ロードバイクはアルミ、カーボン、クロモリどれがおすすめ?

ロードバイクのフレームに使用されている素材は、アルミ、カーボン、クロモリの3種類が主になります。

それぞれに特徴があって、おすすめは用途によっても変わってきます。

そこで今回は、それぞれの素材の特徴を説明していきながら、おすすめの車種などもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブリヂストンタイヤに注目!重量がレースを左右する?

ロードバイクレーサーにとって、タイヤは最も重要なパーツです。特にヒルクライムを楽しむライダー...

自転車後輪ブレーキが音鳴り!原因と対策を検証しよう!

乗っている自転車の後輪ブレーキが、キーキーと音を立てるようになったら、原因を調べなければなりません。...

ロードバイクのタイヤ交換をしましょう!後輪は特に注意

ロードバイクに長い期間乗っていると、タイヤの消耗が気になってきます。滑りやすくなったとか、ブ...

自転車用タイヤに前後の違いはある?前後を交換してもいい?

突然ですが、タイヤがパンクしたときに自転車屋さんで交換する場合、前後両輪がパンクするケースは考えづら...

ビアンキのロードにサイズ43はあるの?小柄だと無理なのか?

イタリアメーカーのビアンキで、サイズが「43」というとロードバイクにはありませんので、MTBとク...

日本を代表するクロモリ!アンカー・RNC3をブログから検証

ロードバイクはレースのものであるという認識をされている方も多いと思いますが、今回ご紹介するアンカ...

箱根駅伝コースを自転車で走ろう!自然を望めるルート紹介!

お正月に開催される箱根駅伝は、とても人気が高く、テレビでご覧になる方も多いのではないでしょうか。...

ロードバイクのタイヤを通販の人気ランキングを参考にご紹介

ロードバイクのタイヤは交換頻度が高い物ですが、とにかく種類が豊富なので何を選んで良いのか迷われた事も...

サイクルベースあさひ限定!メリダ「スクルトゥーラ300」

メリダの「スクルトゥーラ300」は、サイクルベースあさひ限定販売のエントリーグレードのロードバイ...

自転車のブレーキワイヤーが切断する前に自分で交換しよう!

自転車のブレーキワイヤーは消耗品です。新品の自転車を購入したとして、およそ3年で交換が必要です...

スタイリッシュなロードバイクに!シートポストを白くしよう

ロードバイクの見た目を意識すると、モチベーションも上がりますよね。「オールホワイトカラーにし...

ANCHORのクロモリロード「RNC3」をどうカスタムする?

ロードバイクに乗っていると、早かれ遅かれカスタムに直面することになります。全てのパーツが...

幅広く活躍してくれる!メリダの29er「ビッグナイン100」

メリダは今でこそロードレースでの活躍やデザインの向上によりロードバイクも伸びてきた印象ですが、ほ...

スペシャライズドのロードバイクの旗頭「ターマック」に迫る

スペシャライズドを代表するロードバイクである「ターマック」は、グランツールに投入されているレース機材...

マウンテンバイクは街乗りにもおすすめ!タイヤの空気圧は?

マウンテンバイクは頑丈で、凹凸の多い場所も軽快に走れる自転車です。ロードバイクやクロスバイク...

スポンサーリンク

アルミ、カーボン、クロモリそれぞれの特徴

まず、ロードバイクのフレーム素材で、下位のモデルに多く使われているのはアルミです。

これは価格が抑えられることが大きく、各メーカーとも初心者向けのエントリーモデルは、ほぼアルミフレームを採用しています。

今のアルミフレームは改良が進んでいるので、かつてのように、振動を全て拾って衝撃を与えるようなことは、大分なくなってきました。

中位クラスから上位クラスになってくると、カーボンが圧倒的に多いです。

今は20万円台の完成車にもカーボンフレームが登場しているので、現在の主流と言っても良いでしょう。

金属ではないので、何より軽いことが大きなメリットで、「軽さは正義」なんて言葉は、カーボンフレームのためにあるようなものです。

また、加工がしやすいので、独創的な形状にできるのも、他の素材にはないメリットです。

クロモリフレームは扱っていないメーカーも多く、主流とは言えませんが、とにかく丈夫で耐久性はピカイチです。

同じ自転車に長く乗ろうと思ったら、まずクロモリを視野に入れた方が良いです。

丈夫なぶん、チューブを細くできるので、特有の細身でスタイリッシュな見た目になるのが、クロモリフレームのメリットと言えます。

アルミはカーボンよりも硬く、クロモリよりも軽い

では、素材ごとに詳しく特徴を見ていきましょう。

まずはアルミですが、クロモリなどの鉄に比べ、柔らかく耐久性に欠けるので、どうしても太いチューブを使用することになります。

そのぶん、見た目がごっつくなるのは、やむを得ないところです。

また、剛性が高いので乗り心地は硬めになりますし、大分改善されたとは言え、地面からの振動はそれなりに拾ってしまいます。

そのため、アルミフレームのエントリーモデルであっても、フロントフォークだけをカーボンにして、衝撃吸収を図っている車種もあります。

しかし、何よりリーズナブルですし、今はカーボン並みの軽さのフレームもあります。

エントリーモデルに多く採用されているから平凡だということは決してなく、強度やコスト面で優れているから、アルミフレームが多いと理解していただきたいと思います。

そのため、ロードバイクに初めて乗るという人は、アルミフレーム車から始めるのがセオリーと言えます。

カーボンキラー=アルミのCANNONDALE(キャノンデール)

では、アルミフレームの代表的なロードバイクを紹介します。

【CANNONDALE(キャノンデール):CAAD12】

昔は頑なにアルミフレームしか取り扱わなかったほど、アルミへのこだわりが強いのがアメリカのキャノンデールです。

「アルミのキャノンデール」の異名に恥じない、代表的なロードバイクが『CAAD12』です。

とにかく「カーボンキラー」と呼ばれるほどの車体の軽さが、キャノンデールならではの素晴らしい技術です。

なぜか車重を公式には発表していないので、詳しくは分かりませんが、インプレを見る限り、走りの軽さを絶賛する声が多いです。

特に、2017年にモデルチェンジを果たしたアルテグラR8000をメインコンポに据えた【2018 CAAD12 ULTEGRA】は、そのままレースに出ても恥ずかしくないほどのスペックです。

個人的な見解ですが、これで26万円(メーカー発表価格)なら、かなりコスパに優れていると思います。

他にも、コンポに105を採用しているモデルには、ディスクブレーキモデルもあります。

カーボンやクロモリにも全く引けを取らない性能の高さを、ぜひ実感していただきたい1台です。

クロモリフレームならこれしかない!

さて、ロードバイクのフレームの中では、少しマイナー的な存在なのがクロモリです。

クロモリは鉄がベースなので、カーボンやアルミに比べると重くなります。

しかし非常に強度があるので、細くしなやかなフレームが作れ、クロモリにしか出せない剛性のバランスが、マニアを生むと言われています。

そして、代表的なクロモリのロードバイクはイタリア・CINELLI(チネリ)の『スーパーコルサ』です。

実に、販売開始から40年以上が経過していますが、今でも変わらぬスタイリッシュなフォルムは健在で、クロモリファン垂涎のフレームです。

かつては自転車の教科書とまで言われた、典型的なダイヤモンドフレームで、真っ直ぐ伸びるトップチューブが本当にカッコいいです。

販売は、フレームセットのみとなります。

サイズが48から1cm刻みで17サイズ用意されており、1台に長く乗ってもらいたいというチネリのこだわりを感じます。

フレームセットのみで29万円(メーカー参考価格)と高価ではありますが、とにかくクロモリフレームは耐久性に優れていて長く乗れますので、長い目で見れば、決してコスパは低くないと思います。

カーボンは軽いが高価!

さて、残る素材はカーボンですが、アルミやクロモリと違いカーボンは金属ではありませんので、とにかく軽さが売りになります。

衝撃吸収に長けており、さすがに乗り心地の良さは、他の追随を許さないところです。

また、カーボンは自由自在な造形が可能なので、どんな複雑な形でも作れるのがメリットです。

極端に言えば、スピードや剛性もフレームの形状でコントロールできるということになるので、まだまだ将来の可能性を秘めているということになります。

その一方、デメリットとすれば、高価であることです。

ハイエンドモデルになると100万円を超えるような完成車もありますが、それはカーボンフレームにしかあり得ません。

また、傷に弱いのもカーボンのデメリットです。

へこんだり、曲がったりはしないので衝撃には強い素材ですが、傷が付くと、そこから一気に裂けてしまう可能性があります。

そのため、自転車を倒したりして縁石やガードレールに当たったとか、駐輪場で将棋倒しになり、隣の自転車のチェーンで傷が付いてしまったなんて話は良く聞くので、扱いに十分注意しなくてはなりません。

おすすめのカーボンフレームロードバイク

カーボンフレームはほぼ全メーカーが扱っていますので、「アルミのキャノンデール」、「クロモリならスーパーコルサ」のような異名を持つ存在は見られませんので、独断と偏見に基づくおすすめになります。

【Bianchi(ビアンキ):SEMPRE PRO(センプレプロ)SHIMANO 105モデル】
参考価格:¥210,000

イタリアの老舗メーカー・ビアンキのカーボンフレームロードになります。

カーボンフレームのエントリーモデルという位置付けですが、センプレシリーズはレース仕様とロングライド仕様のバランスが取れているというか、用途が片寄らないオールラウンダーなので、最初の1台におすすめしたいです。

【GIANT(ジャイアント):TCR ADVANCED 1 KOM】
参考価格:¥240,000

世界一の自転車メーカーである、台湾はジャイアントのカーボンフレームロードです。

何と言っても、この価格でシマノ・アルテグラ搭載は、さすがにコスパ最強を謳うだけのことはあります。

50-34Tのコンパクトクランクに11-32Tという、ワイドレシオのカセットスプロケットを採用しているので、少しこだわりが強すぎる、さながらヒルクライムの入門編といった趣です。

それぞれに良さがある

ロードバイクのフレーム素材は値段がまるで違うので、どうしても費用面で選ばざる得ないことが多いように感じます。

しかし、アルミやクロモリが、カーボンよりも安価であるから劣っているというわけではありません。

それぞれの素材の良さを理解して、選んでいただきたいと思います。