PINARELLOの2019年のロードバイクを一挙紹介!

PINARELLOのロードバイクは、ツール・ド・フランスなどの自転車レースにおいて、数々の勝利を成し遂げ、その高性能ぶりを遺憾なく発揮しています。

また、PINARELLO唯一無二の曲線的なフレームデザインは、個性的で人気があります。

この記事では、そのようなPINARELLOのロードバイクの2019年モデルのラインナップを、一挙にご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍵を紛失!自転車の鍵の壊し方&高価ロードバイクの盗難対策

自転車の鍵を無くした経験ありませんか?ポケットやバッグに入れたつもりが、いつの間にか無くなっ...

ロードバイクのホイールやリムを磨き、ピカピカにする方法

ロードバイクに乗った後、きちんとメンテナンスしていますか?ロードバイクは走っている途中で、た...

ロードバイクメーカーの特徴の違い!地域別・価格帯別・特徴

ロードバイクを選ぶ際にまず最初に考えるのは、価格とメーカーではないかと思います。予算を決めて...

シマノのチェーンリングとコンポ全体の互換性を考える

ロードバイクに乗っていると、フロントギア(チェーンリング)を重くしたい、また、反対に軽くしたい、...

メリダのロードバイクはマイナーぽいけどサイズも豊富で良い

世界一の自転車大国台湾の中で、第2のメーカーと言われるのが「メリダ」です。多くの世界的メ...

自転車のスプロケットを交換するには?その種類と料金は?

自転車のスプロケットと聞いて「?」となる方も中にはいらっしゃるかもしれません。また、逆に自ら...

【就活応援】趣味がロードバイクの場合の履歴書への書き方!

就職活動で必須となるのが、履歴書ですね。送った履歴書によって企業先にいい印象を持たれたり、反...

立教大学の自転車競技部が気になる!自転車競技を始める方へ

立教大学はスポーツというよりは、安定した就職率や伝統を重んじる校風で人気が高い大学でした。し...

ロードバイクのメーカーロゴから見る!メーカーの歴史と信念

ロードバイクを選ぶ際に、メーカーのロゴのデザインも気になることと思います。メーカーロゴは...

トレックのロードバイクは定価販売!ではなぜセールがある?

トレックを始めとする大手スポーツバイクメーカーは、ロードバイクなどを通常では値引き販売しません。...

メリダ・スクルトゥーラ4000の2018モデルと2019モデルの違い

12月頃を超えてくると、各メーカーの新しいモデルのロードバイクも出揃い、店頭にも並んでいきます。...

ロードバイクホイールの交換方法~どこで買う?効果は?

ロードバイクの性能を上げたいと思って世間の意見を参考にしようとすると、多くのロード乗りがホイールの交...

シマノ・デュラエースDI2は価格に見合うだけの価値がある?

シマノにはデュラエースとアルテグラに電動コンポがありますが、一般的な機械式変速に比べ性能や価格が...

ビアンキのロードバイクはカーボンだけ?いやアルミもある

ロードバイク=ロードレースの機材というイメージが強いので、どうしてもカーボンフレームを中心に評される...

スペーサーを使用する2種類のカスタムを紹介!幅5ミリがカギ

自転車で5ミリ幅のスペーサーというと、個人的には思い浮かぶものが2つあります。フロントフ...

スポンサーリンク

言わずと知れたPINARELLOの2019年モデルのフラッグシップ!「ドグマF10」

PINARELLOの2019年モデルのフラッグシップにあたるロードバイクは、「ドグマF10」です。

「ドグマF10」は、フラッグシップにふさわしい最速のロードバイクとなるべく、空力や軽量性や剛性といった要素の、すべてにおいて妥協を許さずに設計されました。

フレームの素材には、東レ社の現時点で最高の強度と剛性を持つ「TORAYCA T1100G」を採用します。

カーボンレイアップや形状の工夫により、先代のドグマF8よりも7%の剛性向上と、6.3%の軽量化に成功しました。

フロントフォーク末端には、TTバイク由来の、気流の整流効果を持つフォークフラップを設けます。

ダウンチューブは、ボトルケージ周辺を左右に張り出させ、ボトル装着面に凹状のリブを設け、ボトル装着時の気流の流れが最適になるように設計されています。

この工夫により、ダウンチューブからボトル付近の領域の空気抵抗を、ドグマF8より12.6%削減しました。

そのスペックの高さは、2018年のジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスの両方の総合優勝に、この「ドグマF10」が貢献していることからうかがえます。

価格は、フレームセットの販売で680,000円です。

PINARELLOの高度な技術力の表出!「ドグマK10-S DISK」

PINARELLOの2019年モデルの、もうひとつのフラッグシップは、グランフォンドなどのエンデュランスレースで活躍する「ドグマK10-S DISK」です。

「ドグマK10-S DISK」は、ドグマF10をベースに、ジオメトリーやフレーム形状をエンデュランスレース向けに改良を加えることで誕生しました。

それにより、ドグマF10と同等の走行性能を保ちつつ、荒れた路面など、どのような状況でも安定したハンドリングを実現しました。

「ドグマK10-S DISK」の最大の特徴は、シートチューブとシートステーの接合部に配置されたマイクロサスペンション「eDSS 2.0」です。

「eDSS 2.0」は、ジャイロスコープと加速度計から路面の状態を瞬時に察知し、サスペンションの状態を、ロック状態からアクティブ状態へ、または、その逆へと自動で切り替えができるシステムです。

フレームセットの販売価格で990,000円で、サスペンションの自動制御機能がない仕様のフレームセットの販売価格は780,000円です。

なお、サスペンションや、ディスクブレーキが採用されない、オーソドックスな仕様の「ドグマK10」もラインナップされています。

PINARELLOの2019年モデルの中心的存在!「プリンス」

PINARELLOの2019年モデルのセカンドグレードを担うのは、「プリンス」です。

「プリンス」は、ドグマF10の技術を受け継ぎつつ、さまざまなレベルのライダーにとって最高のパフォーマンスを提供できるように設計されています。

フレームの形状はドグマF10を受け継ぎつつも、カーボン素材をT700へと変更しています。

この変更により、剛性やハンドリング性が調整され、レースのみならずロングライドなどオールラウンドに対応できるロードバイクに仕上がっています。

「プリンス」はドグマF10とは違い、フレームセットの他、完成車の状態でも販売しています。

完成車に付属するコンポーネントは、シマノのアルテグラと105、カンパニョーロのポテンザの3種類から選択ができます。

価格は、フレームセットの販売価格が275,000円、アルテグラおよびポテンザの完成車の販売価格が435,000円、105の完成車の販売価格が385,000円です。

なお「プリンス」は、用途に合わせ、よりレースに特化した「プリンスFX」、ディスクブレーキ仕様の「プリンス DISK」を含めた、計3種類のモデルを展開しています。

価格を超えたパフォーマンス!「GAN」

PINARELLOの2019年モデルにおいて、価格と性能を優れたバランスで両立させたモデルが「GAN」です。

この「GAN」は、ドグマF8のフレーム形状をベースに設計されています。

ドグマF8で確立され、この「GAN」にも受け継がれた、フラットバックチューブデザインによるフレームは高い空力性能を誇ります。

また、ドグマF8譲りのフレームの形状により、軽量性や剛性、強度のトータルバランスに優れます。

フロントフォークには上位モデルと同じく、ゆるく前方に向かってカーブした形状の、ONDA F8フロントフォークを採用しています。

カーボン素材にはT600を採用するため、T1100Gを使用したモデルと比較して、軽量性や剛性には劣りますが、それと引き換えに、取り扱いのしやすさが向上しています。

「GAN」は、完成車のみの販売で、コンポーネントはシマノの105およびカンパニョーロのケンタウルです。

価格は、ケンタウルを採用したモデルが385,000円、105を採用したモデルが298,000円です。

PINARELLOの2019年モデルのエントリーカーボンロードバイク!「ラザ」

PINARELLOの2019年モデルの、エントリーモデルに相当するカーボンロードバイクが、「ラザ」です。

この「ラザ」は、先々代のフラッグシップモデルであったドグマ65.1の、特徴的な波打つような形状のフロントフォークやシートステーのデザインを継承しています。

もちろん、ただ形状を真似ただけではなく、ロードバイクの左右の剛性バランスを最適化する、アシンメトリックデザインを採用しています。

また、電動コンポーネントおよび機械式コンポーネントの、どちらにも対応するTHINK2システムを採用しており、将来的なコンポーネントのグレードアップにも対応します。

フレームのカラーは、マットブラックと、イタリアンザフィーラブルーというメタリック調の深いブルーの2色を展開しています。

イタリアンザフィーラブルーは、リオオリンピックで金メダルを獲得したモデルである、ボリデHRのカラーリングを模したものです。

「ラザ」は完成車状態のみの販売で、搭載されるコンポーネントは105を基本に、クランクにFC-RS510を使用しています。

価格は、243,000円です。

低価格でも信頼性は高い!デザインも魅力的な「プリマ」

PINARELLOの2019年モデルの、もっとも低価格なロードバイクが「プリマ」です。

「プリマ」は、耐食性に優れるアルミニウム合金をフレーム素材に使用しています。

そのため、通勤・通学など、長期間にわたり風雨にさらされる用途でも使用できます。

また、フレームのチューブはトリップルバテッドであり、強度が必要な部分とそうでない部分のチューブの肉厚が変化しているため、軽量性と強度を両立させています。

フロントフォークにはラザと同じカーボンフォークが搭載されます。

カーボンフォークにより、ハンドリングが軽くなるだけではなく、腕に伝わる振動が削減されます。

フレームのデザインは、サイズが50以上の場合、トップチューブが地面と平行のホリゾンタルデザインです。

このホリゾンタルデザインは、ロードバイクの見た目がよくトラディショナルなデザインであるため、幅広い層の方々に支持されています。

「プリマ」も、完成車状態のみの販売で、コンポーネントはシマノのソラです。

価格は128,000円と、PINARELLOのロードバイクとしては安価で、最初の1台目のスポーツサイクルとしてもおすすめです。

レースでもレースでなくてもPINARELLOはよし!

PINARELLOのロードバイクは、本文で述べたようなさまざまな工夫がなされており、どのモデルでも自転車レースで勝利を目指せるスペックを実現しています。

また、「GAN」や「ラザ」や「プリマ」は、速さだけではなく、快適性や扱いやすさも兼ね備えています。

ロードバイク選びに、ぜひPINARELLOのロードバイクの検討をおすすめします。