万能入門機!スペシャライズド「アレーエリート」2018モデル

この記事を読まれる方の中には、スポーツサイクルの、最初の一台目をお探しの方もいることでしょう。

そこで、ロードバイク界の巨匠であるスペシャライズドが世に送り出した、最高の入門機である「アレーエリート」の2018年モデルを、ご紹介していきます。

スペシャライズドが考えた、初心者が本当に必要とするロードバイクの姿とは、どのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ランドナーで安全な旅を楽しもう!おすすめライトをご紹介

自転車で旅をするときに愛用している方も多いランドナーですが、ライトはどんなものを付けたらいいのでしょ...

ロードバイクのブレーキ交換?テクトロは本当にダメなのか?

ロードバイクの完成車に付属してくることが多いのが、テクトロ社製のブレーキです。特にエントリー...

ロードバイクのホイールの大きさを知る上で重要なこととは?

自転車のホイールの大きさといえば、一般的には外周部分の直径を表します。ところが、製品に記載さ...

ロードバイクの日本メーカーを一覧でご紹介!海外メーカーも

日本のロードバイクメーカーは多数ありますが、その全てを把握することは難しいと思います。そこで...

メリダのロードバイクをブログの意見を参考に考察する

ロードバイクを購入する際は情報が欲しいものですが、自分のお目当ての機種のことが書いてあるブログな...

スペシャライズドのロードバイク、アレーの評価とは!?

スペシャライズドは、トップチームにフレーム提供を行い、多くのライダーの勝利に貢献している知る人ぞ...

日本もバイクブランドはある!アンカーのロードバイクの評価

ロードバイクに限りませんが、何か大きな買い物をする時に自分の考えだけで決めるのは難しく、評価や評...

青い衝撃?ビアンキ インプルソをインプレからチェック!

チェレステカラーで有名なビアンキ、そのミドルレンジのアルミバイクがインプルソです。アルミフレ...

自転車のクロモリフレームの特徴って?重量は重いの!?

自転車のフレームで、よく耳にするクロモリフレーム。いったいクロモリはどんな素材か?また、...

オリンピックの自転車競技で日本人が弱いと言われる理由

オリンピックや自転車競技の大会を観戦していて、欧米人が強く、日本人が弱いのを目の当たりにすることがあ...

ロードバイクのホイールを分解してメンテナンスしてみよう

ロードバイクはレース機材として開発されているので、メンテナンスが不可欠です。特に走りの質に直...

スペシャライズドのアレーはハイグレードアルミ「E5」を採用

「Allez(アレー)」は、販売開始から40年以上が経過している、スペシャライズドの中で最も歴史の古...

シマノのハブの紹介と分解・メンテナンスの方法

コンポーネントメーカーとして有名なシマノですが、ホイールも出しています。そのホイールのハブ部...

アルミロードの概念を覆す!アンカー RL6 EQUIPEの面白さとは

アンカーのロードバイクはこだわりが強く、モデルごとに明確なコンセプトに基づいてもの作りが行われて...

ロードバイクのホイールはまずリムに注目しなければならない

ロードバイクのホイールには、様々な種類があります。中でも素材や高さ、幅などに注意しなければならな...

スポンサーリンク

ロードバイクのスペシャリスト!スペシャライズド

アレーエリートのことを知る前に、まず始めにスペシャライズドについて知っておきましょう。

スペシャライズドは、アメリカのカリフォルニア州に本社を置く、超一流の自転車メーカーです。

ロードバイクはもちろん、MTBやクロスバイクの分野においても、業界をリードするメーカーなのです。

とりわけ、ロードバイクの分野に到っては全ロードバイク中、最強とも呼び声高い「ターマック」シリーズを展開しています。

「ターマック」シリーズは、自転車の基本的な性能を、全て押し上げたロードバイクとして有名です。

かの有名なファビアン・カンチェラーラの、激坂カペルミュールにおける爆発的アタックや、パリ~ルーベの独走劇も、このスペシャライズドのバイクによって、成し遂げられました。

さらに、スペシャライズドが2015年にモデルチェンジした「ヴェンジ」を発表した際には、その徹底的に空力的処置が施されたロードバイクに、自転車業界に衝撃が走りました。

これが現在のエアロロードバイク開発競争の引き金になったとも言われています。

このように、スペシャライズドは、常に自転車のニュースタンダードを築いて来ました。

そして、そのスペシャライズドが、初めてスポーツバイクに触れる人々にスポーツバイクのスタンダードとして提唱したバイクが、「アレーエリート」の2018モデルです。

スペシャライズドが放つ入門機「アレーエリート」2018年モデル

「アレーエリート」は、スペシャライズドが、2018年モデルとして販売を始めた、アルミロードバイクです。

スペシャライズドはこのロードバイクを、初めてロードバイクに乗る人々をメインターゲットとして開発しました。

このロードバイクはアルミニウムにより作られています。

そのため、軽量かつ丈夫で、初心者でも扱いやすいロードバイクとなっています。

ロードバイクの軽量性は、走りの軽さだけではなく、ロードバイクを担いで移動する際や、輪行時などでも役立ちます。

また、このロードバイクには、フェンダーやラック用のマウントが付いています。

それにより、通勤通学や、泊りがけのキャンプツーリングにも使用が可能です。

極め付けは、タイヤクリアランスが広めにとってあることにより、28mmの太目のタイヤの装着が可能であることです。

太目のタイヤを使用することにより、長距離のライドでの疲労軽減が可能になります。

コンポーネントはシマノの中級グレートの105で、ブレーキキャリパーはテクトロです。

このロードバイクに使用されているコンポーネントの特筆すべき点は、ギア比が軽いことです。

フロントギアには50/34tが、リアには11-32tが使用されており、このギアがあれば脚力に自信のない方でも、ほとんどの山道を足付きせずに登れます。

これらのことから、「アレーエリート」は、まさに初心者の方にロードバイクを楽しんでもらうための、ロードバイクであると言えます。

メンテが楽!「アレーエリート」の長所

「アレーエリート」の2018年モデルは、特殊なパーツが使われておらず、そのため、メンテナンス性が高く、部品も入手が簡単です。

それがよく表れている点として、ブレーキが挙げられます。

このロードバイクのブレーキの取り付け方法は、ボルト1本で締め付ける、従来型の最もシンプルな方法です。

近年のロードバイクには、新しく開発されたブレーキの取り付け方法の、ダイレクトマウントを採用する物が多く見受けられます。

ダイレクトマウントを簡単にご説明しますと、2本のボルトでブレーキを固定することにより、ブレーキの利きを向上させた物のことです。

しかし、ダイレクトマウントは、ブレーキの利きが良い分、取り付けや調整には慣れが必要です。

そのためスペシャライズドは、「アレーエリート」にはあえてシンプルな取り付け方法のブレーキを採用することにより、メンテナンス性に優れたブレーキシステムとしました。

このロードバイクに採用された従来型のブレーキは、ダイレクトマウントの物より、若干制動力は劣ります。

しかし、簡単にブレーキシステムの調整ができるため、ブレーキを良好な状態に保つことが容易であり、結果として良好な制動力の維持ができます。

「アレーエリート」2018年モデルのジオメトリ!

「アレーエリート」の2018年モデルを、さらに詳しく知るために、ジオメトリを見て他のメーカーの同価格帯のロードバイクと比較します。

ジオメトリとは、フレームのチューブの採寸のことです。

ジオメトリを見て行くと、そのロードバイクがどのような性格で、どのようなシーンでの使用が想定されているのか、知ることが可能です。

以下より、それぞれのロードバイクのジオメトリの中でも、特に走行時の姿勢や乗り味に関係する数値を、箇条書きにて示します。

なお、このジオメトリの数値は、身長165cm前後を基準としました。

〇スペシャライズド アレーエリート

・トップチューブ長 542mm
・ヘッドチューブ長 135mm
・ホイールベース  978mm

〇ジャイアント TCR SLR2

・トップチューブ長 535mm
・ヘッドチューブ長 133mm
・ホイールベース  970.3mm

〇ブリヂストンアンカー RS6 SPORT

・トップチューブ長 520mm
・ヘッドチューブ長 110mm
・ホイールベース  974mm

〇トレック エモンダ ARL5

・トップチューブ長 534mm
・ヘッドチューブ長 140mm
・ホイールベース  977mm

〇スコット スピードスター10

・トップチューブ長 520mm
・ヘッドチューブ長 121mm
・ホイールベース  979.4mm

上記から、「アレーエリート」は、トップチューブやヘッドチューブが長めに設計されていることが見て取れます。

次の章で、さらに詳しくジオメトリの数値や、ここで触れなかった、ホイールベースのことなどを読み解いていきます。

スペシャライズドが想定した「アレーエリート」の使い方

スペシャライズドの「アレーエリート」の2018年モデルは、他の4社のロードバイクと比較し、トップチューブや、ヘッドチューブが長めに作られていることが分りました。

これら2つの数値は、ロードバイクの乗車姿勢に関わっています。

トップチューブやヘッドチューブが短ければ、サドルが高く前傾姿勢な、レース向けのポジションを取りやすくなります。

前章のジオメトリ数値から、ブリヂストンアンカー RS6 SPORTや、スコット スピードスター10がこのタイプであると判断できます。

レース向けのポジションは、速度の緩急に対応しやすく、空気抵抗も少ないために早く走れます。

その反面、その姿勢自体がきついので、長時間のライドでは苦痛を強いられます。

一方の、トップチューブやヘッドチューブが長めの設計の場合、サドル位置が低く、ハンドル位置は高い設定になるため、楽なポジションで走行できます。

スペシャライズドのアレーエリートやトレックのエモンダARL5はこのタイプです。

楽なポジションは、速度の緩急に対応するような走りは得意ではありませんが、長時間のライドでも、疲労が少なく、無理なく乗り続けることが可能です。

続いて、ホイールベースについてです。

ホイールベースが長い場合、直進安定性が高くなります。

スペシャライズドのアレーエリートは、ホイールベースを長くし、車体を安定させることにより、進路を保つ微細なハンドル操作の軽減を目的としていることが見て取れます。

それにより、長距離ライド時の身体的な疲労削減や、車体の安定性が向上します。

結論「アレーエリート」2018年モデルは買いか?

スペシャライズド「アレーエリート」の2018年モデルについて分析をしてきましたが、このロードバイクは、どのような方が買うと満足できるのかを、改めてご説明していきます。

クロスバイクからステップアップとしてロードバイクを買おうと思っている方や、積極的にレースに参加しようと思っている方は、別のロードバイクを選ぶべきでしょう。

なぜならば、そういった方が求めるような走りの機敏さは、このロードバイクの本分ではないからです。

このロードバイクは、本当に「初めてスポーツサイクルに触れる」方にこそ、その真価が発揮できるロードバイクです。

なぜならば、このロードバイクの強みである安定性により、スポーツサイクルに初めて乗る方が感じる、車体の不安定さや、恐怖感を軽減できるからです。

それにより、ロードバイクによる、走る楽しさを存分に体験できるようになります。

また、初心者の方は、ロードバイクの使用目的が決まっているような場合は、ほぼ無いでしょう。

大抵の場合は、乗り続けていく間に、レースで走る、ロングライドで使う、もしくは、通勤通学で使う、といった方向性が定まります。

そのため、最初のロードバイクには、ロードバイクらしい走行感の他にも、その後に、どのようなライドスタイルにも対応できる、運用の柔軟性が求められます。

その点、このロードバイクはキャリアやフェンダー用のマウントや、太目のタイヤが使用可能である点から、幅広いカスタマイズが可能であることが分ります。

このことから、初心者の方が、自分に合ったロードバイクの楽しみ方を見つけた際に、このロードバイクが柔軟に対応可能であることを示しています。

繰り返し申し上げますが、このロードバイクは「初めてスポーツサイクルに触れる」方が乗ることにより、真価を発揮するロードバイクです。

つまり、これからスポーツサイクルの世界に踏み出す方にこそ、このロードバイクの本当の楽しさが引き出せます。

入門機に求められる条件「スタンダード」であること

スペシャライズド「アレーエリート」は、これからスポーツバイクを乗り始めようと思っている方にこそ、最適なロードバイクだと思います。

初心者の方には、最大32tの軽いギアによる走破性の高さや、長めのホイールベースによる安定感は、ロードバイクによる走る楽しさを感じるうえで、大きなアドバンテージになるでしょう。

そして、このロードバイクは、全てにおいて「スタンダード」であると言えます。

業界最高峰のメーカーであるスペシャライズドが、入門機について考えた、その解答が「スタンダード」であることでした。

その解答に形を与えた物が、この「アレーエリート」です。