ジオスのロードバイクを選ぶ際はブログを参考にしよう!

ロードバイクを購入しようと思ったときに、ホームページやカタログは見ると思います。

当然ながら、ネガティブなことは書いていないので、相対的な評価が気になることがあります。

そんなときに、欲しいと思っている機種に関するブログは、とても参考になります。

特に、今回取り上げるイタリアのジオスなどは種類が豊富なので、様々なインプレが役立ちます。
ブログ、参考にしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダの「ライド200」の紹介と中古品のチェックポイント

メリダの「ライド200」は、ロングライドなどのエンデュランス向けに設計された、エントリーグレード...

ビアンキのクロスバイクをカスタムして自分好みの1台に!

スポーツ自転車は、走りに関係しないものは極力省き、軽量化を図ります。そのため、特に街乗りに使...

メリダのクロスバイク「グランスピード」2018モデルをご紹介

メリダは、ロードバイクでもMTBでも、世界最高峰のワールドツアーを戦うチームに機材を提供していま...

シマノのクラリスについて。世界的にも評価の高いシマノ!

シマノのコンポーネントは世界的に見ても高い評価を得ています。シマノのコンポーネントは、各グレ...

メリダ・スクルトゥーラ9000はなぜチームに採用されなかった

メリダにはかつて「SCULTURA(スクルトゥーラ)9000」というフラッグシップモデルがありま...

trekのクロスバイクを自分好みに改造してさらに快適に!

trekなどのクロスバイクに乗っていると、「もっとスピードを出せるようにしたい」「あれを付けたい...

キャノンデール「caad9」の重量は破格の軽さだった!

キャノンデールは、かつて「アルミのキャノンデール」の異名があったほど、アルミフレームにこだわりを持っ...

エスケープR3でサドル交換をするならどんなサドルが向く?

ジャイアントの「ESCAPE R3(エスケープR3)」は、クロスバイクでは毎年のように販売上位に...

プロフォーマットの答えは?アンカー・RS8のインプレ情報

ブリジストン・アンカーのロードバイクのフラッグシップモデルと言えば「RS9」ですが、そこをルーツ...

ビアンキのローマの特徴と簡単にできるカスタム法をご紹介!

スポーツ自転車で有名なメーカーと言えば、ビアンキですよね。中でも、ローマシリーズは世界で...

ロードバイクの値段が安いものと高いものの違いはなに?

世の中には、たくさんのモノが溢れています。その中で同じものなのに、値段が違うということがあります...

ロードバイクのホイールのベアリングの種類と長・短所を確認

ロードバイクは回転力が動力になりますので、走りの質はいかにして回転体をスムーズに回すかに掛かっていま...

安全と快適な走りを!ロードバイクのタイヤメンテナンス

ロードバイクに乗っている皆さんにとって、ご自身の愛車のメンテナンスは欠かせないものとなっているでしょ...

ロードバイクのシフター!シマノSTIレバー取り付け方法

ロードバイクのシフターは、走行性能に大きく影響を与えるパーツの1つです。シフターにも様々あり...

メリダのロードバイクはコスパ良し?真相を価格から追究する

メリダのロードバイクは、完成車状態でのコストパフォーマンスが高いことで知られています。しかし...

スポンサーリンク

ロードバイク関連ブログの種類

ジオスに限りませんが、ロードバイクに乗っている人のブログには、以下のようなものがあります。

ひとつは、自分が購入したロードバイクを紹介するブログです。

スペックを事細かに紹介しているもの、実際に走ったインプレを載せているもの、ただ自慢しているものなど、形態は様々です。

次は、色々なメーカーのバイクを比較検討しているブログです。

スペックを見て推測しているもの、実際に展示会や試乗会に出向いて、写真付きで解説しているものもあります。

そして、私が一番参考にしているのが、修理やカスタマイズを説明してくれるブログです。
これは、写真や動画付きで紹介してくれていますので、実に分かりやすいです。

極端な例かもしれませんが、私は10年以上も前に書かれたヘッドパーツの仕組みについてのブログを、今でも参考にしています。

あとはツーリングの記録、いわゆる旅行記です。

これはロードバイクの性能とかではなく、名所や観光地、グルメを紹介したり、景色の良い写真を載せたりしています。

また、自分の走った記録用に残している人もいます。

ジオスのロードバイクはスチールフレームが主流

「ジオス」はジオス・ブルーでお馴染みの、イタリアの自転車ブランドです。

日本では販売代理店を通していますが、レース機材というよりは、ホビーライダー向けの機種が目立つ印象です。

価格が全てではないですが、同じイタリアメ―カーでも、コルナゴやデローザなどの高級ブランド志向とは、一線を画す戦略が見えます。

日本での販売はロードバイク・クロスバイク・ミニベロが主力です。

ジオスのロードバイクの特徴は、スチールフレームの多さです。

現代のカーボン・アルミ2強時代には見られない特徴で、ジオスはロードバイクでも、スチールフレーム車が最も多いです。

また、同じイタリアのチューブメーカー「コロンバス」社のチューブを多く使用しています。

後ほど詳しくスペックなどを紹介しますが、ブログなどに取り上げられることが多いのは、クロモリフレームの【FELLEO 105】です。

カーボンフレームで20万円台の【TORNADO】、フラットバーロードの【CANTARE】などです。

そして、ほぼ全車に使用されているのが、代名詞であるジオスブルーです。

ブログで取り上げられることが多いジオス【FELLEO 105】

では具体的に、ジオスのロードバイクを見ていきましょう。

まず、ブログで取り上げられることの多い【FELLEO(フェレオ) 105】です。

コロンバス製のクロモリフレームに、ジオスブルー1色のみの扱いなので、いかにもジオスらしい1台です。

シマノ・105のフルコンポに、ホイールまでシマノ製です。
この機種に限らず、ジオスはドライブトレインとホイールに、シマノ製を揃えるこだわりがあると見られます。

ジオメトリを見ると、ホリゾンタルスタイルで、きれいなダイアモンドフレームです。

トップチューブやヘッドアングルは平均的ですが、チェーンステーがレーシー仕様の405mmです。

インプレを見る限りでは、レーシーな感覚を持っている人はあまりいません。

カーボンフォーク装備ということも影響しているのか、むしろ衝撃吸収性の良さを取り上げる人が多いです。

また、クロモリフレームなので、坂に対する厳しい評価は否めないですが、グリップ力の高さを評価する声もあります。

高速でガンガン走るようなイメージではなく、通勤や街乗りに考えても良いロードバイクではないでしょうか。

カーボンロードバイクなら【TORNADO】

次にご紹介したいのは、カーボンフレームのロードバイク【TORNADO(トルネード)】です。

フレームセット単体で14.8万円という、フルカーボンフレームとしては、手が出しやすい価格設定と言えます。

コンポは選択できる形で、シマノ・アルテグラのDi2と機械式、105の中から選べます。

それに伴って、ホイールのグレードが変わる仕組みです。

後のカスタマイズを視野に入れるなら、最初はむしろ、105で価格を抑えておくのがおすすめです。

ジオメトリが攻撃的すぎないので、ユーザーさんの紹介ブログを見ても、オールラウンダーと評価されています。

マットブラック1色の展開ですが、ジオスブルーがさりげなく挿し色で入っているのが、おしゃれですね。

その他のインプレで目立ったのは、直進安定性の高さです。

ヘッドアングルが寝気味でチェーンステーも長め、加えて真っ直ぐ走ってくれるとなると、長距離でも楽に走れます。

これで105モデルなら23万円台ですから、相当なコスパの高さと判断できます。

ジオスでブログ登場数が最も多いのいは【CANTARE】

ブログに掲載されている数だけなら、ジオスのバイクの中で最も多いのは【CANTARE(カンターレ)】でしょう。

ドロップハンドルではないので、ロードバイクのカテゴリーには入っていません。

しかし、ブレーキ以外がシマノ・ソラで統一されており、ホイールもロードバイク用ですから、フラットバーハンドルでなければ完全なロードバイクです。

カテゴリーは別として、ジオスを代表する街乗り車の1台で、あくまでも個人的なイメージですが、本当によく見かけます。

特に最近は自転車通勤をしている人が増えているのですが、自転車用のブログでなくても、さりげなくカンターレで通勤しています、的なことが書いてあったりします。

フロントフォークがカーボンというのも、通勤である程度の距離を走る際は、衝撃吸収してくれて良いですね。

このレベルのバイクは、ママチャリからの乗り換えが多いようですが、とにかく軽い力で漕げるとの声が多いです。

また、10万円を切る価格帯のため、高額なバイクにありがちな、ただ持ち上げたり絶賛するだけの「ちょうちん記事」が少ないのも信憑性があります。

良くも悪くも価格通り、気になるところがあれば、どんどんカスタマイズしていく…そんなバイクだと思います。

ジオスのミニベロもよくブログに書かれている

ジオスのバイクを取り上げたブログを色々と見ていますと、ロードバイクの他には、ミニベロを題材にしたものも多いです。

ジオスのミニベロは、ドロップハンドルにSTIレバーを装備したミニベロロードに、泥除けやキャリアが標準装備されている街乗り仕様まで、様々です。

ブログに掲載が多いのは【MIGNON (ミグノン)】です。

スチールフレームの細身でスタイリッシュさと、完全ホリゾンタルスタイルのクラシックな雰囲気が、エントリーグレードを感じさせません。

やはりここは、ジオス・ブルーに乗っていただきたいですね。

ドロップハンドル車は【PANTO(パント)】です。

これに関しては賛否両論分かれるところですが、スペックがロードバイクなので、価格の約15万円が微妙ですね。

リア10速シマノ・ティアグラ搭載なら、個人的にはロードバイクで良いのかなと思います。

ブログでは、あまり価格に触れているものがないので、参考程度に考えてみてください。

ジオスのイメージは依然としてネガティブなのか?

今回は、ジオスのロードバイクを掲載しているブログをチェックしました。

個人的には良いイメージですが、以前ネットでも話題になったある著書のおかげで、ネガティブなイメージが残っているなと感じました。

「ジオスがこんなこんな高いレベルのものを作っているのか」と驚いたような論評のブログがありました。

一度付いてしまったイメージの払拭は難しいと感じさせましたが、ジオスの物作りは変わらず、しっかりとしていました。