ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

シマノ・デュラエース WH-R9100 C24の変更点は剛性力!

2018.12.5

シマノがロードバイクのコンポにおいては世界のトップシェアであることは有名かと思いますが、ホイールにおいても世界を代表するメーカーの一つです。

中でもコンポと同様に「DURA-ACE(デュラエース)WH-R9100」は、多くのプロ選手にも供給されているハイエンドモデルです。

今回はその中でも汎用性が高く、アマチュアライダー向けとも言われるC24を中心にご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ピストバイクをカスタムしよう!ハンドル交換を徹底解説!

ピストバイクはシンプルな構造であるため、変速のある自転車に比べると見た目がスッキリしています。 ...

高いのか?ピナレロのロードバイクを価格面から検証する

ロードバイクはどんなに安価なものでも一般的な自転車、いわゆるママチャリよりも高価です。 も...

ロードバイクのホイールを外してみましょう~外し方を紹介

皆さんはロードバイクのホイールを外したことがありますか? タイヤのパンク修理やハブのメンテナン...

ロードバイクにスタンドを使用!簡単に付けられる使い方

ロードバイクの室内保管にあると便利なスタンドですが、取り付けが難しく感じる方も多いようです。 ...

メリダの2017年モデルが熱い!リアクトの最高峰7000-Eの特徴

メリダという自転車メーカーをご存知でしょうか。 自転車好きな方なら、知っている方も多いかと思い...

メリダのエースロードバイクスクルトゥーラが2018年大躍進!

メリダが機材を提供するワールドチームの「バーレーン・メリダ」が、2018年のツール・ド・フランスでチ...

ロードバイクのシフトレバーを一体型から単独に交換する

ロードバイクのシフトレバーと言えば、シマノの「STIレバー」に代表されるブレーキとの一体型が主流です...

シマノ105がR7000に進化!アルテグラ・R8000との違いは?

シマノのロードバイク用コンポは、2016年より型番の頭にロードを表す「R」が付くようになりました...

メリダスクルトゥーラ700の高評価に迫る!改めて検証

ロードバイクのフレームの素材ですが、ロードレースにおいてカーボンが主流になり、市場でも同じ傾向に...

giantのロードバイクはなぜ激安?世界最大自転車会社を解説

giantは、1972年に創業された台湾の自転車メーカーです。 その規模は世界最大の自転車メー...

シマノアルテグラ6800の性能とブレーキ調整の方法をご紹介!

シマノ製コンポーネントとして人気の高いのが、アルテグラ6800ですよね。 アルテグラ6800と...

ロードバイクのトレンドを知る!ピナレロのカタログを読もう

ロードバイクを扱うメーカー、ブランドは毎年のように次年度のカタログを発行します。 カタログ...

トレックのロードバイク一覧!特徴と満足度の高い選び方

世界的なスポーツバイクメーカーの「トレック」ですが、さすがに販売台数でもトップクラスをキープしている...

クロモリ・ロードバイクの素晴らしさをブログで紹介しよう

今やロードバイクで多くのメーカーが扱っている素材といったら、アルミ、カーボンでしょうか。 しか...

ロードバイクのタイヤを通販の人気ランキングを参考にご紹介

ロードバイクのタイヤは交換頻度が高い物ですが、とにかく種類が豊富なので何を選んで良いのか迷われた事も...

スポンサーリンク

シマノホイールのグレード分け

シマノのカタログにおいてホイールは、「ロードコンペティションモデル」「ロードスポーツモデル」「ロードツーリングモデル」「ロードディスクモデル」に分類されています。

ディスクブレーキモデルを除くモデルは実質上これがグレード分けにもなっており、ヒエラルキーは、コンペティション>スポーツ>ツーリングとなります。

今回の主役である「DURA-ACE(デュラエース)WH-R9100 C24」は、コンペティションモデルに属しますので、シマノホイールの最高峰の中の一本です。

デュラエースはコンポのグレードとしても有名で、多くのプロ選手も使用するハイエンド中のハイエンドモデルです。

その冠が付けられたホイールももちろんプロユースですが、C24はクリンチャーで、リムハイトもモデルの中で一番低いので、汎用性が高く、少しレース色は薄くなります。

ただし、あくまでもコンペティションモデルの中ではという意味であり、レースでも大きく引けを取るという意味ではありません。

幅広い用途に使えるという意味に考えて頂きたいのですが、価格も含め多くのサイクリストに適応するホイールと言えるかと思います。

シマノ・DURA-ACE(デュラエース)WH-R9100 C24のスペック

それではまず「シマノDURA-ACE(デュラエース)WH-R9100 C24」のスペックをご紹介します。(価格は税抜)

◆参考価格:¥152,517

◆重量:1453g(前・618g 後・835g)

◆対応タイヤ:クリンチャー

◆リム素材:アルミ・カーボンコンポジット

◆リムハイト:前・21mm 後・24mm

◆リム幅:20.8mm(15C)

◆スポーク本数:前・16本 後・20本

◆ホイール固定方式:クイックリリース

製品名に記載のあるC24はリムハイトを表しており、このホイールは前後非対称の高さなので、リアの方を基準としてC24としています。

クリンチャーは、タイヤの中にチューブを入れて使用する、ロードバイクの中では最もスタンダードなタイヤで、緊急時に修理が容易であるなど、メンテナンス性に優れています。

なお、デュラエースにはC40、C60とリムハイトの高いモデルがあり、そちらにはプロユースも多い、チューブラータイヤ対応のホイールも用意されています。

シマノ・WH-R9100 C24のコンセプト

前項では、「シマノ・DURA-ACE(デュラエース)WH-R9100 C24」のスペックをお伝えしました。

ホイールは価格とリムの素材がリンクするのですが、この価格は業界全体で見るとアルミリムホイールの最高峰というところです。

後述しますが、他メーカーの同グレードとの比較で優るのは重量面、劣るのはレーシーさに欠ける点といった評価が多いです。

しかし、冒頭でも少し触れましたが、コンペティションモデルの中ではリムハイトが一番低いですし、スポークの組み方も応力優先の「オプトバル」ではありません。

そして、メンテナンス性に優れるクリンチャーモデルということで、レースに特化しない汎用性を意識した仕様になっています。

いわゆる、アルミクリンチャーの最高峰がレース想定であることは、ロードバイクがレースの機材である以上ごく普通のことと言えます。

そして、シマノはそこでも汎用性を求めているという、考え方の違いが仕様の違いを生んでいると言えるでしょう。

C24はR9100になり剛性不足の評価を覆しつつある!

シマノはホイールでは軽量をアピールしているメーカーではないですが、デュラエースC24は先代から軽量であることを売りにしてきました。

ところが、R9100になりカタログ掲載の重量では、先代に比べ80gも増量しています。

そのため、R9100にモデルチェンジされた当初は増量に対する厳しい意見も多く、先代が在庫切れになる前に購入した方が良いなどという意見もありました。

しかし、時を経てユーザーさんも増え評価が固まってくるにつれ、この増量は決して改悪ではなかったとの認識になってきました。

シマノは他メーカーに比べると以前からリムの素材が柔らかく、乗り心地はよいが剛性不足が弱点とされてきました。

「乗るとたわみが出る」「力を込めてペダルを漕ぐとブレて進みが悪く感じる」「軽量なのに走りに軽さがない」など、レース志向の高い方を中心に、酷評とも言えるほどの意見も少なくありませんでした。

しかし、R9100になり剛性不足を指摘している声が減り、中には硬いとさえ報告しているインプレ情報もあります。

WH-R9100 C24は今のトレンドである「ワイドリム化」もされていませんし、スポークの本数もフリーボディの素材も先代と変わりません。

したがって、シマノがプレスリリースしているわけではないのであくまで推測ですが、重くなったのはリムの剛性強化のために密度を上げた=硬くした、と考えられます。

シマノ・WH-R9100 C24はよりヒルクライム向きになった!

前項でお伝えした剛性強化の話はあくまでも推測ではありますが、以前にもまして登坂競技であるヒルクライム向きという評価になっています。

これは、推測が正解かもしれないという裏付けになり得ますが、上り坂に設けられたコースを走るヒルクライムは重力に逆らって走るので、何より軽量であることが求められます。

その意味で、シマノの中では軽量のであるデュラエースエースC24が推奨されてきたのですが、立ち漕ぎも多用するようなヒルクライムにはホイールの剛性も重要な要素です。

ですから、軽量であることは良いのですが、ガシガシと力任せに立ち漕ぎをするような人には剛性不足でヒルクラム向きではないという評価もされていました。

しかし、これがR9100になって評価が変わってきており、たわみが少なくなりパワーロスをしない分、上りで進んでいく感覚が増したと言います。

剛性が高く硬いと評されているホイールに比べれば、依然として柔らかいという評価もありますが、シマノがこのホイールに対して剛性の強化を意識したことはほ間違いないかと思います。

シマノ・WH-R9100 C24以外のロードコンペティションモデル

それでは最後に「WH-R9100 C24」と同じ、シマノのロードコンペティションモデル(デュラエースグレード)のホイールをご紹介します。

R9100となりデュラエースホイールは、リムハイトがC24、C40、C60に集約されました。

C24は今回ご紹介した1機種ですが、、C40とC60には様々なバリエーションがあります。

まずリムですが、アルミカーボンコンポジットに加え、フルカーボンが用意されており、軽量ディープリムホイールとしてハイエンドモデルに君臨しています。

しかも、フルカーボンリムは「チューブラータイヤ」用であり、中でもC40は2015、2016、2017年のツール・ド・フランスを3連覇したクリス・フルーム線選手が使用したことで、一躍名を上げました。

また、プロの激しいブレーキングにも耐えうるように、28mmまでリム幅が広がっていますので、剛性も高いホイールになっています。

そして、ドライブ側に反対側の倍のスポークを配する「オプトバル」の技術が投入されていますので、走行時のたわみやひずみを抑え、抜群の反応を生み出してくれます。

剛性の強化に注目!

今回は、シマノのロードバイク用ホイールWH-R9100 C24をご紹介しました。

重量は先代に比べ増えていますが、剛性が強化されている節があり、反応や乗り心地に変化が感じられます。

特にヒルクライムの際の力を込めるようなペダリングに耐えられるようにもなっており、より最適なものになったと言われています。

 - ロードバイク