ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

フルクラムの各種ホイールのグレードとメンテナンス方法

2018.1.22

フルクラムは、ロードバイクのホイールメーカーとして、とても有名で、3大ホイールメーカーとして呼ばれたりすることもあります。

そんなフルクラムのホイールを、ただ乗りつぶすのはもったいないです。

メンテナンス方法を知ることで、性能を引き出し、長く使っていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ミニベロをロードバイクに近付ける?ドロップハンドル化

ミニベロをドロップハンドル化するカスタマイズは珍しいことではなく、街でもネットでも良く見かけます...

ブロンプトンのサドルカスタムがおすすめなのはなぜか?

「ブロンプトン」は、イギリスのブロンプトン・バイシクル社が製造、販売している折り畳み自転車です。...

カンパニョーロのユーラスをインプレしてみた結果とは!?

カンパニョーロのユーラスは、カンパの中でも上位のモデルになります。 そのため、価格も10万円を...

自転車フォークのガタ取りは簡単!自分でやっても5分以内

自転車は、ヘッドパーツによって、フレームとフォークが連結されています。 長く走行していると、走...

自転車を発送する方法は?料金はどれくらい掛かるの?

自宅から離れた場所で自転車に乗りたいと思っても、運ぶ手段がないということがあります。 また...

家から会社まで5km!自転車通勤を始めたいが何分かかるの?

満員電車に揺られる毎日、進まない道路渋滞にイライラ! ストレスが溜まりますよね。 そんなスト...

ブレーキのディスクは交換時期がある?どの位で交換すべき?

最近では、マウンテンバイクだけでなくロードバイクやクロスバイクにも、ブレーキにディスクを用いたシステ...

mtbをロード仕様にするために必要なカスタマイズとは?

近年は、スポーツ自転車がブームになっていますので、バイクの種類を超えたカスタマイズも多くなってき...

自転車で箱根越えをしたい!ルート選びから計画の立て方まで

近頃、自転車での旅がブームになっています。 日本一周の旅から、近くを自転車でめぐる旅など、旅の...

ブルックスなどの革サドル!痛いのに人気がある理由とは!?

イングランドの自転車サドルメーカー「ブルックス」。 品質第一の理念を変わることなく守りつづけ、...

ストライダープロは「正規品」を購入すべし!並行輸入は不利

「ストライダー」はペダルの付いていない子供用の二輪車で、発祥はアメリカになります。 いくつ...

ヤマト便改正でサイズと重さの上限変更!時間指定できる?

2017年6月に、ヤマト便の配送内容に改正がありました。 自転車の配送に利用していた方々にとっ...

自転車のチューブ交換や自転車部品のサイズについて

自転車は様々なパーツから構成されています。 どのパーツも、自転車にとって、なくてはならない存在です...

自転車の洗車とワックスがけの方法!おすすめのワックス!

自転車のメンテナンス、きちんとしてますか? 汚れた自転車に乗っていると、見栄えが悪いだけではな...

フロントフォークのオーバーホールの手順をご紹介します

ロードバイクは繊細な部分があるので、メンテナンスありきの乗り物とされています。 中でも、自...

スポンサーリンク

フルクラムのアルミリムロードホイールについて

フルクラムのロードホイールですが、種類が豊富です。
また、使用しているハブによって、メンテナンス方法も違います。

それではまず、ホイールの種類を見ていきましょう。

まずはアルミリムのものですが、グレード順に下から挙げていきます。

・レーシング7LG
・レーシング5LG
・レーシングクアトロLG
・レーシング3
・レーシングゼロC17
・レーシングゼロナイト
・レッドウインドXLR

また、レーシング3は、2way-fitとなり、チューブレス対応モデルがあります。
さらに、レーシングゼロには、コンペツィオーネというモデルがあります。

これとは別に、完成車用ホイールのレーシングスポーツというモデルもあります。
これは、完成車の価格帯等から考えても、レーシング7と同等と見てよいでしょう。

最上級のレーシングゼロナイトは、アルミリムですが、リム面にプラズマ電解酸化処理を施すことで、ブレーキング性能の向上が図られています。

さらに、リム穴をなくすことで、リムテープ不要、そして、剛性の向上が図られています。

レッドウインドXLRは、カーボンコンポジットですが、ブレーキ面はアルミですので、アルミリムとして入れてあります。

また、グレードごとにハブも変わっており、スチールベアリング~CULTベアリングまで様々です。
このベアリングの種類については後述します。

フルクラムのカーボンリムロードホイールについて

次は、カーボンリムのロードホイールについて、ご説明していきましょう。

こちらも、フルクラムは種類が豊富なため、自分のホイールのハブの種類を知り、メンテナンス方法を確認しておきましょう。

こちらもグレード順に下からご紹介します。

・レーシングクアトロカーボン
・レーシングゼロカーボン
・レーシングスピード(35)
・レーシングスピード(ライト)XLR
・スピード

並びとしてはこうなのですが、実際のところ、レーシングゼロカーボンと、レーシングスピードの順番は、はっきり分からないところもあります。

レーシングスピード、及びXLRは、昔から販売されているもので、最新の技術が反映されているわけではありません。

例えば、ブレーキ性能の向上を図るための3Diamont処理も、レーシングクアトロカーボンにはあっても、上位であるレーシングスピードにはありません。

ちなみに、レーシングスピード35にはあります。
また、ディスクブレーキモデルがあるのは、クアトロカーボンだけです。

そして、以前はレーシングスピードXLRが最上位でしたが、一昨年あたりに、スピード40Tが登場し、昨年40Cも登場したため、最上位モデルはこちらになっております。

こちらも、ハブは材質含めて、スチール~CULTベアリングまで様々ですので、後述にて解説していきます。

フルクラムホイールのハブについて

次に、ハブの種類についてご説明していきます。

フルクラムは、グレードによって、使用しているベアリングが違います。
まずは、一般的なスチールベアリングについてです。

<アルミリム>
・レーシング7LG
・レーシング5LG
・クアトロ
・クアトロ3

<カーボンリム>
・レーシングクアトロカーボン
・レーシングスピード
・レーシングスピード35

このベアリングは、一般的なスチール製のものです。

次に、USBベアリングです。

<アルミリム>
・レーシングゼロ
・レーシングゼロナイト

<カーボンリム>
・レーシングゼロカーボン
・スピード40C

USBは、『ウルトラスムースベアリング』の略で、鋼球がセラミックになっています。

セラミック自体は摩耗しにくいのですが、スチールとは硬さが違うため、メンテナンスせずに使用していると、スチールのレースが摩耗していきます。

最後にCULTベアリングです。

<アルミリム>
・レーシングゼロコンペツィオーネ

<カーボンリム>
・製品名にXLRがついているもの
・スピード40T

CULTは、『セラミックアルティメットレベルテクノロジー』の略で、レース及び鋼球がセラミックになっています。

よって、摩耗耐性が高く、メーカーはメンテナンスフリーと謳っています。
ですが、高い性能をずっと維持し続けようと思うのであれば、多少のメンテナンスは必要になります。

このように、ホイールによって、3種類のベアリングタイプが使い分けられています。

フルクラムホイールのハブのメンテナンス方法

さて、ここからは、フルクラムのホイールのメンテナンス方法についてご紹介していきます。
ホイールのメンテナンスで、メインとなるのは、ハブのメンテナンスです。

まずは、ハブを分解していきましょう。
リアさえ分解できれば、フロントに関しては何も問題ありませんので、リアハブについてご紹介していきます。

<用意するもの>
・5mmアーレンキー
・2.5mmアーレンキー
・17mmスパナ
・スプロケットリムーバー
・ロックリングリムーバー
・グリス

まずは、スプロケットリムーバーと、ロックリングリムーバーを使って、スプロケットを外します。

その後、フリー側、反フリー側共に見えているアーレンキーが刺さるネジを緩めるのですが、この時、フリー側及び、反フリー側にある六角の部分を、17mmスパナで押さえておきましょう。

そして、緩める際に注意したいのは、フリー側のネジは逆ネジになっており、時計回りで緩むということと、反フリー側は正ネジになっているということです。

あとは、反フリー側にある玉当たり調整用の部分を、3mmのアーレンキーを使って緩め、反時計回りに回して外すと、シャフト部分とフリーボディが外れます。

こうすると、ハブ内のベアリングと、ダストシールが確認できますので、千枚通し等の細いものを用いて、ダストシール、及びベアリングを保持器ごと外してください。

このとき、鋼球が落下しないよう、なくさないよう注意してください。
これでハブのベアリングが外れます。

ハブやフリーのベアリングメンテナンス

取り外したベアリング、ダストシール、シャフト及びハブ本体側も、パーツクリーナーで清掃しましょう。
清掃が完了したら、ベアリングと、シャフトにグリスを塗布します。

このとき、ベアリングの鋼球を落とさないように注意してください。
あとは、取り外したときと逆の手順で組み付けていけば完成です。

ちなみに、フリーのベアリングについてですが、メンテナンスフリーですので、余程のことがなければ手を出す必要はありません。

<作業に必要なもの>
・ベアリングプーラー
・ベアリング圧入工具
(自作するのであればM8×100のボルト、外幅26mmワッシャ3枚、30mmワッシャ1枚)
・スナップリングプライヤー(穴用、先端が真っすぐ)

作業内容は、外側方向のベアリングを、プーラーをかけて引き抜き、アルミのスペーサーを外し、スナップリングを外し、ベアリングを引き抜く、という流れです。

ちなみに、ベアリングは、片側シールで内側をグリスで給脂しつつ、シールしている状態ですので、下手なことをしてしまうと状態が悪化するだけです。

おすすめできるものではありませんが、フルクラムホイールのメンテナンスの一つとして、簡単にご説明させていただきました。

ハブの玉当たり調整とハブ以外のメンテナンス方法

組みあがったら、最終調整として、玉当たり調整というものがあります。

ベアリングとレースの当たりを調整するわけですが、当てすぎると回転が渋くなり、緩いとレースが摩耗して、ホイールが使えなくなります。

というわけで、ポイントは、『組付けた状態で調整し、ガタが絶対に出ないようにすること』です。
感覚的には、アーレンキーで締めていき、重くなるところから15°戻したあたりでしょうか。

調整時は、自転車をひっくり返していると思いますが、その状態でフレームを押さえ、ホイールを上下左右に揺すりましょう。

少しでもガタがあれば調整してください。
面倒だからと怠ると、ホイールが使えなくなります。

玉当たり調整自体は、ハブ分解時だけではなく、走る距離にもよりますが、3~6ヶ月ごとに確認しましょう。

ちなみに、玉当たり調整は、大手であればシマノ、カンパニョーロ、フルクラムは該当しますので、知っておいて損はありません。

さて、他のハブ以外では、大きなメンテナンスはありませんが、ブレーキ面やブレーキシューに異物が付着していないかは、確認しておいたほうがいいでしょう。

濡れた路面を走ったあとは特にですが、小さな石が付着していることがあります。
その状態でブレーキをかけると、ナイトであればリムの電解処理が落ちますし、カーボンリムに傷が入ります。

ホイールのメンテナンスは定期的に行いましょう

フルクラムのロードホイールと、メンテナンスについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

少しばかり面倒と思うかもしれませんが、慣れると大変な作業ではありません。

それに、走行性能の維持をすることができ、ホイールが長持ちするようになります。

しっかりメンテナンスを行い、自転車ライフを楽しみましょう。

 - 自転車全般