自転車の分解方法をご紹介します!カギはホイールとクランク

ロードバイクなどのスポーツ自転車は、メンテナンスありきの乗りものです。

メンテナンスは、分解を伴うこともありますので、最初は戸惑うと思います。

ですが、必要なことなので、ぜひ今回覚えていただきたいです。

それでは、自転車の部分ごとに分解の方法を確認していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タイヤなどの自転車パーツの重量を軽量化する意味とは?

一般的に、「自転車は軽量化するほど良い」と耳にすることがあります。それに伴い、自転車も重量が...

ラレーのミニベロは買いなのかをブログを参考に検証

ミニベロは小径車とも呼ばれる車輪の小さな自転車で、見た目がスポーティで小回りが効きますので、注目...

ピナレロのプリンスでヒルクライムに出て上位を狙う方法!

皆さんは、ピナレロというメーカーのプリンスという自転車をご存知ですか?「自転車レースに出るの...

ロードバイクのタイヤにワックスを塗ると危険!その理由は?

自動車用ではありますが、タイヤにつやを出すワックスがあります。それを同じタイヤということで、...

自転車のベアリングにはサイズがある!基本的には4サイズ!

変な音がしていたり動きが悪くなっていたりして、自転車のメンテナンスしたときに、ダメになったベアリング...

ストライダーにおいてヘルメットは本体とセットと考えるべき

ストライダーはペダルなし自転車の一種であり、乗りこなせるようになるのは、補助輪なしで自転車に乗る...

立教大学の自転車競技部が気になる!自転車競技を始める方へ

立教大学はスポーツというよりは、安定した就職率や伝統を重んじる校風で人気が高い大学でした。し...

センチュリオンの自転車をもっと知ろう!ブログでの評価は?

センチュリオンはドイツの自転車メーカーですが、日本では、そこまでメジャーな存在ではありません。...

挑戦!錆びてしまった鉄のホイールを塗装でキレイに!

自転車には、鉄製のホイールが多く使用されています。しかし、鉄製のホイールは錆びやすい傾向にあ...

路肩と路側帯2つの違いは?自転車はどこを走行すればいい?

自転車の交通ルールが厳しくなったと同時に、自転車はどこを走るのが正しいのか。疑問に思う方も少...

自転車のステッカー・シールのはがし方のテクニック!

自転車に貼ってあるステッカーやシールって、本当にはがしにくいですよね。跡が残らないようにする...

mtbのフロントフォークはメンテナンスをしないと大変!

mtbのフロントフォークには、「サスペンション」という衝撃吸収の為の機能が付属している事が多いで...

イーストンホイールの評判は!?インプレしてみました!

イーストンは、アメリカの総合スポーツブランドです。イーストンといえば、自転車のホイールもあり...

soraのsti3400は操作方法が違う!親指シフトって何?

シマノのロードバイク用コンポでは、上から5番目のグレードになるのが「sora(ソラ)」です。...

ロードバイクのホイールをamazonで購入する際の注意点とは

ロードバイクのホイールは軽量で高性能ですが、高額なのがネックですね。もちろん、それだけの価値...

スポンサーリンク

自転車の分解前に構造を知る

自転車を分解する前に、まずは自転車の構造を確認しておきます。

今回は、スポーツ自転車を前提に話を進めていきます。

自転車は、フレームと言われる本体に、ハンドルやサドルなどのパーツが付属して体を成しています。

フレームは、チューブが組み合わさってできていますが、分解はできません。

ただし、フレームセットのくくりに入るフロントフォークだけは、分解が可能です。

フレーム以外のパーツは、基本的に全て脱着可能ですので、分解してメンテナンスができます。

取り外せるものを、自転車の前側から、ざっと列記していきます。

まずハンドル周辺は、ハンドル・ステム・フロントフォーク・前ブレーキ・前輪です。

続いて、自転車中央部は、サドル・ペダル・クランク・BB・フロントディレイラーです。

そして、後ろ側は、後ろブレーキと後輪です。

これらを外すと、自転車はフレームだけになります。

分解ということで言うならば、後輪はギアであるスプロケットや変速機のリアディレイラーも脱着可能ですし、中央のハブも分解して、清掃するのが定番です。

また、ペダルとクランクは一体化していると思われていますが、クランクからペダルを外すことができます。

さらには、タイヤもホイールと一体化しているものではありません。

とにかく、自転車は細かく分解することができるので、各部分の分解方法をご紹介していきます。

スポーツ自転車のホイールの脱着方法

スポーツ自転車が、分解ありきで製造されているのが分かるのは、ホイールです。

スポーツ自転車のホイールは、「クイックリリース」という機構で、フレームに支持されています。

ホイールのハブに、クイックリリースのレバーを取り付けて、ワンタッチで脱着できるようになっています。

部品を外すという行為を思い浮かべると、何かしらの工具が必要と考えるわけですが、ホイールは素手で外せてしまいます。

スポーツ自転車には、自転車を袋に入れて持ち運ぶ「輪行」という考え方があります。

そのために、コンパクト化する目的で、ホイールが簡単に外せる仕組みになっています。

ホイールが簡単に外せるので、ハブを分解して清掃したり、タイヤのパンク修理もスムーズに行えるわけです。

特に、ハブはホイールの要ですので、後ほど分解方法を詳しくお話します。

自転車の分解方法を輪行から学ぶ

前項で触れた「輪行」ですが、自転車を広範囲に渡って分解するという意味では、これほどのものもないので、方法を確認してみましょう。

先述した通り、ホイールから外しますが、ホイールを外すときは、ブレーキを開放すると外しやすくなります。

そのため、ブレーキのクイックリリースレバーも、一緒に開放してください。

また、車体をひっくり返して、安定させてから外すのもポイントです。

ホイールを外したら、クイックリリースレバーのシャフト(軸)も抜き取ります。

次にハンドルですが、ステムの固定を緩めて、フレームの内側に入れ込みます。

ハンドルには、シフターやブレーキのケーブルが多く配線されています。

ハンドルを外して輪行袋に入れてしまうと、ケーブルが変に曲がったり切れたりする恐れがあるので、避けたいところです。

ハンドルを交換するとき以外は、メンテナンスでも、ハンドルはステムから抜かないのが基本です。

ここで、輪行袋が小さい場合は、ペダルを外します。

近年の輪行袋は、大きめが主流ですので、そのまま入るものが多いです。

あとは、チェーンが暴れないようにストラップで固定して、フレームが歪まないように、リアエンドに金具を噛ませれば輪行用の分解は完了です。

ホイールハブの分解方法①~スプロケットを外す

ここから、自転車の中で特に分解が必要になる部分のお話をしていきます。

まずは、ホイールです。

ホイールは外周の「リム」、リムを支える「スポーク」。

スポークをリムに支持する「ニップル」、そしてすべてのスポークの受けになる「ハブ」で構成されています。

また、後輪には駆動の要となる、カセットスプロケットとリアディレイラーが装着されており、そこにチェーンが掛かっています。

変な言い方ですが、分解マニアがいるとすれば、これほどまでに、おいしい素材はないというくらい重要なパーツです。

手組みでホイールを組む人もいるので、全てを分解することもありますが、今回はハブの分解方法をご紹介します。

ハブはホイールの回転の要で、軸とベアリングが内蔵されています。

このベアリングのメンテナンスが、ホイールの回転を左右します。

では、分解方法をご紹介しますが、今回は後輪のみといたします。

ハブを分解するには、まず、スプロケットを外す必要があります。

スプロケットは、専用工具を使って外します。

【BIKE HAND(バイクハンド):YC-501A/YC-126-2A SET スプロケット 取り付け/取り外しセット】参考価格:¥1,300

この製品は、2つの工具がセットになっているのでお得です。

円形の筒の中に、ピンが付属している工具を、スプロケットの先端にこじ入れます。

先に、チェーンのついた包丁のような工具を、真ん中より少しロー側のギアに絡めて、空転しないように押さえます。

この状態から、ピン付き工具は左方向、チェーン付き工具は右方向に回すようにすると、スプロケットが外れます。

ホイールハブの分解方法②【ハブ本体の分解】

引き続き、後輪ハブの分解方法をご紹介します。

スプロケットが外れたら、そこに現れるのが、ハブの「フリーボディ」です。

フリーボディにもベアリングが内蔵されていますが、ノーメンテが基本の「シールドベアリング」なので、フリーの分解は推奨しません。

フリーと反対側の先端を、見てみましょう。

そこに、ナットが2枚重なるようにして装着されていると、それは「カップ&コーン」というハブです。

分解は2本のスパナを使いますが、奥のナットは薄型のスパナしか入らないので、「ハブスパナ」で検索すると良いです。

【BIKE HAND:ハブスパナセット 13/14/15/16/17/18mm YC-257ABC】参考価格:¥900

こういった複数サイズのセットを持っておくと、自転車の他の箇所にも使えて重宝します。

ナットを外して、コーンと呼ばれるフタを外すと、中にボールベアリングが見えます。

「リテーナー」というリングでボールが繋いである場合もありますが、恐らくボールは1個1個バラバラですので、なくさないよう注意が必要です。

あとは、軸を抜き、フリー側のナットを外し、ボールを取り出せばハブの分解は完了です。

自転車のクランク周りの分解方法

ハブの分解方法を見ていただくと分かると思いますが、連動性があると、分解が大掛かりになります。

大掛かりな分解になるのは、ホイールの他に、ハンドル周りとクランク周りです。

ハンドル周りは、輪行の項で少し触れましたので、ここではクランクの分解方法をご紹介します。

分解はペダルをクランクから外し、クランクをBB(ボトムブラケット)から外し、BBをフレームから外すという流れです。

まず、ペダルですが、先ほどご紹介したハブレンチを使います。

ペダルのレンチを掛けるところは、ほぼ全て15mmになります。

このレンチを使って、クランクとの固定を外しますが、右側のペダル(右足で踏む側)は正ネジですので、左回りで緩みます。

左側のペダルは逆ネジなので、右回りでナットが緩みます。

次にクランクとBBですが、種類が多すぎるので、注意事項を説明しておきます。

クランクは、古いタイプの自転車であれば「コッタレスクランク」ですので、分解には専用工具が必要です。

「コッタレスクランク抜き」で検索すれば、多数ヒットしますので、準備してください。

その他のクランクであれば、六角レンチで外れます。

BBは、もっと厄介で種類が多い上に、全て専用工具が必要です。

・カップ&コーンは「引掛けスパナ」
・カードリッジ式のBBには「BBツール」
・シマノのホロ―テックⅡには「ホロ―テックBBユニットツール」

また、これも左右で外すために、ナットやボルトを緩める方向が違います。

BBは左側が正ネジ、右側が逆ネジです。

ペダルとは真逆ですので、注意しましょう。

自転車は分解して良いのです

今回は、自転車の分解方法をご紹介しました。

主にスポーツ自転車を対象としましたが、分解に対して尻込みしないで、いただきたいと思います。

「スポーツ自転車は分解するものだ」くらいの気構えで大丈夫ですので、積極的に行ってください。

また、自転車を本格的な趣味とするのであれば、ある程度の工具は揃えておきましょう。