ロードバイクのホイールを取り扱うメーカー一覧

ロードバイクはホイールをレベルアップすると、走りが劇的に良くなると言われます。

それを見越しているので、とにかく多くのメーカーが参入しており群雄割拠です。

そのため、いざ選ぶ段階ではかなり迷うことになると思いますので、今回は各メーカーのホイールの特徴を一覧形式でまとめてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新シマノ・105搭載のロードバイク!アンカー 「RS8 EQUIPE」

2018年シマノのロードバイク用コンポ「105」が、R7000にモデルチェンジされました。...

ピナレロはアルミロードで世界を制した!ではなぜ減った?

ロードバイクのフレーム素材は大きく分けると、カーボンか金属系のどちらかになります。レース...

コルナゴのコンセプトを試乗者のインプレから検証する

今や空力性能に特化した「エアロロードバイク」は、レースでの大活躍もあり、一つのカテゴリーとして確立さ...

シマノULTEGRAの電動変速「DI2」で一歩先を目指す!

シマノには上位グレードの「DURA-ACE(デュラエース)」と「ULTEGRA(アルテグラ)」に...

実は重要!?ロードバイク、ハンドル幅の決め方のポイント

ロードバイクのハンドルは、主にドロップハンドルが装備されています。このハンドルは、最も効率よ...

ピナレロ往年の名車プリンスが完全リニューアルで復活!

ピナレロの名車「PRINCE(プリンス)」が2019モデルで完全リニューアルとなり、全体でもDO...

giantのロードバイク「ocr」は初心者にオススメ!?

ロードバイクという自転車に、皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか?人によっては、高価...

ピナレロに新時代到来を告げたモデル!2019ではGANに注目

今回は、筆者が個人的にピナレロのロードバイクの中でいち押しである、「GAN(ガン)」をご紹介して...

スペシャライズドの「ディヴァージュ」2018モデルに革新が!

スペシャライズドのロードバイクカテゴリーに、「Diverge(ディヴァージュ)」というモデルがありま...

ロードバイクメーカーの特徴の違い!地域別・価格帯別・特徴

ロードバイクを選ぶ際にまず最初に考えるのは、価格とメーカーではないかと思います。予算を決めて...

自転車のブレーキがスムーズに動かない!様々な原因と対処法

自転車を止める唯一の手段はブレーキであり、ブレーキが動かないということになれば、命の危険もありま...

おすすめロードバイク人気メーカーランキングTOP5!

ロードバイクを購入する際に、どこのメーカーが良いのか気になりますよね。そんな時の参考にして頂...

高費用?低費用?パーツによってベアリング交換の値段は違う

ベアリングは機械が回転するための機構ことで自転車には豊富に使われています。ペダル、BB、ホイ...

メリダのクロスバイクにもディスクブレーキ車が増えている!

自転車にディスクブレーキが採用されるようになって、まだそんなに年月が経っているわけではないですが...

ロードバイクのシフトレバーを一体型から単独に交換する

ロードバイクのシフトレバーと言えば、シマノの「STIレバー」に代表されるブレーキとの一体型が主流です...

スポンサーリンク

ロードバイクのホイールはメーカーごとに特色がある

ロードバイクのホイールは多くの通販サイトで扱われていることもあり、日本国内からでも多くのメーカーのものが購入可能です。

また、ホイールは単価が高いので、割引率の大きい通販で購入するのはもはや当たり前の時代であり、選択肢がどんどん増えていく状況です。

ホイールにはメーカー毎の特徴が大きく出ますので、選択する時点でまずメーカーを決めてしまうと迷いが少なくなります。

リムの剛性、スポークの組み方、ハブの構造など、それぞれが独自色を出して差別化を図ろうとしています。

例えば、リムが硬くガチガチの剛性のメーカーであれば、パワーロスが少ないレース仕様のホイールを目指していることが分かります。

反対に柔らかいリムのメーカーは、乗り心地も加味して長時間乗っても疲れないようなホイールになっていると推測できます。

メーカーによっては、カーボン製のリムしか扱っていないところなどもあり、それぞれのこだわりが顕著に出ます。

今回はあまり多くても迷うと思いますので、メーカーを絞り、一覧にして紹介していきます。

世界を代表するロードバイク用ホイールメーカー

それではまず、今回紹介するロードバイクのホイールを扱うメーカーの、一覧をご紹介します。

★シマノ(日本)

★カンパニョーロ(イタリア)

★フルクラム(イタリア)

★マビック(フランス)

★ジップ(フランス)

★ファストフォワード(オランダ)

★レイノルズ(アメリカ)

★イーストン(アメリカ)

★ボンドレガー(アメリカ)

★トーケン(台湾)

中でも上から4つのメーカーが、販売数や知名度では群を抜いており、通販だけではなく実店舗においても在庫があるという点では、汎用性が高いです。

その他のメーカーも世界的に有名で、プロのレースでも機材として提供されるメーカーばかりです。

今回はそれぞれのメーカーの特徴を確認して、代表的なホイールも紹介します。

おすすめのロードバイクホイールメーカー一覧①

それでは、ロードバイクホイールのメーカーを紹介していきます。

★シマノ

日本が世界に誇る自転車パーツメーカー「シマノ」は、ホイールにおいても世界のトップメーカーの1つです。

ホイールの一覧表を見ると、他メーカに比べ比較的お手頃価格のものが多いです。

剛性が低く全体的に柔らかめのホイールが多いので、マイルドな乗り心地を求める人におすすめです。

【WH-R9100 C24】参考価格:¥157,000 …アルミクリンチャーのハイエンドモデル。

【WH-RS500】参考価格:¥52,000 …定番のミドルグレード。

★マビック(MAVIC)

マビックの大きな特徴は、ホイールにタイヤとチューブがセットになっていることです。

また、リムが軽いにも関わらず剛性が高いという絶妙のバランスが、世界に名だたるホイールメーカーと呼ばれる所以です。

【キシリウムプロ カーボンSL】参考価格:¥280,000 …この価格帯ではクラス最高の呼び声も。

【キシリウム エリート】参考価格:¥100,000 …どこを取っても高性能で、素晴らしいバランスのホイール。

★イーストン(EASTON)

本業は金属のチューブ加工メーカーで、代表製品は野球の金属バットです。

1本1本を手で組み上げているので単価は高いですが、世界最高峰の「グランツール」でも使用しているっ選手がいますので、性能は折り紙つきです。

【EC90 AERO 55】参考価格:¥350,000 …リムハイト55mmのディープリムホイール。

【EA90 SL TL-Ready】参考価格:¥120,000 …アルミリム・チューブレスレディ対応にリニューアル。

おすすめのロードバイクホイールメーカー一覧②

★カンパニョーロ(Canpagnolo)

知名度では世界一と言えるメーカーで、信頼度が高く初心者からレーサーまで幅広いユーザー層を獲得しています。

性能は言うまでもありませんが、デザインの評価も高く、見た目が好きでカンパニョーロを選ぶ人も少なくありません。

ホイールの一覧表を見ると、とにかくラインナップが豊富なので、適した1本が見つけやすいのもメリットです。

【ZONDA(ゾンダ)】参考価格:¥65,000 …ロードバイクホイール界のスーパースターと言っても過言ではない存在。

【BORA ONE 35(ボーラワン)】参考価格:¥300,000 …ハイエンドモデルの完成車に多く採用されている。

★フルクラム(Fulcrum)

カンパニョーロの子会社で、ホイール専業メーカーです。

スピードに特化した物作りのため、全体的に硬くて反応の良いホイールに仕上がっています。

そのため、レース志向の強いユーザーに人気があり、一部では親(カンパニョーロ)を超えたと評する向きもあります。

平均的な脚力であれば剛性の高さは適度で心地よいとすら感じるでしょう。

【RACING ZERO (レーシングゼロ)】参考価格:¥150,000 …アルミクリンチャー最速の呼び声が高い。

【RACING 3(レーシング3)】参考価格:¥70,000 …よくゾンダと比較されるミドルグレードの人気ホイール。

おすすめのロードバイクホイールメーカー一覧③

★ジップ(ZIPP)

高級ホイールメーカーと言えば「ジップ」と言われています。

グランツールで多くのトッププロ選手が愛用していますので、レースで見掛けることの多いメーカーのひとつです。

カーボンのディープリム専門のイメージですが、近年は30mm前後のノーマルハイトのものも見られます。

【858 NSW CL】参考価格:¥580,000 …クジラの尾ひれを模したとされる、極めて珍しいノコギリ型のリム。

【202 firecrest CL】参考価格:265,000 …リンハイト30mmの超軽量カーボンホイール。

★ボントレガー(BONTRAGER)

世界的自転車メーカー「トレック」傘下のパーツブランドで、トレックの完成車に付属しています。

トレック専門店のみの扱いですが、もちろん他メーカーのロードバイクにも装着可能です。

ホイールの一覧表を見ると種類が豊富で、トレック専門にしておくのはもったいない限りです。

特に独自の形状を持つエアロホイールは、高い巡航性をほこり多くのプロレーサーが使用しています。

【AEOLUS 3 TLR】参考価格:¥370,000 …リムハイト35mmで1350gの超軽量ホイール

★ファスト フォワード(FFWD)

ホイールを構成するパーツは製造しておらず、既存品を使って組み上げる、「手組み」ホイールのスペシャリストです。

一般的には専用設計の完組みホイールに劣ると言われる手組みでも、グランツールに参戦する選手が使用するレベルにまで持っていくのがこのメーカーの凄さです。

【F4R FCC DT350 JP LTD】参考価格:¥185,000 …赤の挿し色がカッコいいセミディープリムホイール。

おすすめのロードバイクホイールメーカー一覧④

★レイノルズ(Reynolds)

1898年にイギリスで発足した老舗の自転車チューブメーカーから、2006年に独立をしてカーボン製品の製造を始めました。

その後はホイール専業メーカーに転身して、現在に至ります。

世界最軽量クラスの「RZR」を開発したことで一躍有名となり、日本でもかなり多くのファンが存在します。

ホイールの一覧表を見ていただくと分かりますが、多くのモデルがリリースされており、その価格の幅が凄いです。

【RZR46】参考価格:¥650,000 …公表重量968g(前後計)の、超軽量チューブラータイヤ用ホイール。

【ASSAULT Tubular】参考価格:¥180,000 …こちらはチューブラ―ですが、クリンチャーモデルもあります。

★トーケン(TOKEN)

ロードバイクのホイールとしてはそこまでメジャーではないですが、高性能なハブは有名で手組みホイールのハブに利用する人が多いと聞いています。

完組みホイールでも性能に高い評価を受けているにも関わらず、価格は抑え気味ですから、ブランドにこだわらない実用主義の方には十分おすすめできます。

【C22A】参考価格:¥52,000 …この価格帯にして1400g切りは中々の軽量です。

ロードバイクのホイールメーカーは奥が深い!

今回は、ロードバイクホイールを扱うメーカーを紹介しました。

これでもほんの一部であり、まだまだ多くのメーカーが参入しています。

比較的有名どころを中心に選択しましたので、もしまた機会があれば今度はもう少しマイナーな部分にも切り込もうと思います。