シマノコンポのアップグレードは何のために行うのか?

ロードバイクの完成車のグレードはピンきりであり、特に付属パーツのレベル差は車体よりも激しいと言えます。

そうなりますとアップグレードを考えたくなるものですが、コンポなどはその代表格です。

そこで今回は、完成車に付属していることが非常に多いシマノのコンポについて、アップグレードを考えながら検証していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

bianchiのロードバイクの中で初心者の方へのおすすめをご紹介

イタリアの老舗ブランド「bianchi」は、ワールドツアーで数々の輝かしい戦歴を持つロードバイクの「...

ロードバイクのホイールはリム重量を見なければならない

ロードバイクにおいては、重いものが罪とでも言わんばかりに、軽量化の話にあふれています。ホイー...

ピナレロのロードバイクのカーボン「T1100G」って何?

ピナレロのロードバイク「ドグマF10」には、東レ社の「T1100G」というカーボン素材が使用され...

トレックのクロスバイクを選ぶ際に参考にしたいブログとは?

クロスバイクは近年普段使いの街乗り車として普及してきていますので、多くの一般ユーザさんがいらっし...

ジャイアントのロードバイク。defyシリーズの特徴や性能は?

ロードバイクに乗りたいと思って調べると、初心者におすすめなメーカーとして、ジャイアントが高確率で出て...

スペシャライズドのアレーはa1アルミよりE5アルミが主流に!

マウンテンバイクやロードバイクなど車種に関わらずスペシャライズドの自転車はプロのレースでよく使用され...

気になる自転車のカーボンフレームの特徴やメリット!

自転車を買おうと思ったときに、フレームの素材がたくさんあって、どれが良いかわからない・・・とお困りの...

クリテリウムに出場したい!初心者の方必見!走り方ご紹介!

自転車を趣味にしている方で「クリテリウムに出場してみたい!」「クリテリウムを生で観てみたい!」という...

シマノホイールはヒルクライム向き?ヒルクライム向きとは?

登坂競技であるヒルクライムは集団走行になりづらく、集団内での接触や小競り合い、また駆け引きなども...

シマノVブレーキシステムの特徴を知り自分で交換してみよう

シマノVブレーキは、マウンテンバイクをターゲットとし開発されたブレーキシステムで、2本のアームを...

ピナレロのグランフォンドの礎「ROKH」をインプレ情報で回顧

ロードバイクのラインナップは、一つのシリーズの中にグレード別に機種を用意するか、シリーズ自体を多...

デュラエース9000のハブで手組みホイールが組めるのか?

シマノのロードバイク用コンポの最高峰であるデュラエースは、現在R9100番まで進化を遂げています。...

【必見】ロードバイクの『ローラー台』おすすめ10選はこれ!

せっかくの休日、そんな日はロードバイクに跨ってサイクリングだ!と思った矢先に外は雨でゲンナリ。と...

ロードバイクのフレームを作るために溶接は便利で必要!

自転車のフレームはスチールでできていますよね。そのフレームを繋げているのは、溶接という加工方...

ピナレロの中古品で激安と呼べるのは?中古以外にもある?

「激安」という言葉を目にしますと、どんな商品でも注目し、それが自分に興味があるものであれば、心躍...

スポンサーリンク

シマノのロードバイク用コンポの概要

今回はシマノのロードバイク用コンポのアップグレードについてお伝えしますが、まずはシマノコンポの全体像をお話しします。

コンポはギアやレバーなど自転車を動かす機構である「ドライブトレイン」と、ブレーキの総称です。

シマノのコンポにはグレードがあり、セット販売もしていますし、カスタムや修繕用に単品でも購入が可能です。

完成車には単一グレードのコンポが一式で導入されるのが基本ですが、コストの関係で他グレードや別メーカーの物が混じることもあります。

そして、グレードの違いですが、シマノの場合はグレードが上がっていくにしたがい、リアの変速段数が多くなり、重量が軽くなり、価格が上がっていきます。

グレードの違いが特に顕著に表れるのは価格で、最高グレードと最低グレードではセットで約20万円の開きがあります。

シマノコンポのアップグレードで望める効果

シマノコンポのアップグレードをする目的は個人的に様々な理由もあるかと思いますが、アップグレードの効果が高いのは以下のようなことになります。

●リアの変速段数が増える

●変速がスムーズかつ正確に行われるようになる

●ブレーキの制動力が上がる

●パワーロスが減り、効率が上がる

●バイク全体が軽量になる

●見た目に高級感が出る

今回はこの事項に沿って話を進めますが、最初のカスタムではロードバイクの本分でもあるスピードの改善が推奨されることが多くなります。

しかし、軽量になることや、パワーロスが減ることで間接的にはスピードアップに繋がりますが、コンポは直接的にスピード面に影響を与えるものではありません。

スピードアップに効果があるのはパーツでいけば車輪(ホイール+タイヤ)であり、ひいては自転車のエンジンである自分の脚力を鍛えることです。

そのため、スピードアップを望むのであれば、まずは車輪やトレーニング方法に注目をしてください。

シマノコンポのアップグレード①リアの変速段数アップ

それではここから、シマノのロード用コンポのアップグレードについて、前項で挙げました項目に沿って考えていきます。

まずはリアの変速段数を増やすことからですが、シマノにはリア8速、9速、10速、11速のコンポが存在します。

したがって、変速段数を増やすということは、11速以外のコンポを使用している場合ということになります。

シマノは変速段数が違うパーツに関しては互換性を保証しておらず、アップグレードを行うには関連するパーツ(ブレーキ以外)を全て交換することになります。

変速段数は、8速なら10速以上へ、9速なら11速にと、2段づつ上げるのが推奨されます。

それは、その方がアップグレードの効果を体感しやすいからであり、満足度も高いからです。

ちなみに、筆者も経験がありますし、多くの体験談からも紹介されていることですが、変速段数が違うパーツの組み合わせでも作動させられることは正直あります。

しかし、それは偶然ですし、互換性というのはメーカー側が決めることで、動いたから互換性があるとはなりません。

そのため、厳しい事を言うようですが、互換性が保証されていないパーツの組み合わせで何かトラブルがあったとしても、全て自己責任ということになります。

シマノコンポのアップグレード②フロント変速の改善

次にシマノコンポのアップグレードを考えるのは、変速のスムーズさと正確さです。

これは主にギア数の少ないフロント変速の話になりますが、ロードバイクのフロントは基本的に2速なので、2枚の歯車で運用されています。

フロントはギアの歯数間の差が大きいので、変速時にチェーンが大きく動きます。

その際にスムーズさを欠くと、「ガッチャン」という音が鳴る感じの変速になり、最悪の場合はチェーンが落ちてしまうこともあります。

このフロント変速に関わるパーツはシフトレバー(STIレバー)、フロントディレイラー、クランクセット、そしてチェーンになります。

特に変速のスムーズさに関わってくるのはクランクセットで、チェーンリング(ギアの歯車)の剛性の高さや精度が必要です。

そこで推奨されるのは105以上のグレードであり、おすすめはトップグレードのデュラエースかセカンドのアルテグラになります。

また、クランクはアームの剛性が低いとペダルを漕ぐ際にたわむので、その分で大きくパワーロスをします。

パワーロスは加速力が鈍るほか、無駄に力を使うことになるので、脚に疲労が溜まる結果にもなり、快適な走行ができません。

そのため、変速同様ここでも推奨されるのは105以上のグレードであり、アームの構造が下位グレードとは異なりますので、変速同様違いは明らかです。

シマノコンポのアップグレード③ブレーキの改善

続いてのシマノコンポのアップグレードは「ブレーキ」です。

ブレーキは自転車を止める唯一の手段であり、命に関わりますので絶対におろそかにしてはいけない部分です。

シマノのブレーキでは105以上とそれ以外のグレードに制動力の差が大きく、「最低でも105」と言うのがもはや定説になっています。

ロードバイクのキャリパーブレーキは、ワイヤーを引いて本体のアームを動かし、アームの先に付属しているブレーキシューが、ホイールのリムを挟み付けて回転を止める(緩める)仕組みです。

そして、ブレーキの制動力が決まるのはアームの剛性とブレーキシューの精巧さであり、これを高レベルで満たしているのがシマノでは105以上のグレードということになります。

ロードバイクの完成車では、ブレーキだけがシマノ製ではないことも珍しくありませんので、ぜひアップグレードして頂きたい部分です。

また、ブレーキは他パーツとの連動性が無く、変速段数に関係なくほぼ全てに互換性が保証されていますので、単独で交換することができます。

なお、ディスクブレーキに関しては、フレームとホイールが対応している必要があるので、キャリパーブレーキモデルの完成車からのアップグレードはできません。

シマノコンポのアップグレード④見た目や重量はどうか?

ここまでは、シマノコンポのアップグレードに際し、主に性能面のお話をしてきましたが、最後は重量や見た目に関してのことになります。

シマノのコンポはグレードが上がるに連れて、全体的に作りが精巧になっていきますので、見た目の高級感が違ってきます。

特にコンポの顔とも言えるクランクは、最近下位グレードもだいぶ高級感を意識した作りになりましたが、デュラエースの質感や、黒光りしているような存在感には及びません。

また、上位グレードは部分的にカーボンなどを使用していますので、やはりそういった部分でも見た目が違ってきます。

一方重量ですが、グレードごとにセットで300g、400gと変わって来ます。

しかし、プロレーサーならまだしも、アマチュアクラスで、しかもレースをしないということであれば、コンポの重量は走りにさほど影響を与えるとは言えません。

そのため、アップグレードが軽量化目的であるならば、車輪を筆頭にハンドルやサドルの交換を考えた方がよいでしょう。

連動性を無視したアップグレードは不可能!

今回は、シマノのロードバイク用コンポのアップグレードについて考えてきました。

コンポのアップグレードは性能面や安全性、そして見た目などの改善を目的とするものです。

互換性の問題から、コンポのアップグレードにはまとめて多くのパーツを交換する必要がありますので、自分の用途に合わせてじっくりと検討してみてください。