ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ジオスのミニベロはタイヤ径が大きい!優れた走行性能に注目

2018.2.6

イタリアのスポーツ自転車メーカー・ジオスですが、近年は、やや街乗り車を多く、ラインナップさせている印象です。

そうなると、ミニベロのラインナップも気になるところですね。

また、ミニベロはタイヤ(ホイール)に注意すべき点があります。

そこで今回は、ジオスのミニベロを確認しながら、タイヤについても確認していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

日本発祥の自転車とは!?自転車で女性でも筋肉が付くの?

誰もが知っている自転車ママチャリは、実は日本が発祥ってご存知でしたか? 実は、日本は自転車に乗...

ストライダーのホイールをカスタムすると重量が重くなる?

ストライダーは対象年齢が2歳~ということもあり、車体がコンパクトで重量もとても軽くなっています。...

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムで落車が起きる?

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムといったら大規模な自転車レースイベントで、世界のトップレーサ...

上高地をサイクリング!上高地の素晴らしい景色を堪能しよう

上高地って良く聞くけど、何処にあるの?どんなところ?どんな魅力があるの?、と思っている方のために上高...

スギノのクランクとは!?スギノ社製クランクや他製品の評判

皆さんは、ロードバイクやピストバイクに付いているクランクの国産ブランドといえばどのブランドを思い...

ホイールのフリーハブとスペーサーの関係性を徹底解明!

完成車に乗っていると、さらに速度を上げたり楽な走りを実現するために、ホイールを交換したいと考える人が...

中国・ドイツの自転車事情と自転車性能の違いを比較!

皆さんは、自転車を選ぶとき、何を基準に選びますか? やはり公道を走るものなので、安全性は重視し...

大阪から東京を自転車でツーリング!ロングライドの注意点

大阪から東京までの距離約600キロメートル!! 出先で起こりうる様々なトラブルが考えられます。...

色々な自転車のスタンド交換方法!スポーツ自転車には?

自転車のスタンドにはいくつかの種類があります。 両立スタンドや片側スタンド、さらにはスポーツ車...

ラレーってどんな自転車メーカー?評判を探ってみよう!

ラレーという自転車メーカーをご存知でしょうか。 ラレーは1888年イギリスで誕生しました。 ...

feltのエアロロードバイクar5をブログで検証してみる

近年は、ブログなどで自分のロードバイクを紹介したり、ツーリングの紀行を書いたりしているものを、よ...

実は街乗り最強?mtbをロード化した自転車を見直してみた!

かつては人気だったmtbをロード化した自転車は、最近のロードバイク人気や、クロスバイクの一般化...

mtbでトレイルライドに挑戦!安全に楽しく京都を走ろう!

mtbで林道を走って峠からの景色を楽しむトレイルライドが、最近人気です。 山道を安全に走行する...

バーレーン メリダが使用しているヘルメットのメーカーは?

多くの強豪選手が所属し、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスといった、名だたる自転車レースに出...

シマノ製コンポ装備自転車のギア比とギア交換の必要性

シマノといえば、シティサイクル~ロードバイク等の競技用自転車までコンポーネント(コンポ)類のパーツに...

スポンサーリンク

ジオスはどんなメーカー?

ジオスですが、近年は日本代理店である「ジョブインターナショナル」が、企画を行っています。

つまり、日本でのジオスは、名義だけをジョブインターナショナルに貸している状態になっているということです。

それによって、日本人が乗りやすいエンドユーザー向けの街乗り車が増えているようですし、メイド・イン・台湾車が多くなっています。

昔のジオスを知る人からは「誇りを捨てたのか?」や、「質実剛健さを失った、ただのオシャレ自転車」などと揶揄されることもあるようです。

また、ある著書の偏った論評で、ジオスとは関係ないところで、大きくブランドイメージが傷ついた経緯もあります。

確かに今のジオスは、コンポは「シマノ」、タイヤは「ヴィットリア」のような、悪く言えば大衆迎合を狙った部分もあります。

しかし、それはどこのメーカーでも多かれ少なかれあることですし、今や台湾や中国で生産していないメーカーのほうが少ないくらいです。

ただ、レース機材をどんどん投入するようなメーカーでは、なくなったかもしれません。

しかし、その分ミニベロやクロスバイクが充実したのなら、そこを評価しても良いのではないでしょうか。

ミニベロはタイヤサイズが小さい自転車

ミニベロはフランス語で「小さな自転車」という意味で、日本では小径車と呼ばれます。
文字通り、車輪やタイヤの小さな自転車で、20インチが主力です。

スポーツ自転車のカテゴリーに入りますが、ママチャリの延長上にあるような機種も多く、様々な用途に対応します。

さすがに車輪が小さいので、スピードや高速巡航性ではロードバイクやクロスバイクには譲りますが、漕ぎ出しの軽さや、小回り性で一歩リードというところです。

ジオスのミニベロにもラインナップされていますが、ドロップハンドルを装着したミニベロロードもあります。

用途が多様化される中で、十分にホビーライダーのツーリングなら、こなせるでしょう。

ミニベロで市場の評価が高いメーカーは、ジオスと同じイタリアの老舗「ビアンキ」、スイスの「ブルーノ」、折りたたみ自転車専業メーカーの「ダホン」辺りです。

その他にも、安いミニベロを多く扱う「ルイガノ」や「ドッペルギャンガー」なども、入門機として人気が高いようです。

ジオスのミニベロ①

では、ジオスのミニベロを見ていきましょう。

ジオスのミニベロは、2017年のラインナップでは6種類あります。

ドロップハンドルのミニベロロード3種に、フラットバーハンドル3種です。

まずは、一番人気の【MIGNON(ミグノン)】からご紹介します。

安定感のあるジオメトリに、大きめの外径451のホイールとタイヤで、ママチャリとスポーツ自転車のバランスを上手く取っているイメージです。

ジオスのコンセプトでは、スポーツ自転車の入門編としての位置付けです。

リア8速で、シフターにシマノのラピッドファイヤー式を採用しており、確かにスポーツ自転車を購入したんだなと思わせてくれます。

約6万円ですので、コスパに優れているとまでは言い切れませんが、価格相応の良い1台ですね。

次は、ジオスのミニベロの中では、ハイエンドモデルになる【PANTO(パント)】です。

ドロップハンドルに、ロードバイク用のシマノ・ティアグラのフルコンポです。

フロント2速はコンパクトではなくノーマルクランクで、リアもクロスレシオなギア構成(11-25T)になっています。

タイヤさえ20インチじゃなければ、ロードバイクそのものです。

クロモリフレームにカーボンフォーク採用ですから、贅沢なミニベロと考えてください。

ジオスのミニベロ②

ジオスのミニベロ紹介を続けます。

次は、【FELUCA(フェルーカ)】です。

パントの廉価版という位置付けになりますが、メインコンポにシマノ・ソラのニューモデルである、R3000番を配しています。

パント同様、クロモリフレームで耐久性は保証されています。

10万円以下でミニベロロードを探している方には、コスパ的にもおすすめの1台です。

そして、ジオスのミニベロの中で、ひときわ異彩を放つのが、【FELUCA PISTA(フェルーカ ピスタ)】です。

こちらは変速機のない、シングルスピード車です。

パントを参考にしたジオメトリですが、ヘッドアングルが立ち気味になっており、乗りやすさも加味されています。

フロントのチェーンリングが48T、リアのスプロケが16Tのギア比3.0は、標準的なシングルスピード車に近付けられています。

ホイールのリムハイトが高いことも加味すると、急勾配な坂道や漕ぎ出しに、若干重さを感じるギア比だとは思います。

しかし、ミニベロでもスピードが欲しいとなれば、選択肢に入ってくる1台です。

その意味では、タイヤをもうワンサイズ細くしても良いかもしれません。(1-1/8から1インチに替える)

ミニベロはタイヤの規格に要注意

さて、ここまでジオスのミニベロをご紹介してきました。

ジオスのミニベロの特徴のひとつに、スポーツ自転車色が強いということがあります。

ドロップハンドルにロードバイク用のコンポと、分かりやすい特徴に加えて、タイヤの外径が大きいことが挙げられます。

ジオスのミニベロのサイズは全て20インチですが、ホイールは20インチでも、大きい方のサイズが採用されています。

自転車のタイヤは規格が乱立していて、単位が統一されていません。

ロードバイクの700cは、タイヤの外径が700ミリという意味なので、ミリ表記です。
一方、ミニベロやmtbは、タイヤの外径をインチで表記しています。

これでは互換性が分かりずらいということで、【ETRTO】という統一規格が制定されました。

ホイールのリムの内側にタイヤがはまりますが、ここを「ビード」と呼びます。

このビード径が合えば、タイヤをホイールにはめられる、いわゆる互換性があるということで、ビード径で表記を統一したのがETRTOです。

しかし、20インチの場合は、ビード径「406」と「451」の2つのETRTOが存在します。

「20インチ」は、ホイールにタイヤをはめたときに、タイヤの一番外側の直径がおおよそ20インチになるという考え方です。

そのため、「406サイズを19インチとは言えないが、451を21インチとも言えない、結局両方とも20インチにしちゃえ」的な決め方です。

しかし、この2つのサイズは単純にビード径で45mmの違いがありますし、タイヤ外径にすれば50mm以上差が出ることもあります。

また、根本的にリムのビードの形が違い、互換性は全くありませんので、451規格のホイールに406規格のタイヤは装着できません。

タイヤ外径の大きいミニベロならジオス!

ミニベロのホイールとタイヤには、異なる規格があるということでしたが、ジオスのミニベロは全て「451」規格です。

タイヤの外径は大きいほどに、スピードに乗ってからの維持がしやすくなります。

また、451規格のホイールは細いタイヤを履くことが前提ですので、安定感というよりは、スピードに寄っている規格です。

そのため、スポーツ自転車色の強いジオスのミニベロは、451が採用されているわけです。

しかし、タイヤの外径が大きいと漕ぎ出しに力を擁しますし、小回りも利かなくなるので、ミニベロの軽快さが失われている部分もあります。

しかし、それはあくまで406規格との比較上のことであり、ロードバイクに比べれば、軽快なのは言うまでもありません。

それでも、もう少し軽快さが欲しいと考えている方は、いらっしゃると思います。

その場合、もし今のミニベロが451規格であれば、ホイールごと406規格に交換しなければなりません。

先述したように、互換性がないので、タイヤを406にするだけでは使用できません。

ミニベロの完組ホイールを製造しているメーカーは少なく、自力で見つけるのも難しいので、この場合はショップに相談したほうが賢明です。

ジオスのミニベロはスピード寄り

今回はジオスのミニベロと、ミニベロのタイヤ(ホイール)の規格についてお話しました。

ジオスのミニベロは、スポーツ自転車の入門機的な位置付けで、機能性よりは走行性重視のタイプが多いです。

そのため、タイヤの外径も大きくなり、巡航性がアップしいています。

本格的な山登りなどは厳しいかもしれませんが、平地のツーリングであれば、長時間走行にも対応できるはずです。

 - まだまだ知りたい自転車のあれこれ, ミニベロ, 自転車全般