ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

軽量フレーム!スカンジウムロードバイクの魅力を探ろう!

2017.9.28

自転車のフレームに使われるのは、アルミ・カーボン・スチールの3種類ですが、それぞれに特徴を持ち、使われるフレームによって、自転車の走りが変わってきます。

今、注目を集めているのが「スカンジウムフレーム」です。

スカンジウムフレームは、アルミにスカンジウムを混ぜた素材で、軽量を特徴としています。

人気自転車「ビアンキ」にも、スカンジウムフレームは採用されています。

ここでは、スカンジウムロードバイクの魅力について探っていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ランドナーとスポルティーフの違いは?2つの互換性について

ランドナーとスポルティーフ、一見見た目は、ロードバイクに似ています。 また、この2つは違いが分...

知らなくてはもったいない。イーストンのホイール「ea90」!

イーストンは、創業は1922年のアメリカで、スポーツ用品を幅広く扱うメーカーです。 つまり自転...

おすすめロードバイク人気メーカーランキングTOP5!

ロードバイクを購入する際に、どこのメーカーが良いのか気になりますよね。 そんな時の参考にして頂...

アルミでカーボンの乗り味!アンカーRL6のインプレ評価は?

アンカーの「RL6」はアルミフレーム車になります。 しかし、インプレ情報ではカーボンやクロ...

ビアンキのロードバイクで人気があるのはどの機種か?

イタリアの老舗スポーツ自転車ブランド「ビアンキ」は、2018年ロードバイクに相当力を入れている姿勢が...

bb30変換アダプターでfsa製のクランクをシマノ製に交換する

「bb30」と聞くと、あまり良いイメージを持たれていない方も多いかと思います。 「異音」という...

ロードバイクのサドルは重量にこだわる必要があるのか?

ロードバイクはロードレースの機材であるために、いかにして軽量化をするかが重視されています。 た...

価格だけではない!メリダ・スクルトゥーラ2000を振り返る

メリダのロードバイクには、かつてシマノ・ソラをメインコンポとするカーボンフレーム車、スクルトゥー...

ロードバイクメーカーの中で初心者にオススメ5選!

初心者の方が、ロードバイクの購入を考えている時に、どのメーカーの物が良いのか困ってしまう時もあると思...

万能入門機!スペシャライズド「アレーエリート」2018モデル

この記事を読まれる方の中には、スポーツサイクルの、最初の一台目をお探しの方もいることでしょう。 ...

エアロロードなのに安い!おすすめロードバイクの性能に迫る

エアロロードというと、重い、高い、といったイメージを持っている方もまだ多いのではないでしょうか。 ...

ピナレロの中古品で激安と呼べるのは?中古以外にもある?

「激安」という言葉を目にしますと、どんな商品でも注目し、それが自分に興味があるものであれば、心躍...

シマノホイール・RS100を検証しグレードアップも考える

市販されているロードバイク用の完組みホイールにはグレードがあり、低グレードのものはあまり注目され...

ロードバイクのシートポストはオフセットの有無でどう違う?

ロードバイクに乗る方にとって、走りの快適さはとても重要ですよね。 それには、サドルの位置も大き...

ピナレロの伝統を守る!ラザはブログでどう評価されている?

筆者はロードバイクを確認する際に、ブログを参考にすることがあります。 実際にそのバイクのユーザ...

スポンサーリンク

スカンジウムロードバイクってどういう自転車なの?

スカンジウムとは、アルミ合金の添加剤として加えられることが多いのですが、それによって軽くなるという性質があります。

また、より硬いチューブを造ることができ、剛性感を損なわずに、軽量フレームを維持できます。

フレームの性能を考えた時、振動吸収性や快適性を求めるのであれば、やはりカーボンであるというのが定説で、その証拠として、プロが使用するのはほとんどがカーボンなのです。

それなのに、昨今、様々なメーカーがスカンジウムを採用するようになったのは、何故なのでしょうか?

カーボンは軽く、快適な走りができる最高素材と言われていますが、その分、価格が高くなります。

一方で、アルミ素材は、安価ではあるけれど、振動吸収性が良くないと言われています。
その中間素材として、アルミにスカンジウムを混ぜることでできあがったのが、スカンジウムフレームです。

適度なしなりがあり、その反面、軽量になるという良いとこどりで話題となり、少しずつライダーの注目を集めるようになったのが、スカンジウムロードバイクなのです。

スカンジウムはメジャーなバイクではないため、話題性や希少性で、各メーカーが少しずつ出しているような状況です。

スカンジウムロードバイクの価格は高い?

ロードバイクにとって、使用されているフレームは大きな選択ポイントのひとつになりますが、そのフレームでバイクの価格は大きく変わってきます。

カーボン素材はかなり高額で、アルミは安いと言われますが、自転車メーカーによってもその価格帯は様々です。

ビアンキの「FENICE PRO」という自転車は、アルミスカンジウム合金のフレームとなっていますが、約30万です。

アルミ素材とすれば、かなり高いと考えられがちですが、スカンジウムが入っていることで、その評価が変わるのです。

スカンジウムは、軽く、硬い素材として、ロシアの戦闘機にも使われたことがある優れた素材です。

ロードバイクの素材としては、非常に優秀な素材として認められており、その分、価格評価も高くなってしまいます。

ビアンキがこの素材を取り入れたことで、少々高いロードバイクとして販売されているのです。

また、イタリアブランドのデローザも、2015年にスカンジウムフレームを採用した「SCANDIUM」というロードバイクを発売しています。

こちらも、フレーム価格だけでも46万と、高額なバイクとなっています。

しかし、スカンジウムの特性を活かし、強度と他易疲労性がかなり向上しており、反応性が高く、軽量かつ高剛性のフレームと評価されています。

ペダリングでは、気持ち良いレベルの刺激を感じながら、アルミらしい響きのある軽さと力強さで加速するロードバイクです。

スカンジウムが少々高額になってしまうのは、化学反応性が高く、研究開発が難しい素材だからと言われています。

スカンジウムロードバイクの寿命

ロードバイクを乗り続けていると、様々なトラブルに遭遇することがあります。

そのトラブルは、各パーツの消耗から起きることもあり、常にメンテナンスをすることが大切になってきます。

さらにこのスカンジウムフレームのロードバイクは、「寿命が短いのではないか?」とも疑問視されています。

アルミフレームは、寿命が短いと言うことはよく言われます。
これはフレーム剛性が低下してきて、加速力や登坂力が落ちることを意味しています。

アルミは、徐々にへたってくると言うよりは、限界を超えると、いきなり折れることがあるとも言われています。

しかし、実際には急に真っ二つに折れるわけではなく、塗装が浮いてきたリ、ひび割れなどの症状が現れてくる場合が多いです。

普段からフレームを注意して見ておくこと、磨く癖をつけておくと、事前にこの症状を察知することができるでしょう。

一方で、カーボンフレームは、固く衝撃吸収性は良いという特性を持っていますが、衝突などの打撃による一点集中の衝撃には弱いです。

素材自体は強く錆びることがないため、寿命としては比較的長いです。

少し話が逸れていきましたが、スカンジウムの寿命がどのなのかについてに戻ります。

スカンジウムは、アルミに混ぜて造られた素材なので、この中間の強度を持っていると考えられています。
カーボンよりは寿命が短いけれど、アルミのみのフレームよりは強いということになります。

スカンジウムを少し混ぜるだけで、アルミの耐久性が劇的に高くなるというのは、大きな特徴と言えるでしょう。

スカンジウムフレームを活かしたロードバイクの特徴とは?

アルミ合金にスカンジウムを合わせたスカンジウムフレームを採用することで、ロードバイクの性能はかなりグレードアップすると評価されています。

チューブは、薄くできるため、軽量が実現でき、路面からの衝撃も減少します。
スカンジウム自体は、金や炭素と似た元素で、安定した結晶構造を持つ、銀白色の金属です。

スカンジウムフレームは、高い体力強度と、スチールのような柔軟性を持ったフレームとして話題になっていますが、それは、アルミ合金に少量のスカンジウムを添加しているためです。

よくカーボンフレームと比較されるスカンジウムフレームですが、どちらのフレームも強度や剛性が高く、その分軽くすることが可能な点は、大きな特徴でしょう。

また、軽いだけでなく、衝撃吸収性に優れており、ロードバイクのフレーム素材としてとても優れている反面、大変高価となってしまいます。

金額的な理由から、カーボンよりもスカンジウムを選ぶ人が多いのですが、実際にレースで走るプロの選手でなければ、スカンジウムでも十分と言えるでしょう。

さらに、耐久性がアルミフレームよりも高くなっているので、それなりの金額も納得できますね。

スカンジウムフレームで有名な各メーカーのロードバイク

ここでは、スカンジウムフレームを取り入れたメーカーのロードバイクをいくつかご紹介していきましょう。

まずは、ビアンキの「フェニーチェプロ105」というモデルですが、軽量を重視し、さらに、機敏さを追求したロードバイクと言えます。

パフォーマンスを追求した設計となっていますが、レースだけでなく、広い範囲で使用できる自転車として、様々なシーンでの走行が可能です。

また、シマノ105をメインのスペックとして採用しており、高い耐久性とトラブルの少ない自転車です。

クランクには、22SPEEDを使用しているので、重量感のあるギア比で、ロードレーサーとしての走りも楽しめます。

次に、イタリアブランド、デローザの「SCANDIUM」です。

700系の上級アルミ合金に、スカンジウムを添加したフレームは、何とも美しいスタイルに仕上がっています。

スカンジウムの特性で、強度と耐久性を実現しており、反応性が高く、高剛性のフレームは、スチールやチタンとはまた違った魅力を兼ね備えています。

価格は、高級カーボンフレームが購入できるくらいですが、サイズオーダーができることで、マニアのライダーにとっては魅力的な自転車ですね。

ドイツのスポーツ自転車ブランド、コラテックからは「CORONES SL」というモデルのスカンジウムロードバイクが販売されています。

軽量のトリプルバテッドのチューブを使用しており、トップチューブとダウンチューブは共に半円形の形状です。

これによって、高い剛性を保っているとされています。
コラテック独自のチェーンステーを採用することで、振動吸収性、路面追従性を向上させています。

シマノアルテグラ105ティアグラの各種完成車とフレームセットで販売されているので、初心者でも安心して乗れる自転車と言えそうです。

スカンジウムロードバイクの人気の秘密

様々なロードバイクが存在する中、昨今スカンジウムロードバイクが注目を浴びているのは、年々、各自転車メーカーが新しいモデルを販売していることに秘密がありそうです。

一般的なロードバイクのフレームは、アルミが使用されることが多いので、一番身近な素材です。

軽いことに加え、加工がしやすいので、コストが安価とされる素材で、初心者や一般ロードレーサーには気軽に手が出しやすい素材ですね。

しかし、基本的にはしなりが弱い素材で、スチールやカーボンと比較すると、快適に乗れるとは言いづらいものがあります。

さらに、スチールに比べて、金属疲労が起こりやすく、寿命が短いと指摘されています。
その短所を改善するべく、アルミに混ぜるようになったのが、スカンジウムなのです。

スカンジウムの特性である柔軟性を加え、アルミの軽量をそのまま活かしたのが、スカンジウムロードバイクで、各有名メーカーが、こぞって新モデルを開発販売するようになりました。

カーボンのロードバイクを購入するよりは、かなり安価で手に入れることができ、走りそのものは「カーボンに近い」というスカンジウムのロードバイクは、一気に広まり、注目を集めるようになったのです。

スカンジウムフレームに、各メーカーがヘッドチューブやシートチューブをうまく調整して組み込むことで、独自のロードバイクの特徴を作り上げています。

素材の持つ個性を発揮し、その自転車ごとの魅力を引き出しているのです。
今後も様々なスカンジウムロードバイクに期待ができそうですね。

スカンジウム素材を活かしたロードバイクを楽しもう!

ロードバイクも何年か乗っていると、様々な自転車を試してみたくなるものです。

最初に購入したアルミの自転車の性能が落ちてきたら、2台目には、スカンジウムの自転車を考えてみませんか?

カーボン自転車の柔軟性を同じように感じられるスカンジウムは、一度は試してみる価値が十分にあるでしょう。

アルミの持つ軽さと、カーボンの持つ柔軟性を兼ね揃えたスカンジウムフレームのロードバイクで、ぜひ快適な走行を楽しみましょう。

 - ロードバイク