ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

カーボン全盛期にPINARELLO・FP1はなぜ人気だったのか?

2018.12.13

PINARELLOは創業60年を超える老舗ブランドでありながら、常に革新を求めバージョンアップを繰り返してきたブランドです。

そのため、ロードバイクには時代を彩る代表作が多いのですが、今回はその中から「FP1」を振り返ります。

2000年代にベストセラーとなった「FP」シリーズのアルミフレーム車で、現在まで続く技術も多く導入されたモデルでした。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビアンキのロードバイクの気になるインプレをチェック!

ウェブ上では「インプレ」という言葉を良く目にしますが、これは「インプレッション」の略語で、印象や感想...

トレックのロードバイクのおすすめ!総重量より大切なこと

ロードバイクには「軽さは正義」なんて言葉もあるほど、重量が大切な乗り物です。 今回取り上げる世...

ビアンキのロードバイクと言えばチェレステだが白はどう?

ビアンキとは?と問われた際に、ほぼ100%に近いロードバイク乗りは「チェレステ」と答えるはずです。 ...

ピナレロのロードバイクでインプレ情報が多い機種はどれだ?

ロードバイクを購入する際は、メーカー(ブランド)からの情報と共に、販売店や既に購入しているユーザ...

ロードバイクを扱うメーカーのバイクに対する評価を知る!

ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあり、しかも大半のメーカーのものが日本でも手に入りますので、「迷...

feltのf75はアルミの逸品!しかしホイール交換はしたい

「felt(フェルト)」のアルミロード【f】シリーズは、創始者のジム・フェルトが長年かけて、理想...

ロードバイクのホイールには向きがあるの?どこで分かる?

ロードバイクのパーツには、左右や前後の取り付け方法が決まっているものが多いですよね。 ペダルに...

メリダの最廉価ロードバイク「ライド80」のおすすめ度は?

今回の主役である「ライド80」は、メリダのロードバイクの中で最も安価なモデルになります。 ...

シマノ105がR7000に進化!アルテグラ・R8000との違いは?

シマノのロードバイク用コンポは、2016年より型番の頭にロードを表す「R」が付くようになりました...

【必見】ロードバイクの『ローラー台』おすすめ10選はこれ!

せっかくの休日、そんな日はロードバイクに跨ってサイクリングだ!と思った矢先に外は雨でゲンナリ。 と...

メリダの売れ筋はこれ!スクルトゥーラ4000のインプレ評価は

メリダのロードバイクは流通量が多く、近年はロードレースにも力を入れていることから、ラインナップ数...

シマノのコスパNo1アルテグラのグループセットを導入する

シマノのリア11速用のグループセットが2018年の105をもって全てアップグレードされ、型番にR...

kuotaのロードバイク、カルマってどんな自転車!?

イタリアのロードバイクブランド「kuota」をご存知でしょうか? 「kuota」から発売さ...

カンパニョーロのゾンダのメンテナンス~ハブを分解する

カンパニョーロのホイールと言えば、グレードを問わずコスパに優れています。 初心者から上級者まで...

ピナレロのイメージを一新?RAZHAをインプレ情報から探る

ピナレロは近年今までに無かった新しい形状のロードバイクを中心に据えているので、インプレ情報などで...

スポンサーリンク

PINARELLOは世界初の試みが多い

PINARELLOは創業者のジョバンニ・ピナレロがプロのロードレーサーだったこともあり、世界のロードレースと共に歩んできたブランドです。

創業当初からプロチームにバイクを提供し、三大ツールを始め、オリンピックの金メダリストにも供給されていました。

1988年にPINARELLOに乗った選手が初めてツール・ド・フランスを制したのを皮切りに、ミゲール・インデュラインの5連覇などがあった1990年代、一躍世界にその名をとどろかせる存在となりました。

その後は、世界のビッグレースをPINARELLO抜きでは語れないとまで評されるようになり、現在も世界をけん引するレーシングブランドです。

また、「世界初」がPINARELLOの十八番であり、今では一般的となった「インテグラルヘッド」や、左右非対称の「アシンメトリックデザイン」は、元々PINARELLOが世界に先駆けて発表した技術です。

そして、まだフルカーボンフレームが普及していなかった時代に、シートステイをカーボン製にしたアルミフレーム「カーボンバック」を世界で初めて開発したのもPINARELLOです。

今回取り上げる「FP1」は、そのカーボンバックになります。

PINARELLO・FP1を振り返るのに欠かせないカーボンバックの歴史

PINARELLOのFP1は2011年シーズンまでラインアップされていたモデルですが、カーボンバックのルーツは、1988年に発表された初代「PRINCE(プリンス)」になります。

前項でも触れましたが、まだフルカーボンが普及に至る前段階であり、その発想はあまりにも衝撃的で、爆発的なヒットとなります。

需要が多くなったこともあり、多くのメーカーがこれに追随してカーボンバックモデルを製造したため、2000年代初頭のロードバイク界は、一大カーボンバックブームになったと聞いています。

その後、フルカーボンの時代が到来し、多くのメーカー、ブランドがカーボンに移行していく中、PINARELLOは継続して新しいモデルを投入していきます。

プリンスはPINARELLOの象徴でもある「ONDA」のフロントフォークをまとった「プリンスSL」となり、多くのライダーの勝利に貢献し続けました。

そして、これも往年の名作と言われる「MARVEL(マーベル)」も初代はカーボンバックであり、2000年代後半を支えた一台です。

PINARELLO・FP1は2010年代初頭のカーボンバック継承モデル

前項に引き続きカーボンバックの歴史を続けますが、2000年代後半から2010年代初頭にかけて、PINARELLOもついにフルカーボンフレームをフラッグシップモデルとし、金属フレームがレースを去ります。

市場モデルではプリンスをカーボンフレーム化(プリンスカーボン)したあと、2010年にドグマもカーボン化して、こちらもカーボン中心のラインナップとなります。

その中でミドル~エントリーグレードを支えたのが「FP」シリーズです。

プリンスカーボンの技術を踏襲しながら、素材や技術に工夫をして価格を抑えた「FP3」は人気を博し、今でもベストセラーモデルではないかとの憶測も飛び交うほどです。

そして、カーボンのエントリーグレードとなった「FP2」は、20万円台前半という価格設定で、PINARELLOのユーザー層の裾野を広げた存在でした。

さらに、PINARELLOはこのFPシリーズにカーボンバックを残し、「FP1」が歴史の継承モデルとなります。

FP1は2012年にアシンメトリックデザインが導入された「FP UNO」となり、2014年にはFPの冠がPINARELLOから無くなり、カーボンバックは「NEOR(ネオール)」というモデルになります。

この後ネオールは、カーボンバック誕生からちょうど20年目となる2018年モデルまで名を連ねますが、2019モデルに名前はなく、歴史にピリオドを打つことになりそうです。

プロライダーをもうならせたPINARELLO・FP1の素晴らしさ

PINARELLO・FP1はカーボンバックの歴史を継承するモデルであったわけですが、レースにも投入されています。

現在も現役選手として活躍する「アレハンドロ・バルベルデ」などは、このFP1の乗り味と、ハンドリングの素晴らしさを絶賛したというエピソードも残っています。

その乗り味やハンドリングの確かさを支えていたのが、ピナレロの象徴である「ONDA」のフロントフォークとシートステイです。

所どころに曲げ加工が施され、振動をいなしながら衝撃を吸収してくれる作りになっていました。

また、採用されたカーボンが上級モデルと同じ「30HM3K」という素材で、高弾性でありながらしなやかで剛性も適度なことから、バルベルデをして、快適な乗り心地と言わしめたのは納得がいきます。

そして、当時の試乗インプレには、ハンドルの切れが抑えられていて、直進安定性が高いという評価もされており、入門モデルとしての味付けもしっかりされていたことが分かります。

カーボン車が普及した時代にFP1が人気を博していた理由

歴史のところでも少し触れましたが、FP1は既に多くのメーカー、ブランドがフルカーボンフレームを主流とし始めた時代にラインナップされていたものです。

しかも、カーボン車がプロ仕様だけではなく、ミドルグレードにも多くラインナップされるようになってきただけに、カーボンバックは本当に少なくなっていました。

しかし、当時のテストライダーなどの試乗インプレでは、アルミらしいシャキッとした反応のよさと、カーボンのシートステイがもたらしてくれる、タメの利いたメリハリのある走行感が同居しているバイクは貴重という意見も見られました。

また、フルカーボンに力を入れる一方で、力が入らなかったのか、また、差別化を図り過ぎたのか、アルミフレームのレベルに疑問を感じる時期でもありました。

その中でPINARELLOはアルミフレームの重要性を唱え続け、一切の妥協なくカーボンバックのアルミ車を作り続けてきましたので、他メーカーとの比較でも優位に立ち、人気が継続したと考えられます。

2019モデルのPINARELLOのアルミフレーム車

ここまでPINARELLO・FP1を振り返っていますが、お伝えしている通り唯一のカーボンバックの生き残りであった「ネオール」が、2018年を最後にPINARELLOのラインナップから外れることになります。

2018年11月時点の情報を元に販売状況を見ますと、ネオールの在庫が確認できるのも数店舗になっている状態です。

また、中古品として、オークションサイトやフリマサイトに出品されていることも少なくありません。

今は昔と比べ中古ロードバイクの市場も確立され、しっかりと整備された質のよいものも多くなっていますので、確認してみてもいいでしょう。

さて、今後ですがPINARELLOでアルミフレームを希望する場合は、選択肢が「PRIMA(プリマ)」一択になります。

2015年のデビュー以来2019モデルで5シーズン目、ほとんどモデルチェンジをせず継続しているのが人気のある証と言えるでしょう。

今では珍しくなったアルミフレームのホリゾンタルスタイルに、ONDAのフロントフォークはFP1と同じ形状のものが採用されていますので、プロも認めたハンドリングが継承されています。

しかも、2019モデルは2018年に比べ2万円以上価格が下がり、よりお得感が出ましたのでおすすめのモデルになります。

カーボンバックの伝統を守った「FP1」

今回は、PINARELLOのカーボンバック「FP1」を振り返りました。

カーボン車が全盛になってから発売されたモデルのため、余計にその奮闘ぶりを評価したい存在です。

ついにPINARELLOからもカーボンバックが退きますが、どこかで見掛けたらぜひ検討してみてください。

 - ロードバイク