ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

スペシャライズドのターマックエリート2018に旧世代感は?

2018.7.10

スペシャライズドを代表するロードバイクの1つである「ターマック」は、グランツールを始め世界の大レースにおいて勝利を積み重ねています。

レースモデルの「S-Works」から、ホビーライダー向けのモデルまでグレードが多く、ユーザー層も広くなっています。

今回の主役である「エリート」は、2018年に新世代のフレームが加わったので、2世代前のモデルになりました。

今回はそんな「ターマックエリート」をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

シマノはホイールのC17ワイドリム化に積極的ではないのか?

近年ロードバイクタイヤの幅は、主流が23C(23mm)から25C(25mm)へ移り、さらには28...

ロードバイクのホイールはまずリムに注目しなければならない

ロードバイクのホイールには、様々な種類があります。 中でも素材や高さ、幅などに注意しなければならな...

トレックのロードバイクのおすすめ!総重量より大切なこと

ロードバイクには「軽さは正義」なんて言葉もあるほど、重量が大切な乗り物です。 今回取り上げる世...

fsaクランクのveroは入門用クランク。交換すれば性能向上!

fsaは公式ホームページでも日本語に対応していないということもあって、日本ではあまり有名なメーカーで...

ジャイアントのロードバイク。defyシリーズの特徴や性能は?

ロードバイクに乗りたいと思って調べると、初心者におすすめなメーカーとして、ジャイアントが高確率で出て...

ロードバイクの維持費は年間どれくらい!?必要な道具は?

ロードバイクを始めようと思っている方、年間の維持費、気になるところですよね。 ロードバイクは買った...

アンカー・RNC7の中古を購入するならどこで買う?注意点は?

今回は、ブリヂストン・アンカーのロードバイク、「RNC7」の中古品を手に入れるというお話になりま...

ロードバイクのメーカーロゴから見る!メーカーの歴史と信念

ロードバイクを選ぶ際に、メーカーのロゴのデザインも気になることと思います。 メーカーロゴは...

PINARELLOは新時代に突入した!MARVELが今に残した伝統とは

PINARELLO(ピナレロ)のロードバイクは、以前のシリーズを復活させたり、○○の後継機などと...

アンカー・RL6は試乗でコンセプトが明確になるモデル!

ロードバイクを購入する際は、まずカタログやメーカー(ブランド)の公式ホームページでスペックを確認...

ロードバイクのブレーキ操作のコツ!ハンドル振動防ぐには?

ロードバイクで、坂道を走行するときはよりスピードが出ることが考えられます。 そこで、ブレーキ操...

trekのロードバイクの中古品を購入するメリット・デメリット

ロードバイクは一般的なママチャリとは値段が大きく異なりますので、いざ購入する段階になるとその価格に尻...

スタイリッシュなロードバイクに!シートポストを白くしよう

ロードバイクの見た目を意識すると、モチベーションも上がりますよね。 「オールホワイトカラーにし...

「デュラエースって何?」シマノのコンポのグレードを解説

ロードバイクのコンポにはグレードがあり、それぞれ重量や性能が異なります。 しかし、初心者の方に...

ツールドフランスの自転車の価格は一体いくらなの?

ロードバイクのレースと言ったら、ツールドフランスは外すことが出来ません。 メーカーもこのレース...

スポンサーリンク

スペシャライズド・ターマックの実績

スペシャライズドは世界初の量産型MTBを発売したことで、一躍世界にその名を広めた経緯があります。

そのため、MTBが主力であった時代も長かったのですが、2017年のツール・ド・フランスでステージ最多勝メーカーに輝いているように、近年はロードバイクが主流になっています。

中でもターマックは、総合レーシングモデルとして距離や路面状態を問わない、広い用途に適するロードバイクです。

また、「山のターマック」という異名があるほど、山岳ステージやヒルクライムレースに強い面があり、スペシャライズドの中でも軽量バイクの代表格です。

2018年モデルに「SL6」という最新のフレーム形状が加わり、プロ仕様の「S-Works」モデルは、いち早く投入された2017年のツールでステージ優勝を果たしています。

今回の主役である「ターマックエリート」は、「SL4」という2世代前のフレーム形状ですが、これもグランツールで優勝経験のあるモデルであり、世代落ち感は全く感じさせないものです。

スペシャライズド・ターマックエリート2018のフレーム性能

ターマックエリートの2018モデルは¥280,800(税込)ですが、グランツールを制した経験のあるジオメトリのモデルがこの価格で手に入るのは、中々ないことです。

SL4のフレームは2015年モデルまでは最新の形状でしたので、現在の流行りもしっかりと取り入れられています。

今のロードバイクのトレンドは「空力性能」と言っても過言ではないですが、ターマックエリートも、太いヘッドチューブにカムテール形状のダウンチューブになっています。

また、SL4は発売当初に、SL2やSL3といった旧モデルで指摘の多かった「硬すぎる」を感じさせないというインプレが多かったモデルでもあります。

レースモデル特有のガチガチの剛性から一歩進化した姿であり、その意味ではスペシャライズドにとっての転換期を迎えたモデルでもあります。

さらに、フレームに使用されている「FACT 9rカーボン」は、最高グレードの「11r」よりは少し重量が嵩みますが、ホビーライダーレベルでその差が分かるのかと言えば微妙です。

それくらいにレベルが高いということであり、この価格のモデルに使用される素材としては破格とも言える高レベルです。

ターマックエリート2018はコンポにも見所がある!

スペシャライズドのターマックエリートの2018モデルを確認していますが、フレーム同様に組み合わされているパーツにも見所があります。

メインコンポには、シマノ・アルテグラの新モデル「R8000」が採用されています。

クランクとスプロケットは別ですが、R8000のアピールポイントでもある、側方への張り出しを抑えたシャドー形状のリアディレイラー。

そして、取り回しがよりスムーズになったフロントディレイラー、指がしっかりと掛かる仕様になり操作性が向上したSTIレバーと、変速関係は全てアルテグラに統一されています。

これがターマックエリートの存在感をさらに高めているのは言うまでもなく、コスパの高さを十分に感じさせる仕様になりました。

また、アルテグラではないクランクも、評判の高いアメリカの新興パーツメーカー「プラクシスワークス」製になっています。

筆者はコンポは単一メーカーにしたい派なので手放しでは推奨しませんが、ターマックエリート搭載の「Praxis Zayante」のレベルの高さは承知しています。

特に変速のスムーズさを称える声が多いので、安心できるレベルかと思います。

ターマックエリート2018はホイールをグレードアップしたい

スペシャライズドのターマックエリート2018モデルを検証していますが、唯一残念な面を挙げるとすればホイールのレベルでしょうか。

残念と言うのはフレームのレベルに比べると、という意味であり、もう少しグレードアップさせてあげたいという筆者の願望でもあります。

と言うのも、エリートの1つ下のグレードである「ターマックスポーツ」と全く同じホイールなので、エリート側から見ると物足りなさを感じさせます。

鉄下駄とまでは言えませんが、前後計で1700g(未公表のため実測値)を少し超えるくらいなので、エントリーグレードのターマックスポーツなら嬉しいレベルです。

リムが柔らかく剛性が低いという評価もありますが、これまでターマックはフレームの硬さを指摘され続けてきたので、バランスが取れているという見方もできました。

しかし、先述通りSL4になってフレームが適度な剛性になったので、今度はホイール剛性の低さが浮き彫りになってしまったと考えられます。

そのため、ターマックエリートでホイールのカスタムを考えるなら、「フルクラム」や「マビック」など、リムが硬めのメーカーのものが向くかと思います。

ターマックエリート2018は「ヒルクライム」を意識している節がある

スペシャライズドのターマックは先ほども触れましたが、「山のターマック」という異名があります。

山登りは重力に逆らって進んでいくので軽量でなければいけませんし、ダンシング(立ち漕ぎ)を多用するのでパワーロスの少ないある程度の剛性の高さが必要です。

その意味ではこれまでお伝えしたターマックエリート2018の性能は、正に山登り向きと言えます。

また、前項でお伝えしたホイールですが、ハブの回転力に定評のある「DT Swiss」製なので、下りも楽しく快適に走れます。

ターマックエリートは価格から考えて、カーボンフレーム最初の1台で視野に入ってくることの多い機種です。

そのため、ヒルクライムのレースに興味を持ったらまず考えてみてください。

と言うのも、ターマックエリート2018は、標準装備のタイヤの太さが23c(23mm)になっています。

世界のレースシーンに合わせる形で、現在はホビーユーザー向けモデルのロードバイクもほとんどが25cを採用しています。

しかし、プロレースにおいて山岳ステージなどでは軽量ということもあり、23cを好んで使うライダーも少なくありません。

この点からもターマックエリートは、ヒルクライムを意識した仕様と言えます。

スペシャライズド・ターマックエリート2018のライバル

それでは最後に、他メーカーでターマックエリート2018のライバルと目されるロードバイクをご紹介します。

【TREK(トレック):Émonda(エモンダ) SL6】¥320,760(税込)

トレックとスペシャライズドは同じアメリカで創業年も近いということで、公にはしていませんがお互いを相当に意識していることは間違いないでしょう。

エモンダはターマックと同じ総合レーシングバイクで、「世界最軽量」を謳い文句にしているモデルです。

ターマックエリートと同じミドルグレードですが、価格としては4万円ほど上がり、その分こちらはアルテグラのフルコンポです。

形状もよく似ており、ハイエンドグレードからカーボン素材が2ランクダウンしているという点も同じです。

【Pinarello(ピナレロ):GAN 105 Mix】¥334,800

2017年のツール・ド・フランスにおいてステージ最多勝がスペシャライズドなら、チーム・個人総合の2冠に輝いたのはピナレロでした。

こちらはコンポがアルテグラより1グレード下の105でなおかつこの価格なので、フレームのグレードは少し上と推測されますが、ピナレロではミドルグレードです。

フラッグシップモデル「DOGMA」の技術を継承し、現在のピナレロを象徴する技術である「ONDA」もしっかりと採用されています。

ターマックエリート2018に旧世代感はない!

今回はスペシャライズドのターマックエリート2018についてお話しました。

2世代前のフレームにはなりましたが、コスパを考えれば世代落ち感はなく、健在だなと言った印象です。

ホイールをもう少しグレードアップすればレースに出てもよいレベルと思われますので、特にヒルクライムを目指す方は視野に入れてみてください。

 - ロードバイク