ピナレロ・ドグマF10はプロ専用か?インプレ評価を検証

ピナレロの現在のフラッグシップモデルと言えば「ドグマF10」です。

インプレ情報には「スーパー」「モンスター」などの派手な文言で紹介されることもある、最新鋭のロードバイクです。

今回はそんなドグマF10をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダ・ライド410の特徴と外れた理由!ライド全体の危機

今回ご紹介するメリダの「ライド410」は、小柄な方に向けて専用設計されたロードバイクであり、日本...

ビアンキのロードバイクをどう選ぶか?サイズ選択のコツは?

イタリアの老舗メーカー「ビアンキ」のロードバイクはとにかく種類が多く、サイズが豊富なことで有名です。...

ロードバイクのフロントディレイラーがチェーンを擦る原因

ロードバイクのフロントディレイラーの調整は難しく、特に精通していない内は途方に暮れてしまう事もありま...

feltのエアロロードバイクar5をブログで検証してみる

近年は、ブログなどで自分のロードバイクを紹介したり、ツーリングの紀行を書いたりしているものを、よ...

bb30は雨に弱い!異音が発生したらオーバーホールで改善!

bb30はbb規格の1つで、キャノンデールが推し進めている規格です。bb30の名前は使われて...

アンカー・RL6は試乗でコンセプトが明確になるモデル!

ロードバイクを購入する際は、まずカタログやメーカー(ブランド)の公式ホームページでスペックを確認...

メリダの定番クロスバイク「クロスウェイ」評価が気になる

メリダは、世界有数の自転車生産地である台湾に本拠地を置き、ロードバイクやMTB、クロスバイクなど...

新世代のエアロ!ピナレロ・GANの価格とコスパの評価を知る

ロードバイクの価格はピンきりであり、そこには表面上の価格だけでは測れないコスパの善し悪しというも...

日本人に合うサイズのメーカーとは?女性向きもご紹介

現在は以前と比べ、女性がロードバイクなどに乗っている姿を良く見かけるようになりました。しかし...

SHIMANO・CLARISはロードバイクのコンポとして必要十分か?

SHIMANOのロードバイク用コンポにはグレードがあり、CLARIS(クラリス)は正規グレードで...

ロードバイクホイールに振れは付きもの!定期的に振れ取りを

ロードバイクに乗っていて、ブレーキの辺りから、何かが擦れたような音がすることはありませんか?...

bianchiの2018カタログを予測してみる~2018年モデル紹介

自転車メーカーでは、早いところで例年10月頃には、次年度のカタログが出来上がってきます。...

ランドナーとスポルティーフの違いは?2つの互換性について

ランドナーとスポルティーフ、一見見た目は、ロードバイクに似ています。また、この2つは違いが分...

giantのロードバイクでなぜ「ocr3300」が流通するのか

giantのロードバイク「ocr」シリーズは日本では2008年に販売が終了、その後2011年、1シー...

シマノ・ロードバイク用コンポのブレーキのレベルを考える

ロードバイクなどを始めとする自転車を制御、制動する唯一の手段は「ブレーキ」です。「コンポ」と...

スポンサーリンク

ピナレロ・ドグマとレースの歴史

ピナレロは創業者の「ジョバンニ・ピナレロ」がプロのロードレーサーだったこともあり、レードレースと共に発展を遂げてきたと言っても過言ではありません。

創業当初からプロチームにフレームを提供し、三大ツールの制覇や、オリンピックの金メダリストに貢献してきました。

ドグマは2002年、世界初の量産型マグネシウム合金製のロードバイクとして登場しました。

2003年には「アレサンドロ・ペタッキ」がジロ・デ・イタリアで6勝、ツール・ド・フランスで4勝、ブエルタ・ア・エスパーニャで5勝のステージ優勝を飾り、ドグマの名を一気に世界に知らしめます。

その後もピナレロは、各メーカーのフラッグシップモデルがカーボンフレームになる中でドグマ=マグネシウムにこだわり、ドグマのカーボン化は2009年までずれ込んでいます。

このこだわりをピナレロらしさとするインプレ評価も多く、後述しますが今でも随所にそのこだわりが垣間見えます。

それはともかく、そんな時期の遅れなどはもろともせず、カーボンフレームでも大レースで次から次へと勝利を収めていきます。

ドグマがカーボン化されてから最新のF10に至るまで計4回のモデルチェンジを行いましたが、その間のツール・ド・フランスで個人総合優勝6回という偉業を達成しています。

走りの軽さや瞬発スピードというインプレ評価はどこからくるものか?

それではここから、ピナレロ・ドグマF10について詳しくお話ししていきますが、まずは現在のF10を知っていただくということで、スペックからご紹介します。

ドグマは前作の「F8」が空力性能に特化し、エアロロードとしてリリースされているので、F10も形状はF8を継承したものになりました。

そして、ロードバイク以上に空力性能にシビアになる必要がある、室内競技用バイクやタイムトライアルバイクの技術が投入されています。

先端に整流のためのフィンを装備したフロントフォークの「フォークフラップ」や、ダウンチューブのボトルケージ装着部分をえぐり、ボトルをチューブ外にはみ出させないようにする「コンケーブデザイン」がその代表例です。

最上位モデルのエアロロードでありながら、インプレ評価で走り出しの軽さや瞬発スピードが強調されているのは、これらの技術によるところが大きいでしょう。

実際にピナレロは、前作F8から12.6%の空気抵抗低減を達成したと発表しており、ツール・ド・フランス連覇などの活躍で、その効果は十分に証明されています。

ピナレロ・ドグマF10がしなやかになったというインプレ評価の源は?

前項に引き続きドグマF10のスペックについてお伝えしますが、近年ドグマが少ししなやかで適度な硬さになっているというインプレ評価があります。

試乗インプレの中には、「プロ選手がこの剛性感で満足なのか?」という疑問を投げかける声すらあり、何かが変わったのは間違いないところです。

ピナレロはカーボン繊維では世界的権威の日本メーカー「東レ」から、フレーム素材となるカーボンの供給を受けています。

そして、ドグマにはその東レが「20年に一度の革新的素材」としている、「T1100G」というカーボン繊維が使用されています。

これは東レが、中型旅客機のボーイング・787に使用していた「T800S」の後継素材として、次世代の航空機に採用する予定だったものを先行してピナレロに提供したものです。

先代のフラッグシップモデル「ドグマF8」から採用され、ロードバイク界ではドグマのみが占有している素材です。

そして、この素材は従来の弾性率重視のものから、強度重視に変わりましたが、これがしなやかさを生み出す要因になったのです。

ピナレロ・ドグマF10使用のカーボン繊維「T1100G」がもたらすものとは

前項から引き続き、ドグマF10のフレームに使用されているカーボン繊維のお話になりますが、これまでピナレロが採用してきた素材は50T、60T、65Tというピナレロしか扱わないような高弾性のものでした。

高弾性になるとカーボンは硬くなりますので、力の伝導率が高まり反応のよいパリッとしたフレームになります。

しかし、カーボンは弾性率が高まると強度が落ちるという特性があるため、レース中の落車や輸送中の衝撃で車体が割れてしまうこともあります。

それでは世界中を転戦するサーキットには耐えられませんし、アマチュアレベルでは乗るたびにそんな危険性がつきまとうのでは、扱いにくくて仕方がありません。

しかし、相反する関係であるがゆえ、強度重視で単に弾性率を下げれば柔らかくプロレベルでは使いものにならなくなってしまいます。

そのため、難しい課題であったわけですが、そこを補完したのが「T1100G」であり、強度は東レの中でトップに位置するものながら、弾性率も十分に高弾性と言えるレベルを確保しています。

それにより、必要なところにはT1100Gを使い強度を確保、その他の部分は使う素材の量を減らすことも可能になるので、軽量化も図れるということになります。

しかも、F10はF8からの進化の過程で、カーボンプリプレグ(加工されたカーボンシート)の配置を見直し、さらに6.3%(ピナレロの公表値)の軽量化に成功したと言われています。

そして、F10はプロの使用に耐え得る高弾性はキープしているのですが、T1100Gは弾性率自体が従来の素材よりも低いので、しなやかで柔らかめというインプレ評価になったものと推測されます。

ドグマF10が身近に感じるようになったというインプレ評価あり

前項まで確認してきましたピナレロ・ドグマF10のスペックをまとめますと、トラックレーサーやTT(タイムトライアル)バイク譲りの空力性能を加味し、より一層爆発的な加速力と、高速巡航性を高めています。

また、強度の高い素材を使用し耐久性を高め、プロレベルでも必要十分な弾性率をキープした上で、適度なしなやかさも持たせるもの作りをしています。

そのため、インプレ情報では、プロ仕様であるドグマがF10になって少し身近に感じるようになったという意見も少なくありません。

ピナレロは昔からバイクの衝撃吸収性にこだわっていますので、レースモデルであっても走破性と快適性のバランスは取れている方でした。

F10はそのバランスがさらに強化された印象があり、それがユーザーの裾野を広げている大きな要因になっているのでしょう。

ピナレロ・ドグマF10のラインナップ

それでは最後に、ピナレロ・ドグマF10の最新2019モデルのラインナップをご紹介します。

F10には三大ツールの勝利を記念した限定モデルや、台数限定の完成車もあります。

しかし、基本はノーマルの「DOGMA F10」とそのディスクブレーキモデル「DOGMA F10 DISK」、そしてノーマルからさらに軽量化を図った「DOGMA F10 Xlight」のフレームセットになります。

インプレ情報には、Xlightに関することはあまり取り上げられていませんが、完全受注生産であり、しかもプロにもチーム全員に供給されないような特別なモデルなので、ユーザーさんが少ないのかと思います。

また、Xlightには装備込でライダーの体重が最大85㎏に制限されていますので、扱いが難しいこともあります。

それでは一覧にまとめます。

【DOGMA F10】

フレーム重量:820g(53サイズ)

参考価格(税込):¥734,400(スタンダードカラー)/¥820,800(オーダーシステムMY WAYカラー)

【DOGMA F10 DISK】

フレーム重量:未公表(実測値情報840g)

ホイール固定:142mmスルーアクスル

参考価格:¥756,000(スタンダード)/¥842,400(MY WAY)

【DOGMA F10 Xlight】

フレーム重量:760g

参考価格:¥972,000(スタンダードカラーのみ)

最高峰のレーシングバイクを身近に感じられようになった!

今回は、ピナレロのドグマF10についてお話ししました。

最先端の素材と技術が結集した世界最高峰のレーシングバイクですが、素材が変わったことによって、アマチュアライダーに少し寄り添ってきた感があります。

扱いやすいとまでは言いませんが、試してみる価値はあるかと思います。