トレックのロードバイクライフにamazonを活かす手はあるか?

「amazon」に代表される通販サイトは今や扱っていないものが無いのではと思うほど、品ぞろえの充実が目立ちます。

しかし、ロードバイクなどのスポーツバイクは、調べてみると無名なメーカーの製品ばかりで、トレックなど有名メーカーのものは扱われていません。(新品は)

そこで今回は、なぜ扱っていないのかを探るとともに、ロードバイクにおける通販の活用術もお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダのロードバイクとシマノ・105の関係性を考える

シマノのロードバイク用コンポのミドルグレードで、幅広く完成車に採用されているのが「105」です。...

メリダ・スクルトゥーラ5000のインプレを確認!買いなのか?

メリダのスクルトゥーラは中心的な存在であり、ラインナップの数が多いのでどれを選んだらよいのか迷う...

メリダのエアロロード「リアクト6000」の実力?ライバルは?

今回は今のロードバイク界にはなくてはならない存在である、空力性能を重視したエアロ形状のロードバイ...

ロードバイクのカセットスプロケットcs-5700の重量は?

cs-5700は、シマノのロードバイク用コンポーネント・105のカセットスプロケット(cs)のこ...

ロードバイクのタイヤの主流が25cになったのはなぜ?

ロードバイクのタイヤは、700cという規格に、ほぼ統一されています。700(mm)というのは...

s-worksのシューズが細くて痛い!?賢いシューズの選び方

ロードバイクのシューズ選びは大切です。s-worksはスタイリッシュさやフィット感が魅力で多...

ピナレロのおすすめロードバイク!ユーザーブログを参考に

ロードバイクを選ぶ際に、実際のユーザーの使用感や、ショップでの試乗会のレポートはとても参考になり...

trekのロードバイクは安いのか?ロードの市場価格とは?

自転車は足代わりとしては、一番庶民的な乗り物です。免許がいらない気軽さと、安い価格で購入でき...

シマノ105・R7000の価格を踏まえてカスタムの仕方を考える

シマノのロードバイク用コンポのミドルグレード「105」が2018年にモデルチェンジされ、型番もR...

クロモリ、アルミ、カーボンそれぞれのフレームの特徴とは

自転車を買うと決めた時にまず悩むのが、フレームの素材ですよね。フレームの素材は、代表的なもの...

スペシャライズドのアレーはハイグレードアルミ「E5」を採用

「Allez(アレー)」は、販売開始から40年以上が経過している、スペシャライズドの中で最も歴史の古...

スペシャライズド直営店は東京ならどこにある?営業時間は?

世界的に有名なアメリカのスポーツサイクルメーカー「スペシャライズド」では、近年、直営店やコンセプト...

ロードバイクのホイールはリム重量を見なければならない

ロードバイクにおいては、重いものが罪とでも言わんばかりに、軽量化の話にあふれています。ホイー...

カンパのレコード!その性能とブレーキの特徴を比較!

世界的に有名なロードバイクのコンポーネントメーカーの「シマノ」と「カンパニョーロ」。実際にこ...

ロードバイクのホイールを取り扱うメーカー一覧

ロードバイクはホイールをレベルアップすると、走りが劇的に良くなると言われます。それを見越して...

スポンサーリンク

トレックのロードバイクがamazonで販売されない一つの理由

ロードバイクはプロのレース機材であり、採用されるのはスポーツバイクをかじったことのある人なら誰もが認知しているようなメーカーの機体です。

そういったものが市販されており、一般のユーザーでも購入可能なのがスポーツバイクの醍醐味です。

そして、自転車は誤った組み立てや、間違った乗り方をすれば命の危険すらあるものですから、メーカー側の危機管理も大いに問われます。

ロードバイクは100%メーカーが組み立てを行い、工場から出荷していると思っている方も多いと思います。

しかし、ロードバイクは乗車する姿勢(ポジション)がとても重要で、それは人それぞれです。

また、日本で販売されているのはトレックのように海外メーカーのものが多く、ユーザーの手元に届くまでには長距離の輸送を経ることになります。

そのため、長距離輸送の間に何らかの不具合が出ることは、致し方のないこととも言えます。

こういったこともあるので、メーカーは未完成で出荷する「七分組み」が基本であり、完成までの最終的な組み立てや、メンテナンスは販売店に任せるというスタンスなのです。

これが、有名メーカーがamazonなどの通販サイトで製品を販売しない理由の一つです。

トレックのロードバイクは販売代理店があってこそ成り立つ

トレックなどのメーカーは直営店を除き、直接ユーザーとのやり取りをしない代わりに、販売代理店契約を結んだ店舗に製品を卸します。

販売代理店になるには厳しい条件をクリアしなければならず、その中には自転車の組み立て技術やメンテナンスの知識も当然含まれています。

それらをクリアした店舗だからこそ、販売前の組み立て、メンテナンスを許可し、販売後のアフターケアも任せることになるのです。

これを仮にamazonなどの通販で実現しようとします。

間に入る販売代理店は実店舗と同じ条件で厳しく選別すればよいですが、問題は代理店とユーザーとの間で、顔と顔を突き合わせたコミュニケーションが成されない点です。

特にロードバイクなどは、メールや電話でのやり取りではらちが開かないことも多く、実際の製品を見なければ始まらないことも多々あります。

そういったアフターケアの面でも、通販ではカバーしきれないことが多すぎます。

しかも、その状態ですと、いつしか矛先がメーカーに向くのは言うまでもなく、メーカーが世界中の無数の案件を処理せざるを得なくなります。

もちろんそんなことは物理的に不可能なので、実店舗のある販売代理店に任せるべきところは任せないと立ち行かなくなってしまうわけです。

ロードバイクが基本的に値引き販売をしない理由

amazonで一度でもお買いものをされたことのある方はお分かりかと思うのですが、多くの製品が定価よりも安く販売されています。

定価で販売している製品を見ると、少しがっかりするような気分になるほど、値引き販売が定着しています。

一方、ロードバイクは、旧モデルなどの在庫処分で値引き販売されることもありますが、基本的には定価販売です。

前項でお話したように、最終組み立てやメンテナンスを販売店に任せ、アフターケアもお願いしている以上、その分も価格に含めておかなければいけません。

したがって、安易に値引きができないという側面もあります。

また、プロも使用するような機体を値引き販売しているようでは、ブランドイメージの低下にも繋がります。

トレックには、傘下にパーツブランドの「ボントレガー」があります。

後述しますが、タイヤやホイールなどのロードバイクのパーツは、有名メーカーのものでもamazonで取扱いがあります。

しかし、トレックはボントレガーのパーツさえも通販をせず、イメージを守っているのだと感じさせます。

anazonで購入できるトレックのロードバイクは「中古品」

ここまでは有名メーカーがロードバイクの通販をしない理由についてお伝えしましたが、amazonで「トレック ロードバイク」と検索をしてみると、数点ヒットするものがあります。

実際に見て頂ければすぐにお分かりになりますが、それは「中古品」です。

いわゆる、トレックとは全く関係のない、個人の取引きということになります。

最近のロードバイクの中古市場は見た目はとても充実しており、堀だしものが結構多いように感じます。

ただし、amazonで中古のロードバイクを購入する際は、得られる情報があまりにも少ないと言わざるを得ません。

中古品で一番気になるのは、どれくらい使い込まれたものなのか=使用感です。

傷やへこみ、塗装の剥がれ、ブレーキや変速の性能不良の有無などが気になるところです。

しかし、簡単な使用感の記載はありますが詳しいことは分からず、走行距離なども含めた使用状況はほぼ分かりません。

そういった状態での購入になりますので、一概には言えませんがリスクもあるのは否めません。

中古品は買い取り専門店が実店舗を構えて販売していることもありますので、購入を検討されるのであれば、実物を見てからにした方が賢明でしょう。

ロードバイクのタイヤをamazonで購入する意味

重複しますが、中古品を別にしますと、トレックのロードバイクをamazonで購入することはできません。

完成車に関してはどんなに安価なものでも10万円前後はしますし、20万円、30万円のものが普通と言える世界ですから、信頼関係は必要なところです。

ロードバイクには、様々な消耗品が使用されており、交換やメンテナンスなしで乗れるものではありません。

そういった消耗品も、プロショップなどの正規販売店で購入し、交換まで行ってもらえば安心ではあります。

しかし、例えばタイヤなどは100円程度の工具で、それほど難しい技術も必要なく交換することができますので、ショップに頼らなくても十分に何とかなります。

そこでamazonに目を向けてみると、ロードバイク用のタイヤがそれこそ数えきれない程ラインナップされており、有名メーカーの人気タイヤも多数あります。

しかも、定価の20%、30%オフで販売されていますので、タイヤに関してはamazonで購入する方が多いのが現状です。

amazonはロードバイクライフに活用できる

前項でお話したタイヤは、自分で簡単に交換できるものであれば、amazonを利用した方がお得であるという一つの例です。

ですから、トレックなど有名メーカーの完成車が購入できないからといっても、ロードバイクライフには通販の活躍する場面があるのだということは、覚えておきたいものです。

例えば、ロードバイクのメンテナンスには工具が必要ですが、これもamazonには多数品揃えがあります。

基本的な六角レンチやスパナはもちろんのこと、クランクを抜く「コッタレス」や、ギアの歯車の取り外しに使用する「スプロケ外し」などの専用工具も、当たり前のごとく購入できます。

故障などで急を要する場合でも、在庫さえあれば数日中には届きますので、そのスピード面も魅力です。

また、実際にamazonで購入しないパーツでも、仕様や価格の確認に使うこともできます。

筆者もロードバイク関係に限らず、家電製品やアパレルなどでもよく行いますが、実に参考になります。

ロードバイクライフにamazonを加えてみよう

今回はトレックなどの有名メーカーが、amazonでロードバイクを販売しない経緯に迫ってみました。

また、ロードバイクと長く付き合っていく上で、amazonを利用する方法もご紹介させて頂きました。

上手く付き合っていければこれほど心強い味方もいないので、効率よく活用したいものです。