ルイガノのtr1をカスタムする~どんな方法があるのか紹介

ルイガノのクロスバイク「tr1」は、流行りのスピード系ではなく、クロスの元祖と言われるトレッキングバイクの趣が強いです。

それだけにカスタムする場合も、徹底して街乗りにこだわり、機能性や乗り心地を重視した方が良いでしょう。

そこで今回は、ルイガノの「tr1」のカスタマイズについてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダのエンデュランスモデル「ライド3000」はコスパが高い

ロードバイクには、乗り手の用途に合わせてモデルを選べるようになっています。今回の主役であ...

ビアンキのクロスバイクに泥除けは必要?泥除けの種類は?

シティーバイクから、クロスバイクに乗り換えようと考えた時に、クロスバイクに違和感を感じる方もいること...

シマノ・デュラエースと105はどこに差があるのか?徹底比較

シマノのロードバイク用コンポにはグレードがありますが、同じリアの変速数11速のデュラエースと10...

シマノハブのベアリング構造とグリスアップの重要性と方法

自転車の各パーツの中でホイールはとても重要なパーツです。楽しく長く自転車ライフを楽しむために...

ビアンキのロードバイクの気になるインプレをチェック!

ウェブ上では「インプレ」という言葉を良く目にしますが、これは「インプレッション」の略語で、印象や感想...

メリダのクロスバイクの基礎!グランスピード100MDの評価

メリダのクロスバイク「GRAN SPEED(グランスピード)」は現モデルで5シーズン目ですが、そ...

アンカーはレーシングブランド!RS9のインプレ評価が証明

ブリヂストン・アンカーは乗り心地のよさや、扱いやすいというインプレ評価が多いので、快適性重視のモ...

キャノンデールのフーリガンは奇抜で独自な見た目が高評価!

キャノンデールは1971年にアメリカで創業したメーカーであり、自身でプロチームを抱えている自転車...

シマノのコンポーネントを互換性表を参考にグレードアップ!

ロードバイクを購入してから、暫く乗っていると、今のコンポーネントだとギアの段数が少なくて「坂がつらい...

クロスバイクに乗る人のブログから、trekの評判を検証する!

クロスバイクは、自転車通勤から週末サイクリングまで、幅広い目的をかなえてくれる自転車です。そ...

アルテグラのホイールはチューブレス対応!その特徴とは

ホイールの買い替えに人気のあるアルテグラホイール。アルテグラのホイールはチューブレス対応な上...

自転車関連のブログからおすすめのクロスバイクをご紹介

ネット上には、実に様々なテーマのブログがあり、自転車関連のブログも星の数ほど存在します。...

トレックのロードバイクのおすすめ!総重量より大切なこと

ロードバイクには「軽さは正義」なんて言葉もあるほど、重量が大切な乗り物です。今回取り上げる世...

クロスバイクのギアチェンジトラブル!変速時の異音の原因

クロスバイクなどのスポーツ自転車の多くは、ギアチェンジが細かく行える、多段変速機が取り付いているもの...

メリダの「リアクト4000」のコスパに溢れる魅力とは?

メリダがロードバイクを提供するUCIワールドツアーチームの「バーレーン・メリダ」が、レースでも使...

スポンサーリンク

ルイガノとは?

「ルイガノ」はカナダのスポーツ用品メーカーで、特に自転車部門が有名です。

プロチームに機材を提供するなど、本格的なレースバイクも手掛けるメーカーです。

しかし、日本においてのルイガノは代理店である「アキ・コーポレーション」の企画・製造のため、本家とは一線を画すラインナップになっています。

本格的なレース仕様のものではなく、普段使いや街乗りを強く意識した品揃えになっています。

価格的にも完成車に20万円を超えるものは存在せず、手ごろな価格のものが主力になっています。

それだけに、安く手に入れて自分好みにカスタムする楽しみがあり、メーカーもそれを意識している節があります。

今回ご紹介する「tr1」も、割といじりたくなるようなパーツが多いので、カスタムしがいがあります。

このほど、ルイガノとアキ・コーポレーションは、大手サイクルチェーン店の「サイクルベースあさひ」と販売代理契約を結びました。

これにより、ますます日本市場が拡大すると見られています。

ルイガノtr1のスペック

それでは、ルイガノのクロスバイク「tr1」のスペックをご紹介します。

まず、特筆すべきは重量で、420mmサイズで14.4kgあります。

フルアルミフレームに、サススペンションフォークなので、仕方がないですが…。

ママチャリでも高級なものなら、このくらいの重量なので、スポーツ自転車ではかなりのヘビー級です。

後述しますが、スピード系のカスタムに向かない理由は、重量が大きいことです。

tr1は、ノーマルステムに、35cの太さのタイヤを採用しています。
また、泥除けが標準装備され、チェーンガードまで付いています。

さらには、フレーム形状が、アップライドな姿勢を意識して設計されています。

したがって、かなりママチャリ感があるクロスバイクと思ってもらって差し支えないです。

それでも、ドライブトレインはシマノ製で統一され、フロント3速リア8速の24段変速になります。

ホイールが重そうなので、スピードは期待できませんが、スポーツ自転車としての走りは期待できます。

ちなみに、2017年モデルのメーカー公表価格は、59,000円(税抜き)です。

ルイガノtr1は機能性重視のカスタムを

スペックを確認するとルイガノの「tr1」は、色々な路面状態に対応する街乗り専用車と言えるでしょう。

そこで、最初のカスタムとしては、機能性を追加することではないかと思います。

まず、通勤通学に使うなら前カゴは必須でしょう。

ルイガノのホームページに掲載されている写真では、キャリアのマウントが見当たりません。

ですが、キャリアを取り付けている人も複数いますので、問題なく取り付けられるはずです。

また、スペックには記載がないので分かりませんが、スタンドが付いていないようであれば付けた方が良いですね。

特に、街の駐輪場などに置く予定があるなら、しっかり中立できる両立のスタンドの方が良いです。

重くなりますが、スタンドの重量を気にするような車重でもないですからね。

なお、ライトやベルは装着が義務付けられていますので、最初から必ず付けてください。

tr1にカスタムの定番ドロップハンドルは?

ルイガノの「tr1」のカスタムを考えています。

次は、クロスバイクのカスタムでは、定番にして永遠に議論が尽きないドロップハンドル化のお話です。

クロスバイクは、スポーツ自転車の入門編的位置付けのため、慣れてくるとロードバイクに憧れるようになってきます。

そうなると、ロードバイクの象徴である、ドロップハンドルにして、シフトブレーキ一体型のレバーを使用したくなるんですね。

しかし、はっきり言って「tr1」は、そのカスタムにはそぐわないです。

ドロップハンドル化最大のメリットは、スピードを上げることです。

しかし、tr1はジオメトリがアップライド過ぎて、スピードが出ない仕様です。

また、重量があり過ぎるので、ドロップハンドル化しても、得られる効果が少ないと言わざるを得ないのです。

さらに、ステムが旧来のノーマルステムなので、クランプ径を合わせるために、ハンドルの選択肢がグッと狭まります。

このように、無理をしてまでドロップハンドル化しても、コスパが高いとはとても思えないので、おすすめできないことになります。

しかし、ドロップハンドルにはスピードアップ効果と共に、持ち手を増やす目的があります。

これは、tr1にとっても、メリットのあることなので、次項で詳しくお話します。

ハンドルは手の疲れを軽減する役割がある

ルイガノのtr1は、通勤や通学にも使えるというお話をしましたが、そうなると1日に20~30km乗ることも考えられます。

これくらいの距離を乗る場合、優先するのは疲労の軽減で、ハンドルは手の疲労を軽減することに一役買う存在です。

人間の手は、何も意識しない状態であれば、親指が上を向いている、縦向きになっているのが自然です。

しかし、目と水平の位置にあるものを掴むときは手の甲が上を向き、手は横向きになっています。

これは、自然な状態から手首を回していることになるので、当然ですが長い間握っていると疲れてきます。

ロードバイクのドロップハンドルは水平部分も握れますが、大抵は拳が縦になるブラケット部分を握ります。

いわゆる自然な形でハンドルを握っているので、疲れが出にくいんですね。

そのため、クロスバイクでもロングライドがしたいという人は、ドロップハンドルにするわけです。

ところが、tr1は上記のような理由でドロップハンドル化にはそぐわないので、別のカスタムを考えることになります。

それが「バーエンドバー」を装着するということになります。

tr1のハンドルをカスタムする

バーエンドバーとは、ハンドルの端に牛の角のようなバーを取り付けて、拳を縦方向にして握る場所を作るものです。

安価で取り付け作業も簡単なので、クロスバイクでは、定番と言ってよいカスタムです。

現状よりも握る場所が身体から離れますので、少し前傾姿勢になります。
ルイガノtr1のフレーム形状であれば、極端なことにはなりません。

バー単品でも良いですが、グリップと一体型のものも、おすすめです。

特に、衝撃緩和材が使われているコンフォートグリップは、手への衝撃を和らげてくれますので一石二鳥です。

また、ハンドルにおいて重要なのは、幅が合っているかどうかです。

フラットバーハンドルの幅は、肩幅くらいが良いとされています。
しかし、肩幅は人それぞれなので、最初から広めにしてあります。

そのため、切って使用するのが基本なのですが、普通は鉄を切るという概念がないので、長いまま使用している人が目立ちます。

tr1のハンドルも580mmありますので、乗り手によっては、切って使うことになるはずです。

フラットバーハンドルは、切って使うものだと覚えておいてください。

tr1はオールラウンドなバイクにカスタムしたい

今回は、ルイガノのクロスバイクtr1のカスタムを考えてみました。

流行りのスピード系クロスではありませんが、ママチャリからの乗り換えは、スムーズにいきそうです。

スポーツ自転車としての機能も十分なので、カスタム次第では趣味に通勤にと、オールラウンドな活躍をしてくれそうです。