ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

フルクラムのレーシングゼロの重量~軽さが全てなのか?

2018.2.4

フルクラムは世界的な自転車パーツメーカー「カンパニョーロ」の子会社で、ホイール専業メーカーです。

中でもアルミリムのハイエンドモデル「レーシングゼロ」は、本家カンパを超えたという人もいるほど、ファンの多いホイールです。

また、このクラスになってくると重量競争になってくるところがありますが、近年はワイドリム化が進んでいるので、増加傾向にあります。

そこで今回は、他メーカーとの比較などもして、レーシングゼロを確認していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スペシャライズドのパワーサドルをどうセッティングするか?

スペシャライズドで絶大な人気を誇る「パワーサドル」ですが、形状が独特のためセッティングが難しいと...

feltのエアロロードバイクar5をブログで検証してみる

近年は、ブログなどで自分のロードバイクを紹介したり、ツーリングの紀行を書いたりしているものを、よ...

注目されない自転車パーツ?「ブレーキレバー」選択は超重要

自転車パーツのなかで、あまり注目されないパーツが、ブレーキレバーではないでしょうか。 しかし、...

幅広甲高の子供靴の選び方!ピッタリの靴で子供と遊ぼう

子供靴はいろいろなデザインのものがあり、目移りしてしまいますよね。 ですが、子供の足が幅広甲高...

スペシャライズドのMTBに注目!評判が良い理由は?

スペシャライズドは今でこそ、ワールドツアーに参加するチームにロードバイクを提供するメーカーですが...

自転車のトーインとはタイヤの内減りを減らすための調整?

自動車では、一般的な「トーイン」という用語ですが、自転車用語としても使われています。 ただし、...

少しややこしいカンチブレーキ、その構造と調整方法!

カンチブレーキは他のブレーキに比べ調整方法がやや複雑であると同時に、制動力があまり強くないなど、他の...

オリンピックの自転車競技で日本人が弱いと言われる理由

オリンピックや自転車競技の大会を観戦していて、欧米人が強く、日本人が弱いのを目の当たりにすることがあ...

エンド幅135mmの自転車に、130mmホイールの取り付けは可能?

クロスバイクに乗っていると、走行性能をアップさせる目的で、ロードバイク用のホイールを履かせるといった...

自転車のカゴは修理できる?意外に簡単なカゴの修理方法

自転車のカゴ、いつの間にか壊れてしまうことも少なくありません。 自転車のカゴは買い物をした際、...

自転車で荷物を携帯するならサドルバッグ!付け方をご紹介

スポーツバイクの中でも特にロードバイクには、荷物を運ぶという概念がありませんので、ボトルケージ以...

サイクルウェアとインナーパンツは必要?それとも不要?

最近では、サイクルウェアを着てカッコよくロードバイクに乗っている人も増えてきています。 しかし...

サイクルウェアの常識を打ち破るナリフリの独自性とは

サイクルウェアと聞くと、肌に密着したサイクルジャージを思い浮かべるか方も多いかと思いますが、少な...

自転車のブレーキの汚れを放っておいてはいけない!

自転車にとってブレーキは命を預ける命綱ですから、日々の点検整備が不可欠です。 ブレーキは構...

自転車の空気圧は、ママチャリでも測定できる!

皆様の自転車は、しっかり空気が入っていますか? 自転車のタイヤに空気が入っていないと、とても走...

スポンサーリンク

ホイールが重量にこだわる理由

ロードバイクのホイールを選ぶ基準のひとつになるのが、重量でしょう。

基準のひとつと言うより、最も比重が高いと言っても、過言ではありません。

一概には言えませんが、軽量になるほど価格が上がっていくのは確かです。

フルクラムでは、クリンチャーモデルの最軽量ホイール「レーシングゼロ・カーボン」と最重量「レーシング7」では、約400gの差があります。

この400gで、価格差が実に22万円以上になります。

重量以外にも、この価格差を生む要素はいくつかありますが、ロードバイクのホイールというのは、こういうものです。

なぜ、ここまでして重量にこだわるのかと言いますと、スピードに特化しているロードバイクは、空気抵抗との戦いです。

空気抵抗の約9割は、風を受けて走っている乗り手=人間に対してのものです。

これは致し方ないこととして、自分でできることは、前傾姿勢を深くするか、頑張ってダイエットするくらいです。

そのために、できるだけフレームやパーツで、空気抵抗を減らす工夫をするわけです。

その中でも、空気抵抗が大きいのは、回転しているホイールです。

パーツの大きさを考えても当然のことですが、ホイールの空気抵抗を減らすことが、スピードアップに大きく関係してきます。

そのため、空気抵抗を少なくするには、できるだけ軽量にしたほうが有利ということで、各メーカーがこぞって軽量ホイールを製造しているのです。

ホイールはリムの重量がカギ

自転車のホイールは、タイヤをはめる外周部分の「リム」、骨組みに当たる「スポーク」。

スポークをリムに支持する留め具「ニップル」、そして車輪中央で全てのスポークの受けになる「ハブ」で構成されています。

この中で、どの部分の重量が重要かというと、外周部分の「リム」です。

ここに、タイヤがはまって転がることになるので、軽量なほど、よく転がるようになります。
そのため、軽量ホイールの多くは、リムがカーボン製になります。

ところが、カーボンは金属に比べて素材自体のコストが高いので、それだけカーボンリムのホイールは高額になります。

プロがレースに使うバイクも、ほとんどがフレームにカーボンを使用したものですが、市場価格で100万円を超えるものも少なくありません。

ロードバイクにおいて、軽さに比例して価格が上がるのは、このような仕組みになっているからです。

フルクラムのレーシングゼロには、アルミリムとカーボンリムの両方のモデルがあります。

重量差は約160g、価格差は11万円以上です。

そのため、価格を無視して重量だけで選ぶのであれば、ロードバイクのホイールは、カーボンリムの一択になります。

ホイールは重量が全てではない

一般的に市販されているホイールを「完組みホイール」と言います。

ほとんどの完組みホイールは、全体のバランスを考えた上で、そのホイールが最大限の性能を発揮できるように専用設計されたものです。

そのため、軽ければそれだけで良いというものでもありません。

その中で、リムの重量と共に大切な要素になってくるのが「剛性」です。
剛性というのは「物質の変形しやすさ」を意味します。

剛性が低いと表現されていれば変形しやすく、剛性が高いのは変形しずらいという意味です。

ホイールには、上から人が乗るので加重が掛かりますが、この際に変形する度合いが、様々な部分に影響を及ぼします。

剛性が低いと変形の度合いが大きい分、衝撃を吸収しやすくなるので、乗り心地は良くなります。

しかし、動力の伝わりが甘くなるので、漕いでもスピードの乗りが、今ひとつ悪くなります。

一方で、剛性の高いホイールは変形せずガチガチなので、乗り心地は硬く、地面からの衝撃もビンビン伝わって来ます。

ただ、漕いだ分だけ、しっかりと動力が伝わりますので、スピードは保証されます。

フルクラムは、どちらかというと剛性が高いので、スピード重視と言えるかもしれません。

しかし、レーシングゼロくらいのグレードになると、乗り心地とのバランスにも優れていますので、硬すぎるという心配はありません。

フルクラム・レーシングゼロのベアリング

ホイールの重要な要素として、「重量」「剛性」を説明してきましたが、ホイールは回転体ですから、当然「回転力」も重要な要素のひとつです。

その回転力を司るのが、車輪中央に装着されているハブです。

ハブには回転軸(シャフト)と、その軸受けになる「ベアリング」が内蔵されています。

そして、このベアリングが、ホイールの回転力を決める上で、大きく関わってきます。

実際にフルクラムでも、アルミリムではハイエンドのレーシングゼロだけが、特別なベアリングを採用しています。

自転車に使われているベアリングは「ボールベアリング」で、一般的にはスチール製のボールが使用されます。

しかし、レーシングゼロは、これが「セラミック」製です。

セラミックはスチールに比べ、回転時の摩擦による抵抗が少なく、回転をスムーズにさせると言われています。

また、レーシングゼロには、もう一歩上をいく「CULT(カルト)ベアリング」を採用した、【レーシングゼロ・コンペティツィオーネ】があります。

重量や素材はノーマルなレーシングゼロと変わりませんが、セラミックベアリングに加えて、ボールの受けに特殊加工がされているので、グリスが要りません。

グリスはベアリングにとって、耐久性の意味からも必要不可欠な潤滑油ですが、粘度が高いので、どうしても回転力は落ちます。

しかし、グリスなしのカルトベアリングは特殊加工のため、グリスなしでも耐久性は保証されています。

しかも、グリスがない分、回転も鈍りませんので、セラミックベアリングの効果を存分に発揮してくれるものです。

ノーマルよりも約4万円ほど高価になりますが、一考の価値ありでしょう。

フルクラム・レーシングゼロのライバル達の重量は?

ここまで、ロードバイクのホイールのグレードを決める重要な要素についてお話してきました。

ここからはフルクラムのレーシングゼロについて、他のメーカーのホイールと比較しながら確認してみたいと思います。

特に今回は、競争相手の多い、アルミリムを取り上げてみます。

レーシングゼロのライバルになるのは、カンパの「シャマルウルトラ」。
シマノの「デュラエース 9100」、マビックの「キシリウムプロ」辺りです。

どれも、アルミリムのメーカーハイエンドモデルです。

まず、それぞれの重量と価格を確認してみます。

【レーシングゼロ】
重量:1518g
参考価格:¥150,000

【シャマルウルトラ】
重量:1495g
参考価格:¥164,000

【デュラエース9100】
重量:1390g
参考価格:¥157,000

【キシリウムプロ】
重量:1420g(タイヤ・チューブ付属ですが、ホイールのみの重量です)
参考価格:¥130,000

フルクラム・レーシングゼロとライバル達の比較

上記の重量を見ていただくと、シマノ・デュラエースの1400g切りが目立ちます。

これは、リムが地はアルミですが、カーボンでラミネートされているからです。

しかし、軽さで一歩リードしていることに変わりはありませんので、何より軽量のホイールと考えている人は筆頭候補です。

ただし、シマノのホイールは全体的に剛性が低めで、柔らかい乗り心地になります。

マビックのキシリウムプロも、重量では優位ですね。
シマノほど剛性が低くないので、レースから趣味のツーリングまで、幅広い用途で活躍してくれます。

マビックはホイールにタイヤとチューブが付属してきますし、メンテナンスに専用の工具やオイルが必要など、ひと癖あるメーカーです。

そのため、好き嫌いがはっきり分かれてしまうようです。

カンパとフルクラムは、さすがに親子の関係ですから、特性が似ています。

シャマルウルトラとレーシングゼロは、よく比較されていますが、わずかにレーシングゼロの方が硬めで、動力の伝達に優れているという評価になります。

高みを求めるならばそれなりの投資を

今回はフルクラムのレーシングゼロを参考に、ロードバイクのホイールの特性を考えてみました。

レーシングゼロは、重量・剛性・回転力、どれを取ってもアルミリムの最高峰クラスと思って間違いないでしょう。

逆に、この要素を全て完璧に満たそうと思えば、レーシングゼロくらいのレベルが必要ということになります。

ロードバイクのホイールは、上を見たらキリがないだけに、どこで妥協するかも大切ですね。

 - タイヤ, 自転車のパーツ, 自転車全般