自転車関連のブログからおすすめのクロスバイクをご紹介

ネット上には、実に様々なテーマのブログがあり、自転車関連のブログも星の数ほど存在します。

自転車の購入ブログや、ツーリングなどの紀行をつづったもの、役に立つものでは、メンテナンスのブログなどもあります。

これからスポーツ自転車を購入しようとしている方も、ブログは大変に参考になるツールです。

そこで今回は、スポーツ自転車の入門編でもある、クロスバイクの購入にあたっての注意点や、おすすめをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コアなファンが多いイーストンホイールとエコーハブについて

自転車は、自動車ならではの爽快感が味わえます。みなさんはどのようなホイールを使っていますか?...

身長170㎝の男性の標準体重を目指す自転車ダイエット

日本の成人男性の平均身長は約172㎝(2014年調べ)ですから、170㎝前後の人が多いということ...

スポーツ自転車のフェデラルの魅力!アラヤの評価とは!?

アラヤは国内自転車メーカーで、有名なランドナーやスポルティーフを数多く生産してきました。国内...

ツールド沖縄の魅力とは?2016年のレースを振り返ってみた!

皆さんは、沖縄県で毎年開催される「ツールド沖縄」を知っていますか?沖縄では、沖縄の地形を生か...

自転車のブレーキゴムは交換が必要!その種類と交換方法は?

自転車に乗っていて、必ず必要なパーツにペダルやハンドル、タイヤがあります。この他に、必ず装備...

1kmの距離は徒歩で何分掛かる?自転車ならどのくらい?

もし、目的地まで「徒歩1km」と聞いたら、距離感をイメージできますか?また、「徒歩12分」と...

自転車が新品なのに傷ついている!?傷のチェック法と対処法

皆さんは、買ったばかりの新品の自転車にも関わらず傷がついていた、という経験はないでしょうか。...

チェーンスタビライザー搭載!シマノ「ULTEGRA RX」

シマノのリアディレイラーに「ULTEGRA RX」というモデルのリアディレイラーがラインナップさ...

ファニーバイクとはどんな自転車?ピストとどう違う?

ファニーバイクと言われても、ピンとくる人は少ないと思います。もともとは、タイムトライアル...

カンパニョーロのコンポ「ヴェローチェ」の魅力に迫る

イタリアのコンポーネントメーカー「カンパニョーロ」が送り出す製品は、日本のシマノと比較すると、美し...

ストライダープロは「正規品」を購入すべし!並行輸入は不利

「ストライダー」はペダルの付いていない子供用の二輪車で、発祥はアメリカになります。いくつ...

日本一周スポーツバイクの旅!女性におすすめの旅のプラン

自転車に乗って旅をするのは楽しそう、日本一周するものいいかもしれない。そんな風に思っても何か...

bb30は雨に弱い!異音が発生したらオーバーホールで改善!

bb30はbb規格の1つで、キャノンデールが推し進めている規格です。bb30の名前は使われて...

メリダのグランスピードはミドルグレードの「200-D」に注目

「グランスピード(GRAN SPEED)」はメリダのクロスバイクのシリーズで、ロードバイク寄りの...

自転車のカゴを交換したい!どんな種類があるの!?

お子様のご入学に備えて、自転車のご購入を検討している方や、ご自宅にある自転車のカゴを交換したいとお考...

スポンサーリンク

クロスバイクはどんな自転車?

まず、クロスバイクについて特徴を説明しておきます。

クロスバイクは、MTBから派生したスポーツ自転車の機種であり、MTBとロードバイクの中間的な立ち位置の自転車です。

MTBに比べると、軽量なフレームに細いタイヤを使用して、スピードの要素を取り入れています。

それでも、ロードバイクよりも太めのタイヤです。
また、ロードバイクほどではありませんが、前傾姿勢を取れるフレーム形状になっています。

近年の傾向としては、スペックがMTB寄りの車種と、ロードバイク寄りの車種に完全に分かれています。

特に、ホイールに関しては、ほとんどの機種がロードバイクと同じ700cを採用しています。

また、タイヤも細くなる傾向にあり、スピード化の波が来ていると言えます。

とは言え、本来の街乗り車としての趣から大きく逸脱しているわけではなく、価格もMTBやロードバイクに比べれば抑えられています。

クロスバイクだけを取り上げているブログもあるくらいですから、しっかりと市民権を得ている自転車ですね。

自転車関連のブログでクロスバイクのネタが参考になる理由

冒頭で、クロスバイクの購入を考える際には、自転車関連ブログを参考にと言いましたが、これにはもちろん理由があります。

例えば、ロードバイクはレース機材として開発されているので、必然的にインプレなどもレースに向けたものが多くなります。

メーカーと専属契約を結んでいる元プロレーサーや、現役のレーサーが感じたインプレが並びます。

参考になる部分もありますが、大抵はプロの脚力ありきのことだったり、専門用語の羅列で、今ひとつ意味が分からないような文章もあります。

また、メーカーから依頼を受けて書いている記事は、どうしてもネガティブなことが書きにくくなります。

その分、美辞麗句だけが並ぶ「ちょうちん記事」になりやすいので、信憑性に欠けるきらいがあります。

その点クロスバイクは、プロがインプレしているようなことは、ほとんどありませんので、ホビーライダーの人の使用感や意見が見れます。

より自分に近い存在の人のインプレなら、これから購入する際には大いに参考になるはずです。

自転車関連ブログ1番人気のクロスバイクはこれ!

ここからは、自転車関連ブログへの掲載率が多い、クロスバイクをご紹介していきます。

まずは、スポーツ自転車の販売台数では世界一とも言われる、台湾の「GIANT(ジャイアント)」の人気クロスバイクです。

【ESCAPE R3】参考価格:¥50,000

とにかく、クロスバイクのブログを検索すると、必ずと言ってよいほど、目に留まる1台です。

コスパ最強というメーカーのキャッチフレーズ通り、この価格で多くのシマノ製パーツを採用しているのはさすがです。

しかも、入門機でありながら本格的なジオメトリになっているので、スポーツ自転車初心者から中級者くらいまで満足できる内容です。

ブログでは通勤に使っている人をよく見かけますので、ある程度のロングライドもこなせます。

ブレーキやタイヤにカスタマイズの余地がありますが、それは慣れてきたら行なうとして、当面の1台としては何ら文句のないものです。

2018年モデルも既に発表されており、全5色で展開されています。

ただし、本当に人気なので、他の人とかぶることが嫌な人は、別の選択肢を考えた方が良いかもしれません。

ブログ掲載率の高いクロスバイク

引き続き、自転車系ブログへの掲載率の高いクロスバイクをご紹介していきます。

【SPECIALIZED(スペシャライズド):SIRRUS SPORT DISC(シラス スポーツ ディスク)】参考価格:¥82,000

アメリカの人気メーカー・スペシャライズドのクロスバイクです。

カーボンフォークにディスクブレーキ、32cのタイヤを使用していますので、多少のオフロードなら全く苦にならないでしょう。

泥除けやキャリアを後付けできるダボ穴も切ってあるので、通勤・通学にも最適です。

ただし、ドライブトレインに複数のメーカー品が入り乱れているのは少々残念なので、将来的には統一させたいところです。

【RITEWAY(ライトウェイ):SHEPHERD(シェファード)】参考価格:¥56,000

日本の自転車メーカーなので、日本人の体格に合わせたジオメトリになっています。

何と言っても、サイズ別にホイールの大きさを変えているのが、大きな特徴です。

24インチ・26インチ・700cの3サイズから自由に選ぶことができます。

タイヤがママチャリ並みの38mmで、フロントギアはシングルなので、入門機としてすんなり入っていける1台です。

ロードバイクにステップアップしたいならこれ!

自転車メーカーによっては、「フラットバーロード」としてカテゴライズされているクロスバイクもあります。

ジオメトリもスペックもほぼロードバイクで、ハンドルだけがフラットバーである自転車です。

ブログなどで良く見るカスタマイズに、クロスバイクのドロップハンドル化があります。
最初はハードルが高いと思っていても、慣れてくるとドロップハンドルにしたくなります。

また、長距離を乗るようになると、持ち手を増やして疲労を軽減させたい、と思うようにもなります。

そこでドロップハンドルを考えるわけですが、MTB用のコンポだと互換性がなく、かなり大掛かりなカスタマイズになります。

その点でいくと、フラットバーロードなら、ハンドルとシフト・ブレーキ一体型レバーの換装だけでロードバイク化ができます。

そのため、将来的にドロップハンドルにしたいということであれば、フラットバーロードを選択する手があります。

個人的には、こちらがおすすめです。

【GIOS(ジオス):CANTARE SORA(カンターレ ソラ)】参考価格¥:88,000

ブレーキ以外はシマノのロードバイク用コンポSORA(ソラ)で統一されており、ホイールもシマノのロードバイク用です。

タイヤも現在のロードバイクの主流である700×25cですから、完璧なフラットバーロードです。

クロスバイク購入時に気を付けたいこと

最後に、クロスバイクを購入するにあたっての注意点をいくつか書いておきます。

これは、多くの先人たちがブログや記事にしていますが、ある程度、名の通ったメーカーのものを選ぶことが第一です。

ホームセンターでも販売しているような自転車はクロスバイク「風」であり、クロスバイクとは呼べないような代物です。

耐久性だけを追求して、やたら重くなっていたり、とんでもないレベルのタイヤだったりするので、すぐパンクしたりします。

主要自転車メーカーは、大体クロスバイクを販売していますので、ぜひとも、そういった中から選んでいただきたいと思います。

また、クロスバイクはママチャリでは当たり前だったものが、標準装備されていません。

カゴはもちろん、ライトやスタンド、泥除けなどもオプションになっていることが多いです。

そのため、防犯登録料やカギも含めて、本体にプラス5~6千円で予算を見積もっておいた方が賢明です。

ブログに頼り過ぎず参考程度に

今回はブログを参考に、おすすめのクロスバイクをご紹介しました。

ブログはあくまでも書き手の主観ですから、全ての人に当てはまるわけではありません。
購入にあたっては参考程度にしていただき、試乗などで自分の目で確かめてから決断するようにしてください。