ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

スポーツ自転車のクロスバイクの情報はブログを参考にしよう

2017.9.21

これからスポーツ自転車を始めようという方もいらっしゃると思います。

街乗りやスポーツ自転車の初心者には、まず、クロスバイクをおすすめします。
しかし、乗るにしても色んな情報が欲しくなるところです。

そこで、実際にスポーツ自転車に乗っている他の方々が発信する情報が、とても参考になってきます。
自転車ライフの参考に、ブログなどで情報収集をしてみると、きっと良い情報がみつかりますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

bianchiのクロスバイクを紹介!価格相応のモデルはどれ?

スポーツ自転車の購入を考える際に、まず皆さんが気になるのは価格でしょうか? 例えば入門編的...

スペシャライズドのクロスバイク「シラス」2018モデルを紹介

スペシャライズドのクロスバイクは、2018年より「Sirrus(シラス)」シリーズのみの展開にな...

ビアンキの純正品!クロスバイクに空気入れは必需品!

デザイン性に富むビアンキですが、ビアンキのクロスバイクを購入したら、この他に何が必要になってくるので...

ビアンキのクロスバイクのサドルについて知りたい!

クロスバイクはスポーツ自転車の入門編的存在で、ママチャリなどから乗り替える方が多くなります。 ...

ビアンキのクロスバイク・パッソを振り返る!改造もおすすめ

ビアンキに限りませんが、クロスバイクは近年スピード化が進み、ロードバイクに近い存在になりつつあり...

トレック1番人気のクロスバイク「7.4fx」を振り返る

トレックのクロスバイクの定番モデルであった「7.4fx」は、2017年より製品名の表記が変わり、...

フラットバーのハンドル幅が最初からそのままになってない?

mtbやクロスバイクは、ハンドルの操作性に優れるフラットバーハンドルが採用されています。 ...

クロスバイクと言えばトレック!「8.3ds」はどんな機種?

近年トレックはクロスバイクに力を注いでおり、それにユーザー人気が追いついて不動の地位を確立しつつあり...

スポーツバイクのフレームなどの錆落とし方法をご紹介!!

スポーツバイクなど、金属製のものはどうしても雨に弱いです。 出来れば室内に保管するのが理想です...

自転車のカゴを交換したい!どんな種類があるの!?

お子様のご入学に備えて、自転車のご購入を検討している方や、ご自宅にある自転車のカゴを交換したいとお考...

クロスバイクのタイヤのパンクを修理しよう!

都内で快適に走行するクロスバイクを最近良く見かけます。 シティサイクルも多いですが、クロスバイクも...

自転車のホイールについているバルブの種類と選び方

自転車の空気を入れるために、バルブの種類を理解しておきましょう! バルブには主に3種類あり、そ...

ビアンキのクロスバイク「アドバンテージ」を振り返る

イタリアのビアンキはツール・ド・フランスを制したこともある、老舗のレーシングブランドです。 ...

メリダのクロスバイクは高品質・低価格!おすすめの3選

台湾メーカーのメリダは、MTBで有名なブランドですが、実はとてもコストパフォーマンスの高いクロスバイ...

クロスバイクメーカー、ルイガノとビアンキの自転車について

ルイガノ、ビアンキはクロスバイク初心者も選ぶ方が多く、街乗りにも手ごろな価格帯で、人気のあるメーカー...

スポンサーリンク

初心者には、クロスバイクがオススメ

自転車を始めようと思っている方は、「どの自転車が良いのか」というところから悩みますよね。

ロードバイク・クロスバイク・MTB・電動アシスト自転車・シティサイクルなど、沢山ありますので、どれにしたら良いのかは本当に迷ってしまいます。

筆者もクロスバイクを購入するまでの間や、購入してからも、自転車乗りの方々のブログなどを参考にさせていただきました。

自転車初心者の方にオススメする自転車は、やはり「クロスバイク」です。
街乗りには最適ですし、自転車自体がカッコイイのも魅力的です。

値段も手頃なものが多く、スピードや性能はママチャリと比べても、かなりな高性能です。

クロスバイクは、ロードバイクとMTBの良いとこ取りをした自転車ですので、大袈裟な表現ではなく、クロスバイクに乗ったらあなたの世界が変わります。

自転車屋のクロスバイク紹介ブログを参考にする

「クロスバイク」と一言で言っても、たくさん種類があります。
メーカー、部品などで値段もピンキリです。

欲しいクロスバイクのメーカーなどが決まっていなかったら、数多い自転車屋さんの、クロスバイクを紹介しているブログなどを参考にしてみると、クロスバイクについてよく分かります。

メーカーはもちろんですが、値段・各パーツの性能・重量など、詳しく説明されていたりしますので、とっても参考になります。

ブログに載せてある画像などで、クロスバイク全体だけでなく、各パーツごとにも見れたりします。

画像を拡大したりすると、実物を見るように細部が見れたりしますので、気になったところは、拡大して確認できます。

きっと、クロスバイクのスタイルの良さなどが気になり、実際に触れたり、乗ったりしてみたくなると思います。

ブログで見たクロスバイクを実際に自転車屋で触れる

クロスバイクを紹介しているブログなどで、知り得た情報の中から、良いと思ったり、欲しくなったクロスバイクを見つけたら、自転車屋さんに行って実際に触れてみてください。

そこで、試乗ができるお店なら、ぜひ試乗させてもらいましょう。
クロスバイクの良さが一発で分かります。

そして、店員さんにいろいろ教えてもらうことで、実際に購入ということになったり、サイクルライフに現実味が帯びてきます。

オススメの選び方は、「一目惚れしたクロスバイクを買う」ということです。

一目惚れや、気に入ったクロスバイクを購入した方が、乗る頻度が高くなりますし、サイクルライフのモチベーションもアップしますので、妥協はなるべくしないで、一目惚れしたクロスバイクを買いましょう。

色やメーカーによって、デザインがたくさんありますので、「宝の山から一番の物を探す」という感覚でいると楽しみもアップすると思います。

クロスバイクを購入したら、自転車乗りのブログを参考にする

クロスバイクを購入すると、購入前とは違う、購入後のいろいろな疑問が出てきます。

「雨の日はどうするか?」
「パンクの際はどうするか?」
「ライトは?」
「盗難防止策は?」
「メンテナンス?」
「空気入れは?」

このように、たくさんの疑問点が、あなたのサイクルライフに直結した部分で出てきます。

既に、サイクルライフを過ごしている方々も、初めの頃に同じような悩みを抱えいたことが多く、その悩みの解決方法などをブログで紹介しています。

あなたのサイクルライフに似た境遇の方を見つけると、悩みなどが解決できます。

筆者もクロスバイクを購入後、いろいろな悩みがあり、サイクルライフを過ごしている方々のブログを参考にさせていただいたりしました。

筆者と同じような境遇の方々のブログは、とても参考になり、さまざまな知識がつき、今ではサイクルライフがだいぶ定着してきたと思っています。

ブログを参考にすることで、自転車に関しての知識が増えていきますので、サイクルライフが楽しくなってきます。

準備が整ったら、いざ、サイクリングへ

クロスバイクを購入して、足りない物などを揃えたら、いざサイクリングです。
まずは、近場を流すというはどうでしょうか。

近くにサイクルロードなどがあるのであれば、ぜひそこを走ってみてください。

まずはゆっくりと、クロスバイクの性能を全身で感じながら、見える景色、感じる風などを十分堪能してください。

スピードを出せる道であれば、マックススピードを出してみたり、全てのギアを試してみたりするのもとても楽しいです。

クロスバイクでサイクリングをしていて、少しでも「楽しい」と感じたら、もう「自転車乗り」の仲間入りです。

そして、肝に命じておいて欲しいことは「無事に帰る」という事です。
クロスバイクでは、ママチャリやシティサイクルより、スピードを出すことができます。

時には、原付を追い抜く事ができます。
スピードが出ると楽しくなってきますが、事故などには十分注意してください。

必ず、「無事に帰る」という事を頭の片隅にでも入れて、安全に、かつ楽しくサイクリングをするよう心掛けてください。

そして、あなたのサイクルライフをブログで公開すると、仲間が増えたりするきっかけになるかもしれませんよ。

サイクルライフは、安全かつ快適に

サイクルライフをスタートしたら、クロスバイクを快適に楽しみたいものですよね。
そして、「安全に乗り、無事に帰る」ということを絶対忘れないでください。

クロスバイクに乗ると、スピードを出せる事に驚き、それが楽しくなったりするものです。

ですが、そのスピードで事故が起きた時や、転倒した時など、これまでの自転車とはレベルの違う怪我になったりします。

事故や転倒などでの怪我を防ぐ為に、ヘルメットを着用する事をオススメします。

クロスバイクで、マックススピード(30~40キロくらい)が出ている時の事故や、転倒した時のことを考えてみてください。

人の体は、自分で出せるスピードには対応できますが、それ以上のスピードになると脆いものです。
筆者がそうでした。

下り坂を、しかもペダルを全開で回し、スピードを楽しんでいました。
その時に、ふと「転倒したら一溜まりもない」と感じ、すぐにヘルメットを購入しました。

極端な話かもしれませんが、手にはグローブ、膝と肘、背骨をガードできる服や、リュックなどを怪我防止のためにつけた方が良いのではないかと感じたくらいでした。

そして、自転車は歩行者や車などに、視認されにくい場合があります。
夜間などは特にそうですので、安全には注意が必要です。

サイクルライフの安全性知るには、他の方々の危なかった話などをブログで参考にしてみると、実感が湧いたりすると思いますので、ぜひブログを参考にしてみてください。

自転車初心者の方は、クロスバイクを!

いかがでしたでしょうか?

自転車を始めようと考えている方には、クロスバイクがオススメです。

クロスバイクは、通勤にも、街乗りにも、ロングライドも可能なスポーツ自転車です。

シティサイクルなどとは数段違うクロスバイクをぜひ試していただいて、あなたのサイクルライフをスタートしてみてはいかがでしょうか。

 - クロスバイク, クロスバイクの特徴・種類