mtbのハブ交換を考える~効果はどのくらいあるのか?

mtbなどのスポーツ自転車は、ホイールに掛かる比重が、とても大きいです。

中でも、中央に鎮座する「ハブ」は、いくつもの重要な機能が携えられています。
そんなハブですが、交換やメンテナンスによって、性能を上げていくことは可能なのでしょうか?

今回は、そんなハブに付いて検証していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヤマト便でパーツを送る!その際の着払いに手数料はかかる?

自転車の大きなパーツを送る時に使うのは、宅急便ではなくヤマト便などになりますが、その際に着払いは可能...

自転車のスタンドは自分で交換できる!簡単バネ取り付け方法

「自転車を駐輪しようと思ったらバネがない」「スタンドを蹴り上げた時にバネが壊れた」こ...

BROOKSの代名詞「革サドル」の乗り心地をよくするためには?

BROOKS(ブルックス)は創業140年以上にもなる、イギリスの老舗サドルメーカーです。...

ストライダーに乗る際にヘルメットの着用がなぜ必要なのか?

子供用のペダルなし自転車「ストライダー」は、世界150万人のお子さんに愛用されていると言われてい...

家から目的地まで5km!自転車でかかる時間はどのくらい!?

運動不足になりがちな人達にとっては、通勤や通学に自転車を使うのは、体を動かすいい機会にもなりますね。...

自転車のハブのメンテナンスを行おう!!グリスアップ方法

自転車のハブは自転車を動かす部分で重要なパーツです。メンテナンスをすることで回転数が上がり、...

自転車のブレーキの効きが悪くなってきたらワイヤー修理を

自転車のブレーキは、レバーを引くとワイヤーが引っ張られ、本体が動く仕組みです。引っ張られ...

自転車にバイクがくっついたような乗り物、モペットとは!?

モペットとは「自転車」と「バイク」がくっついたような乗り物です。見た目もそのままで自転車にエ...

自転車のスポークが破損した!!破損する原因と対処法

自転車のスポークが破損したという経験はありますか?車輪の強度やバランスを保つために大切なスポ...

自転車のブレーキワイヤーが切断する前に自分で交換しよう!

自転車のブレーキワイヤーは消耗品です。新品の自転車を購入したとして、およそ3年で交換が必要です...

道路を走る自転車は邪魔物扱い!?自転車のルールを守ろう

自転車は軽車両扱い、つまり車用の道路を通行することが義務づけられています。しかし、車道を走る...

シマノのインソール!ピッタリサイズで痛みは解消できる?

シマノから発売されているカスタムフィットインソール。熱成型により、乗る人の足の形とサイズにピッ...

子供用自転車選びのポイント!ブレーキの重要さを教えよう

子供の自転車を選ぶ一番大切なことは、サイズが合っているかです。また、自転車を始めたばかりの子...

ビンディングシューズにインソールを使うと効果絶大に!?

ビンディングシューズとは、自転車用シューズのひとつです。このビンディングシューズの効果はどう...

自転車でも通勤手当はもらえる?公務員や一般企業の例

自転車通勤だと、通勤手当は支給されるのでしょうか。公務員の場合には、制度として整備されている...

スポンサーリンク

mtbハブの交換を考える理由

mtbのハブの交換を考えるのに至る経緯は、様々あると思います。

・ハブのレベル(グレード)を上げたい
分かりますが、それならば、ホイールごと交換という手もあります。

・表面上で破損しているのが分かる
これは何ともしがたいですので、交換ですね。

・ホイールの回転に違和感がある・変な音がする
これは交換まで至らなくても、メンテナンス次第で何とかなるかもしれません。

また、丸ごと交換しなくても、一部のパーツ交換で済む可能性があります。

こんな感じで、段階を追って説明していきます。

まず、基本的にハブの交換は、ホイールの分解が伴います。

ホイールはタイヤをはめる部分の「リム」、骨組みに当たる「スポーク」、スポークをリムに支持する「ニップル」、そして「ハブ」で構成されています。

ハブには、全てのスポークが取り付けられていますので、交換になれば、少なくともスポークは外す必要があります。

ハブを交換して、スポークを元通りにするということは、ホイールを手組することと同じです。
これを前提として、この後の話をしていきます。

mtbのホイール交換はどうか?

mtbのコンセプトは、山道や砂利道のようなオフロードを、力強く走ることにあります。

そのため、ホイールもどちらかといえば、耐久性に優れたものが多いです。

ロードバイクは、ホイールの交換が即スピードアップに直結するので、実感しやすいです。

真っ先にカスタマイズが推奨されるパーツであり、需要が高い分、種類が非常に多いです。
また、現在は、ほぼ「700c」ワンサイズなので、大量生産が可能ということもあります。

一方、mtbはワンサイズのロードに比べ、サイズも複数あるので、メーカーが参入しずらい背景があります。

そのため、種類が少ないですし、長く使って良さが分かるようなものなので、即効性がないです。

したがって、ハブのグレードアップを目的にホイールの交換をしても、劇的な変化が感じられず、残念な思いをするかもしれません。

あとは、ロードバイク用のホイールを使用するという手ですが、これは「エンド幅」の問題があって、一筋縄ではいきません。

また、現在のmtbの主流である27.5インチよりも、ロードバイクの700cの方がリム径が大きいので、フレームに適合できるかどうかも微妙です。(29erであれば、ほぼ同じ大きさです)

mtbのハブから聞こえる「ラチェット音」とは

前項の話から、ハブのレベルアップのためのホイール交換は、やや微妙という結論にさせていただきます。

mtbに限らず、自転車のハブには、大きな役割がいくつもあります。

まず、何と言っても、大きな特徴は、リアハブに付属している「フリーボディ」です。

多段化されている自転車には必要不可欠ですが、フリーボディの外側には、リアギアの歯車であるスプロケットが装着されています。

また、フリーボディの中には「ラチェット機構」という、一部を除く、多くの自転車に必須の機能があります。

これは、ペダルを正方向に回したときにしか、車輪に力が加わらないようにする機能です。

ペダルを逆回転させたときに自転車がバックしないのも、下り坂や押し歩きで漕いでいないときは、ペダルが回らないようになっているのも、この機構のおかげです。

ただ、車輪を空転させたときに出る「ラチェット音」が、人によっては不快感があるものです。

これは、構造上のことなので故障ではないのですが、ハブによって大きな音のものもあれば、静音に近いものまで様々です。

ある程度は、ハブのグリスアップなどで音を抑えることもできますが、ハブの交換の原因のひとつになっていると聞いています。

ハブはベアリングのメンテで変わる!

ラチェット音の操作も含めて、ハブの交換を考える前にメンテナンスをしてみましょう。
ハブは回転体ですから、中に軸と軸受けが内蔵されています。

これをメンテナンスすることで、結構使われるフレーズですが「ギア1枚分回転が良くなった」という、劇的な変化がもたらされることがあります。

ハブの分解手順は割愛しますが、メンテはパーツの清掃とグリスアップ(潤滑油)です。

軸受けは「べアリング」と呼ばれますが、ベアリングには種類があります。

自転車に使われているのは「ボールベアリング」といって、スチールやセラミック製の小さなボールが、いくつか並べられて、軸の受けになっています。

このボールを金属製の受けに入れて、上から樹脂や金属製のシールで覆ったものを、ハブの中に圧入するのが「シールドベアリング」です。

一方、ハブの内部にあらかじめ挿入されている、カップの淵にボールベアリングを敷き詰め、上からフタをするような感じで取り付けられるのが「カップ&コーン」です。

シールドベアリングは、シールで覆われているので、基本はノーメンテです。
そのため、メンテナンスはパーツの清掃や、周辺のグリスアップ程度で済みます。

しかし、圧入してしまうので再利用できず、何かあれば交換です。

カップ&コーンはベアリング自体をグリスアップできますし、ベアリングと軸の当たり具合を調整できるので、自分好みの回転にすることができます。

mtbは、水や泥が侵入しにくいシールドベアリングが主流と言います。

どちらが優れているかは賛否両論分かれるところですが、この部分のメンテナンスが、ハブの性能のカギであることは間違いありません。

ハブの交換は誰がやる?

mtbのハブのメンテナンスをしてみたけど、回転に納得がいかないこともあるかと思います。

そこで、いよいよ、ハブの交換を考えることになります。

先述しましたが、ハブの交換はホイールの分解を意味します。

市販されているものや、完成車に付属しているホイールは「完組みホイール」と呼ばれています。

これは、設計の段階で最適なホイールになるように、リム・スポーク・ハブが選ばれて組まれています。
レベルの差があるにせよ、トータル的に考えられているということです。

これを、ハブだけ別物に交換しようということなので、否定はできませんが、はっきりと「おすすめ」ですとは言えないです。

また、交換にはスポークを組み直す技術が要ります。

専用工具や、最後まで自力でやるなら「振れ取り台」という、ホイールのバランスを測る台も必要です。

専用の工具は安価ですが、振れ取り台は平均1万円はします。

ただ、振れ取り台を購入するのと、ショップにハブの交換とスポークの組み直しを依頼するのと、同じくらいの料金ですから考えどころですね。

手組みホイールの可能性

引き続きハブの交換の話をしますが、今後、本格的に自転車を趣味にしていくと思ったら、振れ取り台を購入しておくのも損ではありません。

ホイールは、スポークのテンションが緩んでしまう「振れ」が走っているだけで起こるので、定期的に点検が必要です。

今回はハブの交換がテーマなので、ここまでにしますが、振れについては、別記事を参照いただきたいと思います。

ハブの交換を自力でやるにしても、プロにお願いするにしても、そこまで考えるなら、もう一歩進んで手組みのホイールを作成するという選択肢もあります。

リム・スポーク・ハブを自力で選んで組むも良し、予算だけ伝えて、後はプロにお任せでも良いでしょう。

mtbの完組みホイールのレベルを考えると、オリジナルも悪くない選択だと思います。

もし、スピードアップをしたいなら、ロードバイク用のリムを使用することもできます。
mtb用のハブを使用すれば、エンド幅問題もクリアです。

費用はどちらにしても、それなりに掛かります。

ですが、プロに頼む際の工賃や、自力で行う際の工具代を入れても3~4万円で、そこそこ良いものが手に入るはずです。

今乗っているmtbに、どれだけの愛着を感じているかにもよりますが、一考してみる価値はあります。

ハブの交換の先に手組みホイールまで考えよう

今回は、mtbのハブを交換することを考えてみました。

ハブの交換=ホイールの分解ということだけは、覚えておいていただきたいです。

また、完組みホイールの選択肢が少なめのmtbでは、オリジナルのホイールを組むことも視野に入れて欲しいと思います。