スポーツ自転車のステムのサイズの測り方をご紹介します!

ハンドルをフレームに支持するステムですが、特にスポーツ自転車では、ポジションを決める上で大きな役割を担います。

ステムを選ぶ際は、ハンドルとフォークコラムのサイズに注意が必要です。

また、突き出しの長さや角度も考えなくてはなりません。

そこで今回は、ステムのサイズの測り方やおすすめを、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のベアリング交換をしたい!費用はどのくらい?

自転車は回転させることで動力を得る部分が多く、その部分には大体ベアリングが使われています。...

ロードバイクを教えたい!知識と技術の違いを理解しよう

ロードバイクを始めたばかりの仲間が、練習方法やパーツ交換についていろいろと聞いてくることがあるか...

アルテグラのホイールはチューブレス対応!その特徴とは

ホイールの買い替えに人気のあるアルテグラホイール。アルテグラのホイールはチューブレス対応な上...

コルナゴのコンセプトを試乗者のインプレから検証する

今や空力性能に特化した「エアロロードバイク」は、レースでの大活躍もあり、一つのカテゴリーとして確立さ...

giantのロードバイクはなぜ激安?世界最大自転車会社を解説

giantは、1972年に創業された台湾の自転車メーカーです。その規模は世界最大の自転車メー...

自転車の後輪ブレーキが原因の音鳴りの改善方法とは!?

アスファルトにすれるタイヤの音はなめらかで、通り過ぎてく風の音は耳に心地よく、順調よく漕ぎだした...

子供が1歳半になったら考える!三輪車かストライダーか?

子供が1歳半くらいになり、ぼちぼち自分の足で歩けるようになってくるとベビーカーもそろそろ卒業です...

ロード用のホイールを使いたい!エンド幅の拡張は可能?

スポーツ自転車の中でも、現在のロードバイク用のホイールのレベルの高さは群を抜いています。...

インターハイに出場するには!?自転車競技について

自転車競技の中で、インターハイとは高校生の中で行われるレースです。レース出場を目指している人...

カンパのレコード!その性能とブレーキの特徴を比較!

世界的に有名なロードバイクのコンポーネントメーカーの「シマノ」と「カンパニョーロ」。実際にこ...

メリダの「ライド」は消滅の危機か?インプレ情報から探る!

メリダのロードバイクには複数のカテゴリーがありますが、今回は中でもエンデュランスモデルのライドに...

自転車のハンドル調整に欠かせない六角レンチを使いこなそう

自転車ハンドルの形や調整はフィッティングに重要部分であり、調整するのに六角レンチはもっておくといいで...

旅する自転車ランドナー!自分でレストアしてみよう

最近、自転車で旅をする方が、また増えてきたようです。日本国内でのスポーツ自転車ブームはひ...

ボントレガーのホイールはtlrタイヤ対応~tlrとは?

ボントレガーはトレック傘下のパーツブランドで、トレックの完成車は、ボントレガーブランドのパーツを...

ロードバイクにスタンドを使用!簡単に付けられる使い方

ロードバイクの室内保管にあると便利なスタンドですが、取り付けが難しく感じる方も多いようです。...

スポンサーリンク

スポーツ自転車のサイズの測り方

スポーツ自転車のサイズはママチャリとは違い、フレームの大きさを表しています。
そのため、大体のメーカーではシートチューブの長さがサイズとなっています。

そのサイズに応じて、目安の適応身長が示されており、それを参考にします。

しかし、同じ身長でも人それぞれで肩幅や腕の長さが違うので、それだけでは決められません。

スポーツ自転車のサイズの測り方で重要視したいのは、トップチューブの長さです。
トップチューブは、ヘッドチューブからシートチューブに向かって伸び、自転車の一番上に位置しています。

この長さは主に、ハンドルからサドルまでの距離を表すものですが、同じサイズでも機種によって長さが変わります。

チューブが長ければ、ハンドルとサドルの距離が長くなり、サドルにまたがったときに、より前傾姿勢になります。

反対に、短ければ上体は起きてきます。

ハンドルまでの距離は、ステムでも調整しますが限度がありますので、トップチューブの長さは乗車姿勢を大きく左右します。

ステムはハンドルとフォークコラムの径にサイズを合わせること

ステムはハンドルをフレームに支持し、フロントフォークを固定する役目があります。

スポーツ自転車のヘッドチューブ周辺の構造を、簡単に説明します。

前輪と繋がっているフロントフォークのコラム(胴体部分)が、ヘッドチューブを貫通します。

そこに、ハンドルの高さを調整するためのスペーサーを入れ、その上からステムを被せて、フォークコラムを固定します。

さらには、フォークコラムの中に打ち込まれているナットと、ステム上部に取り付けられたボルトで、ステムとヘッドチューブの当たりを調整します。

これによって、ハンドルがガタガタするのを防いだり、回転がスムーズになったりします。

ステムは、フォークコラムとハンドルに取り付けるための、2つの穴を持つパーツです。
この2つの穴の径のサイズに併せないと適合しません。

後ほど詳しくお話しますが、ハンドルもフォークコラムも大まかな基準があるので、それほど厳密な測り方をしなくても適合させられます。

むしろ、ポジション決めには突き出しの長さや、角度が重要になります。

ステムのサイズの測り方①~突き出しの長さ

ステムには、主にママチャリなどの軽快車に採用されている「スレッドステム」。
多くのスポーツ自転車に採用されている「アヘッドステム」の2種類があります。

スレッドステムは、長い柄の部分をそのままフォークコラムに突き刺すような格好で、はまっています。

そのため、ハンドルの高さ調整の幅が広いのがメリットです。
しかし、固定力が弱いので、スポーツ自転車では耐えられず、ほとんど採用されなくっています。

それによって生まれたアヘッドステムは、上記で説明したように、固定力が強く玉当たりの調整も可能なので、メリットが多いです。

今回はロードバイク中心の話になりますので、アヘッドステムの話のみとさせていただきます。

ステムのサイズは、主に長さと角度が重要になります。

長さの測り方はハンドル径の中心から、フォークコラムの中心までの長さです。
この長さによって、ハンドルがどのくらい前方に突き出るかが決まります。

長ければサドルとの距離が遠くなるので、より前傾姿勢がきつくなり、短ければ距離が縮まり、上体が起きてきます。

先述したトップチューブの長さ同様、乗車姿勢に大きく影響を与えることは確かです。

ステムのサイズの測り方②~角度

次にサイズの測り方で注意したいのは、角度です。

これは、スポーツ自転車のヘッドアングルにも関係してきます。
ヘッドアングルは簡単に言えば、フロントフォークの取り付け角度です。

73度が平均的で、それよりも角度が大きくなればハンドルにキレが出るので、高速域でのハンドル操作がしやすくなります。

しかし、低速域では安定感を欠きますので、街乗り車は角度が控えめになっています。

この角度とステムの角度を照らし合わせて、見た目が水平になるようにすると良いです。

ヘッドアングルが73度だとすると、90度-73度=17度となり、ステムに17度の角度が付いていれば、地面と水平になるということです。

その他には、少し角度を付けるなら6度、大きく角度を付けたいなら35度もあります。

90度から上記の角度を引いた、84度や73度と表記されていることもありますが、意味は同じです。

また、上下をひっくり返して使えるものも多いので、ハンドルの上げ下げの調整ができます
さらには、角度を任意に調整できるアジャストステムもありますが、構造的に剛性が劣りますので、検討の余地ありです。

ステムのサイズの測り方③~クランプ径

ステムのサイズの測り方を突き出し長と角度の観点から見てきました。

最後に確認しなければいけないのは、選んだステムが取り付けられるかどうかです。

まずハンドル側ですが、ハンドルの外径、いわゆる太さに関係してきます。

現在の主流はMTBやクロスバイクのストレートタイプが25.4mm、ロードバイクのドロップハンドルが31.8mmです。

それ以外の規格もありますが、概ねこのサイズで大丈夫でしょう。

次にフォークコラム側ですが、これはコラム径に依存します。

スポーツ自転車はオーバーサイズと呼ばれる、28.6mm(1-1/8インチ)が定番になります。

25.4mm(1インチ)サイズもありますが、ステム単体としては珍しく28.6mmサイズのステムにシム(スペーサー)を噛ませて使用します。

いずれにしてもクランプ径は規格なので、サイズを間違えないようにしてください。

ステムの選び方

ここまで、ステムのサイズの測り方をご紹介してきました。

最後に、ステムを選ぶ際の注意点をお話します。

現在のハンドルポジションに満足していて、ステムだけを交換する場合は、突き出しの長さや角度を、できるだけ現状のサイズに近付けなくてはいけません。

たかが長さ10mm、角度10度と思っていると、大きな変わり様に驚くはずです。

そのくらい、ハンドルポジションは繊細なので、注意してください。

また、繊細なだけに突き出しの長短で乗車姿勢を変えられるのは、メリットとも言えます。
突き出しの長さは、短いもので40mm以下のものもあれば、長いもので150mm以上のものもあります。

さすがに100mm以上変更することはないとしても、自分の理想に近付けることはできます。

今は、完成車でステムの長さを選択できるものもあります。

上体を起こして楽な姿勢で運転したければ、短めのステムを選びましょう。
突き出し長が70mm以下であれば、短い部類です。

特に、ストレートハンドルからドロップハンドルに換装したときなどは、かなり遠く感じるはずなので、ステムを短いものに交換すると良いです。

反対に、前傾姿勢をきつくしたければ、長いステムを選びましょう。

特に、これからロードレースを目指す人は、高速巡航の機会が多くなりますので、ステムで調整してみましょう。

ステムは非常に大切なパーツです

ステムはフレームにハンドルをクランプし、フロントフォークを固定する大切な役目を担っています。

突き出しの長さや角度によって、ハンドルのポジションが変わりますので、サイズ選びは重要です。

また、クランプする場所が2つあるので、それぞれのサイズを間違えないようにしてください。