シマノのスプロケット取り付けときに必要なスペーサーまとめ

シマノのデュラエースが11速化されて、2017年で5年が経過しようとしています。

シマノでは、この間にアルテグラや105も11速化を果たし、ロードバイク用のホイールは、ほとんどが11速化されました。

しかし、クロスバイクなどは、まだ11速化されていないホイールもあり、スプロケットを装着するときにスペーサーが必要なものもあります。

そこで今回は、スプロケットのスペーサーについてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プジョーの自転車のタイヤの交換!さて、どのタイヤを使う?

フランスの人気ブランドであるプジョーの自転車は、日本では一時期、姿を消していたのですが、2012年く...

子供に乗らせたいのは?三輪車それともストライダー?

筆者が子供の頃は子ども用の乗りものと言えば、三輪車~自転車(補助輪付き)の流れしかなかった気がし...

giantのロードバイク「windmark2200」を知っているか?

giantと言えば世界一の販売台数を誇るスポーツバイクメーカーで、日本にもオフィシャルショップがある...

ママチャリの選び方!内装3段と外装6段の違いって?

ママチャリはシティサイクルとも呼ばれ、もっとも利用されている自転車です。通勤・通学にも便利な...

自転車のギア変速時のギアショックが気になる!対策方法は?

自転車のギア変速を行う際、「ガッチャン」と音が鳴り、スムーズに変速が行われないときがあります。...

身長の10分の1?シマノのクランクの適正サイズを探ろう!

ロードバイクに乗り慣れて来ると、「自分に合ったポジション」探しが始まります。その際に、決...

自転車のライトが点かない理由は何?その対処法をご紹介!

夜間に自転車で走っていて、「ライトを点けているのに、暗くて前がよく見えない」という経験をしたこと...

自転車盗難されたら直ぐに盗難届を!撤去されてからでは遅い

自転車の盗難件数は、年々増え続けています。この自転車の盗難は、特に都心を中心に多いようです。...

メリダの最廉価ロードバイク「ライド80」の評価が気になる?

今回は、メリダのロードバイクの中で最も価格の安い「ライド80」をご紹介します。こういった...

自転車のスタンドが上がらない原因は?その対処法

自転車のスタンドが上がらない!いざ、出かけようとして自転車のスタンドが上がらなくては、出かけ...

身長170cmなら体重の平均は?BMIを意識して自転車ダイエット

日本の成人男性の平均身長は、ほぼ170cmといわれています。しかし、平均身長が同じであっても...

シマノ・デュラエースR9170ホイールとはどんなホイール?

今回はシマノのロードバイク用ホイールで、初のディスクブレーキモデルとなる「R9170シリーズ」を...

メリダはマウンテンバイクにおいて29ERを尊重している!

マウンテンバイクのサイズはホイールで表されており、その単位はインチ表記になります。26、...

教えて!国産タイヤと安いアジアンタイヤはどこが違うの!?

台湾、インドネシア、韓国、中国などのタイヤメーカーが製造しているアジアンタイヤですが、安いものを求め...

自転車を蘇らせる!古い塗装を剥離して再塗装をしよう

自転車は見た目も大事な物で、汚れが目立っていたり塗装が剥げていたりすると、性能的には問題なくてもガタ...

スポンサーリンク

シマノ用のフリーボディにはシマノ製のスプロケットが必要

スプロケットとは、リアギアの歯車のことで、後輪のハブに取り付けられます。

厳密には、ハブのフリーボディの外側に装着されます。

ここに1枚ずつ歯車を重ねた見た目が、ラジカセにカセットテープを入れた姿に似ていることから「カセットスプロケット」とも呼ばれています。

よく耳にするリア11速というのは、このスプロケットが11枚フリーボディに装着されているという意味です。

また、市販の完組みホイールにシマノ用/カンパ用と記載されているのは、スプロケットの形がメーカーによって違うためです。

スプロケットの形に合わせて、フリーボディが作られているので、シマノのスプロケットはシマノ用のフリーボディに、取り付けなければなりません。

先述したように、現在の市販のロードバイク用ホイールは、ほとんどが11速対応です。

言い換えれば、ハブのフリーボディにスプロケットを11枚取り付けられるだけの幅があるということです。

11枚取り付けられるようにできているので、もちろん10枚(速)、9枚、8枚にも対応できます。

その際は、隙間を埋めるスペーサーを入れることになります。

11速用ホイールでシマノのスペーサーが必要になるケース

カセットスプロケットの幅は11速がもっとも広く、順に8速・9速、10速の順に狭くなります。

整理すると11速>8・9速>10速となり、8速と9速は同じ幅です。

そのため、11速のフリーボディが一番幅が広いので、違うスピードのスプロケットを使用する場合は、スペーサーが必要になります。

一番幅の狭い10速用のスプロケットは、11速に比べて2.85mm幅が狭くなっています。
そこで、装着時に2.85mmのスペーサーが必要になります。

1枚で2.85mmのものではなく、通常は1.85mmと1.0mmの2枚を使用します。

ただし、シマノの【CS-4600 Tiagra(ティアグラ)10速】は、9速のスプロケットと同じ厚みがあるので、1.0mmのみで良いようです。

ホイールやスプロケットの新品を買えば、大方は付属してきますが、別途購入しても、シマノ純正品は2枚で800円前後です。

スペーサーはフリーボディの根元にくるように、スプロケットよりも先に取り付けてください。
8・9速は11速と比べ1.0mm狭いので、1.0mmのスペーサー1枚でOKです。

10速「対応」ホイールに10速「用」スプロケットでもスペーサーが必要

シマノのスプロケットを中心に話を進めていますが、このスペーサーが大切だと感じるのは、装着し忘れたときかもしれません。

装着忘れが起こりやすいのは、8・9・10速対応のフリーボディの場合です。

これは、8・9速用のスプロケットの幅に対応しているので、8・9速用ではスペーサーは要りません。

しかし、10速用スプロケットは先述したように、8・9速用よりもさらに1mm幅が狭いので、スペーサーが必要なのです。

私は経験がないのですが、実際にスペーサーを入れ忘れた方の感想を聞くと、結構悲惨なことになっています。

変速が上手くいかないというレベルではなく、まともにホイールが回らないようです。

また、実際に写真を見ると、フリーボディに無数の傷がついてしまっていました。
この事例の報告が本当に多いので、十分注意してください。

10速専用のフリーボディには10速用のスプロケットしか付けられない

レア感がかなり強いですが、10速専用のフリーボディがシマノ用で稀に見られます。

そこまではっきりと、情報がつかめているわけではありませんが、現在は8・9速用のフリーボディが10速スプロケットに対応しているので、生産はしていないはずですが…

10速のフリーボディは一番幅が狭いので、10速用のスプロケットしか入りません。

ですから、仮にコンポを11速化しようとするとホイールの交換になるので、10速専用のホイールが余っているケースがあると聞きます。

ロードバイクとクロスバイクの2台持ちという方も少なくないと思います。

そのため、ロードバイクの10速専用ホイールをクロスバイクに移植と考えたくなりますが、「エンド幅」が合わなければ大手術です。

もし興味があるようでしたら、「エンド幅」で検索すると、カスタマイズ方法が色々と出てきますので、確認してみてください。

いずれにしても、10速専用ホイールはスペーサーも使えないので、10速仕様にしかならないことを覚えておいてください。

シマノの11速のスプロケットを使用するには11速用のホイールが必要

上記のように「大は小を兼ねる」的な発想で、11速用のフリーボディであれば、スペーサーで他のスピードに対処できます。

一方、11速に対応していないホイールは、フリーボディがスプロケ11枚分の幅を持たないということになります。

そのため、11速のスプロケットは取り付けられません。

シマノからロードバイク用の11速コンポが誕生してから、よく話題になるカスタマイズが、8・9・10速からの11速化です。

このときに、大きな壁として立ちはだかるのが、ホイールの問題です。

完成車付属のホイールが11速に対応していなければ、まずホイールから交換することになります。

これは個人的な見解ですが、ピンきりとは言え、せっかく11速化を図るならホイールは、ある程度のレベルを確保したいです。

そうなると、5万円前後の費用が必要です。

そしてここから、コンポの換装が始まるわけですから、シマノのコンポで11速の中では最低グレードの105で組んだとしても、3~5万円程度になります。

ホイールと合わせれば、8~10万円のカスタマイズとなります。

もうちょっと頑張ってあと4~5万円で、コスパの高いメーカーであれば、105のフルコンポの完成車が買えてしまう価格になります。

今乗っているバイクのフレームに、よほどの思い入れがあれば別ですが、完成車をおすすめしたくなる予算のラインですね。

クロスバイクの11速化を考えるならロードバイクの購入も視野に

では、クロスバイクではどうでしょうか?

クロスバイクもロードバイクが進んでおり、リア11速の機種も増えてきました。
しかし、エントリーモデルやMTB寄りのスペックを持つ機種であると、11速は少なくなります。

そうなれば、ホイールも当然ながら、8・9・10速対応のものが付属していることになるので、11速化はホイールの交換ということになります。

ただ、個人的にクロスバイクのリアギアは、9速くらいで良いのではと思っています。

MTB寄りのスペックを持つ機種はフロントが3速のものも多く、もしリアを11速化すれば、3×11=33ものギア比が生まれることになります。

ロードバイクほど、繊細なギア比を必要とするとは思えないクロスバイクでは、宝の持ち腐れになりかねません。

スプロケットの交換だけならスペーサー1枚で事足りるわけですし、9・10速のスプロケットはシマノ製でも、そこまで高価ではありません。

しかも、11速化をするためにホイールを交換したくても、クロスバイクはロードバイクほどホイールにバリエーションがありません。

端的に言ってしまえば、クロスバイクにはホイール交換の概念が薄いためです。

だからと言って、ロードバイク用のホイールを使用できるかというと、先述したように「エンド幅」の問題で話はそう簡単ではないのです。

そのため、11速化を考えるなら、ロードバイクの購入も併用して考えてみてください。

スプロケットにスペーサーを入れることで可能性が広がる

多段化されている今のスポーツ自転車には、互換性で色々と難しい問題があります。

その点で、フリーボディとスプロケットの関係は、スペーサーのおかげで互換性が、かなりしっかりと保たれています。

ホイールが11速対応の場合は、スペーサーの入れ忘れも多いと聞きますので、十分注意していただきたいと思います。