ロードバイクのカスタムはホイールから!取り付け方法は?

ロードバイクのカスタマイズにおいて、最初に行うべきなのは、ホイールの交換という話をよく聞くと思います。

その際に、取り付けの方法が分からないという声も、結構多いようです。

そこで今回は、ホイールの取り付け方法や、取り付けにあたっての注意点について、お話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車フォークのガタ取りは簡単!自分でやっても5分以内

自転車は、ヘッドパーツによって、フレームとフォークが連結されています。長く走行していると、走...

3tのハンドルを選ぼう!おすすめハンドルとそのサイズは?

3tは、1961年に設立された老舗ロードバイクパーツメーカーです。設立されたトリノ市から名前...

低価格&高性能!2種類のSHIMANOのULTEGRAホイールの用途

SHIMANOのULTEGRAホイール「WH-6800」および「WH-RS500」は、低価格なが...

自転車のサドルは重さを気にしなくてよい?大切なことは?

自転車のサドルのカタログや通販の製品説明欄には、必ずと言ってよいほど重さが記載されています。...

スペシャライズドのアレーをカスタムしてみたい!

スペシャライズドのアルミロードの「アレー」は販売以来、40年が経過している大定番モデルです。...

ロードバイクのフロントディレイラーがチェーンを擦る原因

ロードバイクのフロントディレイラーの調整は難しく、特に精通していない内は途方に暮れてしまう事もありま...

ピナレロのGANはモデルが減った!セールになる可能性が高い

皆さんはロードバイクの販売において、「セール」や「特価」などという言葉を目にすることはあるでしょ...

ピナレロ・ドグマが特価になる時期やなりやすい条件がある!

今回は、ピナレロ不動のフラッグシップモデル「DOGMA(ドグマ)」を特価で購入することを考えてい...

アルミでカーボンの乗り味!?アンカー「RL6 SPORT」

アンカーの「RL6 SPORT」は、ロングライドで活躍するエンデュランス系アルミロードバイクです...

ロードバイクのタイヤを処分するときはどうすれば良い?

ロードバイクにある程度の期間乗っていると、パーツを買い換えることがあります。パーツの数が増え...

ロードバイク界のレースクイーン!ポディウムガールって?

レースクイーンは、セクシーな衣装と堂々としたポージングでたくさんの人々を魅了する職業です。レ...

新世代のエアロ!ピナレロ・GANの価格とコスパの評価を知る

ロードバイクの価格はピンきりであり、そこには表面上の価格だけでは測れないコスパの善し悪しというも...

空気抵抗を減らす!エアロロードの魅力、効果について

エアロ効果というキーワードは、レースに出るような本格的なライダーなら一度は聞いたことがあるのではない...

キャノンデールの怪童caad10!重量の軽さだけが自慢じゃない

キャノンデールのcaad10はアルミバイクとは思えない重量の軽さと性能から、名車として知られています...

ホイールのハブを交換したい!自力でできる?費用は?

自転車のホイールは、タイヤをはめる部分であるリム、骨組みに当たるスポーク。スポークをリムに支...

スポンサーリンク

ロードバイクのホイールは簡単に脱着できる

最初にロードバイクを購入したときに、ホイールはフレームに取り付けられた形だったと思います。

そのため、ロードバイクのホイールが実に簡単に、ワンタッチで脱着可能なことを知らない人も少なくありません。

ロードバイクを始めとするスポーツ自転車は、車輪を外して、コンパクトにして袋に収納する「輪行」が視野に入れられています。

また、ロードバイクはロードレースの機材なので、レース中にタイヤ交換を簡単に行えるという理由もあるようです。

「クイックリリース」という機構で、ホイールが固定されており、ハブに通したレバーで脱着できるようになっています。

そのため、ホイール交換などで新しいものを取り付ける際にも、何も尻込みせず、自力で行ってください。

ホイールを取り付けるときの注意事項

ロードバイクのホイールの取り付けには、いくつかの注意事項があります。

まず確認しなければいけないのは、「エンド幅」です。

これは、ホイールをフレームに取り付ける場所の寸法のことです。

前輪はフロントフォークの二股に分かれている脚の先の内幅。
後輪は、2本のシートステイの先端の幅です。

ここに、ホイールのハブを取り付けますので、ハブのシェル幅でもあります。

ハブの左右のナット間の距離を示していることから、「OLD(オーバーロックナットディスタンス)とも呼ばれます。

このサイズが合わないと、ホイールをフレームに取り付けることができません。

前輪は、ほぼ100mmで統一されていますが、後輪は自転車によって幅が違います。

ロードバイクは130mm、MTBやクロスバイクは135mmが一般的です。

ただ最近では、ロードバイクにもディスクブレーキモデルが台頭してきており、エンド幅が130mmではないフレームも出てきました。

そのため、特にエンド幅に注意して、ディスクブレーキモデルのフレームには、ディスクブレーキ専用のホイールが必要と覚えておいてください。

また、逆も然りで、普通のキャリパーブレーキのロードバイクに、ディスクブレーキモデルのホイールも取り付けられません。

ロードバイクのホイールは新品でも取り付け前に点検する

ロードバイクのホイールを取り付ける際の注意点ですが、最近はどこで購入しても、調整ができていないホイールが目立ちます。

通販であれば割引率が大きいですから、仕方がない部分もありますが、最近では実店舗でもメーカーから届いたものを、そのままお客様に販売しているようです。

ホイールは、メーカーから必ずしも、最良の状態で出荷されるわけではありません。

これは、別にメーカー側の怠慢というわけではなく、以前は販売店がメンテナンスをしてから販売するのが、暗黙の了解だったからです。

しかも、輸送している間の衝撃で「振れ」が出てしまうこともあるわけですから、販売店がメンテナンスを行うのは、当然とも言えます。

しかし、詳しい事情は分かりませんが、メンテナンスをしていないホイールがあることは事実ですので、自分で確認するしかありません。

ホイールを取り付けて空転させてみて、回転が渋かったり、ガタ付いたりしているようですと、ハブのメンテナンスが行われていない可能性があります。

また、空転させながらブレーキシューとの間隔を見て、左右で変化のある箇所は、振れが出ている可能性があります。

いずれも、少し手間の掛かるメンテナンスですが、せっかくの新品のホイールですから、万全を期す意味でも確認しましょう。

ロードバイクのホイールの取り付け前に準備すること

ロードバイクのホイールの点検をしたら、いよいよ取り付けということになります。

その準備として、特に後輪は、リアギアであるスプロケットの取り付けをしなくてはなりません。

そのため、まずは古いホイールからスプロケットを外さなければなりませんので、外し方を説明しておきます。

脱着には、専用の工具が必要になります。

【BIKE HAND(バイクハンド):YC-501A/YC-126-2A SET スプロケット 取り付け/取り外しセット】参考価格:¥1,300

スプロケット先端のロックリング外しと、外す際に空転しないように固定する、工具のセットです。

固定工具にはチェーンが付いていますので、ローギア(大きい歯車)付近に噛ませて固定します。

固定工具は右方向に力を入れて固定し、ロックリング外しはネジを緩める方向なので、左に回すイメージで上から力を入れます。

その際ですが、力が入り過ぎると空振りをして、ギアやスポークで手を痛めてしまうことがあるので、軍手をはめて作業をしてください。

また、スプロケットはローギアから3枚くらいまでは一体化していますが、あとは1枚ずつバラバラに付いています。

そのため、適当に外すと、組み直すときに順番が分からなくなって苦労しますので、外した順番通りに並べておきましょう。

新ホイールにスプロケットとタイヤを取り付ける

それでは、ロードバイクのホイールをフレームに取り付けましょう。

まずは、古いホイールからスプロケットとタイヤを外しますが、スプロケの外し方は、上記の通りです。

次に、タイヤの外し方を説明します。

タイヤは「タイヤレバー」があると、簡単に取り外すことができるので、2~3本用意してください。

タイヤレバーを2本、間隔を離して、リムとタイヤの間に挟みこみます。

1本のレバーをスライドさせながら1周すると、片側のビード(リムにはまっている部分)がリムから外れます。

この状態で中からチューブを引き抜くと、もう一方のビードは手で外せます。

ここまで終了したら、次は新しいホイールに、スプロケットとタイヤを取り付けます。

スプロケットは、最後に外したローギアから取り付けていきますが、ハブのフリーボディに1ヶ所だけ広い部分があります。

スプロケの歯車にも同じく、1ヶ所だけ広い部分がありますので、そこを合わせればスムーズに入ります。

また、歯車は裏返しでは入りませんので、入らない場合は悩まずに、ひっくり返せば入ります。

1枚ずつ入れていき、最後にロックリングを装着したら、先ほど取り外しに使用したロックリング外しで、時計回りに締め付けていきます。

スプロケは締め付ける方向には空転しませんので、取り付けときには固定工具は必要ありません。

次にタイヤですが、素手で簡単にはめられるので、今回は手順を割愛させていただきます。

これで、新しいホイールの取り付け準備は整いましたので、あとはフレームに装着するだけです。

ホイールのフレームへの取り付け方法

それでは、ロードバイクのホイールをフレームに取り付けます。

まず前輪は、フォークに差し込んで、クイックリリースのナットを締めていきます。
このときに、レバーが少し硬くなるまで、締めこんでください。

ハンドルを上から押さえつけるようにしてからレバーを起こすと、真っ直ぐ入りやすくなります。

最後に、ブレーキのクイックリリースレバーが倒れているはずなので、元に戻します。

次に後輪ですが、上下のチェーンの間に、スプロケットを入れます。

一番小さい歯車に上側のチェーンを乗せて、上から押さえ付けるようにして、ハブをシートステイに取り付けます。

レバーを固定する際は、サドルを上から押し付けると、真っ直ぐに入りやすくなります。

前輪と同じく、ブレーキのリリースレバーを元に戻すのを忘れないでください。

後はブレーキレバーを握って、シューとリムが良い関係になっているかどうかを確認して、終了です。

ホイール関連の作業は多い

今回は、ロードバイクのホイールの取り付けについてお話しました。

自転車によってフレームの規格も違えば、ホイールも当然それに合わせなくてはいけませんので、「エンド幅」は覚えておいてください。

また、ホイールの着脱は簡単ですが、下準備に少し手間が掛かります。

しかし、今後ホイールのメンテナンスやパンク修理にも関わってくることですから、できるようになっておいて損はありません。