ロードバイクのクランクメーカーならシマノ!交換には?

ロードバイクにおいてクランクは動力の要になる部分であり、その先に付属しているチェーンリングはフロントギアであるため、非常に重要なパーツです。

単価が高いということもあり、特にエントリーモデルの安価な完成車ではコンポのセットとは別メーカーのものが取り付けられていることもあります。

そういった意味でもクランクを扱っているメーカーを知っておく必要がありますので、今回はご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車で行うロードレース!中継や動画を観るなら何に注目?

自転車を趣味にしていて、「ロードレース」に興味があるという方も多いのではないでしょうか。しか...

trekのロードバイクは通販で購入できるのか?買っていいのか

皆さんは「アマゾン」や「楽天市場」などの、ネット通販を利用したことがありますか?多くの方が「...

自転車のギアが入らない!対処法やメンテナンスを知りたい

自転車に乗っていて、どうも変速が上手くいかないとか、ギアが入らない経験をしたことがありませんか?...

自転車のブレーキ音はトラブルの可能性も!直す方法紹介

自転車のブレーキ音に悩まされている方が多いことと思いますが、原因が多岐に渡っているため、特定が難...

最初のホイール交換に最適!シマノ・WH-RS500のインプレ評価

シマノのロードバイク用ホイールに、かつて「WH-6800」という人気のアルミリムホイールがありま...

trekの7.4fxのタイヤ交換をしてスピードアップを図る

【7.4fx】は、trek(トレック)のクロスバイクです。2016年までのfxモデルは小数点...

ロードバイク乗り必見!タイヤ探しに超おすすめTOP10!

ロードバイクを構成するパーツのうち、地面と接する唯一のパーツがタイヤです。路面のインフォーメ...

スコットのロードバイクの魅力をブログの評価から確認する

スコットは、ロードバイクのレースに必ず登場するブランドのひとつです。常に上位での好成績を収め、日...

メリダのエースロードバイクスクルトゥーラが2018年大躍進!

メリダが機材を提供するワールドチームの「バーレーン・メリダ」が、2018年のツール・ド・フランスでチ...

自分でできる!シマノシフターのギアワイヤー交換手順

シマノなどの電動変速システムが浸透してきましたが、今も大半のバイクはワイヤーシフターによる変速機...

ロードバイクのカスタムはホイールから!取り付け方法は?

ロードバイクのカスタマイズにおいて、最初に行うべきなのは、ホイールの交換という話をよく聞くと思います...

ボントレガーのホイールを装着!分解やメンテナンスをしよう

ボントレガーは、トレックのパーツブランドとして有名で、サドルやホイールなど様々なパーツを手がけていま...

シマノ105がR7000に進化!アルテグラ・R8000との違いは?

シマノのロードバイク用コンポは、2016年より型番の頭にロードを表す「R」が付くようになりました...

ロードバイク走行中の横風や強風はどう対処する!?

ロードバイクの走行中に厄介なのが、強風や横風ですね。走行中に突然吹き出した風には、どう対処す...

ロードバイクのタイヤでチューブラーが見直されてきている

ロードバイクのタイヤの歴史を振り返る際に欠かせないのが、「チューブラー」タイヤです。現在は主...

スポンサーリンク

ロードバイクのクランクのことを詳しく知っておこう

クランクは狭い意味で言うと、先端にペダルが付いている細長い棒状のパーツだけを示す言葉です。

その先にフロントギアである「チェーンリング」が付いて、「クランクセット」と呼ばれるようになります。

今回は便宜上、チェーンリングが先端に付いたセットのことをクランクと表現させて頂きます。

ママチャリなどはチェーンリングとクランクは一体化していますが、ほとんどのスポーツバイクは別個になります。

チェーンリングは歯車であり、その枚数によってギアの数が決まります。

ロードバイクはフロント2速が一般的で、チェーンリングがクランクに2枚付いている形です。

チェーンリングはチェーンが掛かっている場所であり、長く使っていると摩耗してきますので、一種の消耗品です。

そのため、交換が必要になり、その際にメーカーによって変速性能に差があったりもしますので、メーカーを知っておく必要があるということです。

また、クランクは単体ではフレーム(自転車本体)に取り付けができず、BB(ボトムブラケット)というパーツが必要になります。

このBBが少々厄介な存在であり、クランクの交換の際には必ず問題になるので、のちほどお話しします。

ロードバイクのコンポ(クランク)を扱う代表メーカー

クランクは「コンポーネント(以下コンポ)」という、自転車の駆動系パーツ群の中の一つです。

本体以外では車輪(ホイール+タイヤ)、ハンドル、サドル以外のほとんどのパーツが、コンポに属すると考えてください。

以前は統一感もなく、これらのパーツ群はバラバラのメーカーのものが取り付けられていました。

しかし、イタリアの老舗パーツメーカーである「カンパニョーロ」が、主要部品を同じメーカーのしかも同じグレードのもので揃えるという概念を導入します。

これを「グループセット」などと呼びますが、現在の完成車はこのグループセットが主流であり、ロードバイクにおいてはシェアから見て、世界3大メーカーが存在します。

前出のカンパニョーロに加え、日本が世界に誇る自転車パーツメーカー「シマノ」、革新的なもの作りを行うアメリカの「スラム」になります。

中でも性能と価格のバランスで他を一歩リードするのが「シマノ」であり、完成車におけるシェア率もかなり高いです。

ロードバイクにおけるコンポのグレードの違い

前項でお話ししたコンポのグループセットには、どのメーカーにもグレードが設定されています。

グレードが上がるにつれて、リアの変速段数が上がり、重量が軽くなり、価格が上がっていくという仕組みです。

例えば、シマノはロードバイク用コンポに6つのグレードが存在しますが、最上位モデルの「デュラエース」と最下位モデルの「クラリス」では以下のような差があります。

★リア変速数…デュラエース11速、クラリス8速

★重量(パーツトータルの概算)…デュラエース2000g、クラリス3100g

★価格(パーツトータルの概算)…デュラエース23万円、クラリス3万円

デュラエースはプロレースにも使用されるような高級モデルで、シマノでもレベルは飛び抜けていますので、この差だからといってクラリスが大きく劣るわけではないです。

デュラエースはクランクだけで、クラリスのフルセットが2セット手に入るような価格なので、一線を画していると考えてください。

次項では、このフルセットの価格がコンポの構成を大きく左右するということをご説明します。

ロードバイクメーカーはクランクをコストカットの対象にする

前項でコンポのグレードをお話ししましたが、ロードバイクの完成車においても、グレードが上がるほど組み合わされるコンポのグレードも上がります。

ロードバイクの価格は、主にフレーム、コンポ、ホイールこの3つの要素で決まります。

あくまでもイメージですが、100万円の完成車を前出のデュラエースのセットで組んだ場合、デュラエース23万+ホイール20万+フレーム45万+その他のパーツ代+利益などという感じになります。

では、これを50万円のカーボンフレームの完成車としますと、デュラエースのフルセットで組んだ場合残りは27万円ということになります。

しかし、27万円で50万円の完成車に見合うだけのフレームとホイールのレベルを維持するのは不可能なので、必然的にデュラエースのフルセットではなくなります。

しかし、完成車のメーカーはデュラエースのブランド力を痛いほど分かっているので、名前は残したいのです。

そこで導入されるのが「メインコンポ」という考え方で、「10」あるパーツの内の「7」まではデュラエースにして、あとの3つで価格調整を行うというやり方です。

上記の10とか7とかという数字は例えですが、セット内のデュラエース率を高めて「メイン」と名乗れるようにするということです。

そして、そのメインから外れがちなのが単価の高いクランクであり、同じメーカーの中でグレードを下げたり、価格の安い他メーカーのものが採用されることもあります。

シマノをメインコンポとするロードバイクにはシマノ製のクランクを

ロードバイクにおいてはクランクがコストカットされがちになり、特に中級グレード以下の完成車ではその傾向が顕著になってきます。

シマノでいえばメインコンポが「105」になってくると、クランクが他メーカーのものになることが多くなります。

シマノのクランクが特別高価というわけではないのですが、それ以上に安価に製造できるメーカーがあるのでそちらが使用されることになります。

多いのは「FSA」というメーカーのクランクですが、筆者個人の使用感からすれば決して悪いものではないです。

しかし、コンポはグループセットという概念からすると、メーカーを統一するのがベストと考えられています。

そうなるとシマノをメインコンポとする完成車では、クランクもシマノ製にという考えはごく自然なものです。

ただし、シマノは冒頭で触れたBB(ボトムブラケット)が従来のものと構造が全く違いますので、他メーカーのクランクからの交換ではBBも一緒に交換が必要です。

他メーカーのクランクからシマノ製への交換方法

ロードバイクの完成車において、他メーカーのクランクからシマノ製のクランクに交換する方法をご紹介します。

シマノ製のクランクは軸の径(太さ)が24㎜なのですが、FSAやその他多くのメーカーのクランクは30㎜になります。

そのため、30㎜の太さに対応しているBBに、24㎜のクランク軸のものは装着できませんので、BBごと交換が必要になります。

さらに、BBのフレームへの装着方法も違うので、変換するBBが必要になります。

シマノ製のBBはネジ切りがしてあるので、最初からシマノのクランクが装備されている完成車のフレームにもネジ山が切ってあります。

しかし、その他のメーカーのBBは、ネジ切りではなくフレームに直接圧入するタイプが多くなります。

そのため、変換をするBBはフレームには直接圧入して、反対側はシマノの24㎜軸に対応する径でネジ切りになっているものが必要になります。

【プラクシスワークス:コンバージョンBB BB30/PF30 シマノ用】

【FSA:PF30 24 REDUCER AL アダプター】

こういった製品が必要になりますが、製品名に記載されている「BB30」や「PF30」というのがシマノ製以外のBBの規格であり、自分のフレームがどの規格に適応しているのかを確認してから変換BBを購入してください。

なお、シマノ製のクランクはメンテナンスのしやすさにも定評があり、脱着がとても簡単なのでそこもおすすめできる点です。

ロードバイクのコンポはメーカーを統一するのがベスト

今回はロードバイクのコンポ全体のお話から、クランクを中心にお伝えしました。

クランクは単価が高くコストカットの対象にされがちなので、メーカーがそこだけ変わってしまうという現象が起きやすいです。

コンポにグループセットという概念がある以上、クランクもメーカーを統一することに越したことはないでしょう。

今回はその1つの例として、シマノ製への交換を提案させていただきましたので参考になれば幸いです。