ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

軽いスポーツにいいmtbやクロスバイクはどっちがおすすめ?

2017.6.3

軽く運動をしたいな、なんてときに始めやすいのが、自転車です。
どうせ自転車を始めるなら、スポーツバイクを始めてみませんか?

スポーツバイクは主に、mtb、クロスバイク、ロードバイクがありますね。

どれを選べばいいの?と疑問を抱えている方に、それぞれの特徴をご紹介します。

自転車は驚くうれしい効果がたくさんあるんですよ!
ぜひ、自転車を始めてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビアンキとトレックのクロスバイクを比較!どちらが買い?

クロスバイクを始めとするスポーツバイクは、主要メーカーが通信販売を行っていませんので、基本的には...

クロスバイクに両立スタンドを取り付けることのメリット

クロスバイクの多くは、もともとスタンドが付いていないものが多いです。 スタンドは片側だけのキッ...

ジオスのミストラルに泥除けを付ければ濡れた路面も安心

ミストラルはジオスのクロスバイクの中でも、最も安価のエントリーグレードです。 そのため、ス...

ビアンキのクロスバイクに泥除けは必要?泥除けの種類は?

シティーバイクから、クロスバイクに乗り換えようと考えた時に、クロスバイクに違和感を感じる方もいること...

メリダのクロスバイククロスウェイの実力を知ろう!

メリダのクロスバイクにはフラットバーロードと言っても差し支えのない「GRAN SPEED(グラン...

シマノのクラリスでも性能は十分!用途に限れば快適走行も可

シマノのコンポーネントには様々なグレードがあります。 グレードが高いと値段が高くなり性能も高く...

ジャイアントのクロスバイクに使う空気入れの使用方法

ジャイアントのクロスバイクの空気入れを接続するバルブは一般的な自転車のママチャリと違うのを知っていま...

giantのクロスバイクにスタンドは必須ではないのか?

台湾の「giant」は世界一の販売台数を誇る、スポーツ自転車メーカーです。 プロチームに機...

ルイガノのクロスバイクtr1を口コミ評価から考察する

手ごろな価格でスポーツバイクが手に入るメーカーといえば「ルイガノ」ですが、なぜかよくない口コミが...

ビアンキのクロスバイク「カメレオンテ」は消えていない!

ビアンキのクロスバイクは2018年より、「CAMALEONTE(カメレオンテ)」と「ROMA(ロ...

ビアンキのクロスバイクに女性用はあるのか?

イタリアの老舗「ビアンキ」は、「チェレステカラー」に代表されるオシャレなイメージが定着しており、...

ルイガノのtr1をカスタムする~どんな方法があるのか紹介

ルイガノのクロスバイク「tr1」は、流行りのスピード系ではなく、クロスの元祖と言われるトレッキン...

クロスバイクメーカー、ルイガノとビアンキの自転車について

ルイガノ、ビアンキはクロスバイク初心者も選ぶ方が多く、街乗りにも手ごろな価格帯で、人気のあるメーカー...

トレックのクロスバイクを参考にタイヤの重要性を考える

トレックのクロスバイクは様々なタイプがあり、それに応じて採用されているパーツが選ばれています。 ...

クロスバイクにヘルメットは必要?ヘルメットを付ける意味

クロスバイクに乗るとき、ヘルメットはしていますか? ママチャリと違い、スピードを出しやすいクロ...

スポンサーリンク

手軽に出来る運動で、スポーツバイクをおすすめするわけ

社会人にもなると、仕事が忙しくなかなか時間が取れない方も多いでしょう。

そのため、運動をする機会が減ってしまいがちです。
運動不足を解消するのに、手軽に始める運動としてスポーツバイクをおすすめします。

スポーツバイクと言ったら、mtb、クロスバイク、ロードバイクなどが主に挙げられます。

○なぜ、スポーツバイクがおすすめ?

スポーツバイクを通勤に利用すれば、毎日の運動が習慣化され、運動不足解消になり、ダイエットにも期待が出来ます。
その上、ガソリンや電車賃もかからず経済的です。

まさに一石三鳥の自転車です。
悩んでいるなら始めるべきでしょう。

○自転車は、うつ病にも効果がある!

風を切って自転車を漕いでいると、リフレッシュしてきます。

それは、スピード感や目に入る景色がどんどん変化し、外からの刺激を受けることで、脳からドーパミンという物質が分泌されるからです。

このドーパミンは、神経伝達物質のひとつです。
ドーパミンの分泌はうつ病にも効果があるとも言われています。

また、自転車に限ったことではありませんが、運動していると全身が温かくなります。
温かくなることで、筋肉の緊張がほぐれ、副交感神経が働きます。

この副交感神経は、リラックスしているときに働く神経でもあり、気分が向上する効果も期待出来るのです。

手軽に運動を取り入れるなら!スポーツバイクでダイエット効果も

自転車で走ることは体への負担が少ない上、消費カロリーが大きいこともうれしいポイントです。

自転車を漕ぐ時に使う筋肉は、体の中で一番大きな筋肉である太ももです。
主に太ももの筋肉を含む下半身の筋肉は、体全体の約70%を占めているのです。

下半身の筋肉を鍛えることで、効率よくエネルギーを消費することが出来ます。
そのため、自転車は運動の中でも、楽で効率がいいと言えるのです。

ママチャリなどに比べても、スポーツバイクは軽いので、長い時間でも、疲れにくく、体に適度な負荷を継続的かけることが出来ます。
そのため、無理なくカロリーを消費出来るのです。

また、スポーツバイクは、ランニングのように足腰に大きな負担をかけることがありません。
長く続けたくても、身体に負担があれば続けることは難しくなってしまいますよね。

そういったことでも、スポーツバイクはおすすめ出来る運動と言えます。

しかし、スポーツバイクはmtb、クロスバイク、ロードバイクなど種類も豊富で、どれを選べばいいのか分からない方もいるかと思います。
そこで次では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

スポーツバイクの種類は主に3種類!mtb、クロス、ロードそれぞれの違い

まず、自転車に求める要素は人それぞれです。
そこで軽くスポーツバイクを始めたいというところに焦点を当てて、それぞれの特徴を見て、実際選ぶ時の目安にしてみましょう。

スポーツ自転車は大きく3つのタイプに分かれています。
主に、「クロスバイク」「ロードバイク」「mtb」(マウンテンバイク)に分けられます。

◯ロードバイク

レースにも使用される自転車です。
ツールドフランスなどの超長距離レースで使用されているタイプですね。

値段も他の自転車と比べると高くなります。

また、特徴としてかなり前傾姿勢になるので、初心者には乗りづらいかもしれません。
長距離を走る、スピードを出したい、本気でやりたい方におすすめな自転車になります。

◯クロスバイク

ロードバイクとmtbの間を取ったような自転車です。
手軽にスポーツバイクを始めたい方にぴったりな自転車と言えます。

ロードバイクよりは、スピードは劣りますが、ママチャリに比べれば相当なスピードの違いを感じることが出来るでしょう。

◯mtb

他の自転車で走ることが不可能である荒れた山道、舗装されていない悪路でも走ることが出来るスポーツバイクです。

他のスポーツバイクに比べると、タイヤも太いのが特徴になります。

気軽に普段使うなら、mtbとクロスバイクどちらがおすすめ?

普段使うなら、クロスバイク、mtb、どちらのスポーツバイクを選ぶのか悩む方もいるでしょう。
そこで今回は、普段使いということで、このクロスバイクと、mtbに絞って比べてみましょう。

○mtbなら、気兼ねなく走ることが出来る

スポーツバイクの耐久性を気にせずに荒れた道も走れてしまうのがmtbです。
スポーツバイクで気にする、段差も気兼ねなく乗り越えることが出来、道が荒れていても、砂利道でもがんがん走ることが出来ます。

クロスバイクもそうそうパンクするというわけではありませんが、やはり砂利道や段差は神経を使います。
そこをmtbなら気兼ねなく、荒れた道でも乗ることが出来るのです。

どんな道でも気にすることなくシチュエーションを楽しむことが出来るのがマウンテンバイクです。

◯早く走るなら、クロスバイク!

しかし、走るスピード、ペダルの軽さ、走快感は圧倒的にクロスバイクが上になるでしょう。
さらにmtbほどではないにしても、衝撃にもある程度対応出来ます。

このことから普段使いのことを考える、もしくはより快適に走りたいならおすすめはクロスバイクです。

mtbやクロスバイクなどスポーツバイク購入の決め手となるもの

mtbもクロスバイクも、どちらもいいポイントはたくさんあります。

しかし、通勤をする方の多くが選ぶスポーツバイクは、クロスバイクが多いです。
毎日使用するのに、mtbより軽いクロスバイクのスピードの快適さを求める方が多いというわけです。

納得の理由です。

中には、ロードバイクを購入される方もいますが、実際通勤目的だけなら、街中を走るとき、そこまでスピードを出すこともないでしょう。
街中でスピードを出したら危険ですからね。

そういったことからも、スポーツバイクを始めるのにクロスバイクで十分だと思うわけです。

ですが、スポーツバイクはどれが正解でどれが不正解というのはありません。
自分の気に入った、スポーツバイクを乗ることが一番なのではないでしょうか。

そして、自転車は、やはり実際乗ってみることが重要です。

お店には、様々な種類のスポーツバイクが販売されています。
イメージが沸き難い場合は、思い切って店頭で試乗してみましょう。

きっとぴったりの一台が見つかるはずです。

スポーツバイクを選ぶ時の注意点

mtbやクロスバイクなどの、スポーツバイクを購入するとき、注意しなければいけないことがいくつかあります。

まず、スポーツバイクにはパーツが全て揃っていません。
ママチャリには当たり前に付いている、カゴやスタンド、ライトやベルなども付いていません。

余計なものを付けない理由は、車体を軽くするためが理由のひとつです。
特にクロスバイクは、走行性能を上げるため、軽さを追求した設計で作られているものが多いです。

そのため、ベルやライトなど、必要なものは購入する必要があります。

そして、ママチャリの空気入れとは異なったバルブになっています。
空気を入れるとき、ママチャリの空気入れは使用出来ないと思ってください。

スタンドにいたっては、取り付け出来ないスポーツバイクもあります。
そのため、通勤やサイクリング途中のトイレや、休憩の際はどこかに立てかけることになります。

そして、スポーツバイクには点検が欠かせません。
スポーツ自転車は、ママチャリに比べればスピードも出ます。

スピードが出るということは、走行中のトラブルを避けるためにも、日ごろの点検は欠かせません。

日々のメンテナンスや安全点検をしないと、危険なトラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、出来る限り避けるために怠らないようにしましょう。

メンテナンスに自信がない方は、購入した販売店に持っていくのも一つの手です。
なんにせよ、スポーツバイクは点検を怠らないようにしましょう。

運動にスポーツバイクを始めてみよう

通勤や軽い運動に、おすすめとして、スポーツバイクをご紹介しました。

スポーツバイクは主に、ロードバイク、mtb、クロスバイクに分かれていますが、普段乗でしたら、クロスバイクがおすすめです。

自分の気に入る一台を見つけて、普段の生活にスポーツバイクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 - クロスバイク