ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

trekの7.4fxのタイヤ交換をしてスピードアップを図る

2017.12.7

【7.4fx】は、trek(トレック)のクロスバイクです。

2016年までのfxモデルは小数点が付いている、ちょっとややこしい品名でした。
2017年からは表記が代わり、7.4fxというバイクは姿を消しています。

ところで、7.4fxはタイヤ交換をしているインプレが目立ちます。

そこで今回は、7.4fxを振り返ると共に、どういった経緯でタイヤ交換に至っているのか検証してみます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクの適正サイズが書いてある計算表の見方

ロードバイクは安くても10万円ほどする乗り物です。 初心者は、まずサイズ選びが大切になってきま...

ツールドフランスで日本人の活躍は?賞金年収はどのくらい?

自転車のツールドフランスは、歴史あるプロのロードレースです。 主に、フランス周辺国を舞台にして...

ロードバイクのタイヤならパナレーサーがおすすめ!

Panaracer(パナレーサー)と聞いてピンとくる方は、かなりのロードバイク通ですね。 それ...

giantのクロスバイク「ESCAPE R3」のカスタムを考える

クロスバイクはスポーツ自転車の入門機的な存在なので、リーズナブルなものが目立ちます。 そのため...

デュラエース9000のハブで手組みホイールが組めるのか?

シマノのロードバイク用コンポの最高峰であるデュラエースは、現在R9100番まで進化を遂げています。 ...

ロードバイクのタイヤの太さは25cが主流!23cは終わったのか

ロードバイクのタイヤの太さは、23cから25cへと移り変わりつつあります。 23cの需要がなく...

ビアンキのクロスバイクにディスクブレーキが必要なのか?

イタリアの老舗「ビアンキ」は、多くのスポーツ自転車を扱う人気の自転車メーカーです。 ロード...

シマノULTEGRAの電動変速「DI2」で一歩先を目指す!

シマノには上位グレードの「DURA-ACE(デュラエース)」と「ULTEGRA(アルテグラ)」に...

メリダの2017年モデルが熱い!リアクトの最高峰7000-Eの特徴

メリダという自転車メーカーをご存知でしょうか。 自転車好きな方なら、知っている方も多いかと思い...

トレックのロードバイクの強みと評判は良いの?

日本で見かけることが多いトレックのロードバイク。 値段も比較的手頃なモデルもあり、ビギナー向け...

ロードバイクのクランクを外そう!外し方とメンテナンス

ロードバイクに乗っていると、やはり定期的なメンテナンスは付きものです。 毎回自転車ショップ...

シマノホイール・RS100を検証しグレードアップも考える

市販されているロードバイク用の完組みホイールにはグレードがあり、低グレードのものはあまり注目され...

シマノの万能ホイール!「WH-R9100-C24」の魅力とは?

シマノのホイールラインナップで、最も人気が高いのは「WH-R9100-C24」であるのは間違いな...

ワイヤーから解放!シマノの電動コンポーネント「DI2」!

シマノは自転車用コンポーネントのニュースタンダードとなるような革新的な製品を、数多く世に送り出して...

メリダのフレームにはサイズあり!最適なフレームサイズは?

自転車のフレームには、乗る人に合わせてさまざまなサイズが展開されています。 自分に合ったフレー...

スポンサーリンク

trek・7.4fxは2016年で販売を終了したモデル

まず、基本的な情報からお伝えしておきましょう。

trekのクロスバイクは、長年「fx」シリーズが人気の中心です。
2016年まではfxの前に数字の「7」が付き、小数点以下の数字でグレードを表していました。

小数点以下の数字が大きいほどグレードが上がり、2016年はカーボンフレームの「7.9」「7.7」。
アルミフレームの「7.5」「7.4」「7.3」「7.2」「7.1」「7.0」と、ラインナップされていました。

今回取り上げる7.4fxは、アルミフレームのセカンドグレードでした。

「表記がややこしいから改善してくれ」という意見があったかどうかは不明ですが、2017年から少し分かりやすくなりました。

通常の「fx」シリーズとスポーツライクな「fxs」シリーズとなり、fxが1~3、fxsが4~6と整数のみで表記されています。

7.4fxの後継はスペック上、fx3ということになりますが、価格が大きく下がっているので、後ほど詳しく確認します。

冒頭で、タイヤ交換が目立つと話しましたが、32cという太めのタイヤが標準装備されていることが一因ですね。

クロスバイクに32cのタイヤが悪いとは思いませんが、スピードに物足りなさを感じるかもしれません。

trek・7.4fxのスペック

では、trekの7.4fxを振り返ってみます。

アルミフレームにカーボンフォークを採用しています。
街乗り車ということで、キャリアや泥除けが後付けできる台座が設けられています。

スペック表のフレーム部分に記載があるので、ひとつの売りと考えていたのでしょう。

また、ワイヤー類がフレーム内蔵式なのも、大きな特徴のひとつです。

ドライブトレインは、シマノのMTBコンポでまとめられています。
下位グレードですが、クランクセットまでシマノ製というのは、高評価のポイントになります。

フロント3速・リア9速、ギア比も標準的なクロスバイクの構成です。

リアホイールはシマノのハブに、trek傘下のパーツメーカー「ボンドレガー」のリムで手組みされたものです。

特筆すべきものでもありませんが、実績がある物同士の組み合わせです。

タイヤは約9万円のクロスバイクにしては、質の高いものです。
そのため、タイヤ交換については、もう少し掘り下げてみたいので、後ほど詳しく確認します。

また、trekオリジナルの「アイソゾーンテクノロジーハンドル&グリップ」も大きな特徴のひとつです。

ハンドルの断面を特殊加工し、グリップを非常に柔らかい素材にしています。
このことで、地面からの衝撃を大幅に和らげ、長時間走行可能にしています。

trek・7.4fxの後継はfx3?

trekの7.4fxを振り返ってみました。

スポーツ自転車としての機動力と、街乗り車としての快適性のバランスが、非常に上手く取れていると感じました。

価格的には、クロスバイクとしては少し高価な部類ですが、コスパの高いスぺックになっています。

さて、そこで気になるのは、後継と目されるfx3のスペックです。

fx3は7万円で販売されており、7.4fxよりは約1.8万円ほど安価になっています。
重量も1.5kg以上重くなっているので、完全な後継車とも言いづらいです。

コンポなどを見ると、あからさまなコストダウンではなく、部分的にグレードを落とすなどして、細かくダウンさせている姿勢が見られます。

タイヤもグレードが若干下がりましたが、即座にタイヤ交換するような、ひどいものではありません。

trekは、ほとんどのパーツが自社ブランドと言ってもよい「ボンドレガー」製なので、微妙なさじ加減はお手のものなのでしょう。

7.4fxでタイヤ交換をする前に確認しておきたいこと

trekの7.4fxからfx3に引き継がれたのは、タイヤの太さです。

32cは一般的なクロスバイクにしては太く、ちょっと細めのママチャリタイヤというところです。

ママチャリライクな安定した走りを求めるには最適の太さですが、スピード面で物足りなさが残るのは否めません。

現在のクロスバイクのタイヤの主流は28cですが、ロードバイク寄りのスペックを持つ車種では、25cも珍しくありません。

一概には言えませんが、MTB以外のスポーツ自転車のタイヤは、28c以下で良いと個人的には思います。

ただひとつ言っておきたいのは、7.4fxに最初から装備されているタイヤは、それなりのレベルにあるものです。

全天候型で雨の日も、安定したグリップ力を発揮すると謳っています。
しかし、今のタイヤ界全体のレベルを考えると、これはそれほど優位なコンパウンドではありません。

ですが、貫通パンクやリム打ちを防いでくれるベルトを使用しており、耐パンク性に優れている点は強調できます。

また、耐摩耗性も高いので、長持ちするのが嬉しいところです。
そのため、7.4fxのタイヤは、寿命手前まで使い倒して良いものだと考えられます。

タイヤ交換の理由が細くしたいということなら何も言えませんが、それ以外の理由なら、少し立ち止まって考えてみましょう。

7.4fxでタイヤ交換をする意味

trekの7.4fxは総重量が10kg台前半ですから、アルミフレームのクロスバイクとしては、軽量の部類に入ります。

しかも、カーボンフォークや衝撃吸収に長けたグリップなどの配慮がされています。
そのため、普段使いの街乗り専用ではなく、ツーリングなどの長時間のライドにも使用できるバイクです。

通勤や通学、買いものなどの街中の普段使いにおいては、それほどスピードの必要性は感じないかもしれません。

しかし、サイクリングやツーリングなどでは、横をサーっとロードバイクに追い抜かれ、悔しい思いをすることが結構あるものです。

そこで考えたいのが、タイヤ交換です。

ロードバイクなら、スピードを上げるカスタマイズはホイールが最優先です。
有名メーカーが、こぞって販売競争を繰り広げている分野であり、質の高いホイールが数多く並びます。

ところがクロスバイクは、そもそもコストからしてホイール交換の概念が薄いので、選択肢が少ないです。

そのため、コスパや手っ取り早さを考えると、タイヤ交換となるわけです。

7.4fxのタイヤ交換時におすすめのタイヤはこれ!

では、trekの7.4fxのタイヤ交換に、おすすめのタイヤをご紹介します。

まず太さですが、安定感とスピードのバランスを取るなら28c、スピードに寄せるなら25cとなります。

25cでも安定感が著しく下がるかと言えば、全くそんなことはないです。
ただ、32cに慣れていると、最初は相当戸惑うはずです。

おすすめですが、街乗りが多くなりそうなら28c、遠出が多そうなら25cとしておきます。
先述したように、7.4fxのタイヤは低レベルではないので、レベルも合わせなくてはいけません。

それも踏まえて、今回私が選んだタイヤは下記の3つになります。

【Continenta(コンチネンタル):GRANDPRIX 4000SⅡ】

【シュワルベ(SCHWALBE):マラソン 700Cタイヤ】

【パナレーサー:RACE A EVO3 [ALL AROUND] 】

いずれも25c、28cの品揃えがあります。

クロスバイクなので、できるだけオールマイティな用途に対応できるタイヤを意識して選びました。

価格も1本4,000円~4,500円のゾーンなので、7.4fxに装備されているボンドレガーのタイヤと同レベルか、それ以上のものです。

7.4fxはまだまだ活躍しそうです

今回はtrekのクロスバイク7.4fxを振り返ってみましたが、惜しまれつつ市場から退場した感じでした。

それだけに、完全に踏襲したと言い切れる後継車がないのが、少し残念です。

現行のユーザーさんには、タイヤを細くするカスタマイズをして、普段使いだけでなく、ぜひ遠出してもらいたい1台です。

 - TREK, TREK ロードバイク, メーカー, ロードバイク