も私服でそのまま乗りますが、通勤やサイクリン...

メリダのロードバイクはマイナーぽいけどサイズも豊富で良い

世界一の自転車大国台湾の中で、第2のメーカーと言われるのが「メリダ」です。多くの世界的メ...

ピナレロはロードバイク初心者の方にとってどんなブランド?

今回はロードバイク初心者の方に、ピナレロはどんなブランドなのかをご紹介します。また、ロー...

ロードバイクのタイヤは簡単にパンク修理できる

ロードバイクに乗っていて、タイヤがパンクしてしまった経験のある人は多いと思います。その際に近...

ロードバイクのブレーキレバーは手が小さい人でも握れるの?

「ロードバイクに乗りたい!」と思っても、なかなか実現に至らない理由の一つに、手の小ささがあります。...

ロードバイクのタイヤ交換のタイミング?交換方法も知りたい

ロードバイクは走りを楽しむものなので、地面と接しているタイヤが、とても大事な役割を果たしています。...

スタイリッシュなロードバイクに!シートポストを白くしよう

ロードバイクの見た目を意識すると、モチベーションも上がりますよね。「オールホワイトカラーにし...

イタリアの至宝デローザのskの凄さをブログから読み解く

デローザ、コルナゴ、ピナレロといえば、イタリアの自転車メーカーの御三家です。ロードバイクに乗る人...

ロードバイクを倒してハンドルが曲がった時の修理方法は?

皆さんは、ロードバイクを倒してしまい、ハンドルが曲がったという経験はありませんか?こんな時、...

メリダの「スクルトゥーラ700」は価格に見合う価値がある?

ロードバイクを選ぶ際にまず気になるのは、価格ではないでしょうか?100円、200円の買い...

ルイガノやガノーの自転車は評判が悪いの?ラインナップは?

ルイガノの自転車と聞いて、どう思いますか?自転車に詳しい方なら、ルイガノについての評判を耳に...

スポンサーリンク

ヴェンジはスペシャライズドの空力技術の結晶

今回はスペシャライズド「ヴェンジエリート(Elite)」のお話ですが、今のヴェンジを語る上で避けて通れないのは「VENGE ViAS(ヴェンジ ヴァイアス)」です。

スペシャライズド独自の空力性能の総称が「ViAS」で、2018年モデルではプロ仕様の「S-Works」と、上位モデル「Expert」に採用されています。

2017年モデルで第二世代に突入したフレーム形状は、あらゆる部分に空力性能のこだわりが見られ、風が回り込んでくる淵の方までスピードを意識した作りになっています。

S-Worksモデルは、専用のステムとハンドルを使用することにより、ハンドル周りのケーブル類を一切露出させない完全内蔵式を実現しています。

また、下がり気味の角度のステムで身体との距離を縮め、エアロ効果を高める一方で、上がり気味のライザーハンドルで深すぎる前傾姿勢を調整しています。

ViASの「i」は「統合」や「融和」を意味する「integrated」の頭文字ですので、ヴェンジはフレームとパーツの一体感や調和で空力を極めたエアロロードなのです。

ヴェンジエリートはスペシャライズドのエアロロードの原点

ヴェンジエリートの2018モデルは、第一世代のフレーム形状を継続しています。

前項でご紹介した上位モデルが第二世代に入り、ViASの肩書きも付きましたので、少し差別化された感は否めません。

しかし、S-Worksは完成車で100万円、フレーム単体でも50万円を超えますし、Expertにしても完成車は50万円以上の代物です。

一方でエリートは約30万円、スペシャライズド全てのロードバイクの中でも、価格帯だけなら中盤といったところです。

ですから、同じヴェンジの冠が付いてはいますが、別物と捉えてあげないと厳しい部分もあります。

ヴェンジは2011年のデビューですが、当初から世界の数々の大レースで勝利を挙げており、第一世代であるエリートのフレームはそのデビュー当初のジオメトリです。

したがって、エリートのフレームも、世界を制した実績があるわけです。

そのフレームに組み合わされているパーツもそれなりのレベルのものですから、決して格落ち感はありません。

スペシャライズド・ヴェンジエリート2018のスペック

それでは、スペシャライズド・ヴェンジエリートの2018モデルを詳しくご紹介します。

既にお伝えしている通り、フレームジオメトリは第一世代、デビュー当初のものを受け継いでいます。

フレームのカーボン素材は「FACT 10r」を採用、S-Worksが「FACT 11r」なので、ワンランク下になります。

しかし、完成車で70万円以上の差があるモデルと、素材の差がワンランクしか変わらないのは凄いことであり、むしろコスパが高いとさえ言えます。

コンポはクランク以外がシマノ・105で中盤クラスのロードバイクとすれば定番ですから、何の問題もありません。

クランクはサードパーティの新進気鋭メーカー、「プラクシスワークス」製になります。

インプレを見ていると変速性能に問題はなく、「むしろ105よりもグレードが上なのでは?」と言う声もある程です。

ブレーキは上位グレードがディスクブレーキに対して、こちらはキャリパーブレーキになります。

ロードレースでのディスクブレーキは、2017年にグランツールで解禁になったばかりであり、2018年も「テスト期間」という位置付けです。

したがって、従来通りのキャリパーブレーキでも何ら制動力に問題はありません。

ヴェンジエリート2018にも「ボディジオメトリフィット」が活かされている

前項に引き続き、ヴェンジエリートの2018モデルを確認していきます。

スペシャライズドは「ボディジオメトリフィット」と称して、人の身体にバイクを合わせるという概念をとても大切にしています。

完成車の場合は人の身体に直接触れる、ハンドルとサドルにこの概念を用いています。

ハンドルは上位モデルExpertにも採用されている「S-Works Aerofly」で、フルカーボン製のハンドルバーです。

水平部分が偏平状になっており、空気抵抗の低減と共に非常に握りやすくなっています。

そして、ワイヤー類を内蔵できる構造になっていますので、ハンドル周りの取り回しがすっきりとして、ハンドリングが抜群に軽くなります。

また、サドルはスペシャライズドの一番人気、他メーカーのロードバイクユーザーにもファンの多い「Power」です。

前傾姿勢でも股間が圧迫されず力強くペダリングができる、レース志向が強いサドルです。

座面の幅が広いのも特徴的で、左右にもがきながらも骨盤を安定させられる優れものです。

ハンドル・サドル共にこのグレードの完成車としては破格の高レベルであり、スペシャライズドのこだわりが十分に伝わってきます。

ヴェンジエリート2018のインプレ

スペシャライズドのヴェンジエリート2018モデルは、お伝えしたようにパーツのレベルが高くコスパのよいロードバイクです。

ここからは実際に乗っている方のインプレをご紹介しますが、多くの人が口を揃えるのはエアロロード特有の「硬さ」がない点です。

ヴェンジはS-Worksなどの上位グレードは剛性の高さから硬さが目立つのですが、エリートは乗り心地がよいとまで言うインプレもある程です。

筆者が印象に残ったインプレは、エアロロードにとっては苦手分野と言える登り坂でも、軽く走れ脚が止まってからももうひと伸びするというものです。

これはとても重要で、エアロ本来の加速力や高速巡航性も評価されている上でのことですから、幅広い用途に使えることを物語っています。

ただし、漕ぎ出しに若干重さを感じるという指摘が多かったのは気になります。

これは恐らくホイールの影響で、ヴェンジエリートにはフレームのレベルと比較すると、少し物足りないレベルのものが付属しています。

ですから、ここだけは早めのカスタマイズが必要な部分かもしれません。

ヴェンジエリート2018と組み合わせたいホイール

前項でお話したように、スペシャライズド・ヴェンジエリートの2018年モデルは、ホイールに少しカスタマイズの余地を残していると考えられます。

スプリントレースやトライアスロンに挑戦するのであれば、よりエアロ効果を高める意味でディープリムにする手があります。

実際にS-Worksヴェンジは64㎜のリムハイトを持つホイールを採用していますので、そのような組み合わせが推奨されているということです。

ただし、前項でお話したように、レースだけではなくツーリングや趣味で山を登るなどの用途も考えると、標準的なリムハイトのものも考えたいところです。

筆者のおすすめですが、硬めの乗り心地が好みであればフルクラムの「レーシングゼロ」、柔らかめの方がよければマビックの「キシリウムエリート」です。

共にヴェンジエリートに合わせるホイールとしては申し分ないレベルであり、走りの変化を十分に体感できるものです。

ヴェンジエリートはどことなく親しみやすさがあるモデル

今回はスペシャライズドのヴェンジエリートについてお話しました。

凄まじい進化を遂げ「モンスターマシン」化した上位モデルに比べると、とっつきやすさもあり、用途の幅も広いモデルです。

従来のエアロロードの概念にとらわれず、ロードバイクを総合的に楽しめる一台に仕上がっていますので、初めてのカーボンバイクという方にも検討して頂きたいですね。