ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ボントレガーのサドル「アフィニティ」は自分に合うのか?

2018.4.11

「ボントレガー」を知っている人は相当なスポーバイク好きか、「トレック」ユーザーですね。

ボントレガーはトレック傘下のパーツブランドで、主に完成車用のパーツを製造しています。

また、正規販売店ではパーツ単体の販売も行っています。

そんなボントレガーの中でも、ロードバイクのサドルに多く採用されているのが「アフィニティ」です。

今回はこのアフィニティを参考にしながら、ロードバイクのサドルについて考えていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

クロモリフレームの特徴やフレーム塗装の方法について

自転車には、アルミやカーボンだけでなく、クロモリのフレームがあることをご存じでしょうか。 また...

ホームセンターと自転車専門店での修理の違いとは!?

近年、自転車をホームセンターで買われる方が増えてきました。 ママチャリというカテゴリーで見てみると...

ピカールの使い方は簡単!ロードバイクの錆取りにも効果的

ピカールは金属磨きをするときに便利で、たくさんのご家庭に常備されていると思います。 ロードバイ...

mtbのダウンヒル初心者必見!上手になるテクニックのコツ

mtbで行う競技の1つに、ダウンヒルがあります。 ダウンヒルは、山道に作られた急な斜面を高速で...

スプロケットはスペーサーの厚さによってホイールに適合する

自転車のカセットスプロケットは、ギアの変速数によって厚さが違います。 11速が一番厚く、8...

登山向け自転車、マウンテンバイクの選び方と楽しみ方!

登山道でも何なりと走れる自転車と言ったら、マウンテンバイクでしょう! まさにマウンテンバイクは...

ケイデンスセンサーが反応しない!ナゼ?どうしたら良い?

ロードバイクに乗っていると、いろいろなアクセサリーが欲しくなってきますよね。 また、自分がどの...

自転車のギアが入らない!対処法やメンテナンスを知りたい

自転車に乗っていて、どうも変速が上手くいかないとか、ギアが入らない経験をしたことがありませんか? ...

坂道では自転車も登り優先?自転車のルールとマナーついて

狭い坂道で対向車とすれ違う時、自動車の場合、登り側を優先するというルールが基本です。 その...

シマノのハブダイナモは分解して交換や修理は出来るのか?

ロードバイクでは、あまり聞きなれない名前のパーツ「ハブダイナモ」。 このパーツは、一体どんなも...

エンド幅の測り方を覚えてホイールのカスタマイズを行う

スポーツバイクには「エンド幅」と呼ばれる部位があり、これが合わないと車輪を取り付ける事が出来ませ...

履歴書の趣味欄でロードバイクをアピールして就活に活かそう

履歴書の趣味欄に、どんなことを書いてアピールすればいいのか悩まれる方も多いはずです。 もし、ロ...

ツールド日光に参加したい!2016年の「山岳チャレンジ日光」

9月はまだ暑さが残りますが、スポーツの秋の始まりです! 細いタイヤの相棒と、走りたくなってきますよ...

安心のためマスターしておきたいブレーキワイヤーの注油方法

「自転車のブレーキはレバーを握れば当然かかるもの」そんな認識を持っている皆さんがほとんどなのではない...

自転車を購入したら保険は必要?保険加入の方法とは?

自転車での事故は、全国的にも多く、中には多額な損害賠償を請求されてしまう事例もあります。 自転...

スポンサーリンク

ボントレガーにはサドル以外にも「アフィニティ」ネームのパーツがある

まず、間違えないで頂きたいので先に申し上げておきますが、ボントレガーの「アフィニティ」には、サドルの他にホイールもあります。

ですので、アフィニティのサドルに関しては、必ず「サドル」という言葉を入れて検索してください。

サドルのアフィニティは、現在(2018年3月)単品のパーツとしては1種類のみです。

【Bontrager Affinity Comp】参考価格:¥7,871

製品名の「Comp」がグレードを表しており、Compはエントリーグレードです。

言葉は悪いですが、最低限の性能を維持しながら、上位グレードのようなこだわりは加味しないというのがエントリーモデルです。

ボントレガーのサドルは乗車姿勢を5段階で表しており、アフィニティは「3」になります。

数字が小さくなるにつれて前傾姿勢が深くなっていき、「1」は極限の直線スピードが要求されるトライアスロンやタイムトライアルバイクの姿勢になります。

アフィニティは3ですので、極端な仕様ではなく、バランスが取れているとみてよいでしょう。

ボントレガーのサドル「アフィニティ」のスペック

ボントレガーのサドル「アフィニティ」のスペックを確認してみましょう。

グレードの話とも関係してきますが、サドルを支えるレールの素材がグレードによって違うのもボントレガーの特徴です。

ボントレガーの「Comp」グレードはクロモリで、グレードが上がると軽量のチタンやカーボンになっていきます。

また、多くのサドルは後方の座面の幅が選択できるのですが、アフィニティは現在148㎜という一番広いタイプしかないようです。

トレックショップでは、専用の「サドルサイザー」に腰掛けるだけで座面の最適な幅が分かるようになっています。

そのため、実際に購入される時は店舗で確認して、違うサイズでもアフィニティがよければ、旧モデルの在庫がないか尋ねてみましょう。

アフィニティは先述した通り、極端なモデルではないので、レースモデルにありがちなペラペラでガチガチに硬いサドル、というわけではありません。

適度なクッション性を持ったパッド入りですし、中央部に入った溝がデリケートゾーン(股間)を保護してくれます。

完全なコンフォートタイプには劣りますが、ロードバイク用としてはまずまず快適な乗り心地です。

重量は公表されていませんが、インプレの実測値では300g前後となっており、ヒルクライムには重いかな、という印象です。

アフィニティとママチャリサドルの比較

ロードバイクは軽さが命という側面があるので、サドルももちろん軽量です。

ママチャリでは不動の人気を誇る、ブリヂストンの「ソフトサドル」の重量は約800gほどあります。

衝撃吸収を高めるために、レール部分にスプリングが仕込まれていることもありますが、ママチャリのサドルはこれくらいのボリューム感があります。

一方、ボントレガーのアフィニティはロードバイク用としては軽量な部類ではないですが、それでもソフトサドルに比べれば500gも軽いです。

また、座面の幅もアフィニティよりソフトサドルは80㎜も幅広です。

さらに厚みも、アフィニティは先述したように衝撃吸収のパッドは入っていますが、ママチャリのサドルに比べれば薄くクッション性は劣ります。

劣るという言葉を使うと欠点のように思われてしまいますが、根本的に作りが違うということであり、ロードバイクのサドルは薄くて、幅が狭く、軽いものなのです。

その中でもアフィニティはどちらかといえば、厚みがあって、幅広で、重量がある方だということを理解しておいてください。

ロードバイクのサドル選びはまず体重に合わせる

ロードバイクのサドルはボントレガーもそうですが種類が多く、いざ選ぶ段階になるとかなり迷ってしまわれると思います。

まず、基準ですが太っている人はクッション性の低い硬めのもの、やせている人は厚くて柔らかめのものが向くとされています。

これはタイヤやホイールにもいわれることですが、剛性の問題です。

サドルに人が座れば多かれ少なかれ沈み込むわけですが、体重の重い人がクッション性のある柔らかいサドルに座れば沈み込み過ぎてしまいます。

それではペダルに力を込めることができないので、せっかくのロードバイクの性能を発揮することができません。

反対に痩せている人が硬いサドルの組み合わせですと、沈み込まないので、地面からダイレクトに衝撃が伝わってしまいます。

短い距離であればまだしも、長距離ではお尻が痛くなり我慢できないほどになるはずです。

その点でアフィニティはロードバイク用ではクッション性のある方なので、体重が重い人向きといえるでしょう。

サドル選びは、まずは自分の体重に合ったタイプのものを選ぶことから始めてみましょう。

サドルは座面の幅も重要

ロードバイクのサドルは、骨盤の形状によっても最適なものが変わります。

骨盤が広い人は座面の幅が広いタイプ、骨盤が狭い人は座面が狭い細長いタイプのサドルが合っています。

先ほどトレックショップの「サドルサイザー」の話をしましたが、骨盤の形状を測定するものでもあるのです。

骨盤は一般的に男性よりも女性の方が広いので、女性専用のサドルは座面が幅広くなっているものが多いです。

ボントレガーのサドルでもユニセックス(男女兼用モデル)はアフィニティの148㎜が最高になりますが、女性専用のサドルを販売しているところでは、170㎜近いサイズもあります。

トレックは、レディースモデルのロードバイクが豊富ですが、他メーカーはトレックほど豊富ではありません。

したがって、女性の場合は最初から幅の狭いサドルを使うことになり、痛みが出ることも想定されますので、早めに交換を考えたほうがよいでしょう。

ボントレガーのアフィニティに後継サドルが登場した

さらには、自分がどうロードバイクを乗るか、といった用途でも最適なサドルは決まってきます。

登坂競技であるヒルクライムレースでは、何より軽量なことが有利ですし、立ち漕ぎが多くなるので座り心地は二の次でよくなります。

ですから、薄くても幅が狭くてもよいので、とにかく軽いものが選ばれます。

一方、長距離を走るロードレースやツーリングでは、疲労の軽減が重視されますので、サドルにもクッション性がないといけません。

ボントレガーのアフィニティは乗車姿勢が「3」とお伝えしたように、胸が開かれて呼吸が楽になる姿勢で乗ることができます。

その意味では長距離向きであり、クッション性もまずまずですからお尻が痛くて悩んでいる人も選択肢に入れてよいサドルです。

ただし、アフィニティは縮小傾向にあり、変わって形状の似た【ARVADA(アーバダ)】というモデルが、2017年の年末に3グレードで販売開始されています。

アフィニティをさらに柔軟にしたサドルで後継モデルといわれていますので、アフィニティを所望している方はこちらも視野に入れてください。

サドルは自分に合ったものが一番

今回はボントレガーのサドル「アフィニティ」に注目してみました。

ロードバイク用としては、易しめというか体に無理なくフィットさせられるタイプといえます。

ただし、それが全ての人に最適かというとそうではなく、それぞれに合ったサドルのタイプがあることもご説明しました。

皆さんの今後のサドル選びに今回の記事が役立てば幸いです。

 - 自転車全般