シフトレバーとブレーキレバーに交換!ロードバイクを改造

ロードバイクのシフトレバーと言えば、ブレーキと一体型になっている、デュアルコントロールレバーが一般的です。

シマノのSTIレバー、カンパのエルゴレバーなどです。

定番化されていますが、使い勝手が悪いという意見が皆無かと言われると、そうでもなさそうです。

実際に、私の知人の中には一体型レバーを止め、単独レバーを使っている者もいます。

そこで今回は、一体型レバーから単独レバーへの交換を考えてみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのホイールにおいてのリムハイトの重要性

ロードバイクのホイールは、1本1本、様々な特徴の違いがあります。中でも、見た目から、その違い...

自転車競技のプロになるための予算は?年収はどのくらい?

自転車競技のプロというと、日本だと競輪選手が一般的です。競輪選手は、トラックレーサーと呼ばれ...

自転車のタイヤを交換、購入したい!おすすめなタイヤは!?

自転車のタイヤが擦り減ってくると、新しいタイヤの購入をお考えではないですか?タイヤがすり減る...

ストライダーの対象年齢は2歳から!レースにも出れる?

「ストライダー」は子供用のペダルなしの二輪車のことで、世界150万人のお子さんが楽しんでいると言われ...

東京都町田市で起きた自転車の踏切事故から学ぶ安全対策

2013年3月29日。東京都町田市のJR横浜線、成瀬駅から町田駅の間の踏切で猛スピードで自転...

タイヤビードが上がらないときでも上げる効果的な方法!

ロードバイクのクリンチャータイヤで、タイヤを外して、再度はめることって結構ありますよね?パン...

雪道で自転車タイヤが滑るのを防ぐ方法はある!?

雪道を自転車走行することは、スリップの可能性があり大変危険です。出来れば乗らないのが一番です...

自転車のクランク周辺から異音がする!原因は?

自転車に乗っていると色々な音がすることがあります。その中でも故障に繋がるような音を「異音...

giosのミニベロの特徴!定番バイクとタイヤ交換のポイントをご紹介

イタリアの老舗自転車メーカー・gios(ジオス)は、車種が豊富なことで有名です。ロードバイクを中...

サイクルウェアは競技用?レディースのカジュアルウェア!

スポーツバイクに乗ってサイクリングやツーリングに出かけるようになると、その際の服装が気になり始め...

自転車に貼ったシールやステッカーのはがし方!!

自転車に、シールやステッカーを貼っている人も多いでしょう。しかし、一度貼ってしまったシールや...

スプロケット交換時にチェーンも交換しなければいけないの?

リアギアの歯車であるスプロケットを交換するときに、それに掛かっているチェーンも交換する場合があり...

雷が鳴った場合の自転車走行の注意点!傘差し運転は違法!

自転車走行中いきなり雷が鳴り出した!そんな時自転車に乗り続けたほうがいいのか、いったん非難す...

自転車の電気がつかない原因とは!?対処法とライトの特徴

夜、自転車走行しようと思ったら、電気がつかない!!そんなとき困りますよね?自転車の電気が...

ロードバイクのホイールを取り扱うメーカー一覧

ロードバイクはホイールをレベルアップすると、走りが劇的に良くなると言われます。それを見越して...

スポンサーリンク

ロードバイクのシフトレバーはブレーキとの一体型が基本

今回は、あえてデュアルコントロールレバーを止めるという視点で、話を進めていきます。

また、STIレバーはシマノの製品名ですが、今回は一体型レバーの総称として、使用させていただきます。

ロードバイクの醍醐味は、ドロップハンドルとSTIレバーでしょう。

前傾姿勢が基本のロードバイクでは、ブラケットポジションや下ハンドルから、シフトレバーやブレーキを操作できるSTIレバーが最適です。

STIレバーは、もう25年以上も前に使用が開始されており、それ以来、このシステムと交換できるようなものは登場していません。

まず、やはり1本のレバーで、シフトチェンジとブレーキングが同時に行われる機能性の高さは、疑いようがありません。

また、細かい点ですが、ワイヤーケーブルが同じ場所から出ているので、煩雑になりづらいというメリットがあります。

しかし、デメリットを感じている人もいますので、次項でまとめてみましょう。

ロードバイクのSTIレバーのデメリット

ロードバイクのSTIレバーを使用していて、デメリットと感じる意見をまとめますと、ブレーキ関連が主になります。

まず、下ハンドルからでは、手が届きにくいという意見が多いですね。

ロードバイクのブレーキレバーは、テコの原理で下ハンからでないと、強く握れません。
しかし、手が届かないのでは何の意味もなく、ただ危険なだけです。

スペーサーをかまして、物理的に近付ける方法もありますが、ブレーキの引き代が、おかしなことになりかねません。

また、ハンドルの水平部分を握っているときのブレーキングは、持ち替えが必要になります。
そのため、急ブレーキなどの咄嗟のブレーキングは、確実に一歩遅れます。

補助ブレーキを装着する手もありますが、それだったら、STIレバーを交換しても良いはずです。

シフトレバーにしても、STIレバーが高い位置に付いている場合は、下ハンからでは指が届きずらいとの意見があります。

レースでもない限り、シフトチェンジはブレーキングほど、急を要することではないでしょう。
しかし、全体的に手の小さい日本人には、厳しい仕様なのかもしれません。

STIレバーから単独のシフトレバーとブレーキレバーに交換

上記のことをデメリットと思わない人が大勢いるのは、理解しているつもりです。

「ブラケットポジションで何でもこなせるようにならなくちゃロードバイクに乗っている意味がない」
ごもっともです。

しかし、昨今のスポーツ自転車ブームにより、ロードバイクの用途も多様化しています。

普段使いの足として、通勤などに使用している人は珍しくありません。

そのため、その用途に合うようなカスタマイズは、決して否定できるものではないでしょう。

STIレバーだって、例外ではありません。

不便に思ったら、交換しても良いのではないでしょうか?

STIレバーを止めるに当たっては、選択肢が2つあります。

ドロップハンドルを継続したまま、シフトレバーとブレーキレバーを交換する方法。
ハンドルも水平なフラットバーに交換してしまう方法。

これは用途によっても変わりますが、現実的なのは、ハンドルは現行のままレバーだけ交換するやり方です。

ただし、ドロハンに限界を感じている場合や必要性がないと判断すれば、ハンドルごと交換するのもありですね。

シフトレバーはダウンチューブシフターに交換する

それでは、STIレバーを止め、単独のシフトレバーとブレーキレバーに交換する方法を、ご説明していきましょう。

今回は、ドロップハンドルのまま、レバーだけ交換するカスタマイズをご紹介します。

まず、シフトレバーですが、ダウンチューブシフターを使用します。

STIレバーが全盛になる前のロードバイクの主流シフターなので、実績がありますから、信頼度が高いです。

ダウンチューブに取り付けますので、台座が必要ですが、ロードバイクの中には、最初から台座が用意されている機種もあります。

なかったとしても、後付けのマウントが販売されていますので、それを使います。

ダウンチューブシフターには「フリクションタイプ」と「インデックスタイプ」があります。

インデックスタイプはSTIレバーのように、1段ずつ変速する位置が決まっていて、カチッ、カチッと変速されます。

フリクションタイプは位置が決まっていないので、感覚で1段分ずつ動かしていくことになります。

インデックスは位置が決まっているので、スプロケやディレイラーと変速数を合わせないと使えません。

フリクションは何速であろうが、さじ加減でいくらでも動くので、変速段数を気にしなくて良いのがメリットです。

インデックスタイプのものは、変速段数が限られますが、安心・安定のシマノ製です。

ただ、11速のものが見当たらないので、11速のロードの方は、シマノ製以外のものになります。

次項で、具体的な製品をご紹介します。

ロードバイクのダウンチューブシフター

それでは、ロードバイクのシフトレバー交換用ダウンチューブシフターの製品をご紹介します。

【SHIMANO(シマノ):SORA SL-R400(Wレバー)】
参考価格:¥3,100

SORAグレードですが、リア8速のインデックス式です。
フロントは、フリクション式です。

【SHIMANO(シマノ):SL-7900 左右レバーセット】
参考価格:¥7,400

フロントはフリクション式で、リアは10速のインデックス式です。
デュラエースグレードのシフトレバーになりますので、性能はお墨付きです。

【DIA COMPE(ダイアコンペ):Wシフトレバー仕様】
参考価格:¥5,200

前後共にフリクション式ですので、変速段数問わず使用できます。

【Mr.CONTROL(ミスターコントロール):ダウンチューブシフターマウント アダプター φ28.6mm-φ31.8mm 〔CL-DTDR1〕】
参考価格:\3,200

ダウンチューブ用の台座です。

φ28.6mm-φ31.8mmは、ダウンチューブの太さですので、対応できるかどうか確認してください。

ただ、ひとつ注意していただきたいのは、走行中にハンドルから片手を離して、シフトレバーを操作します。

そのため、頻繁にシフトチェンジをするような乗り方には、不向きと言えます。

ブレーキレバーはブラケット取付用に交換

シフトレバーを交換したら、次はブレーキレバーですが、残念ながらドロハンの水平部分に、フラットバー用のレバーは径が合わないので取り付けられません。

そのため、ブラケットに取り付けるものを使いますが、そうなると指が届かない問題が気になるところです。

しかし、製品によっては、STIレバーに比べれば融通は利くようです。

昔ながらのランドナーやツーリング車は、この仕様になっていますので、決しておかしな方法ではありません。

それでも不安がある場合は、相当なレアケースですが、補助ブレーキレバーを水平部分に取り付けます。

では、ブレーキの製品をご紹介します。

【DIXNA(ディズナ):ジェイリーチ ブレーキレバー】
参考価格:¥3,800

ロードバイクのブラケット部分に取り付けるタイプです。
商品の説明を見ていると、正に今回のカスタマイズの趣旨にピタリと合うなと思い、選択しました。

下ハンとブラケットポジション、どちらからでもブレーキが掛けやすいとの評価が多いレバーなんです。

全体的に小ぶりで、レバーも近めに設定されているので、指の短い方や女性にも最適だと思います。

周囲の目は気にしなくて良い!

今回はSTIレバーを外して、シフトレバーとブレーキレバーを単独にするカスタマイズをご紹介しました。

本編でも言いましたが、レアな仕様だからといって、周りの目を気にする必要はありません。

ロードバイクが、絶対にSTIレバーじゃなくちゃいけない理由などないですからね。

あくまでも安全第一、自分の用途優先で良いんです。